KOが続いたTITANS NEOS.23!

  • 2018/04/17(火)

12試合中、7試合が1ラウンドで決着。

しかし、江幡塁は仕留めきれず判定勝利。

TITANS NEOS.23 / 4月15日(日)後楽園ホール17:00〜19:48
主催:TITANS事務局 / 認定:新日本キックボクシング協会

--後半公式戦5試合の結果のみですが--

56.0kg契約 5回戦

WKBA世界スーパーバンタム級チャンピオン.江幡塁(伊原)
   VS
ユン・ドクジェ(MAX FC 57kg級C/韓国)
勝者:江幡塁 / 判定3-0 (49-48. 49-48. 49-48)

前半の攻め倦む展開から巻き返すも倒すには至らなかった塁。ラストの怒涛のパンチラッシュには観る側も力がこもった。

---
70.0kg契約 5回戦
緑川創(藤本)vsアニーバル・シアンシアルーソ(アルゼンチン)
勝者:緑川創 / TKO 1R 2:45 / ヒジ打ちによる顔面カット

---
ライト級 5回戦
重森陽太(伊原稲城)vsウ・スンボム(KMMAF韓国60kg級C/韓国)
勝者:重森陽太 / TKO 1R 2:35 / 右ストレート、カウント中のレフェリーストップ

---
エキシビションマッチ
日本ライト級チャンピオン.勝次(藤本)EX日本バンタム級チャンピオンHIROYUKI(藤本)&
日本フェザー級4位.皆川裕也(藤本)



先輩に対し、遠慮の無い茂木くん!

---
73.5kg契約3回戦
日本ミドル級チャンピオン.斗吾(伊原)
   VS
任朝恵(元・TENKAICHIミドル級C/ワイルドシーサー沖縄)
勝者:斗吾 / KO 1R 2:16 / 3ノックダウン

---
59.0kg契約3回戦
日本キック・イノベーション・スーパーフェザー級チャンピオン.葵拳士郎(マイウェイ)
   VS
日本フェザー級1位.盒教汰(伊原)
勝者:盒教汰 / TKO 1R 2:45 / ハイキック、ほぼノーカウントのレフェリーストップ

---
また後日、デジタル鹿砦社通信にもうちょっと載る予定。
(堀田春樹)No.33

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する