ムエタイ殿堂チャンピオン、また誕生!

  • 2017/03/04(土)

2月23日(木)、タイ国ラジャダムナンスタジアムで開催されたラジャダムナン・ウェルター級タイトルマッチで、チャンピオンのマナーオワーンに挑戦者のファビオ・ピンカ(フランス)が判定勝ちで、新チャンピオンとなりました。これでラジャダムヌンは、外国人現チャンピオンは4人(通算で9人目)になりました。



「こんなムエタイでいいのだろうか」と言う日本とタイの関係者も多い中、外国人選手が強くなったのか、タイ選手が弱くなったのか、それより挑戦資格にも問題がありそうな気がします。梅野源治選手が5月に現地スタジアムで防衛戦が予定されているようですが、ぜひギャンブラーの大声援を受ける試合をして来て欲しいものです。

画像提供:INGRAM SPORTS
(堀田春樹)

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する