NJKF、真の主役は誰か!

  • 2018/06/29(金)

健太、若い憂也を仕留められず判定勝利。
YETI達朗がクンタップを左フックから連打で圧勝。


以下、5階級タイトルマッチでは、
鈴木翔也がNJKFでの2階級制覇
16歳対決、松谷桐が一航にヒジでカットし王座獲得
前田浩喜が引分けで初防衛
畠山隼人が真吾YAMATOを1Rで倒し王座獲得
23歳同士、俊YAMATOが日下滉大に小差判定勝利で王座獲得

----------
NJKF 2018.2nd / 6月24日(日)17:00〜21:15
主催:NJKF / 認定:NJKF

第9試合メインイベント   66.5垠戚 5回戦


WBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオン.健太(E.S.G/66.25kg)
   VS
DEEP・KICK65垉チャンピオン.憂也(魁塾/66.6→66.45kg)
勝者:健太 / 判定3-0 / 主審:竹村光一
副審:多賀谷49-47. 中山48-47. 和田49-48

---
第8試合セミファイナル   70.0垠戚3回戦


WBCムエタイ日本スーパーウェルター級チャンピオン.YETI達朗(キング/69.9kg)
   VS
クンタップ・チャロンチャイ(タイ/69.55kg)
勝者:YETI達朗 / TKO 1R 1:36 / 主審:宮本啓介

---
第7試合   NJKFライト級タイトルマッチ 5回戦


NAOKI(立川KBA/61.35→61.15kg)
   VS
挑戦者1位.鈴木翔也(OGUNI/61.23kg)
勝者:鈴木翔也 / 判定0-2 / 主審:多賀谷敏朗
副審:竹村47-49. 宮本48-48. 和田48-49

偶然のバッティングらしき衝撃ではあったが、NAOKIの出血は激しく息苦しそうだった。鈴木翔也もしぶとい攻めが今回も発揮した。

---
第6試合   NJKFフライ級王座決定戦 5回戦


3位.松谷桐(VALLELY/50.8kg)vs1位.大田一航(新興ムエタイ/50.8kg)
勝者:松谷桐 / TKO 2R 0:53 / 主審:和田良覚

---
第5試合   NJKFスーパーバンタム級タイトルマッチ 5回戦


チャンピオン.前田浩喜(CORE/55.3kg)
   VS
挑戦者3位.久保田雄大(新興ムエタイ/55.3kg)
引分け 三者三様 / 主審:竹村光一
副審:多賀谷48-49. 和田49-49. 中山50-48

---
引退記念エキシビジョンマッチ 1分30秒2R
宮越宗一郎(拳粋会)
   EX
WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級チャンピオン.MOMOTARO(OGUNI)
WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級チャンピオン.宮越慶二郎(拳粋会)

倒れた兄に蹴りかかる弟、止めに入る父レフェリーの内藤武氏も現役時代はよく倒れた相手にセコいほど蹴りかかっていったものだ。


エキシビジョンマッチ1ラウンド目はMOMOTARO登場

---
第4試合   NJKFスーパーライト王座決定戦 5回戦


1位.畠山隼人(E.S.G/63.05kg)vs2位.真吾YAMATO(大和/63.45kg)
勝者:畠山隼人 / TKO 1R 2:11 / 主審:宮本和俊

---
第3試合   NJKFバンタム級王座決定戦 5回戦


3位.日下滉大(OGUNI/53.3kg)vs2位.俊YAMATO(大和/53.45kg)
勝者:俊YAMATO / 判定0-3 / 主審:多賀谷敏朗
副審:宮本48-49. 和田48-49. 竹村48-49

---
第2試合   スーパーフェザー級3回戦
吉田凛汰朗(VERTEX/58.65kg)vs梅津直輝(エス/58.6kg)
引分け 0-1 (29-29. 29-29. 28-29)

---
第1試合   バンタム級3回戦
雨宮洸太(キング/53.25kg)vs誓(ZERO/53.4kg)
勝者:誓 / 判定0-3 (28-29. 27-30. 27-30)
--------------------------------------

主役は健太、その存在感は短いスパンで他団体や海外の試合に出ている試合数の多さにあるでしょう。YETI達朗と畠山隼人にも一発で勝利を導いたパンチのインパクトが主役級でありました。


デジタル鹿砦社通信にも掲載されています。
(堀田春樹)No.63

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する