3月5日(日)神奈川県厚木でのDUEL.10情報!

  • 2017/02/24(金)

芸術的ムエタイ襲来! 新興ムエタイジム主催興行。三宅芳美(take1)対kaoru(ZERO)の一戦が暫定王座決定戦に変更。

メインイベント以下、6選手のコメント追記しています(DUELリリースより)。


4月16日(日)岡山県山陽ハイツでの拳之会主催興行にて女子(ミネルヴァ)スーパーフライ級チャンピオン.麻衣(TEAM武心會)が王座防衛戦の予定でしたが全治4ヶ月の怪我の為欠場になった模様。
これに伴い3/月5日(日)神奈川県萩野運動公園メインアリーナで行われる新興ムエタイジム主催 DUEL.10の決定カード、女子(ミネルヴァ)スーパーフライ級挑戦者決定戦、三宅芳美(take1)対kaoru(ZERO)の一戦が暫定王座決定戦に変更。勝者は麻衣の復帰戦で王座統一戦を行ないます。



DUEL.10/ 3月5日(日)神奈川県荻野運動公園メインアリーナ開場13:00
主催:NJKF若武者会 / 認定:NJKF / 後援:厚木市教育委員会
協賛:厚木伊勢原ケーブルTV

---------------------------------------
メインイベント 72.0kg契約 5回戦

真樹親太郎(MA日本SW級C/真樹・AICHI) 
    VS
トニー・アマヤ(ISKAメキシコSW級C/メキシコ)

トニーは昨夏来日したマリオ・アマヤの実弟で、兄の敗戦を目の当たりにして自身の試合を熱望し、今回のマッチメイクに繋がっています。

日本では実力のほどが知られていないメキシコ・ムエタイだが、トニーの強さはマリオ以上とする関係者の評もありリベンジに燃えている。パンチとヒザで3度のダウンを奪い昨年10月に新チャンピオンとなった親太郎もまだまだ実力に伸びしろを持つだけに、この対戦は未知数。日本vsメキシコ対決にいかなる結末が待つのか。

真樹親太郎コメント
相手は身体が強そうで、メキシコの選手は『はじめの一歩』でしか見たことがないので未知ですよね(笑)。自分は普段はタイ人のトレーナーにムエタイのテクニックを習っていて、不器用に見えますが意外sと何でもできる選手です(笑)。昨年王者になって責任感が増しました。今年はベルトの価値を上げるため強い相手をドンドン倒していきたいです。今回は他団体興行のメインなので、ド派手にKOして名前を覚えてもらえるよう頑張ります!

トニー・アマヤコメント
親太郎は強いローキックとパンチを持った優れたチャンピオンで、非常に強敵だと思います。彼を尊敬しますし、相手にとって不足はありません。私は今25歳で13勝無敗(5KO)、ムエタイの技術とカウンターを駆使するファイターです。ミドルにロー、ヒジが得意です。海外ではこれまで4戦をタイで行っていて、いずれも勝っています(2KO)。全力を尽くしていい試合をお見せしますので、ぜひ私と親太郎との試合を見に来てください。

コメント追記 3.4

---
61.0kg契約3回戦

キヨソンセン・フライスカイジム(タイ)vsNAOKI (立川KBA) 

2015年7月のコンゲンチャイ戦で引分けながら実力を見せたNAOKIだが、キヨソンセンは距離を取り見てくるタイプと異なり、倒しにくる危険な選手であるだけに激闘は必至。両者の攻撃型ムエタイの展開が期待されます。

キョソンセンコメント
私は綾瀬市の「FLYSKYGYM」でトレーナーをやっています。これまで豪州ムエタイ・ライト級チャンピオンになったことがあります。私は前に前に出るタイプで、首相撲で相手を崩し、そこから攻め込みます。私にとってムエタイは代々受け継ぐ大切なものです。サウスポーの選手は少し苦手で、NAOKI選手は強そうですね。でもこの日、別の場所で試合をしている生徒の為にもまず自分が勝っていい流れを送りたいです。応援に来てくれる皆の為にも勝ちます!

NAOKIコメント
相手はタイ人らしくゆっくりとかではなく、ガンガン前に来るタイプだと思います。自分は首相撲もよくやってますしヒザ蹴りが得意です。去年はタイトルマッチで王座奪取なりませんでしたが、自分から仕掛ける積極性が足りないことを学びました。最近は試合中に考え過ぎて、何もできない試合が続いているので、今年からは練習でいっぱい考えて、試合は感覚で戦おうと思います。今回は大会で1番盛り上がる試合をします!

コメント追記 3.4

---
NJKFスーパーバンタム級3回戦

2位.雄一(TRASH)vs4位.久保田雄太(新興ムエタイ) 

NJKFスーパーバンタム級ランキング戦。上位につける両者、ここで勝利しタイトルマッチに近づくのはどちらとなるか。

雄一コメント
相手はムエタイがすごく上手い選手だと思います。自分は前に前に行く選手で、ローやミドルなど蹴りが得意です。普段の練習は科学的なトレーニングと根性トレーニングを融合させて会長に追い込んでもらっています。コーチや会長から相手の対策、試合へ向けて修正点などアドバイス頂いていて、今年チャンピオンになりたいです。初のセミファイナルでかなり気合いが入っているので、相応しい試合をして、しっかり勝ちに行きます!

久保田雄太コメント
相手は左ミドルが特徴的で、最後までアグレッシブに攻める選手だと思います。逆に自分はテクニックはないけど気持ちは強いと思っています。自分の試合はいつもテクニック2割・気持ちの強さ8割みたいな試合で、よく先生に怒られてます(笑)。でもパンチも蹴りも首相撲も得意です! 地元・厚木での試合で初のセミファイナルですが、あまり気負わずいつも通りやっていつも通り勝ちます!

コメント追記 3.4

---
スーパーフェザー級3回戦

大輔(TRASH)vs松永尚恭(東京町田金子) 
---
60.5Kg契約3回戦 
澤田曜祐(PIT)vs増井侑輝(真樹・AICHI) 
---
70.0Kg契約3回戦
匡志YAMATO(大和)vs変わり者(東京町田金子) 
---
女子(ミネルヴァ)スーパーフライ級暫定王座決定戦3回戦(2分制)
三宅芳美(take1)vs.kaoru(ZERO)
---
女子(ミネルヴァ)55.0Kg契約3回戦(2分制)
美優美(白龍)vs和乃(新興ムエタイ)
---
61.0Kg契約3回戦 
敦YAMATO(大和)vs盛岡直生(真樹AICHI)
---
スーパーライト級3回戦 
洋輔YAMATO(大和)vs山際敦嗣(新興ムエタイ)
---
バンタム級3回戦
古村匡平(立川KBA)vs清水拳人(白龍)
---
フライ級3回戦

林佑哉(空修会館)vs一航(新興ムエタイ)

大田拓真(新興)の実弟である一航がデビュー戦を迎える。対戦相手の林佑哉(空修会館)とは昨年2月のNJKF新春興行で東西ジュニア最強の座を懸け激突としており、この時は一航が判定勝ち。将来のチャンピオンを期待される両者がプロのリングで再戦となる。
----------------------------------
NJKF若武者会よりリリースされたDULE.10全12試合情報の引用です。
(堀田春樹)2017.2.12.14:50 / 追記2.25 . 3.4

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する