キックの「MOMOTAROがタイで勝利!」と「NJKF 2017 2nd」!

  • 2017/03/31(金)

6月18日(日)開催の「NJKF 2017 2nd」にMOMOTARO(OGUNI)と健太(E.S.G)の出場が決定。MOMOTAROはWBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王座挑戦が予定されています。

MOMOTAROは2015年に獲得したWBCムエタイ日本王座の初防衛戦を昨年7月に行ない、“最強の挑戦者”と言われた一戸総太(WSR)を判定で撃破。先んじて昨年4月に出場した中国のクンルンファイトではWBCムエタイ米国フェザー級チャンピオンのアダム・ロスウェルター(米国)も破っており、満を持して今年インター王座の奪取を狙う。

健太は昨年11月以来となるNJKF出場。前回はWBCムエタイ・インターナショナル・ウェルター級王座決定戦に臨むも、最終ラウンドにサモン・デッカー(スウェーデン)のヒジでカットされ惜敗。しかし、2月に引藤伸哉との対決を逆にヒジでのTKOで制して復活を遂げている。
対戦カードは決定次第発表となります。
-------------------------------
MOMOTAROがタイで勝利!


(画像はNJKFより提供)
NJKFのMOMOTARO(OGUNI)が、3月17日(金)、タイのランシットスタジアムにて試合を行ないました。
本人より試合の報告と次戦に向けての意気込みのコメントが入りましたのでお知らせいたします。
6月18日(日)に行なわれる『NJKF 2017 2nd』でWBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王座挑戦が予定されているMOMOTAROは3週間のタイ遠征を実施。3月17日にランシットスタジアムで試合に臨むも、対戦相手の名前も情報も分からないというタイならではの状況で戦い判定負けを喫した。2013年12月から3年間無敗、遂に14で連勝がストップしてしまったMOMOTAROだが、ここで止まることなく次戦を見据える。帰国したMOMOTAROに話を聞いた(NJKFリリースより)。

――今回のタイ修行はいつからいつまで行っていたのですか?
MOMOTARO 3月6日から25日まで3週間行っていて、試合は3月17日の金曜日にランシットスタジアムでやりました。タイ語の表記しかないので、相手の名前も情報も全然分からなくて計量の日に初めて会いました。試合は59垠戚鵑任后

――では、情報らしい情報もない中で戦ったと。
MOMOTARO タイはいつもそんな感じで、オーソドックスかサウスポーかも始まるまで分かりませんでした。

――計量も日本と異なり当日の朝行ない、試合はその日の夕方からだったのですか?
MOMOTARO そうですね、朝6時ごろから計量をして、自分はすぐクリアしたんですけど向こうは3時間ぐらい掛けて9時ごろまでずっと落としていました。相手は身長もあったので、59圓箸いΤ級でやって体格差を感じました。以前中国の選手と60圓任笋辰浸はそこまで身長もなかったし、体の大きさもそんなに感じなかったんですけど、今回はタイの選手というのもありましたし改めて階級って大事なんだなって感じました。当日計量で時間をギリギリまで使って落として、すぐリカバリーしてきたのかと思います。

――階級差はどういった点で感じましたか?
MOMOTARO やっぱり階級が上がると相手の身長が大きくなるというのもありますし、自分の適正体重は改めてフェザーなのかなと感じました。ただ、そこにこだわっていると試合の幅が狭まってしまうので勉強にはなりましたけど、諦めず幅広い体重で今後も挑戦していきたいです。

――試合展開について教えてください。
MOMOTARO ムエタイなので、1・2Rはどんなに頑張っても倒さない限りはイーブンだということを聞いていました。それで3Rは取ったと思うんですけど、4Rはイーブンか相手に取られて、5Rの序盤にパンチを蹴りに合わされてしまって、すぐ立ったのでダウンは取られなかったんですけど、そこでもう勝負は決まったのかなと。あと後半は流されてしまいました。

――自身のFacebookには「パンチで倒そうと前に前に距離を縮め、距離が短くなっている事に気付かずそこでミドルを蹴ろうとしたらフックを合わされる。完全に距離感を間違えました」と試合を振り返っての投稿がありました。
MOMOTARO 今回はどんどん自分から攻めていこうという戦い方で、距離はいつもより取らず自分からどんどん前に詰めていく感じでやったのですが、さらに相手も待つ感じの選手だったので自分から展開していかないとダメなのかなと勝手に思ってしまいました。あとムエタイの雰囲気にも飲まれてムエタイスタイルになってしまったところもあって、ちょっと自分のスタイルでの戦いができなかったところがありました。

――残念な結果となりましたが、敗戦で得る部分もあったと思います。
MOMOTARO そうですね、身長の高い選手に対してどういう攻撃が使えてどの攻撃が使えないかというのは勉強になりました。あと、タイの選手とやってそこまで何もできなかったという訳ではなかったので、少し自信になったというところもあります。

――2013年10月の敗戦を最後に、同年12月から負けなしで来ていましたが遂に黒星が付いてしまいました。これについてはいかがですか?
MOMOTARO 特にインター前だったので勝利で繋げたかったんですけど、連勝がずっと続いていたせいで逆になかなか試合が決まらなかったり、試合に慎重になり過ぎていた部分もあったので、やっぱり試合をしないと成長ができないし、連勝がどうとかではなく今年はどんどん試合をしていきたいです。

――今回のタイ遠征の総括と6月の試合への意気込みをお願いします。
MOMOTARO 4日前に試合が決まってすぐ試合の準備をして減量をしてっていうのもそうですし、当日までどういう相手と戦うのかも分からないっていう日本ではない形で試合をして、すごくいい経験になったし、メンタル面で鍛えられたと思います。試合が終わって2日休んですぐ練習を再開したのも、体は痛かったですけど我慢強さであったりそういう面で鍛えられたと思うし、今回も行ってプラスになりました。もう気持ちは切り替えて日本でも練習を始めているので、現状維持は嫌だし日々向上、さらに上を目指して頑張ります。

--------------------------
NJKFより頂いた情報を引用しています。後に対戦カード等、追記していくと思います。
(堀田春樹)

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する