2部制で行なわれたKICK Insist.8!

  • 2018/11/15(木)

新日本キックボクシング協会としては初の使用となった新宿フェース。


石原將伍がボディーブロー一発でKO勝利。

KICK Insist.8 / 11月11日(日)新宿フェース
主催:ビクトリージム、治政館ジム / 認定:新日本キックボクシング協会

第2部(18:00〜20:10)
第8試合   59.0kg契約 5回戦
日本フェザー級チャンピオン.石原將伍(ビクトリー/58.5kg)
   VS
ヨードゲン・ルークプラパーツ(元・ムエサヤーム中部フェザー級1位/タイ/58.65kg)
勝者:石原將伍 / TKO 1R 0:54 / カウント中のレフェリーストップ
主審:桜井一秀

---
第7試合   62.0kg契約 5回戦
日本ライト級2位.永澤サムエル聖光(ビクトリー/62.0kg)
   VS
マイ・ルークプラパーツ(元・タイ・ムエスポーツ協会スーパーフライ級C/タイ/61.7kg)
勝者:永澤サムエル聖光 / KO 3R 2:10 / テンカウント / 主審:少白竜

怒涛のラッシュでノックアウト勝利

---
第6試合   フライ級3回戦

日本フライ級3位.細田昇吾(ビクトリー/50.6kg)
   VS
JKイノベーション・フライ級6位.多根嘉輝(直心会/50.8kg)
勝者:.細田昇吾 / 判定2-1 /主審:仲俊光
副審:少白竜30-29. 宮沢30-29. 桜井29-30

---
第5試合   54.0kg契約3回戦


日本フライ級4位.幸太(ビクトリー/53.6kg)
   VS
日本バンタム級3位.阿部泰彦(JMN/53.8kg)
勝者:幸太 / 判定3-0 / 主審:椎名利一
副審:少白竜30-25. 桜井30-25. 仲30-26

---
第4試合 63.0kg契約3回戦
日本ライト級8位.林瑞紀(治政館/62.7kg)
   VS
細野裕希(NEXT LEVEL渋谷feat MSJ/62.8kg)
勝者:細野裕希 / 判定0-3 / 主審:宮沢誠
副審:椎名28-29. 桜井28-30. 仲28-30

---
第3試合   61.5kg契約3回戦
日本ライト級9位.興之介(治政館/61.2kg)
   VS
ルンピニージャパン・スーパーフェザー級1位.角谷祐介(NEXT LEVEL渋谷/61.4kg)
引分け 三者三様 / 主審:少白竜
副審:椎名28-29. 桜井29-28. 宮沢29-29

---
第2試合 バンタム級2回戦
翼(ビクトリー/53.3kg)vs 一斗缶テツ(契明/53.0kg)
勝者:翼 / TKO 2R 0:20 / カウント中のレフェリーストップ

---
第1試合 フェザー級2回戦
睦雅(ビクトリー/56.8kg)vs又吉淳哉(市原/57.0kg)
勝者:睦雅 / 判定3-0 (20-17. 20-17. 20-17)


--------------------------------------------------------
第1部(14:00〜15:45)
第7試合.   56.0kg契約 5回戦
瀧澤博人(元・日本バンタム級C/ビクトリー/56.0kg)
   VS
チャモアペット・ルークプラパーツ(元・ラジャダムナン系スーパーフライ級2位/タイ/55.2kg)
勝者:チャモアペット / 判定0-3 / 主審:椎名利一
副審:少白竜27-30. 仲27-30. 桜井27-30

---
第6試合   55.0kg契約 5回戦
日本バンタム級2位.馬渡亮太(治政館/55.0kg)
   VS
ダーウサヤーム・ノーナクシン(元・ラジャダムナン系スーパーフライ級9位/タイ/54.9kg)
引分け 0-1 / 主審:仲俊光
副審:椎名28-29. 宮沢29-29. 桜井29-29

---
第5試合   72.6kg契約3回戦


日本ミドル級1位.今野顕彰(市原/72.4kg)
   VS
ルンチャイ・ペットポートング(タイ/71.6kg)
勝者:今野顕彰 / 判定3-0 / 主審:少白竜
副審:椎名30-28. 宮沢30-28. 仲30-28

市原ジム小泉猛会長の誕生日を勝利で飾った今野顕彰

---
第4試合   63.0kg契約3回戦

日本ライト級3位.直闘(治政館/63.0kg)vsマサ・オオヤ(八王子FSG/63.0kg)
勝者:直闘 / TKO 2R 0:46 / カウント中のレフェリーストップ
主審:桜井一秀

---
第3試合   55.0kg契約3回戦
日本バンタム級5位.田中亮平(市原/54.8kg)vs高橋茂章(KIX/54.9kg)
勝者:高橋茂章 / TKO 2R 0:30 / ノーカウントのレフェリーストップ
主審:仲俊光

---
第2試合   ウェルター級2回戦
モトヤスック(治政館/66.5kg)vsRYOTA(トーエル/66.5kg)
勝者:モトヤスック / TKO 1R 1:36 / カウント中のレフェリーストップ

---
エキシビジョンマッチ2回戦
リカルド・ブラボ(伊原)EXハルキング(Typhoon club Okinawa/74.0kg)



高橋デミアン(伊原)の体調不良ドクターストップによって欠場の為、エキシビジョンマッチに変更

---
第1試合   58.0kg契約2回戦
RYOUICHI(トーエル/58.0kg)vs眞斗(KIX/57.9kg)
勝者:眞斗 / 判定1-2 (19-20. 19-20. 20-19)

---------------------------------------
石原將伍のボディブローでの劇的KOと、永澤サムエル聖光のパンチの猛攻によるKOはビクトリージムの強さが強調された結末。永澤は、日本ライト級チャンピオン.勝次を追う立場をアピールしたような存在感があった。更には「KNOCK OUT」も視野に入れた挑戦が期待できるところです。石原將伍は今後もムエタイ路線が続くことでしょう。本場に乗り込む挑戦も期待したいものです。

鹿砦社通信に載せていない画像でアンダーカードに使用しています。

(堀田春樹)No.105

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する