6月24日開催予定のNJKF 2018.2nd対戦カード!

  • 2018/05/12(土)

メインイベントには、4月の「KNOCK OUT」で水落洋祐を初回KOに降したWBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオンの健太(E.S.G)が出場。66.5垠戚5回戦でDEEP☆KICK65垉薀船礇鵐團ンの憂也(魁塾)と対戦します。




強打を武器にRISEや新日本キック、シュートボクシングと様々な団体で暴れる憂也に対し、健太は今年2月の「KNOCK OUT」、3月のクンルンファイト(中国)、4月の「KNOCK OUT」、さらに5月6日は再びクンルンファイト(中国)と健太にしかできない連戦で調子を高めている。昨年9月、強豪タイ人テーパブットを破って以来となるホーム凱旋で今回も強さを見せることはできるか。

---

画像=NJKF事務局

セミファイナルでは2月に宿敵・白神武央(拳之会)を破りWBCムエタイ日本スーパーウェルター級チャンピオンとなったYETI達朗(キング)が、ムエタイ戦士クンタップ・チャロンチャイ(タイ)と対戦。威力と当て勘を増す得意のパンチで、巌流島でも猛威を振るうクンタップの撃破はなるか。

この度、引退を迎えるWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級チャンピオン.宮越宗一郎(拳粋会)のエキシビションマッチが行われます。

宮越宗一郎は1987年2月12日、埼玉県出身の31歳。かつての名選手であった新格闘術ライト級2位.内藤武(現・拳粋会・宮越新一会長)の指導を受け、2005年12月にデビューをすると、屈強な肉体から繰り出す強打と蹴り、さらに鋭利なヒジ打ちを武器にウェルター級、スーパーウェルター級、2階級のWBCムエタイ日本王座を獲得。2015年11月にはWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王座決定戦で勝利し、弟・慶二郎との兄弟同時WBCムエタイ・インターナショナルチャンピオンを達成しました。
今年4月14日に行われた「KNOCK OUT」ではT-98(=今村卓也/クロスポイント吉祥寺)と対戦し引分け。これが現役最後の試合となった。通算戦績は51戦33勝(12KO)15敗3分。
引退記念エキシビションマッチは1分30秒の2回戦、相手はともにWBCムエタイ・インターナショナルチャンピオンであるMOMOTARO(OGUNI)と、弟の宮越慶二郎(拳粋会)が務めます。

他、NJKF 5階級のタイトルマッチが行われます。2階級で、いずれもが初防衛戦となり、ライト級で2階級制覇を狙う元・NJKFスーパーフェザー級チャンピオンの鈴木翔也(OGUNI)、スーパーバンタム級では久保田雄太(新興ムエタイ)が挑みます。
スーパーライト級王座決定戦では4月のDUEL厚木興行で明暗を分けた畠山隼人(E.S.G)と真吾YAMATO(大和)が対戦、
俊YAMATOとのNJKFバンタム級王座決定戦に臨む予定であった大田拓真(新興ムエタイ)は、2月にダウサヤーム・ウォーワンチャイとの対戦で負った鼻骨骨折と眼窩底骨折の古傷を再び悪化させてしまい欠場が決定。代わりに日下滉大が俊との王座決定戦に臨みます。
俊と日下はこれまで3度対戦しており、通算成績は日下の2勝1敗。しかし最新の対戦となった今年2月の一戦では俊が日下を判定で降して初勝利。日下は2017年6月にNJKFバンタム級王座決定戦へ進出するも玖村修平に敗れて王座奪取に至っておらず、今回は戴冠と俊へのリベンジを懸けた一戦となります。

NJKFフライ級王座防衛戦に臨む予定であった能登龍也(VALLELY)は、怪我により欠場。代わりに同門の後輩であるNJKFフライ級3位.松谷桐(VALLELY)が出場。能登の王座返上を受け、大田一航と王座決定戦を行ないます。
松谷桐は2001年8月30日生まれの16歳で、ここまで5戦5勝(4KO)と負けなしの戦績。大田一航も2001年7月30日生まれで同級生であり、こちらも7戦7勝(2KO)と、ともに無敗にして16歳同士の王座決定戦となります。

--主要予定カード--
メインイベント   66.5垠戚 5回戦
WBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオン.健太(E.S.G)vsDEEP☆KICK65垉チャンピオン.憂也(魁塾)
---
セミファイナル   70.0垠戚3回戦
WBCムエタイ日本スーパーウェルター級チャンピオン.YETI達朗(キング)vsクンタップ・チャロンチャイ(タイ)
---
NJKFライト級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.NAOKI(立川KBA)vs挑戦者1位.鈴木翔也(OGUNI)
---
NJKFフライ級王座決定戦 5回戦
1位.大田一航(新興ムエタイ)vs3位. 松谷桐(VALLELY)
---
NJKFスーパーバンタム級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.前田浩喜(CORE)vs挑戦者3位.久保田雄太(新興ムエタイ)
---
引退記念エキシビジョンマッチ 1分30秒2R
宮越宗一郎(拳粋会)
   VS
WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級チャンピオン.MOMOTARO(OGUNI)
WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級チャンピオン.宮越慶二郎(拳粋会)
---
NJKFスーパーライト王座決定戦 5回戦
1位.畠山隼人(E.S.G)vs2位.真吾YAMATO(大和)
---
NJKFバンタム級王座決定戦 5回戦
2位.俊YAMATO(大和)vs3位.日下滉大(OGUNI)
---
スーパーフェザー級3回戦
吉田凛汰朗(VERTEX)vs梅津直輝(エス)
---
53.5kg契約3回戦
雨宮洸太(キング)vs誓(ZERO)

---------------
NJKFより送られました情報を引用しています。カード変更追記5.19 /6.11
(堀田春樹)No.41


コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する