10月15日開催予定、第4回岡山ジム主催興行!

  • 2017/09/17(日)

「地方から東京に、負けないチャンスを!」
これをキャッチコピーに西日本有数の大型イベント岡山興行シリーズ。

ルンピニージャパンウェルター級王座決定戦、喜入衆(橋本)vs馬木愛里(岡山・闘我塾)は、今月初頭、馬木が事故による怪我で、欠場せざるを得ない状態となりました。そこで馬木に代わり橋本道場の橋本悟が出場。これは、MuayThaiOpenチャンピオン対決となります。
ルンピニージャパン・ウェルター級王座決定戦 5回戦
1位.喜入衆(MuayThaiOpenウェルター級C/フォルティス渋谷)
VS
橋本悟(MuayThaiOpenスーパーライト級C/橋本)

9月19日追記



2014年9月28日、千名以上のキャパシティがある倉敷山陽ハイツ体育館で第1回が行われました。そこではメインイベントにラジャダムナンスタジアム認定タイトルマッチを招聘し、外国人として君臨するラジャダムナン系ウェルター級チャンピオン、ジョイシー・イングラムジム(ブラジル)にRIKIXの田中秀弥が挑戦するビッグマッチを実現。
2015年9月20日、第2回興行、同会場では、WPMFダブル世界タイトルマッチを行ない、見事、スーパーフェザー級で町田光が、ミドル級でT-98(=今村卓也)が、WPMF世界王座奪取に成功。
2016年10月9日、同じく倉敷山陽ハイツ体育館の第3回では、WPMF世界三大タイトルマッチという超豪華メインイベントを決行。ここでは、橋本道場のエース、町田光と宮元啓介が激闘を勝ち抜き、WPMF世界王座奪取しました。
そして、本年10月15日の第4回興行、ここでは、いよいよ地元で生まれ育った翔貴と馬木愛里が、それぞれ初のベルトを狙い、ルンピニージャパンタイトルマッチに挑みます。メインイベントでは、橋本道場の精鋭、岩浪悠弥と地元女子トップファイター、白築杏奈がWPMF世界タイトルマッチを行なう頂点カードを用意。
その他、天才児と名高い二名のプラチナホープ、安本晴翔と中村龍登が登場。更に韓国を代表するスター選手、ジン・シジュンや関西キック界の重鎮、大原裕也、在日タイ人の最上級、タップロン・ハーデスワークアウトなど豪華布陣を以て、東京や大阪、名古屋に負けないマッチメイクに至りました。

プロフェッショナルの部の前には、アマチュア大会「SMASHERS」中国地区大会を開催し、5つのタイトルマッチを含む選び抜かれた7試合を前座とし、未来永劫に続く中国地区キックボクシング界の繁栄の礎を固める内容となります。
(岡山ジム広報情報)

第4回岡山ジム主催興行 / 10月15日(日)11:00〜
主催:岡山ジム / 認定:JAPAN KICKBOXING INNOVATION
会場:倉敷山陽ハイツ体育館(岡山県倉敷市有城1265)
放映:11月中に倉敷ケーブルテレビにて放映予定

プロフェッショナルの部
メインイベント WPMF世界スーパーフライ級王座決定戦 5回戦
リティグライ・ゲーオサムリット((元WPMF世界フライ級C/タイ)
VS
挑戦者WBCムエタイ日本フライ級チャンピオン.岩浪悠弥(橋本)
---
WPMF女子世界フライ級タイトルマッチ 5回戦(2分制)
チャンピオン.ノーンビウ・シットヨードシアン(タイ)
VS
挑戦者.NJKF女子ライトフライ級チャンピオン.白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)
---
ルンピニージャパン・フェザー級王座決定戦 5回戦
1位.翔貴(岡山・水島)vs5位.田中将士(上州松井)
---
ルンピニージャパン・ウェルター級王座決定戦 5回戦
1位.喜入衆(MuayThaiOpenウェルター級C/フォルティス渋谷)
VS
橋本悟(MuayThaiOpenスーパーライト級C/橋本)
---
バンタム級3回戦
ラムプーンチャイ・ゲーオサムリット(タイ)vs安本晴翔(橋本)
---
スーパーバンタム級3回戦
ペットコークセーン・ゲーオサムリット(タイ)vs中村龍登(橋本)
---
67.0kg契約3回戦
ジン・シジュン(韓国)vsタップロン・ハーデスワークアウト(元・WMC世界フェザー級C/タイ)
---
65.0kg契約3回戦
大原裕也(大原)vsタップナー・ハーデスワークアウト(タイ)
---
72.0kg契約3回戦(2分制)
哲弥(G.O.D)vs坂本隆行(岡山・水島)
---
59.0kg契約3回戦
元山祐希(武勇会)vs大原和也(大原)
---
ウェルター級3回戦
MASATO BRAVELY(BRAVELY)vs 太聖(岡山・水島)
---
58.0kg契約3回戦
拳剛(誠剛館)vsルンピニージャパン・フェザー級8位.泰輝(AKB)
---
フェザー級3回戦
勇(OU-BU)vsTATSUKING(岡山・水島)
---
スーパーフライ級3回戦
黒田直也(ハーデスワークアウト)vs平松侑(岡山・水島)
---
スーパーライト級3回戦(2分制)
提島智久(米子)vs高木覚清(岡山)
---
バンタム級3回戦(2分制)
アマゾン木村(米子)vsMASAKING(岡山・水島)
---
ルンピニージャパンU-15 ペーパー級3回戦(2分制)
山口瑠(拳心會館)vs平松弥(岡山・水島)
---
フェザー級3回戦
ラーメン★TSUBO(勇誠会)vsどん兵衛★水島(岡山・水島)
------
JAKF認定アマチュアキックボクシング「SMASHERS(スマッシャーズ)」中国地区大会

第7試合 SMASHERS中国地区55垉蕾座決定戦3回戦(1分30秒制)
田中陸登(拳狼会)vs蒲田一磨(日進会館宮原)
---
第6試合 SMASHERS中国地区50垉薀織ぅ肇襯泪奪3回戦(1分30秒制)
C.金山春樹(138 KICK BOXING CLUB)vs挑戦者.長谷川英翔(誠剛館)
---
第5試合 SMASHERS中国地区45垉蕾座決定戦3回戦(1分30秒制)
金丸鷹真(ナックルズ)vs岸風太(岡山・水島)
---
第4試合 SMASHERS中国地区35垉薀織ぅ肇襯泪奪3回戦(1分30秒制)
C.堀凌生(誠友塾)vs挑戦者.長谷川海翔(誠剛館)
---
第3試合 SMASHERS中国地区30垉薀織ぅ肇襯泪奪3回戦(1分30秒制)
C.青松大吾(誠剛館)vs挑戦者.石田颯真(武魂會)
---
第2試合 SMASHERS中国地区30垉2回戦(1分30秒制)
藤原杏悟(武正會館)vs大久保虎鉄 (岡山・水島)
---
第1試合 SMASHERS中国地区35垉2回戦(1分30秒制)
山口蓮(武勇会西条)vs山本晃成(岡山・水島)
--------------------------------------
以上、岡山ジム興行広報より頂きましたリリースを引用しています。
------------------------------------
地方興行でもこれだけの規模で活動されることは良いことでしょう。これまでの活動が鈍かったルンピニージャパン戦もここから活性化して欲しいところです。

-----------------------------------
第4回岡山ジム主催興行、公式試合結果!



前日計量は岡山・水島ジムで行われ、プロフェッショナルの部、全員が一回目の計量でパス。
リティグライ・ゲーオサムリットが世界2階級制覇、白築杏奈が世界王座奪取、翔貴と喜入衆が国内王座獲得。


タイから来賓が招かれてのビッグイベントとなる世界戦2試合とルンピニースタジアム王座に近道とされるルンピニージャパン王座決定戦が2試合がメインクラスに置かれた興行。

喜入衆(橋本)の相手は欠場の馬木愛里(岡山・闘我塾)に代わり、橋本悟(橋本)が出場。これは国内タイトルのセンチャイジム主催で行なわれている王座で、MuayThaiOpenチャンピオン対決となりました。
第1回でタイ・ラジャダムナンタイトル戦、第2回以降はWPMF世界戦を組み込んできた岡山ジム興行で、今回は女子世界戦を加えた興行となりました。

---
第16試合  メインイベント WPMF世界スーパーフライ級王座決定戦 5回戦


リティグライ・ゲーオサムリット(元WPMF世界フライ級C/タイ/51.4kg)
     VS
挑戦者WBCムエタイ日本フライ級チャンピオン.岩浪悠弥(橋本/52.0kg)
勝者:リティグライ・ゲーオサムリット / 判定3-0 (49-47. 49-48. 49-47)
---
第15試合  WPMF女子世界フライ級タイトルマッチ 5回戦(2分制)

チャンピオン.ノーンビウ・シットヨードシアン(タイ/50.8kg)
     VS
挑戦者.NJKF女子ライトフライ級チャンピオン.白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB/50.7kg)
勝者:白築杏奈 / 判定0-2 (49-49. 47-49. 48-49)
---
第14試合  ルンピニージャパン・フェザー級王座決定戦 5回戦

1位.翔貴(岡山・水島/57.15kg)vs5位.田中将士(上州松井/56.85kg)
勝者:翔貴 / KO 1R 1:36 / 右ハイキック
---
第13試合  ルンピニージャパン・ウェルター級王座決定戦 5回戦

1位.喜入衆(MuayThaiOpenウェルター級C/フォルティス渋谷/66.55kg)
VS
橋本悟(MuayThaiOpenスーパーライト級C/橋本/66.25kg)
勝者:喜入衆 / 判定2-1 (48-47. 48-50. 48-47)
---
第12試合  バンタム級3回戦
ラムプーンチャイ・ゲーオサムリット(タイ/53.15kg)vs安本晴翔(橋本/53.52kg)
勝者:安本晴翔 / 判定0-3 (28-30. 29-30. 29-30)
---
第11試合  スーパーバンタム級3回戦
ペットコークセーン・ゲーオサムリット(タイ/55.0kg)vs中村龍登(橋本/55.15kg)
勝者:ペットコークセーン・ゲーオサムリット / 判定3-0 (29-28. 30-29. 30-28)
---
第10試合  67.0kg契約3回戦
ジン・シジュン(韓国/67.0kg)vsタップロン・ハーデスワークアウト(元・WMC世界フェザー級C/タイ66.6kg)
勝者:ジン・シジュン / 判定2-0 (29-29. 29-28. 30-29)
---
第9試合  65.0kg契約3回戦
大原裕也(大原/64.7kg)vsタップナー・ハーデスワークアウト(タイ/64.1kg)
勝者:大原裕也 / 判定3-0 (30-25. 30-26. 30-27)
---
第8試合  72.0kg契約3回戦(2分制)
哲弥(G.O.D/71.9kg)vs坂本隆行(岡山・水島/71.75kg)
引分け / 判定1-0 (29-28. 29-29. 29-29)
---
第7試合  59.0kg契約3回戦
元山祐希(武勇会/58.3kg)vs大原和也(大原/58.65kg)
勝者:大原和也 / 判定0-3 (27-30. 28-30. 29-30)
---
第6試合  ウェルター級3回戦
MASATO BRAVELY(BRAVELY/66.1kg)vs太聖(岡山・水島/66.55kg)
勝者:MASATO BRAVELY / TKO 3R 0:57 / 右縦肘打ちによる顔面裂傷出血によりドクターの勧告を受入れレフェリーストップ
---
第5試合 58.0kg契約3回戦
拳剛(誠剛館/57.5kg)vsルンピニージャパン・フェザー級8位.泰輝(AKB/57.6kg)
勝者:泰輝 / KO 3R 1:37 / 左右フック
---
第4試合 フェザー級3回戦
勇(OU-BU/56.7kg)vsTATSUKING(岡山・水島/57.05kg)
勝者:TATSUKING / KO 2R 2:25 / 首相撲から左膝蹴り連打
---
第3試合  スーパーフライ級3回戦
黒田直也(ハーデスワークアウト/51.7kg)vs平松侑(岡山・水島/51.5kg)
勝者:平松侑 / 判定 (28-30. 28-30. 29-30)
---
第2試合  スーパーライト級3回戦(2分制)
提島智久(米子/62.55kg)vs高木覚清(岡山/63.4kg)
勝者:高木覚清 / 判定0-3 (27-30. 28-30. 28-30)
---
第1試合  バンタム級3回戦(2分制)
アマゾン木村(米子/53.45kg)vsMASAKING(岡山・水島/53.0kg)
勝者:MASAKING / 判定0-3 (29-30. 28-29.28-29)
------------
プロの部、全16試合結果。オープニングファイト2試合及びアマチュアの部は除きます。

試合結果、画像も主催者発表のものを引用しています。(10.20追記)
(堀田春樹)

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する