初のモンゴル遠征で深田、坂本らアウェーの洗礼浴びる!

  • 2018/08/19(日)

シュートボクサー、日本人4選手全敗!




忍アマラ―が代表を務めるSBモンゴル支部主催、シュートボクシング初のモンゴルでのイベント『SHOOTBOXING in MONGOLIA 2018 -SHINOBU FIGHT-』が、
8月11日(土)現地時間)、モンゴル・ウランバートルにある中央スポーツセンターにて開催されました。



日本からSB日本フェザー級チャンピオン.深田一樹(龍生塾ファントム)、前SB日本スーパーウェルター級チャンピオン.坂本優起(シーザー)、SB日本スーパーライト級6位.イモト(グラップリングS)、伊藤☆四郎(シーザー・新小岩)の4選手が出場し、モンゴルを代表する選手と激突。



開催地となったウランバートルは標高が1300メートルもある高山都市であることから酸素が薄く、SB日本勢は慣れない異国の地で不利な戦いを強いられてしまう。テクニック勝負で健闘するものの、モンゴル人特有のフィジカルの前にパワー負けしてしまい、全敗する結果となりました。



----
72.0kg契約5回戦(延長1R)
○タバヤー・ウリジバト(WKN世界スーパーウェルター級C/モンゴル)
   判定
×坂本優起(前SB日本スーパーウェルター級C/シーザー)

1Rからパンチを出しながら突進する坂本。手数で坂本有利だが、タバヤーもパンチを返し的確さで上回る。坂本が連打を見せ追い込み、タバヤーがマウスピースを吐き出す場面もあったが、タバヤーの強打のヒット数が優勢を印象付けている。坂本の判定負け。

---
68.0kg契約3回戦(延長1R)
○チングン新小岩ジム(SB日本ウェルター級2位/モンゴル/シーザー・新小岩)
   判定
×イモト(SB日本スーパーライト級6位/グラップリングシュートボクサーズ)

チングンとイモトはこれまでに2度対戦しており、イモトが2敗。
1R開始早々にラッシュを仕掛けるチングンがパンチでダウンを奪う。さらに後方への投げでシュートポイントなど、母国での試合に気合十分のチングンが主導権を握る。
2R、ペースを取り戻すべくイモトは左右フック、バックブローで反撃。
3Rも手数を出し続けるイモトだが、チングンにパワー負けしてしまう。打ち合いでも押されるイモトは3R終了間際にダウンを奪い返す。1Rにシュートポイント&ダウンを奪ったチングンが接戦を制した。

---
60.0kg契約3回戦(延長1R)
○アルタンドルグーン・ボルドバター(モンゴル)
   判定
×深田一樹(SB日本フェザー級C/龍生塾ファントム))

1R、早々にパワーのぶつかり合い。アルタンドルグーンの馬力の前に深田が押される展開に。反撃する深田は2Rにバックドロップを見舞うが、シュートポイントならず。深田は前方への投げでシュートポイントを奪ったものの、アルタンドルグーンの打撃に押され力負けするために印象は悪い。3Rも白熱した攻防で会場は盛り上がる中、判定で深田が敗れる結果となった。

---
65.0kg契約3回戦(延長1R)
〇バトア・バットバーター(モンゴル)
   TKO 1R (3ノックダウン)
×伊藤四郎(シーザー・新小岩)

1R、ゴングと同時に突進してきたバトア。猛攻を食らい回避した伊藤はペースを取り返そうと反撃に出るが、そのままバトアのラッシュに飲まれてしまい2度のダウンを奪われる。バトアのラッシュは止まらず、伊藤は目尻をカット。そして3度目のダウンを喫し、TKO負けした伊藤だったが、激闘を繰り広げたことで会場人気は一番だった。


------------------------------------------
モンゴル興行のラウンドガールコンテストで美女揃う!

『SHOOTBOXING in MONGOLIA 2018 -SHINOBU FIGHT-』のラウンドガール公開オーディションがウラーンバトル市内にて行われていました。



2月のシリーズ戦で現・SB日本スーパーウェルター級チャンピオン.北斗拳太郎を下し、再び世界のトップ戦線へのカムバックに期待が高まる、忍アマラ―が代表を務めるSBモンゴル支部の主催イベント。
オーディションには、モデル、ダンサー、イベントコンパニオンなど、ビッグイベントにふさわしい容姿端麗な女性が揃い、会場に集まったファンの前でウォーキングなどが披露されました。

------------------------------------
忍アマラ―が代表を務めるSBモンゴル支部が2ヶ所オープン!

ビッグイベント開催に伴い、忍が代表を務めるSBモンゴル支部のSHINOBU fighting fitness Center(ダルハン県)とDARKHAN CITY NEW DARKHAN(ウランバートル)のふたつが8月12日(日・現地時間)に同時オープンすることが決定。



忍アマラ―は、
「SHINOBU fighting fitness Centerはチングン新小岩ジム(SB日本ウェルター級2位)の地元にあります。DARKHAN CITY NEW DARKHANはウランバートル市内の裕福な方たちの住んでいる場所にオープンすることが出来ました。今、モンゴルには強い選手がたくさんいます。この支部では、日本に送り込む選手をどんどん育てていき、SBの歴史で我々が一時代を築いてみせます」とメッセージを送っています。

以上はシュートボクシング協会よりリリースです。
画像(C)SHOOT BOXING

----------------------------------------------
標高1300メートルの酸素が薄い中での戦いは海抜0メートルに比べ、15%ほど酸素が薄くなるようです。気温もかなり下がり、いきなり行くと体調崩す恐れがあります。数値はわずかでも、日本選手にとっては不利な状況だったかもしれません。
(堀田春樹)No.79

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する