タイで出会った犬猫!

  • 2017/08/31(木)

何の変哲も無い犬猫話。度々追記あり。追記を含めて最終。




バンコクのスクンビット通りのタートゥトーン寺で見つけた猫。弱々しくも生きている。すぐ逃げるのでここまで。
---


ペッブリーのタムケーウ寺近くで吠えて寄って来て、威嚇するくせに、振り返えってカメラ向けると逃げようとする犬。相変わらず野良犬の多い国です。
昼はおとなしいのに、夜は吠えて向かってくる犬が多いです。

こういう犬たちは無視してやると、まず人を後ろから鼻で突くらしいです。試しているのでしょう。昔一度突いて来られたことありますが、それ以上は攻めてきませんでした。
---


10メートルほどの道幅をカメラ構えて待っていると、渡ろうか迷っていた犬、結局、車に気をつけながら渡りました。


タムケーウ寺の門の前で見つけた犬。いちばんおとなしい犬でした。2枚は撮った時間は違いますが、同じ犬と思います(5月末)。

------------------------

ノンカイ駅前付近にいた、おとなしかった犬



塀に上った猫、やっぱりすぐ逃げるので遠目からの一枚のみです。

------------------------
ラオスの入国審査前に見つけた猫。

眠っているのか、どこを見ているのか。

3枚とも同じ猫です。
---

ラオスの寺で見つけた犬、ちょっと怖そうな雰囲気でしたが、寄って来るだけでした。


ラオス側のメコン河沿いにいた犬、こちらの様子見ながらも離れて行きました。


2枚ともノンカイのサラケーウク寺で見つけた犬。仏像の飾り売ってる店の前に陣取って座り込んでいました。近づいても大人しい犬でした。


ノンカイ側メコン河沿いで会った、いちばん凶暴な眼つきが怪しい犬でした。いきなり吠えながら走って寄って来て慌てましたが、蹴り掛かると逃げるので、それ以上は慌てることなく凌ぎました。
以上でタイ・ラオス編の出会った犬猫は終わりです。

8月20日より、追記を含めて9月9日終了
堀田春樹

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する