8月5日、花やしきで開催のヤングシーザー杯!

  • 2018/07/20(金)

浅草花やしきで開催される『SHOOTBOXING 2018 ヤングシーザー杯 in 花やしき act.3』の第一弾対戦カード3試合が発表されました。




SHOOTBOXING 2018 ヤングシーザー杯act.3 / 8月5日(日)浅草花やしき
開場16:45 開始17:00
主催:シュートボクシング協会 / 認定:シュートボクシングコミッション

SBスーパーバンタム級(-55.0kg)3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーバンタム級6位.竹野元稀(風吹)vs同級7位.大桑宏章(シーザージム渋谷)



竹野は脅威的な打たれ強さと強打を持つSB中部地区期待の星。6月のSB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント初戦では伏見和之と対戦し判定で敗れたが、伏見と互角に打ち合い、追い込む場面を作るなど大いに今後の可能性も感じさせる一戦だった。
対する大桑は31戦のキャリアを持つベテラン。今年4月、トップランカーの植山征紀にKO勝ちしているRISEバンタム級3位.優吾FLYSKYGYMと対戦し、5度のシュートポイント、2度のダウンを奪って大差を付けて判定勝利した。5月には新鋭・手塚翔太を破り現在3連勝中。激戦必至の一戦を制し、再びタイトル戦線に浮上するのはどちらか。

---
SBスーパーバンタム級(-55.0kg)3回戦(延長無制限R)
清水悟(シーザージム新小岩/30歳)vs手塚翔太(GONG-GYM坂戸/16歳)



手塚は2017年アマチュアシュートボクシング全日本大会準優勝の実績を持つ現役高校生。若さと勢い、そしてバランスのいい攻撃で格上狩りなるか。対する清水はアラサーの強さを見せつけたいところだろう。

---
SBセミプロルール  54.0kg契約3回戦(2分制/延長1R)
山田虎矢太(シーザー)vs遠藤凌夢(龍生塾ファントム)



山田は幼少の頃より、双子の兄・彪太朗(=こたろう)と共にシーザージムに通い、元SB東洋太平洋ウェルター級チャンピオン.宍戸大樹が手塩にかけて育てている16歳。これまでに全日本アマチュアSB45kg級&‐50kg級、MuaytahiOpen‐50kg級でタイトルを獲得するなどアマチュアで抜群の戦績を誇る。
対する遠藤も国際グローブ空手道連盟総合大会2018王者に輝くなどアマチュアで活躍し、所属ジムの代表を務める元SB日本スーパーバンタム級王者・ファントム進也が自信を持って送り出す13歳。実績でも格上の山田に対し、遠藤は下克上なるか。

---
他、出場決定選手
SB日本ライト級3位.上田一哉(シーザージム新小岩)
17歳の上田はSBニュージェネレーションとして期待され現在二連勝中。
-----------------------------------
シュートボクシング協会より送られましたリリースです。画像(C)SHOOT BOXING

(堀田春樹)No.71

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する