日本キック連盟代表 渡辺信久

  • 2006/05/29(月)

 月末発売の実話ナックルズで、堀田が日本キックボクシング連盟代表理事であり渡辺ジムの会長・渡辺信久氏をカラー3ページで特集。私も構成を手伝わせて頂いた。渡辺会長はコワモテでいかにも昭和の頑固親父といった風貌の近寄りがたい存在だ。そのせいか試合を現場取材していても会長に話を聞きにいく記者は少ない。よほどのキックファンでもなければ、その経歴を詳しく知る者は少ないのではないか。キック団体は数あれど、渡辺氏の率いるキック連盟はその中でも最も男臭い雰囲気を漂わせており、東陽片岡さんの漫画によく出てくる「キック」は大半がこの連盟をモチーフにしていることが分かる。キック界の知られざる大物、渡辺氏の経歴は非常に興味深い。なぜキックに人生を注ぐのか、強いこだわりが伝わってきて読み終わる頃には、あのコワモテの男に親しみを覚えてしまう。団体の分裂から古きキックの豪傑たちの間には溝もあるが、キックボクシングという競技に魅せられ、人生を費やしたという点では差異はない。武田幸三が最も対戦を熱望しながら実現しなかったKOの鬼・小野瀬邦英は渡辺氏の愛弟子だった。その小野瀬がK−1という華やかな舞台に上がらず引退したのも、今に思えば例え日陰でも地味でも本道を追求する渡辺氏の遺伝子を受け継いでいたからかもしれない。漢と書いてオトコと読む印象に最も合致する渡辺氏の想いを読んで頂ければありがたい。(幻)

LINEで送る

キックボクサー・ホカ トモヒロ引退

  • 2006/05/24(水)

20060524220348.jpg


21日の新日本キックボクシング協会・治政館ジム興行で、元・日本ウェルター級3位のホカトモヒロが引退式を行なった。いつもの筋肉マンのコスチュームはスーツの上から羽織っていつものテーマで登場。ホカはリングに上がるなり涙を浮かべて立ち、引退の挨拶を行なった。筋肉マンそのまんまのキャラクターはホカの筋肉美と人懐っこさにピッタリで多くのファンの意識に残る人気者である。今後は治政館トレーナーとして後輩の指導に当たる。ホカのセコンドに就いたときのアドバイスを飛ばす大声はマイク無しでも後楽園ホール最後部にはっきり届く響きである。セコンドでなく、リングアナウンサーにでもなってもらいたいホカさんである。
(堀田)

LINEで送る

キックボクシング(新日本5.21)

  • 2006/05/21(日)

新日本キックボクシング協会 2006年5月21日
治政館ジム主催興行  於・後楽園ホール

BRAVE HEARTS 2

000_TAKE12.jpg
000_take13.jpg


000_taketa14.jpg




武田の単発な慎重な展開で金成植のパンチを警戒する。そして第3ラウンド、金のパンチで武田が崩れた。レフェリーはカウントせずスリップ扱いにして続行。(ダウンコールしたように見えたが)すぐに立ち上がったことからスリップと瞬時に訂正することも、競技上バランスの崩しやすいキックボクシングの試合ではやむを得ないかもしれない。しかし、レフェリーの動作は曖昧なまま続行した。周囲のジャッジの眼は金のパンチが武田のアゴに当たって倒れたという。レフェリーがスリップと判断するならジャッジはダウン扱い出来ないのはプロボクシングと同じ。先月のTITANSから外部の審判組織より審判が招聘されているが、中立な立場で裁かれ、また熟練の腕が期待されているのだから、「今までのレフェリーと大差ない」と言われないようにして頂きたい。なお招聘されているのはJKB日本レフェリー協会と日本ムエタイレフェリー協会とさらにフリーから混合で6人の審判が呼ばれている。ほとんどは元・全日本キックレフェリーのベテラン勢である。まだ始まったばかりの審判組織なので今後の発展に期待したい。

日本ウェルター級タイトルマッチ、正木がパンチで3度ダウンを奪い、新王者となる。目黒(藤本)ジムから同時4人王者となるのは新日本キックでは初。日本系列ではキック創生期の目黒王者6人時代以来となるが、あの層の厚い時代とは比較は難しい。
(当時6人か7階級独占か、ちょっと曖昧。東洋王者・沢村忠は含まない)

(堀田)




第15試合 メインイベント 日本・韓国 国際戦71.0kg契約
△ 武田 幸三(治政館・70.8kg)VS 金 成植(キム・スンシク / 韓国・70.8kg) △
引分け 3者3様
(ジャッジ 和田 29-29. 富沢 30-29. 少白竜 29-30)
レフェリー 石川 浩次
-----------------------------------------------------------------------
第14試合 日本ウェルター級タイトルマッチ 5回戦
日本ウェルター級チャンピオン    / 日本ウェルター級2位
● 井場 洋貴(治政館・66.5kg)VS正木 和也(藤本・66.6kg) ○
KO 1R 2:25 / 正木のパンチで3ノックダウン
正木が第6代日本ウェルター級チャンピオンとなる。井場は初防衛成らず。
レフェリー 少 白竜
-----------------------------------------------------------------------
第13試合 52.5kg契約 ノンタイトル
日本フライ級チャンピオン   / 日本フライ級3位
● 建石 智成(尚武会・52.3kg)VS レオン ケイスケ(誠真・52.0kg)○
1-2
(ジャッジ 山中 30-29. 富沢 29-30. 少白竜 29-30)
レフェリー 和田 良覚
-----------------------------------------------------------------------
第12試合 55.5kg契約 ノンタイトル
日本バンタム級チャンピオン   /  日本バンタム級4位
● 蘇我 英樹(市原・55.4kg) VS 木暮 智(ビクトリ-・55.1kg)○
TKO 2R 1:10 / 木暮のヒジで蘇我が顔面カット、ドクターの勧告を
受け入れレフェリーストップ
レフェリー 石川 浩次
-----------------------------------------------------------------------
第11試合 ミドル級
日本ミドル級2位   / 日本ミドル級3位
○ 山崎 銀次郎(宇都宮尾田・72.0kg) VS 松崎 勇気(治政館・72.3kg)●
2-0
(ジャッジ 和田 30-29. 富沢 30-29. 石川 29-29)
レフェリー 少 白竜
------------------------------------------------------------------
第10試合 67.5kg契約
日本ウェルター級1位       / 日本ウェルター級8位
○ 荻野 兼嗣(ビクトリー・67.3kg)vs 高崎 博一(誠真・67.5kg)●
3-0
(ジャッジ 石川 30-28. 富沢 30-30. 少白竜 30-28)
レフェリー 山中 敦夫
-----------------------------------------------------------------------
第9試合 日本・タイ国 国際戦 62.5kg契約
日本ライト級4位      /
● 石原 裕基(伊原・62.1kg)VS トゥンソンノーイ・シンポンローハー(タイ・59.0kg) ○
TKO 1R 0:19 / トゥンソンノーイのヒジ打ちで石原の顔面カット。
ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー 和田 良覚
-----------------------------------------------------------------------
第8試合 ライト級
日本ライト級8位
● 栗本 初男(横須賀太賀・61.2kg)VS 中尾 満(伊原・61.0kg)○
0-3
(ジャッジ 山中 29-30. 富沢 27-30. 和田 28-30)
レフェリー 石川 浩次
-----------------------------------------------------------------------
第7試合 ウェルター級
△ 佐々木 泰士(トーエル・66.3kg)VS 緑川 創(藤本・66.5kg)△
引分け 1-0
(ジャッジ 和田 30-29. 富沢 30-30. 石川 30-30)
レフェリー 少 白竜
-----------------------------------------------------------------------
第6試合 ミドル級
△ 英雄 マクシマス(八景・71.8kg)VS 喜多村 誠(伊原・71.2kg)△
引分け 0-0  (18-18. 18-18. 18-18)
-----------------------------------------------------------------------
第5試合 ウェルター級
● TETSURO(トーエル・66.2kg) VS 滝田 純一(伊原土浦・65.8kg)○
0-3  (17-18. 18-19. 17-19)
-----------------------------------------------------------------------
第4試合 ライト級
△ 大塚 隼人(ビクトリー・61.1kg)VS 松本 芳道(八景・60.8kg)△
引分け 0-1  (19-20. 19-19. 19-19)
-----------------------------------------------------------------------
第3試合 フェザー級
○ 拳士浪(治政館・57.0kg) VS 下田 舞汝武(尚武会・57.0kg)●
3-0  (20-17. 20-17. 20-17)
-----------------------------------------------------------------------
第2試合 フェザー級
△ 王子(横須賀太賀・56.4kg)VS 高橋 勝治(藤本・56.8kg)△
引分け 0-1  (19-19. 19-19. 19-20)
-----------------------------------------------------------------------
第1試合 ライト級
● 中込 健一(治政館・60.1kg)VS 白木 伸美(トーエル・60.5kg)○
0-3  (19-20. 18-20. 18-20)
第1〜6試合は2回戦(3Rクラス)
第7〜13、15試合は3回戦(5Rクラス)

LINEで送る

キックボクシング(NJKF/5.3)

  • 2006/05/04(木)

ニュージャパンキックボクシング連盟
(ADVANCE IV 前進) 2006年5月3日(祝)後楽園ホール









------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

笛吹が1Rに加藤の左フックでダウン。加藤の勢いに、巻き返すに至らぬままラストラウンド、ラッキーなヒザ蹴りで逆転KO! と素人的にはそう観えた。しかし、プロの眼では「ヒザは笛吹が虎視眈々とチャンスを狙い、後半失速した加藤に狙いどおりにヒットさせた」という。35歳の笛吹の底力に感服。(笛吹は“うすい”と読む)

アトム山田のスピード、パワー、フェイントが、いつもきれいな展開を見せる岩井を翻弄。次は若く柔軟な蹴りを持つ久保優太の挑戦を受ける岩井に苦戦の予想が立つ。

キックばかり続いてすみません。


(堀田)






----------------------------------------------------------
第12試合 メインエベント NJKFウェルター級タイトルマッチ 5回戦
NJKFウェルター級チャンピオン   / NJKFウェルター級3位
○ 笛吹 丈太郎(大和・66.6kg) vs 加藤 健(OGUNI・66.6kg) ●
KO 5R 1:29 / 笛吹のヒザ蹴りが加藤のボディに炸裂、テンカウント、逆転KO。笛吹は初防衛。
レフェリー 多賀谷 敏朗
------------------------------------------------------------
第11試合 セミファイナル日本・オランダ国際戦 61.0kg契約 ノンタイトル 5回戦
NJKFライト級チャンピオン      /   
○ 桜井 洋平(B・Freely/60.5kg)vs カリム・エル・オスロウティ(オランダ・61.0kg)●
KO 4R 2:36 2度目のダウンでボディブローによってテンカウント
レフェリ- 椎名 利一
----------------------------------------------------------
第10試合 交流戦 57.5kg契約 ノンタイトル 5回戦
NJKFフェザー級チャンピオン / WMAFフェザー級チャンピオン
● 岩井 伸洋(OGUNI・57.5kg) vs アトム山田(武勇会・57.0kg) ○
          0-3
(ジャッジ 山根 46-50.  多賀谷 45-50.  石川 45-50)
レフェリ- センチャイ・トーンクライセーン
---------------------------------------------------------
第9試合 NJKFバンタム級挑戦者決定戦 5回戦
NJKFバンタム級1位     / NJKFバンタム級4位
○ 米田 貴志(OGUNI・53.4kg) vs 美保 裕介(PIT・53.4kg) ●
KO 3R 1:49 美保のパンチでダウンの後、ローキックで逆転KO、
米田が王者・藤原国崇(拳之会)への挑戦権獲得。
レフェリー 山根 正美
--------------------------------------------------------
第8試合 NJKFフェザー級挑戦者決定戦 5回戦
NJKFフェザー級1位    / NJKFフェザー級4位
● 大川 眞人(大和・57.0kg) vs 久保 優太(立川KBA・57.0kg) ○
               0-3
久保が王者・岩井伸洋(OGUNI)への挑戦権獲得
(ジャッジ センチャイ 47-50.  山根 46-50.  椎名 46-50)
レフェリー 石川 浩次
---------------------------------------------------------
第7試合 日本・タイ 国際戦 58kg契約 5回戦
                    NJKFフェザー級2位
○ヨーユット・SKVジム(タイ・58.0kg) vs 中須賀 芳徳(OGUNI・57.8kg) ●
               3-0
(ジャッジ 石川 50-49.  山根 50-49.  椎名 50-49)
レフェリー 多賀谷 敏朗
--------------------------------------------------------------
第6試合 日本・韓国 国際戦 61.2kg契約 ノンタイトル 5回戦
大韓ムエタイ・フェザー級チャンピオン  /  NJKFライト級1位
● 金 賢哲(キム・ヒョンチョル/韓国/60.0kg)vs 山本雅美(北流会君津・61.2kg)○
KO 4R 0:55 カウント中のタオル投入。
レフェリー センチャイ・トーンクライセーン
----------------------------------------------------------
第5試合 ライト級 5回戦
NJKFライト級6位         /   NJKFライト級8位
● ガンバ黒田(OGUNI・61.1kg) vs 押炉花者(町田金子・60.6kg)○                  0-3
(ジャッジ 石川 49-50.  センチャイ 48-50.  多賀谷 49-50)
レフェリー 椎名 利一
----------------------------------------------------------
第4試合 ライト級 3回戦
△ 谷 拓也(東京KBA・60.8kg) vs ひでお(北流会君津・60.6kg) △
      引分け  1-0 (30-29. 29-29. 30-30)
----------------------------------------------------------
第3試合 ウェルター級 3回戦
● 森田 泰男(PIT・66.1kg) vs フリストフ・プルボー(スクランブル渋谷・66.1kg) ○
KO 1R 1:34 テンカウント
--------------------------------------------------------
第2試合 ウェルター級 3回戦
△ 菊池 宣顕(ESG・61.3kg) vs 元樹(インスパイヤード・M/65.9kg) △
     引分け    0-1(29-29. 29-30. 29-29)
----------------------------------------------------------
第1試合 フェザー級 3回戦
○ レッガラー鉄(東京北星・57.0kg) vs 篠田 裕(B・Freely/55.1kg) ●
         3-0(30-27. 30-28. 30-28)
























2006年5月 4日 (木) | リンク用URL | トラックバック (0)

LINEで送る