5月27日開催予定、NJKF若武者会主催「DUEL.15」!

  • 2018/04/28(土)

栃木県内にジムを構えるVERTEXとZEROの共催でNJKF初となる栃木県開催「DUEL.15」が5月27日(日)、ニューサンピア栃木で開催されます。




全14試合がラインナップされた今興行にはVERTEXから4選手、ZEROから4選手と計8試合に地元勢が出場。ホームでの勝利にいずれも高いモチベーションで臨みます。



メインイベント(最終試合)ではNJKFライト級7位.智也(VERTEX)が聖域スーパーライト級チャンピオンの中島崇(PCK亘理/L'antredulion)を迎え撃ちます。「聖域」は東北で開催される立ち技格闘技イベントですが、2月には同じく聖域のチャンピオンである岩城悠介がWBCムエタイ日本チャンピオンの新人(ESG)を初回KOで破り強さを示したばかり。智也が聖域の進撃を食い止めるのか、あるいは中島が再び聖域の強さを見せるのか。
NJKFスーパーフェザー級7位. 弁慶崇利(VERTEX)が仙台市にジムを構える橋見塾のルシファーと対戦。不屈の闘志と強打を持つルシファーだが、弁慶もその名の通り気持ちの強さを持つだけに骨太のぶつかり合いとなりそうです。
NJKFスーパーライト級8位.野津良太(E.S.G)と晃希(/DBSスーパーライト級C/TeamS.R.K)による団体対抗戦が行われます。

----------------------------------------------------
DUEL.15 / 5月27日(日)ニューサンピア栃木 / 開場13:30. START14:00
主催:NJKF若武者会 / 認定:NJKF

--予定カード--
第14試合   63.0kg契約3回戦
NJKFライト級7位.智也(VERTEX)vs中島崇(聖域スーパーライト級C/PCK亘理/L’antredulion)
---
第13試合   60kg契約3回戦
NJKFスーパーフェザー級7位.弁慶崇利(VERTEX)vsルシファー(橋見塾)
---
第12試合   スーパーライト級3回戦
NJKFスーパーライト級8位.野津良太(E.S.G)vs晃希(DBSスーパーライト級C/TeamS.R.K)
---
第11試合   フェザー級ランキング戦3回戦
NJKFフェザー級3位.位真沙希(VERTEX)vs同級5位.山浦俊一(新興ムエタイ)
---
第10試合   55.0kg契約3回戦
鈴木力也(ZERO)vsREIYA(PCK連闘会)
---
第9試合   55.0kg契約3回戦
NJKFバンタム級4位.鰤鰤左衛門(CORE)vsJKIスーパーバンタム級5位.清水克彦(DANGER)
---
第8試合   フライ級3回戦
松谷桐(VALLELY)vs田口尚文(TeamS.R.K)
---
第7試合   58.0kg契約3回戦
吉田凜汰朗(VERTEX)vs大槻涼太(DANGER)
---
第6試合   フライ級3回戦
誓(ZERO)vs祐我(DAIKEN THREE TREE)
---
第5試合   ライト級3回戦
TAKUYA(K crony)vs佐藤界聖(PCK連闘会)
---
第4試合   56.kg契約3回戦
海人(E.S.G)vs加藤和也(ドージョー・シャカリキ)
---
第3試合   アマチュア・ヘビー級 3回戦(1分30秒制)
栗橋譲二(ZERO)vs渡辺颯(翔武会)
---
第2試合   女子スーパーフライ級3回戦(2分制)
TAMA(ReBORN経堂)vs有里(TeamS.R.K)
---
第1試合   ライト級3回戦
川出晃(ZERO)vs本田秀典(拳友会)
------------------------------------------
それぞれ地元・栃木勢が出場(智也、弁慶崇利、晃希)。普段はアウェーの戦いを強いられる彼らが、地元出場へいつも以上に力のこもった意気込みを語った。

NJKFライト級7位.智也(VERTEX)
「1年以上試合間隔があいてしまいましたが、この間は選手としての練習から少し離れ、会員さんにキックボクシングを教える側として携わってきました。しかしその中で改めてパンチ、キックの基礎や自分のクセなどを見直して自分の技術を磨き直すことができた1年になりました。地元興行のメインで正直プレッシャーはありますが、ここでメインを務められるのは僕しかいないと自負しています。デビュー当時から変わらない猪突猛進、退かないスタイルですが、今回もこのスタイルで自分らしく思い切り行きます。この試合は僕にとって運命であり、応援してきてくださった方々への恩返しだと思っています。魅せる試合をするので期待してください」

聖域東北スーパーライト級チャンピオン.中島崇(PCK亘理・L'antredulion)
「先にボクシングを始めていた兄貴の影響で自分もボクシングを始めたのですが(プロライセンス取得)、パンチだけではなく全身を駆使して闘う姿に魅力を感じてキックボクシングに転向しました。初めは蹴るのも受けるのもキックに苦労しましたが、現在はキックを強化しているので、パンチと同様に見せて観客のみなさんに楽しんでもらいたいです。智也選手はアグレッシブなファイターと聞いていますので、会場が盛り上がる打ち合いを見せられると思います。今回の試合のテーマは『KO』。宮城から応援に駆けつけてくれるみんなや、栃木のみなさんの記憶に残るような試合をします」

NJKFスーパーフェザー7位.弁慶崇利(VERTEX)
「ケガをしてしまったのでしばらくリハビリを行なってきましたが、その間もモチベーションを高めるため過ごしてきました。地元の栃木でリングに上がれるのは楽しみでありプレッシャーもありますが、自分の人生に爪痕を残す最高の舞台だと考えています。リングネームは会長につけて頂いて、得意なのは足技ですが、気合い一つのスタイルです。『弁慶』の名に恥じないよう努力します。今回の相手ルシファー選手は力強く、パワーもあり男気のある選手だと思ってます。相手に不足はありません。気持ちと気持ちのタイマン勝負を見て頂きたいです。魅せれるよう頑張ります」

ルシファー(橋見塾)
「キックは元々見るのが好きで、徐々にやってみたくなって始めました。リングネームは堕天使ルシファーの“強い”というイメージから決めました。自分は特に長所がある選手じゃないので、見る人の記憶に残れるよう頑張ります。試合は冷静に塾長の指示を聞いて戦うことが一番なので、それをできるよう練習しています。弁慶選手はサウスポーで自分の距離で上手く戦う選手というイメージなので、試合では胸を借りるつもりで挑戦します。見てる人もやってる自分も楽しめる、満足できる試合にできるよう全力で頑張ります」

NJKFスーパーライト級8位.野津良太(E.S.G)
「キックは、太ってきたのでダイエット目的で始めて、一昨年ぐらいから本格的に始めました。初戦で負けてしまいましたが、それ以降は連勝で来れて出来過ぎだと思います。最近好調なのは会長・トレーナー・新人(=あらと)選手の言うことを聞いて練習ができているからです。何が得意とかはありませんが、下がらないで前に出続けることはできていると思います。今回の対戦相手・晃希選手は蹴りもパンチも何でもできる選手で最初はやりたくなかったですが、チャンスなので絶対勝つよう頑張ります」

DBSスーパーライト級チャンピオン.晃希(TeamS.R.K)
「今回はプロになって初めて地元で試合をするので、とても気合いが入っています。自分の得意技はローキックでスタイルは特にこだわりがなく、やりたいようにやる感じです。今まで3階級で6本のベルトを獲らせてもらいましたが、プロになった時から10本のベルトと“世界”と名のつくベルトを獲るのを目標にしています。相手がどんな戦い方でも自分がやることは変わらないので野津選手の試合は見ていません。胸を貸すとか迎え撃つとは思わず、逆に胸を借りる思いで全力でぶつけます。栃木と言えば晃希! という試合を見せるのでぜひ試合を見てください」

------------------------------
NJKFより頂ましたリリース情報です。

昔は多くの地方巡業がありました。現在はなかなか観る事の少ない地方でのキックボクシング、栃木でどれだけアピールできるでしょうか。
(堀田春樹)No.36

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する