9月3日、DUEL.11の開催情報!

  • 2017/07/29(土)

今回は、女子キック(ミネルヴァ)を6試合、全10試合を予定しているDUEL興行。
メインイベントはISKA(ムエタイ)世界フェザー級チャンピオン.国崇(拳之会)対チャーオサム・エスジム(タイ)の57.0垠戚5回戦。

85戦目となる国崇は現在3連続KOと絶好調。常に「5回戦ヒジ打ち有りルール」に拘ってきた国崇が今回迎え撃つ相手は、24歳で“約”150戦120勝20敗10分のキャリアを持つチャーオサム・エスジム。連続KOが始まった大森でのDUELで国崇が再びKOで勝利するのか。一回り以上年下のムエタイ戦士が国崇の連勝を止めるのか。

一航(新興ムエタイ)と池上侑李(岩崎道場)の高校生同士の対戦も決定。一航はWBCムエタイ・バンタム級1位の大田拓真の実弟であり、兄に負けず劣らない非凡な才能をプロのリング上で見せている。一方の池上も西日本期待のホープで一航同様に、ここまで3戦3勝の戦歴を残している。この勝者がKNOCK OUTでも派手なKOで実力を見せる能登達也(VALLELY)への挑戦に近づくだけに、共に負けられない一戦です。

チャンピオン.C-CHAN (TEAM GONJI)は昨年の『DUEL.8』にて佐藤レイナ(team AKATSUKI)とのNJKF女子(ミネルヴァ)アトム級王座決定戦を制して王座に就き、今回が初防衛戦。今まで「闘いたい選手は百花選手」と言っていただけに、希望の相手との防衛戦となります。
対する百花(魁塾)は元JEWELS KICK47kgチャンピオン、7月2日(日)に地元大阪で行われたNJKF.2017west 3rdで一度は敗れている佐藤レイナにリベンジを果たし王座挑戦へと駒を進めました。
アトム級=102ポンド=46.26kg

女子キック(ミネルヴァ)に新たに新設されるピン級(-45.359kg)の公式戦が決定。トーナメントへの査定試合として真奈長(真樹・オキナワ)と奥脇奈々(はまっこムエタイ)が対戦。二人は今年3月11日(土)のREBELS.49で対戦し、奥脇が勝利しています。

4月に、白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)が保持するNJKF女子キック(ミネルヴァ)ライトフライ級王座に挑み敗れた美保(KFG URAWA)が、階級をアトム級に落として、めぐみ(日進会館・宮原)と対戦。



------
DUEL.11 / 9月3日(日)ゴールドジム・サウス東京ANNEX.17:00〜
主催:NJKF若武者会 / 認定:NJKF

第10試合 メインイベント 57.0kg契約 5回戦


ISKA(ムエタイ)世界フェザー級チャンピオン.国崇(拳之会)vsチャーオサム・エスジム(タイ)
---
第9試合 NJKF女子(ミネルヴァ)アトム級タイトルマッチ3回戦
チャンピオン.C-CHAN(TEAM GONJI)vs同級1位.百花(魁塾)
---
第8試合 58.5kg契約3回戦
hayato (FOKAIJAPAN)vs雅也
---
第7試合 フライ級3回戦
一航(新興ムエタイ)vs池上侑李(岩崎)
---
第6試合 NJKF女子(ミネルヴァ)アトム級3回戦(2分制)
ライトフライ級1位.美保(KFG URAWA)vsアトム級3位.めぐみ(日進会館・宮原)
---
第5試合 NJKF女子(ミネルヴァ)49.5kg契約3回戦(2分制)
ライトフライ級2位.狩野友里(KICK BOX)vs坂本優(CROSSLINE)
---
第4試合 NJKF女子(ミネルヴァ)50.0kg契約3回戦(2分制)
ライトフライ級3位.後藤まき(RIKIX)vsにゃあしゃー綿田(チームNYAA)
---
第3試合 NJKF女子(ミネルヴァ)ピン級3回戦(2分制)
真奈長(真樹・オキナワ)vs奥脇奈々(はまっこムエタイ)
---
第2試合 フェザー級3回戦
小田武司(拳之会)vs獠太朗(DTS)
---
第1試合 NJKF女子(ミネルヴァ)フライ級3回戦(2分制)
七美(真樹・オキナワ)vs佐藤瑠南(VERTEX)
------
以上はNJKFから頂いた情報です。全カード追加しています(7.30)。
(堀田春樹)


コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する