第10回WINDY Super Fightアマチュア大会!

  • 2018/08/11(土)

7月28日に行なわれたWINDY Super Fightアマチュア大会では、23kg級で堀蓮翔選手(パワーオブドリーム)が大会3連覇、吉本煌志選手(練馬チャンデット)と馬場藍希選手(AXSPEAR池袋)が大会2連覇を達成。大会MVPには杉山空選手(HEAT)が選ばれました。


------
第10回WINDY Super Fightアマチュア大会 / 7月28日(日)大森ゴールドジム / 11:00〜
主催:WINDY事務局

「キック部門」
WINDY KICK23kg級決勝3回戦(2分制)
○堀蓮翔(パワーオブドリーム)vs秋山虎士郎(パワーオブドリーム)●
判定3-0(29-28 30-28 30-28)

※堀蓮翔が王座に就き、大会3連覇を達成。

ゴングと同時に、互いにローやパンチの打ち合いとなり、2Rからは堀のワンツーからロー、右ミドルが秋山をとらえ、手数を増やしていく。3Rは堀の左右フックとワンツーといったパンチ主体の攻撃となり堀ペースに。判定で堀が勝利し、大会3連覇を達成した。

---
WINDY KICK 26kg級決勝戦3回戦(2分制)
●杉山海瑠(HEAT)vs吉本煌志(練馬チャンデット)○
判定0-2(29-29 29-30 28-30)
※吉本煌志が王座に就き、大会2連覇達成

1Rは中盤に吉本の右ハイが杉山をとらえ、2Rと3Rは、杉山は大きく回りながら間合いを図るが、吉本が前に出て距離を詰めてワンツーと右ミドル。手数で吉本が上回り、判定で吉本が勝利、前回大会に続いて2連覇達成となった。

---
WINDY KICK 30kg級決勝戦3回戦(2分制)
○馬場藍希(AXSPEAR池袋)vs篠原翔夢(K-1GYM WOLF)●
判定3-0(30-28 30-27 30-28)

※馬場藍希が王座に就き、2連覇達成

篠原が様子見をしている一方で、馬場は左ミドルを打っていく。さらに馬場は距離を詰めて右ローから左ミドル。2Rになると、前蹴りからの左ミドル連打。篠原をコーナーに詰めてボディストレートと左ミドルと馬場の手数と勢いが止まらず、馬場のベースに。3Rも馬場のペースは変わらず、判定で馬場が勝利。新王者となると共に、馬場は前回大会で獲得したMUAYTHAI30kg級を獲得しており、2連覇達成となった。

---
WINDY KICK 51kg級王座決定戦3回戦(2分制)
●隈本浩志(Weed)vs天野颯大(キングムエ)○
判定1-0(30-28. 29-29. 29-29)
延長判定0-3(三者ともに9-10)
パンチの打ち合いの中、天野の左ボディが隈本をとらえ、ワンツーを追撃。天野の左ボディに右ストレートを合わせる隈本。隈本が右ストレートをヒットさせれば、天野は左フックをヒットさせる。3R、パンチの打ち合いがなされ、フックの相打ちが見られるも、手を止めることなく打ち合いが続いていく。互いに蹴りはほとんどせずパンチ主体の展開となった。本戦判定はドローとなり、延長戦となった。天野がワンツーで先手を打ち、左フックと右ストレート、左ボディ。手数で天野が圧倒。延長戦の末、天野颯大が勝利し、王座に就いた。

---
「ムエタイ部門」
WINDY MUAYTHAI 32kg級決勝戦 5回戦(1分30秒制)
○鈴木咲耶(HIDE)vs所風雅(Refre’K)●
判定三者三様(49-48. 46-50. 48-48)
延長判定3-0(三者共に10-9)

※鈴木咲耶が王座に就く。

1Rは互いに首相撲からヒザ。所がワンツーと左ボディ、首相撲。3Rは鈴木が首相撲を仕掛ると、所がワンツーを打ち込み応戦。5Rは互いにミドルを打ち合い、首相撲からヒザの応酬に。中盤には所が鈴木をワンツーを打ち込みながらロープへ追い込み、首相撲からヒザ。鈴木も負けじと右ミドルとヒザで応戦。互いに譲らない展開となり、本戦判定は三者三様のドロー。決着は延長戦へ。延長戦は鈴木が首相撲からヒザで有効打を稼ぎ、鈴木が勝利。新王者となった。

---
WINDY MUAYTHAI36kg王座決定戦 5回戦(1分30秒制)
●秋田巴琉(キングムエ)vs安野龍信(鍛錬会)○
TKO 2R 0:32 レフェリーストップ(首相撲からのヒサ蹴り)
※安野龍信が王座に就く。

前回大会王者の安野が連覇を目指す。1Rから安野が首相撲からヒザで攻め続け、2Rには首相撲からヒザ連打でダウンを取り、レフェリーが試合をストップ。安野が前回大会に続いて同階級にて連覇を果たした。

---
WINDY MUAYTHAI 42kg級王座決定戦 5回戦(1分30秒制)
○杉山空(HEAT)vs藤原乃愛(藤原道場)●
TKO 4R 1:18
※杉山空が王座に就き、今大会MVPを獲得。

杉山が右ミドルから首相撲からヒザを仕掛けると、2Rも杉山が首相撲からヒザを徹底。3Rは杉山が右ミドルと左前蹴りから首相撲、藤原は前蹴りを出すのみで手が止まってしまう。4Rは杉山がワンツー連打で突っ込んで首相撲からヒザ。藤原が攻撃しない状態が続き、レフェリーが試合をストップ。杉山が王座に就いた。なお、杉山は今大会のMVPに選出された。

---
WINDY MUAYTHAI 48kg級王座決定戦 5回戦(1分30秒制)
○森山侑音(Weed)vs熊谷翔天(フリー)●
TKO 4R 3:00

※森山侑音が王座に就く。

1Rは互いに様子見の状態となり、2Rは森山が前蹴りから首相撲、ヒザを打つ展開が続き、熊谷が押され気味。3Rから森山の前蹴りに熊谷が下がる光景が目立ち、森山は左ミドルと左ストレート。徐々に森山ペースに。4Rは熊谷が前に出るようになり、森山は左ミドルや飛び蹴りなど、多彩な蹴りを繰り出していく。ジャブから左ミドルを打ち、手数を増やしていく森山。5R開始前にセコンドが試合をストップ。森山が王座に就いた。




--------------------------------------------
WINDY事務局よりリリース情報です。(画像記事ともWINDY事務局)
(堀田春樹)No.75

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する