1年で11試合出場、健太の現在!

  • 2018/06/11(月)

NJKFからの、健太vs憂也インタビュー!
他、宮越宗一郎もあり。


NJKF 2018.2nd / 6月24日(日)17:00〜
主催:NJKF / 認定:NJKF

--予定カード--
第9試合メインイベント   66.5垠戚 5回戦


WBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオン.健太(E.S.G)vsDEEP☆KICK65垉チャンピオン.憂也(魁塾)

昨年9月以来、9ヵ月ぶりのNJKF凱旋を果たす健太は近年ハイペースで試合を重ね、今回で早くも今年5戦目と超人ぶりを発揮している。少しずつ穴を埋め完成度を高めている最中という健太は、既にデビュー13年半となるが「今が一番面白い」と、いまだ衰えないモチベーションを語る。強打の憂也を降し、自身が語る通り“NJKFの顔”として存在感を見せつけ、貫禄の勝利を収めることはできるか。

健太
――半年で今年早くも5戦目となる健太選手です。
健太=久しぶりに1ヵ月半以上試合が空いたんですけど、周りの応援してくれてる人たちも感覚がマヒしてきて、「今回は久しぶりに(試合間隔が)空いてるね」みたいに言っています(笑)。ただ、今は「5日後に試合だよ」と言われてもできるぐらいいつも仕上がっているし、今回は準備期間が長くあったので万全中の万全です。体重も常にキープしていて、何かあってもすぐ試合に出られます。

――現在の適正階級は何級になるのですか?
健太=ウェルター級はもうタイトルとかでなければボチボチ卒業しようと思っていて、少しずつ本来の骨格の階級に近づけてやっていこうと思ってます。とりあえず今はウェルターから65圓如△泙世修海砲笋辰討い覆て面白そうな人がいるので、そこを楽しんでからスーパーライト(63.5)の体を目指しています。

――多くのタイトルを獲得し、キャリアも長い健太選手ですが、まだやったことのない相手に対してはモチベーションが沸くと。
健太=そうですね、はい。自分もやったら面白いですし、ファンのみなさんも階級を変えることによって新しい組み合わせが出て新しい発見があると思うので、そういうのを実現できたらと思っています。そうやっていくとマンネリっていうことはないです。

――そういった意味で、今回は昨年のS-cupで同じトーナメントにエントリーしながら対戦に至らなかった憂也選手との初対決になります。
健太=しっかり強い選手だと思っているので、いつも通り手合わせしてみて、そこから考えていこうと思ってます。

――序盤の手合わせから即座に相手を分析して攻略していく、健太選手の目指すミスターパーフェクト化が着々と進んでいるのでしょうか。
健太=1戦1戦カメのように、長い年月を掛けて少しずつですけど成長して強くなっていけたらと思ってます。ちょっと前を振り返った時に、確実に最近の方が完成度が上がっているなというのがあります。練習していても、これまで気づけなかった身体の使い方だったり新しい発見がまだまだあるんです。もう14、15年キックをやっていますけど、今が一番面白いです(笑)。尊敬する福山雅治の歌詞に“一番新しい自分が一番好きになるように”っていうのがあるんですけど、まさにそれだなと思います。それこそプロフェッショナルシストです(笑)。

――試合の2日後、6月26日には31歳の誕生日を迎えます。30歳の1年はどんな1年でしたか?
健太=去年誕生日を迎えてからは、7月、8月、9月、11月に2試合、12月、2月、3月、4月、5月、6月と1年で11試合(笑)。だから何をしてたかと言われても試合以外になくて、もう試合の記憶しかないです(笑)。でも、これから先もそうあってほしいです。やっぱりまだまだ、まだまだ楽しいので。本当にこの1年は、自分の中で1番成長できた1年だったんじゃないかと思います。完成度が上がっているし、だから今メチャクチャ楽しいです。

――30代を迎えて衰えを感じる部分はない?
健太=そういうのは全くないですね。どんどんどんどん、隙と穴をなくしていこうと思っていて、今は穴埋め作業中です。

――そんな未だ成長中の健太選手ですが、改めて最後に意気込みとファンの方へのメッセージをお願いします。
健太=プロフェッショナルシスト健太が、9ヵ月ぶりによりプロフェッショナルシストになってNJKFへ凱旋します。メインを任されているので、きっちりNJKFの顔が健太だっていうところを、存在感を見せつけて貫禄の勝利を収めたいと思います。完成度の高い健太の戦いを見て、僕もそうですが、みんなで一緒に酔いしれた夜にしましょう。

----------------------------------
憂也
――試合が目前に迫り、仕上がり具合はいかがでしょう。
憂也=毎日よい環境で練習ができていて、いい感じで追い込めているので仕上がりが楽しみです。

――前戦となる3月RISEの“ブラックパンサー”ベイノア戦では残念ながら敗れてしまいましたが、この試合を振り返っていかがですか。
憂也=こないだの試合はダウンを取られて、やっぱり一発の世界でその一発が負けになってしまったんですけど、そこ以外は負けていなかったし、内容的にいい部分もあったので、そこまで落ちることなく逆に今は上がってきている感じなので、今月の試合は最高の状態で挑めるんじゃないかと思います。

――対戦相手、健太選手の印象をお願いします。
憂也=もうだいぶベテランの選手で、いま毎月試合をしているし、過去1番と言っていいかもしれない相手です。印象は穴が少ない選手ですかね。一手先、二手先、三手先を考えて試合を組み立てたり、今回は5ラウンドの試合でその5ラウンドの組み立て方も上手いと思います。そういう意味で“ベテラン”という印象です。

――そういった、穴の少ないベテラン選手を相手にどう戦いますか?
憂也=ただ相手が健太選手ということはそこまで深く考えてはいなくて、自分を出せていけたらって思っています。その中で5ラウンドもあるので、できたら倒しにいこうと思っています。

――常に倒そう、倒したいというのは試合中意識している?
憂也=いつも考えながらやっていてテクニックの部分も見せて、最後は倒しに行ける試合を見せれたらと思っています。倒したいという気持ちはいつも持っているのですが、逆にそれで見過ぎてしまったり、行くところを間違えてこないだもカウンターをもらってしまったので、今回はそこを的確に見てやりたいです。

――それでは最後に改めて試合の意気込みをお願いします。
憂也=NJKFは初めて出させてもらうんですけどメインに選んで頂いて、やっぱりメインはメインらしい試合をしないといけないし、最後のトリを飾るので、自分を見せつつ会場を盛り上げられたらと思います。

-------------------------------------------
第8試合セミファイナル   70.0垠戚3回戦
WBCムエタイ日本スーパーウェルター級チャンピオン.YETI達朗(キング)vsクンタップ・チャロンチャイ(タイ)



2016年2月、白神武央(拳之会)に完敗を喫したYETI達朗(キング)だが、2月にリベンジを果たしてWBCムエタイ日本王座を奪取。6連勝と好調で、ムエタイ戦士クンタップ・チャロンチャイ(タイ)を迎え撃つ。両者激闘を漂わせるとともに、KO率の上がっているYETIがその理由を語った。

――2月に、2年前に敗れた白神武央選手にリベンジしてWBCムエタイ日本王座を獲得しました。
YETI=ちょっと思うようにはいかなくて、本当はやっぱり倒して勝ちたかったです。白神選手は距離とか上手い選手で、やり辛さがすごくあって上手くいきませんでした。でもリベンジできたことはすごく嬉しかったです。前回負けてからずっとやりたくて、2年間は長かったです。でも、あの負けがあったから成長もできたと思うし、そこはプラスに考えています。

――成長できたのはどういう部分になりますか。
YETI=“強くなりたい”というガムシャラな気持ちというか“このままじゃ終われない”という思いがすごくあって、その気持ちが糧になりました。今も強くなりたいという気持ちはまだまだ全然あります。もう強くなれないと思ったら辞める時だと思ってます。

――“強くなりたい”気持ちは2年前白神選手に負けたことで強くなった?
YETI=負けたことによっていろいろ考えることもあって、それを糧に悔しくてここまで来たと思っています。ほんと自分を見つめ直す時間はいっぱいありました。ただ1人じゃ絶対強くなれないし、トレーナーとか応援してくれる人がいるから強くなりたいと思えるし、今も成長できているんだと思います。もう強くなれないと思ったら選手としてはもうダメですけど、まだ全然強くなっていると思います。

――戴冠後第1戦で迎える対戦相手、クンタップ選手の印象をお願いします。
YETI=すごく前にディファ有明で我龍真吾戦(2009年11月)を見たことがあって、すごくミドルキックが強かった印象があります。あとはタイ人ならではの距離とか上手さとか。でも映像は最近だと巌流島ぐらいで、古いのしかありませんでした。

――そんなクンタップ選手と今回はどう戦いますか?
YETI=どうせやるなら絶対倒したいという気持ちがいつもあるのですが、今回はすごくワクワクしているので、今まで自分が培ってきたものを全部ぶつけて倒したいです。やっぱり会長(=向山鉄也会長)も倒さないと喜んでくれないので(笑)。

――最近は倒して勝つことが多くなっているYETI選手ですが、これはどうしてなのでしょうか。
YETI=パンチは苦手で下手だったんですけど、元・日本チャンピオンの吉野弘幸会長のジム(H's STYLE BOXING GYM)に行かせて頂いてから、いろいろ教えてもらってようやく倒せるようになってきた感じです。パンチは前より上達したし、吉野会長は左がホント凄いので、すごくタメになります。でも、いつも教わっているのに試合ではあまり左フックは出せていないですけど(苦笑)。もう2年半ぐらい通って教えてもらっているので、左でも倒したいです。ただ、やっぱりタイ人は距離が上手いので、そこをどう攻略して入って当てるかだと思います。パンチだけに集中しちゃうと当たらないので、蹴りも織り交ぜていきます。

――王座獲得後第1戦として気合いの入る試合に、改めて意気込みをお願いします。
YETI=相手はすごい強豪選手なのは分かっているので、しっかり仕上げてベストな状態で倒しに行くので応援よろしくお願いします。

----------
クンタップ・チャロンチャイ
――最近はキックだけでなく巌流島にも出場しているクンタップ選手ですが、今年38歳を迎えても、戦う気持ちは衰えていないですか。
クンタップ=全く衰えていません。キックボクシングのルールで戦うのは久しぶりですが、自分の本領を発揮したいと思います。

――YETI選手の試合は見たことがありますか?
クンタップ=実際に見たことはありませんが、今回の試合が決まってから動画などで見ました。パンチが強い選手ですが、そういう相手と戦う時はガードをしっかり固めることはもちろん、それ以上に“打ち負けない”ことを大事に考えています。

――今も日本で戦い続ける理由を教えてください。
クンタップ=タイでは試合をしていませんが、今もタイトルホルダーです。日本には自分のジム(BTC GYM)があって日本が大好きですから、これからも戦い続けたいと思っています。

――今回はどんな試合を見せてくれますか。
クンタップ=試合を観に来てくれた方々に楽しんで頂けるよう、勇気を与えられるような試合をしたいです。

――ファンの方へのメッセージをお願いします。
クンタップ=お客さん、ジム生、家族のみんな、いつも応援してくれるみなさんに今回の試合を観てほしいです。いい試合をしますので、よろしくお願いします。


---------------------------
第7試合   NJKFライト級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.NAOKI(立川KBA)vs挑戦者1位.鈴木翔也(OGUNI)
---
第6試合   NJKFフライ級王座決定戦 5回戦
1位.大田一航(新興ムエタイ)vs3位. 松谷桐(VALLELY)
---
第5試合   NJKFスーパーバンタム級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.前田浩喜(CORE)vs挑戦者3位.久保田雄太(新興ムエタイ)
---
引退記念エキシビジョンマッチ 1分30秒2R
宮越宗一郎(拳粋会)
   VS
WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級チャンピオン.MOMOTARO(OGUNI)
WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級チャンピオン.宮越慶二郎(拳粋会)

弟の慶二郎、MOMOTAROとの引退記念エキシビションマッチを行う宮越宗一郎。かつての名選手であった元・新格闘術ライト級1位.内藤武(父・宮越新一会長)の影響で自身もキックの道へ進み、慶二郎との兄弟同時WBCムエタイ・インターナショナル王座奪取も達成。12年半に及んだキャリアを振り返り、胸中を語る。



宮越宗一郎(拳粋会)
1987年2月12日、埼玉県出身
2005年12月5日デビュー
初代WBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオン、第2代WBCムエタイ日本スーパーウェルター級チャンピオン、WBCムエタイ・インターナショナル・ウェルター級チャンピオン
51戦33勝(12KO)15敗3分

――今回は引退に際して今までの歩みを振り返って頂きたいと思います。元はお父さんの影響で空手を始めたことが宗一郎選手の原点になりますか?
宮越=そうですね、10歳の時です。それまでスポーツもほとんどやっていなくて、でも夏になったら虫を取りに行ったり、友達と林に行って遊んだりしていて外で遊ぶのが好きな子供でした。ただ、小さい頃から父親に「大きくなったらキックボクシングのチャンピオンになるんだ」とは言われていて、まだ空手もやっていなかったんですけど、特に抵抗もなく、深く考えず“なるんだろうな”っていう感じで思っていました。それでちょうど自分が10歳の時に父親が道場を作って空手を始めて、その時も全然真面目にはやっていなかったんですけど、高校生になってキックボクシングもやり出して、そこから初めて本当にチャンピオンへ向かって努力していった感じです。

――自然な感じで現在に繋がる道を歩いてきましたが、イヤだなと思ったことはありませんでしたか?
宮越=イヤだなと思ったのはプロになってからです。もう結構デビュー戦あたりから、まず練習が相当ハードになりますし、案外勝てないもんだなとも思ったし、あと金銭面であったりいろいろそういうのが重なって、イヤだなぁと思いました。大変なことの方が全然多かったです。ただ周りの人たちが応援してくれているし、そう簡単には辞められないので、30歳まで頑張ろうと思いました。それはもう18歳のデビュー戦ぐらいから思っていました。

――そこから12年半、51戦に及ぶキャリアとなりましたが、戦い終えた今、どんなことが思い浮かびますか?
宮越=12年半、長かったなぁと思うんですけど、チャンピオンになってからは割と早かったのかなっていう感じです(2009年12月、デビュー4年目にWBCムエタイ日本王座を奪取し初戴冠)。そこからはファイトマネーが上がってちょっと楽になったり、あと海外の試合も多かったので楽しかったですし、ベルトを獲る前よりは楽しいことも増えました。

――タイや中国、海外での試合が多いキャリアでもありました。
宮越=最初のタイファイト(2010年8月)の時はまだ外国人選手との試合が怖かったんですけど、でもだんだん慣れてきて、クンルンファイト(2014年10月〜)に出てるぐらいの時は楽しかったです。試合自体は外国人選手とやるってなると怖いんですけど、タダで観光もできますし(笑)、プレッシャーもそこまで感じないので。やっぱり日本だと応援してくれてる人とかみんな見に来るので、その分“勝たないといけない”っていう気持ちが強いんですけど、海外だとそういう気持ちはなくリラックスしてやれました。

――どの試合もそうだとは思いますが、思い出深い一戦というとどの試合になりますか。
宮越=いろいろあるんですけど、やっぱりインターナショナルのタイトルマッチですかね(2015年11月15日)。兄弟でダブルタイトルマッチだったので、あの時は絶対落とせなかったし、あの試合で勝てた時の喜びは大きかったです。嬉しいのとすごくホッとしたのとがありました。あとは初めてタイトルを獲った時とか(2009年12月)。

――では、51戦やった中で“これは強かった”という相手になると誰になりますか?
宮越=一番衝撃を受けたのはリアム・ハリソンです(2010年10月)。とにかく蹴りの威力がすごく強くて、ほんと腕が折れそうになったし、試合中すごく恐怖を感じました。ローキックも一発で効かされちゃったし、フックも一発でグラつくぐらい強くて、一発一発の攻撃は他の選手と比べ物にならないぐらい、もうダントツで強かったです。YouTubeとかで練習を見ても一発一発全力で打つスタイルで、ほんと壊しに来るようなスタイルなので効きました。

――そんな衝撃的な対戦を経て、影響を受けたり変わった部分はあったのでしょうか。
宮越=ありました。リアム・ハリソン戦からローキックの打ち方を真似したり、そうやって対戦相手から真似したりすることは結構ありました。自分の戦い方は自分のスタイルを貫き通すっていうものではなくて、常によい選手のスタイルを取り入れたり、その都度変えていく感じでした。それが近道だったかどうかは分からないですけど、でも自分にとってはプラスだったと思います。

――真似をしたり取り入れるのは実際に戦った相手からすることが多かったのでしょうか。
宮越=やったことのない相手でも、有名な選手は映像から取ることも多かったです。それで練習で試して、これは自分に合わない、無理だなと思ったら取り入れるのをやめたり。だからパンチ系だったらこの選手がいい、この選手はこの打ち方がいい、という感じで今後も教えられると思います。

――今後のお話が出ましたが、引退後はどうされるか教えてください。
宮越=慶二郎もまだプロでやるので、慶二郎を強くするためにも自分がどんどん相手になってあげたり、若い子を育てるためにもっと指導をしていきたいなと思います。

――ベルトも獲って、強い相手ともたくさんやって、もう思い残すことはない、戦い切った感じでしょうか。
宮越=そうですね。最後に日本人の70圓悩廼と思っていた緑川創選手とT-98(=今村卓也)選手とやって、できればそこで圧勝して“最強”っていう形にしたかったんですけど、いい感じで戦えたので満足はしています。

――プロで12年半やってきてキックボクシングとは宗一郎選手にとって何であったのか、またファンの方へメッセージがあればお願いします。
宮越=辛いこともすごくあって、それでも続けてこられたし、そのことで応援もあって仲間の大切さも知れました。優しくなれたり成長できたと思います。今後も後楽園ホールやNJKFには顔を出すと思うので、忘れないでいて声を掛けてくれたら嬉しいです。

宮越慶二郎
「今回兄とエキシビションということで、公式戦ではないけど後楽園のリングで闘うのは楽しみです! 兄に華を持たせるようなことはしません(笑)。本気でいきます! 1分半と短い時間ですが、他のタイトルマッチよりも盛り上げます!」

MOMOTARO
「宗一郎さんは自分がプロのリングへ上がった時にはすでにトップファイターとして活躍されていた方なので、そんな凄い方と最後のエキシビションをやらせて頂くことをとても光栄に思います。一緒に練習して頂いたこともありますし、プライベートでも食事に行ってお話させて頂いたことが何度もあるので、引退をするのはとても寂しいです。
今後は指導者として新しいスタートを切ると思うのですが、これからのキックボクシング界発展のために是非この業界で活躍して頂きたいです。宗一郎さん、最後のエキシビション、よろしくお願い致します!」

---
第4試合   NJKFスーパーライト王座決定戦 5回戦
1位.畠山隼人(E.S.G)vs2位.真吾YAMATO(大和)
---
第3試合   NJKFバンタム級王座決定戦 5回戦
2位.俊YAMATO(大和)vs3位.日下滉大(OGUNI)
---
第2試合   スーパーフェザー級3回戦
吉田凛汰朗(VERTEX)vs梅津直輝(エス)
---
第1試合   53.5kg契約3回戦
雨宮洸太(キング)vs誓(ZERO)

--------------------------------------------
以上は6月24日の予定カードとNJKFより送られました、健太vs憂也インタビューです。
(堀田春樹)No.59

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する