7月6日にGirls S-cup開催、RENAが遂に復帰戦!

  • 2018/05/29(火)

毎年恒例となっている“女子格闘技の真夏の祭典”『Girls S-cup 2018』が、7月6日(金)TDCホールで開催されることが決定。



写真(C)SHOOT BOXING

Girls S-cupは、今を輝く女子ファイターたちの真夏の祭典として2009年にスタートし、今回で10回目。SB世界女子フライ級王者RENA(シーザー)がいよいよ復帰戦を迎えます。RENAは昨年大みそかの『RIZIN』で行われたRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント決勝戦で浅倉カンナに1Rチョークスリーパーで初の一本負けを喫しました。

早期復帰を望むファンの声が多い中、それまでの連戦によるケガなどの状況で試合から遠ざかっていましたが、「Girls S-cupは私にとって絶対的なもの」と女王の闘志が再燃、ようやく7カ月ぶりにリング復帰となりました。なお、対戦相手は現在調整中のため、決定次第発表となります。

------------------
7.6Girls S-cup RENA復帰戦はMMAマッチに!

7月6日(金)に開催される『Girls S-cup〜48kg世界トーナメント2018〜』と、7月29日(日)に、さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』の合同記者会見が、5月29日(火)都内にて行われ、SB世界女子フライ級チャンピオン.RENA(シーザー)のMMA二連戦が発表されました。



5月の福岡でのRIZINで浅倉は一本勝ち。リングサイドで試合を見ていたRENAがマイクを持って再戦をアピールしたものの、浅倉は「ファイターとして自分は一戦して、RENAさんはまだMMAをしていなくて挑戦を受けるのも正直どうかなと思っていて。まだ考えられない」と再戦に意欲的ではなかった。

Girls S-cupでのRENAの相手は現在調整中。23日後に行われるRIZINにて、RENAは浅倉とのリマッチが決定。

この日の会見に出席したシーザー武志会長は「カンナ選手の方から、“RENAは負けてから試合をしていない”との指摘があったのでGirls S-cupのセミファイナルでRENAのMMAの試合を組むことになりました」とRENAのMMAルールによる試合決定の経緯について説明。

Girls S-cupでMMAをすることになったRENAは「今回でGirls S-cupは10回目を迎えます。まさかMMAでGirls S-cupに出場するとは全く思っていませんでしたが、今女子格闘技の波が出ているので、その波を大きくするためにプロである以上一生懸命頑張ります」と意気込みを語りました。

シーザー会長は「まだ相手は決まっていませんが、二連戦だからといって手加減するような相手は用意しません」とRENAには簡単な相手は用意しないという。RENAも「打撃系の選手とやっても意味がないと思うので、寝技が強い選手。あえていうならタックルができる選手が一番手っ取り早いかなと。別な練習をしなくていいので(浅倉と)似たタイプでも全然いい」と浅倉と同じく寝技が得意な選手との対戦を希望しました。


-------------------------------------------------
7.29RIZIN RENA、浅倉カンナとの再戦が決定「女子格闘技の中心の座は私」!

RIZINにて、浅倉とのリマッチが決定したRENAは「色々な声があると思いますが、やっぱり熱は冷めては意味がないと思います。リング上であんな大失恋をしたことはないのですが、試合を受けてくれた浅倉選手に感謝しています」と感謝の意を述べる。

「前回、年末のトーナメントでは決勝戦で(浅倉と)試合をさせていただきましたが、まだ上がって来て欲しくない選手でした。私の中ではカンナ選手ではなく、カンナちゃんだったのでリング上で会ったら切り替えが出来ず、今考えるとそこが全然ダメだったと思います。でも5月にリングに上がってから倒すべき相手・浅倉カンナ選手として気持ちの切り替えが出来ています。次はしっかり勝って、女子格闘技の中心の座は、私なんだぞということを取り戻したい」とリベンジを誓った。

今回は5分制の3ラウンド、ヒジ打ちありのルールとなるが、RENAは「ヒジありのMMAをやったことがないので何ともいえませんが、練習ではしっくりきているので有利に働くと思います」と自信を見せている。

一方、7カ月ぶりの再戦を受けるカンナは「RIZINの女子格闘技を盛り上げて来たのはRENAさんのおかげで、トーナメントが開催出来たのもRENAさんの活躍のおかげだと思います。自分は1回勝ったくらいでそれを越せたとは思いませんが、MMAファイターとして、チャンピオンとして、次の試合ではもっと実力を見せてタップしてもらおうと思います。RENAさんは7月に二連戦で大変だと思いますが、お互いにベストコンディションでリングに上がり、2人で面白い試合をしていければと思います」と意気込みを語った。



---------
「RIZIN.11」 / 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナ15:00〜
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION

RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約3回戦(5分制)
RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者.浅倉カンナ(パラエストラ松戸/20歳)
   VS
SB女子世界フライ級チャンピオン.RENA(シーザー/26歳)

------------------
7月6日(金)TDCホールで開催される女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup〜48kg世界トーナメント2018〜』の記者会見が、5月29日(火)都内にて行われました。

(C)SHOOT BOXING

「SHOOTBOXING Girls S-cup〜48kg世界トーナメント2018〜」では、SB日本女子ミニマム級チャンピオン.MIO(シーザー)、J-GIRLSミニフライ級チャンピオン.MISAKI(GSB)が出場する48kg級の世界トーナメントが開催されます。追加出場選手として、RENAのMMAデビュー戦で対戦したイリアーナ・ヴァレンティーノ(イタリア)、4月にMIOの21連勝をストップしたイム・ソヒ(韓国)、昨年10月、愛知でUnion朱里にKO勝ちしたマギー・タッカー(カナダ)、元・J-GIRLSミニフライ級チャンピオン.紅絹を、昨年11月に下した中国の若き“散打女王”ロウ・ミン(中国)が決定。
会見に出席したMIOは「今回、48kg級で世界トーナメントを初開催していただきます。世界トーナメントなので不安もありますが、かなりワクワクしています。誰が優勝してもおかしくないトーナメントですが、そこで私が主役になってしっかり優勝したいと思います」と力強く意気込みを語る。
トーナメントの組み合わせはまだ決定していないことを受け、MIOは「みんな実力のある選手ばかりで誰と(最初に)対戦しても厳しいトーナメントになりますが、前回負けたイム・ソヒ選手とやりたいです」と初戦(準々決勝)でイムとのリベンジ戦を組んでもらいたいとアピールしました。



----------------
画像はすべて(C)SHOOT BOXING
シュートボクシング協会からの情報を引用しています。
(堀田春樹)19日以降追記あり No.44

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する