キックの話題が無い中の悔しい想い出!

  • 2020/03/31(火)

フィルムの入れ方失敗例!




スプール(巻き軸)にフィルムの先端が噛んでいない。スプロケット(歯車)にパーフォレーション(送り穴)が噛んでいない。

こんな状態だったか、これで撮影して失敗したこと一回あります。36枚撮りなのに何か終わりが無いことに気付き、巻き戻すと、巻き戻しレバーが簡単に軽くなった。1983年のあるキックボクシングの撮影中のこと。前座ではあったが、後に知り合う人の試合だったので惜しい気持ちが残ります。
こんな話題の無い時代になってしまいました。
もう一回、モノクロフィルムで撮影して、自分で暗室で現像して引き延ばし機で、四つ切ほどのプリントをしてみたい。最後はスポッティングして台紙に貼る。
けど凄い面倒である。お金と時間と水道代も掛かる。
今、デジタルカメラの便利さ、早さ、スマホでも撮れる手軽さ、大量のデータを小さいカードに取り入れられることの楽な作業、その不思議さ、時代の流れの早さも感じます。

---------------------------------
(堀田春樹)No.30

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する