キックボクシング(日本キック連盟6.25)

  • 2006/06/26(月)

日本キックボクシング連盟 2006.6.25
「逆襲シリーズ」於・後楽園ホール
20060626040706.jpg


20060626040828.jpg




姉崎vs武笠のタイトル戦としては2度目の絡み。通算3度目の対決となる。過去2戦は3回戦時代とタイトル戦でいずれも引分けで持ち越した。1Rに武笠の右ストレートで姉崎がダウン。その後、我慢比べの攻防が続く。ラストラウンド、武笠の踏ん張りで姉崎の失速気味に終る。武笠は第5代NKBライト級チャンピオンとなる。
(NKBとは国内の乱立する8団体中の3団体《日本キック連盟、K-U、APKF》が組織する統一タイトルで、トーナメント戦を経て2002年に各階級王者が誕生。当初はNJKFも傘下だった。といってもキックを観ない人には理解に苦しむ、ややこしい話である。)

私が渡辺会長をインタビューした記事を読んだガルーダ・テツ氏から「実話ナックルズ見ましたで〜、オモロかったですわ。」と声を掛けられた。渡辺会長にも今までにないニンマリ顔で迎えられた。ジムでも選手らに読ませたそうで結構ウケたらしい。この組織には波乱万丈の人生を送る人が多いので、機会があればまた誰かを拾ってみたいと思う。
(堀田 06.6.26 4:15)



第10試合 メインエベント NKBライト級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン            /    挑戦者同級1位
× 姉崎 祐二(白井・61.15kg)vs 武笠 則康(渡辺・61.05kg)○
0-3  (ジャッジ 川上 47-48. 加賀美 47-49. 君塚 47-50)
レフェリー 前田 仁
---------------------------------------------------
第9試合 セミファイナル ライト級5回戦
NKBフェザー級1位         /  NKBライト級9位
○ 岩田 洋(八王子FSG・60.5kg)vs ジロー(村越・60.2kg)×
KO 3R 1:36 岩田のローキックでジローが3ノックダウン
レフェリー 君塚 明
-------------------------------------------------
第8試合 ウェルター級5回戦
NKBウェルター級2位          /   NKBウェルター級4位
○ 板倉 光明(大阪真門・66.6kg)vs 藤代 健一(渡辺・65.4kg)×
TKO 4R 1:55 板倉のヒジ打ちで藤代の額をカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー 川上 伸
-------------------------------------------------
第7試合 ライト級5回戦
NKBライト級5位         /  NKBライト級10位
○ 高橋 賢哉(渡辺・60.9kg)vs 竹村 哲(村越・60.8kg)×
3-0 (ジャッジ 君塚 49-46. 川上 48-46. 前田 49-46)
レフェリー 加賀美 淳
-------------------------------------------------
第6試合 ライト級5回戦
× 亜斗武(杉並・61.2kg)vs 安宗 竜紀(テツ・60.9kg)○
0-3 (ジャッジ 加賀美 46-50. 前田 45-50. 川上 46-50)
レフェリー 君塚 明

-------------------------------------------------
第5試合 バンタム級3回戦
○ 敦史(SQUARE-UP・53.4kg)vs アポロ西(京都真門・52.9kg)×
3-0 (30-28. 30-28. 30-29)
-------------------------------------------------
第4試合 ミドル級3回戦
× 須佐 純平(村越・71.8kg)vs 小又 大貴(MTOONG.S・71.7kg)○
         0-3  (28-30. 28-30. 28-30)
-------------------------------------------------
第3試合 ウェルター級3回戦
○ ハンマー中代(SQUARE-UP・66.4kg)vs 龍騎(テツ・65.2kg)×
         3-0  (29-27. 29-27. 30-27)
-------------------------------------------------
第2試合 ライト級3回戦
○ 大平 亭(SQUARE-UP・60.6kg)vs 中原 康一(大阪真門・60.4kg)×
KO 3R 0:54 カウント中のタオル投入
-------------------------------------------------
第1試合 バンタム級3回戦
× 片平 将仁(村越・53.5kg)vs 宮崎 康晶(MTOONG.S・53.3kg)○
KO 2R 2:34 テンカウント

佐藤健太郎vs高橋晃は高橋が検診でドクターストップがかかり棄権の
ため、中止。

LINEで送る

キックボクシング(新日本・6.18)

  • 2006/06/20(火)

新日本キックボクシング協会 尚武会ジム興行
2006年6月18日(日)於・ディファ有明

〜勇者達の挑戦〜PART VII〜

06.6.18.a.jpg

06.6.18.b.jpg

06.6.18.c.jpg





建石が王者の風格でアトム崇貴に判定勝利。5月に2-1の判定で敗れた相手、レオン・ケイスケ(誠真)と8月に防衛戦で迎え撃つが、「前回は不可解な判定(3R制)で負けましたけど、今度はタイトルマッチで5ラウンドキッチリ決着付けたいと思います。」と雪辱を誓った。
マサルと鈴木敦のベテラン対決は鈴木が2Rにパンチでダウンを奪って判定勝利。
長らく1位をキープするマサルから王座指名挑戦権を奪ったか!?

(堀田 2006.6.18 23:30 / 上書き6.20 3:20)


第15試合 メインエベント 52.5kg契約 ノンタイトル
日本フライ級チャンピオン        /    日本フライ級4位
○ 建石 智成(尚武会・52.4kg) VS アトム崇貴(治政館・51.9kg)×
3-0
(ジャッジ 和田 30-28. 富沢 30-28. 少白竜 30-28)
レフェリー 石川 浩次
----------------------------------------------------
第14試合 セミファイナル 136P以下
日本ライト級1位      /  日本ライト級9位
× マサル(トーエル・61.6kg)VS 鈴木 敦(尚武会・61.4kg)○
0-3
(ジャッジ 石川 28-30. 富沢 28-30. 少白竜 28-30) 
レフェリー 桜井 一秀
-----------------------------------------------------
第13試合 148P以下
日本ウェルター級6位      /  日本ウェルター級9位
○ 関 ナオト(宇都宮尾田・66.9kg)VS 金狼 正巳(尚武会・67.0kg)×
TKO 3R 2:34 関のパンチで金狼が2度ダウンでカウント中のレフェリーストップ
レフェリー 和田 良覚
-------------------------------------------------------
第12試合 127P以下
日本フェザー級8位
× アツシ(ビクトリー・57.5kg)VS 内田 雅之(藤本・57.4kg)○
      0-3
(ジャッジ 桜井 29-30. 富沢 29-30. 和田 28-30)
レフェリー 石川 浩次
-----------------------------------------------------
第11試合 ミドル級
△ 昇平(宇都宮尾田・72.5kg)VS 榊 克幸(トーエル・72.0kg)△
引分け 0-1
(ジャッジ 和田 30-30. 富沢 30-30. 石川 29-30.)
レフェリー 少 白竜
--------------------------------------------------
第10試合 136P以下
× 垣原 卓也(伊原土浦・61.4kg)VS 塩崎 達也(治政館・61.4kg)○
0-3 (19-20. 19-20. 19-20 )
--------------------------------------------------
第9試合 フェザー級
○ 下田 舞汝武(尚武会・kg)VS 鈴木 久(治政館・kg)×
3-0 (20-19. 20-19. 20-18)
--------------------------------------------------
第8試合 119P以下
× ジェット蓮田(誠真・53.6kg)VS 藤田 光次郎(尚武会・53.5kg)○
         0-3 (19-20. 19-20. 19-20)
--------------------------------------------------
第7試合 148P以下
× 林 元樹(藤本・66.9kg)VS 中元 孝介(伊原・66.7kg)○
TKO 1R 1:12 中本のハイキックで林が2度のダウンでカウント中のレフェリーストップ
--------------------------------------------------
第6試合 ウェルター級
× 川村 剛(トーエル・66.5kg)VS 土屋 修平(伊原・65.5kg)○
         0-3 (18-20. 18-20. 18-20)
--------------------------------------------------
第5試合 フェザー級
○ 三澤 竜士(尚武会・56.9kg)VS 菊地 大介(伊原稲城・56.9kg)×
KO 1R 0:31 三澤のストレートパンチ一発で菊地立てず、テンカウント
--------------------------------------------------
第4試合 バンタム級
× 栗本 高志(横須賀太賀・53.5kg)VS 飯島 一成(治政館・53.4kg)○
          0-3 (17-20. 17-20. 17-20)
-------------------------------------------------
第3試合 136P以下
○ 川崎 亮(尚武会・61.3kg)VS 松本 光司(宇都宮尾田・60.7kg)×
      3-0 (20-18. 20-18. 20-18)
--------------------------------------------------
第2試合 ウェルター級
× 幽鬼(尚武会・66.4kg)VS 廣田 俊郎(山田・62.8kg)○
0-2 (19-19. 19-20. 19-20)
--------------------------------------------------
第1試合 136P以下
× 今泉 寛(尚武会・61.5kg)VS ZINSU(伊原・60.2kg)○
        0-2 (18-20. 20-20. 19-20)


第1試合〜10試合=2回戦(通常の新人3回戦クラス)
第11試合〜15試合=3回戦(通常のランカー5回戦クラス)

LINEで送る

Ioh(アイオー)最終公演

  • 2006/06/11(日)






新日本キックボクシングでリングアナウンサーを務めている久保田武蔵さんが劇団ioh Produceの舞台「やっとお別れ」に出演する。Ioh Produceは最終公演となるが、「やっとお別れ」は久保田さんが3年前に舞台デビューした作品でもある。その頃から新日本キックボクシングでリングアナウンサーとしてもデビューを果たす。アマチュアながら格闘技イベントにも出場、優勝経験を持つ人でモデルやビックカメラの店内コマーシャルもこなす今どきのカッコイイお兄ちゃんである。
今回、久保田さんの出演する「やっとお別れ」の見どころは「体育会系の僕専用のシーンがあり、僕がいままでのお芝居の中で一番好きな役ということです(笑)僕が出てからすぐに珍しいシーンを観ていただけます。笑ってやってください。」と久保田さんのコメント。
詳細はhttp://fhp.jp/kubota634/ まで。

『やっとお別れ』
場所:新宿シアタートップス
6月28日(水) 19:30
6月29日(木) 19:30
6月30日(金) 19:30
7月1日(土) 14:00・19:00
7月2日(日) 13:00・17:00
全席3800円

最近、ボクシング2ch掲示板で「リングアナウンサーについて語ろう!」というボクシングのリングアナウンサーに関する書き込みを古いものだが見つけた。面白い賛否両論の激論が続いていたが、キックを含めたリングアナウンサーについても機会をみて話してみたいと思う。

(堀田2006.6.11 0:15 投稿)


LINEで送る