内藤大樹の兄・凌太がキム・サンジェを破る大金星!

  • 2018/11/17(土)

内藤大樹は那須川天心戦を前に勝利宣言。


11月4日に愛知県豊川市で行なわれましたシュートボクシング興行の、協会発表の主要結果レポートです。

「SHOOTBOXING 2018 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #24 TOYOKAWA」
11月4日(日)愛知県豊川市御津体育館第2競技場13:00〜
主催:ストライキングジムAres / 認定:シュートボクシングコミッション

メインイベント   SBスーパーバンタム級3回戦(延長無制限R)
〇内藤凌太(SB日本スーパーバンタム級4位/ストライキングジムAres)
判定3-0 (30-28. 30-28. 30-27)
×キム・サンジェ(韓国)


内藤大樹の兄・凌太が韓国強豪キム・サンジェを迎え撃った一戦。サンジェは52戦46勝(28KO)6敗の戦績を持つ29歳で、これまでに邦博、朝久泰央といった他団体のトップ戦線で活躍している日本人トップ選手に勝利している。
第1R、サンジェはパンチを振って右ローキックを集中的に見舞う。内藤は右ミドルキックで前進すると投げ技を華麗に決め早速シュートポイント奪取。蹴り合いでも優勢な内藤は右ローをこつこつ当て主導権を握った。
第2R、サンジェはパンチから蹴りの連打を見せるも内藤は前進。内藤のパンチ連打の前に、サンジェはロープを背にして戦う場面が増える。前蹴り、ミドルキック、左フックと次々と攻撃を当てる内藤が優勢を印象付ける。
第3R、右ローキックを集中的に見舞う内藤はサンジェをコーナーに詰めて右ストレート。ローキックを散らして右ハイキックとさらに回転数を増やす内藤の前に、サンジェは左ローキックを返していくが内藤の勢いは止まらない。
大差を付けて判定勝ちした内藤は「今日の試合は凄くプレッシャーがあったのですが、勝つことが出来てホッとしてます。来年1月6日にDEEP KICKでタイトルマッチが決まってます。僕がずっと目標にしていたベルトで、あと一歩で届く位置に来ました。大阪まで遠いと思いますが、ぜひ僕が夢を叶える瞬間を観に来て欲しいと思います。2週間後(11月17日)に弟の大樹が世界最強の選手、那須川天心と対戦します。きっと勝つと僕は思っているのですが、僕も弟に負けないように必ずその位置まで行きますので応援よろしくお願いします」とアピールした。

---
セミファイナル   SBライト級3回戦(延長無制限R)
〇YUSHI(SB日本ライト級2位/グラップリングシュートボクサーズ豊橋)
判定1-0 (30-30. 29-29. 30-29)
延長判定2-0 (10-9. 10-9. 10-10)
×土佐丸(SB日本ライト級5位/SB摂津富田)

第1Rから左右フックを振り回して投げ技にトライする土佐丸。すぐに組み付かれるYUSHIは自分のペースを掴めない。
第2R、YUSHIは左ミドルキック連打、土佐丸はノーガードで打撃を誘い、組み付いてはYUSHIを強引に倒してペースを乱す。
第3R、YUSHIは蹴りで距離を取るも、やはり土佐丸に組まれて強引に倒される展開に。延長戦でYUSHIは右ローキック連打、何度組み付かれても土佐丸にパンチをヒットさせ僅差の判定勝ち。

---
第6試合   66.0kg契約3回戦(延長無制限R)
〇鈴木琢巳(プルテリアポンサイ)
KO 1R 0:38
×イモト(SB日本スーパーライト級6位.グラップリングシュートボクサーズ)

第1Rゴングと同時に、鈴木は上段後ろ回し蹴りを見せ会場を沸かせる。その勢いのまま左右フックを振り回して前進するとクリーンヒット。イモトは前のめりに倒れ、鈴木が秒殺KO勝ちした。

---
内藤大樹御挨拶
11月17日(土)両国国技館にて開催される『RISE 129』のメインイベントで、RISE世界フェザー級チャンピオン.那須川天心(TARGET/Cygames)と対戦する前・SB日本スーパーバンタム級チャンピオン.内藤大樹(ストライキングジムAres)が御挨拶にリングイン。
「3年前に、那須川選手に負けてから、ずっと那須川選手のことを考えて練習してきました。17日は3年間の想いと僕のことを応援してくれる皆さんの想いを拳に乗せて、必ず勝ちます。勝って僕が時代を変えるので応援よろしくお願いします」と語った模様。

-------------------------------
シュートボクシング協会より送られました試合レポートを引用しています。
(堀田春樹)No.106

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する