6月は二人の日本選手がムエタイ王座挑戦!

  • 2018/06/08(金)

大崎一貴は判定負け。
1Rはパンチで攻勢も、2R以降はチャンピオンが蹴りで主導権支配し、大差判定となった様子。





試合後の大崎一貴
画像(C)Muaytu

現地で挑む価値ある挑戦。

6月15日(金)
タイ国ルンピニースタジアム・フライ級(112LBS)タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.キィアオ・パランチャイ(เขี้ยว พรัญชัย/タイ)
   VS
大崎一貴(OISHI)

キィアオの防衛戦、大崎一貴はルンピニースタジアムで8連勝中という情報。


第6試合がキィアオ・パランチャイvs大崎一貴(OISHI)

-----------
6月27日(水)
タイ国ラジャダムナンスタジアム・スーパーウェルター級(154LBS)王座決定戦 5回戦
シップムーン・シット・シェフブーンタム(สิบหมื่น ศิษย์เชฟบุญธรรม元チャンピオン/タイ)
   VS
緑川創(藤本)

シップムーンは2016年10月23日に後楽園ホールで緑川創と対戦、三者三様で引分け、2017年5月25日に当時のチャンピオン、T-98(=今村卓也/クロスポイント吉祥寺)に挑戦し判定勝利、王座奪取しています。今年2月にイントラーチャイ・チョー・ハーパヤックに判定で敗れ陥落。



---------
獲るだけでは快挙とは言えなくなった現代。外国人チャンピオン過去12名の実績を越えなければなりません。
(堀田春樹)No.52

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する