34年目の日本キックボクシング連盟年末興行!

  • 2017/12/16(土)

高橋一眞は2度ずつのダウンの末、TKO勝利で初防衛。村田裕俊はダブルノックダウン気味に優介のハイキックもらってTKO負け、優介が新チャンピオン。高橋聖人が安田浩昭の右フックもらって優勢気味から逆転のTKO負け、初黒星。

2018年2月12日(月・祝)に大田区総合体育館にて開催される「KNOCK OUT FIRST IMPACT」で、盒彊赳辰町田光(橋本)と対戦が決定。




---
高橋三兄弟の長男一眞、初防衛戦。三男聖人も出場。大和知也の再起と挑戦、村田裕俊の再起と2度目の防衛戦。



神風シリーズ vol.6 / 12月16日(土)後楽園ホール17:30〜
主催:日本キックボクシング連盟 / 認定:NKB実行委員会

11.メインイベント NKBライト級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン. 高橋一眞(真門)vs2位.大和知也(前C/SQUARE-UP)

昨年から響いていた骨折の怪我により返上したNKBライト級王座の奪回に向け、大和知也が現チャンピオン.盒彊赳辰膨む。前哨戦では10月29日、盒彊赳辰魯轡・ドキ(韓国)にKO勝利。9月23日、大和知也は棚橋賢二郎(拳心館)にKO負け。大和が経験値の差を見せれば王座奪回も可能なところ、現在の充実度では高橋が優位に立ちます。試合展開と結果はどう転ぶか見ものです。

---
10. NKBフェザー級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン. 村田裕俊(八王子FSG)vs2位.優介(真門)

村田は昨年12月に初防衛戦で対戦した優介との再戦となる2度目の防衛戦。2017年は注目の選手との対戦が続く初戦、森井洋介(ゴールデングローブ)と引分けたのは意外な善戦ながら、その後、高橋聖人、高橋一眞、重森陽太(伊原稲城)に敗れ3連敗。ここで踏ん張れるか、優介も調子を上げているだけに興味深い対戦となります。

---
9. フェザー級 5回戦
1位.高橋聖人(真門)vs3位.安田浩昭(SQUARE-UP)

高橋聖人は今年4月に村田裕俊を攻略し判定勝利。安田浩昭は2年前に盒鏡賛佑鉾縦衂蕕韻靴討い襪、その後勝利を重ね、上位進出してきた底力は侮れない。三兄弟揃ってチャンピオン目指す聖人は絶対負けたくない一戦。

---
8. ライト級3回戦
NKBライト級1位.棚橋賢二郎(拳心館)vsTRIBELATEスーパーライト級チャンピオン.小鹿雅弘(ジョイント)

---
7. ミドル級3回戦
NKBミドル級6位.釼田昌弘(テツ)vs義充(アウルスポーツ)

---
6. ライト級3回戦
NKBウェルター級5位.マサ・オオヤ(八王子FSG)vsNKBライト級9位.野村怜央(TEAM-KOK)

---
5. ライト級3回戦
NKBライト級5位.パントリー杉並(杉並)vsJ-NETWORK.スーパーライト級7位.伊東伴恭(ライラプス東京北星)

---
4. ウェルター級3回戦
NKBウェルター級4位.チャン・シー(SQUARE-UP)vsNKBウェルター級6位.SEIITSU(八王子FSG)

---
3. フェザー級3回戦
NKBフェザー級6位.鎌田政興(ケーアクティブ)vs同級9位.岩田行央(大塚)

---
2. ライト級3回戦
福島勇史(ケーアクティブ)vs大槻涼太(DANGER)

---
第1試合. ライト級3回戦
誠太(アウルスポーツ)vsvs石川翔(BIGMOOSE)

------------------------
以上は対戦予定カードです。
(堀田春樹)

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する