キックボクシング(NJKF9.24)

  • 2006/09/24(日)

ニュージャパンキックボクシング連盟
ADVANCE VII 前進 真王杯争奪オープントーナメント
2006年9月24日(日)後楽園ホール

真王杯争奪オープントーナメント主要結果。
いずれも熱戦でした。どの選手も通常のタイトルマッチやムエタイ戦との
戦いとは違った別の激しさ、勝ちにいく姿勢は凄まじいものでした。
国内交流戦トーナメントとなるとまた違った選手達の意地が見られたので
面白い試合になりました。
決勝は11月23日
55kg級は藤原あらしvs米田貴志。
60kg級は桜井洋平vs中須賀芳徳


(06.9.24 23:40 堀田 /上書き9.26 12:20  追記 18:10)

--------------------------------------------


第10試合 真王杯争奪 60kg級オープントーナメント準決勝 5回戦
NJKFライト級チャンピオン・・・・・・・・・・・・・・・・・ISKA・Sフェザー級チャンピオン
○ 桜井 洋平(BomboFreely・59.8kg) vs 大宮司 進(シルバーウルフ・59.9kg) ×
KO 1R 0:56 パンチ一発テンカウントノックアウト
レフェリー 和田 良覚
-------------------------------------------


第9試合  真王杯争奪 55kg級オープントーナメント準決勝 5回戦
全日本バンタム級チャンピオン・・・・・・・・NJKFバンタム級チャンピオン
○ 藤原 あらし(SVG・55.0kg)vs 国崇(拳之会・54.5kg) ×
3-0 (ジャッジ 多賀谷 48-47. 松田 48-47. 和田 48-47)
レフェリー センチャイ・トーンクライセーン
-------------------------------------------


第8試合  真王杯争奪 55kg級オープントーナメント準決勝 5回戦
NJKFバンタム級1位・・・・・・・・・・・・・全日本バンタム級1位
○ 米田 貴志(OGUNI・54.9kg)vs 寺戸 伸近(BOOCHBEAT・55.0kg) ×
3-0 (ジャッジ 和田 50-47. 山中 50-47. センチャイ 50-47)
レフェリー 松田 利彦
-------------------------------------------


第7試合  真王杯争奪 60kg級トオープンーナメント準決勝 5回戦
NJKFフェザー級2位・・・・・・・・・・・・・・全日本ライト級4位
○ 中須賀 芳徳(OGUNI・59.8kg) vs ラスカル・タカ(月心会・59.6kg) ×
KO 5R 1:24   ( 3ノックダウン扱い。最後はレフェリーストップ)
レフェリー 高木 修二
-------------------------------------------
第6試合 日本・タイ国際戦 61.5kg契約 5回戦
  ・・・・・・・・・・                NJKFライト級7位
○ ヨ−ユット・SKVジム(タイ・61.1kg) vs ガンバ黒田(OGUNI・61.4kg) ×
TKO 5R 1:57 (ヒジ打ちによる顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ。
ヨーユットは元ルンピニー・フェザー級4位)
レフェリー 山根 正美
-------------------------------------------
第5試合 バンタム級 5回戦
NJKFバンタム級7位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・NJKFバンタム級8位
○ 前田 浩喜(インスパイヤード・M/53.1kg) vs TSUYOSHI(健心塾・53.0kg) ×
TKO 1R 2:23 (カウント中のレフェリーストップ)
レフェリー 多賀谷 敏朗
-------------------------------------------
第4試合 ライト級 5回戦
NJKFライト級8位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・NJKFライト級9位
× ミシマ(格闘道場G-1・60.6kg) vs 大和 哲也(大和・60.7kg) ○
KO 2R 2:17 (パンチによる3ノックダウン)
レフェリー 椎名 利一
-------------------------------------------
第3試合 ウェルター級 3回戦
○ 古川 照明(インスパイヤード・M/66.6kg) vs 菊池 宜顕(ESG・66.3kg) ×
TKO 2R 2:36 (ヒジ打ちによる顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ)
レフェリー 高木 修二
-------------------------------------------
第2試合 ライト級 3回戦
× 峰川 卓也(上州松井・61.0kg) vs きの助(大和・61.2kg) ○
     0-3 (28-30. 29-30. 28-30)
-------------------------------------------
第1試合 62kg契約 3回戦
○ とし(OGUNI・61.3kg) vs 嶽・センチャイジム(センチャイムエタイ・61.5kg) ×
     3-0 (29-28. 29-28. 29-28)
-------------------------------------------

LINEで送る

キックボクシング(新日本9.23)

  • 2006/09/24(日)

新日本キックボクシング協会 ATTACK 2
2006年9月23日(土)、東京・ディファ有明
主催・トーエルジム・尚武会ジム・藤本ジム・治政館ジム・ビクトリージム

新日本キックの月に2度のディファ有明興行も珍しいが、年々の興行数は
増加傾向にある。ジム主催興行が増え、選手層も充実。10月は22日の後楽園
定期興行の他、8日に栃木県宇都宮市、29日は神奈川県横須賀市と選手の
戦いの場は続く。

マサル、久々の勝利。小野寺との引分けから8年。まだ王座を目指す志しは
衰えず。
(06.9.24 1:25 堀田 / 追記 9.26 17:55)
----------------------------------------------





第17試合 メインイベント 136P以下
日本ライト級2位              日本ライト級6位
× 星野 豹(横須賀太賀・60.5kg) VS マサル(トーエル・61.6kg) ○
  0-3 (ジャッジ 高谷 28-30. 三浦 28-29. 富沢 28-30)
レフェリー 石川 浩次
----------------------------------------------
第16試合 セミファイナル 68.0kg契約
○ 緑川 創(藤本・67.7kg)VS テーチャカリン・チューワッタナ(タイ・67.6kg)×
  2-0 (ジャッジ 石川 30-28. 高谷 30-30. 富沢 30-29)
レフェリー 三浦 進吾
----------------------------------------------
第15試合 127P以下
日本フェザー級7位         日本フェザー級9位
○ 内田 雅之(藤本・57.1kg) VS 那河 成貴(トーエル・57.6kg) ×
3-0 (ジャッジ 杉江 30-28. 三浦 30-29. 富沢 30-27)
レフェリー 石川 浩次
---------------------------------------------
第14試合 119P以下
日本バンタム級4位           日本バンタム級5位
△ 田中 義人(伊原・53.8kg) VS 阿部 泰彦(JMN・53.8kg) △
引分け 0-1 (ジャッジ 石川 29-30. 杉江 30-30. 富沢 30-30)
レフェリー 三浦 進吾
---------------------------------------------
第13試合 59.0kg契約
日本フェザー級8位
○ アツシ(ビクトリー・59.6kg) VS 北道 一(誠真・58.9kg) ×
TKO 2R 2:25 カウント中のレフェリーストップ
レフェリー 高谷 秀幸
---------------------------------------------
第12試合 148P以下
○ 佐々木 泰士(トーエル・66.7kg) VS 持田 貴朗(ビクトリー・66.7kg) ×
2-0 (ジャッジ 石川 30-29. 三浦 30-29. 富沢 30-30)
レフェリー 杉江 聡
---------------------------------------------
---------------------------------------------
第11試合 136P以下
○ 大塚 隼人(ビクトリー・61.6kg) VS 塩崎 達也(治政館・61.5kg) ×
TKO 1R 1:41 カウント中のレフェリーストップ
---------------------------------------------
第10試合 127P以下
○ 角田 哲(ビクトリー・57.3kg) VS 下田 舞汝武(尚武会・56.8kg) ×
3-0  (20-19.  20-18.  20-19)
---------------------------------------------
第9試合 119P以下
○ 王子(横須賀太賀・53.4kg) VS 拳士浪(治政館・53.8kg) ×
KO 2R 0:26 テンカウント
---------------------------------------------
第8試合 フェザー級
× 三澤 竜士(尚武会・56.9kg) VS 栗本 直基(野本塾・57.1kg) ○
 0-3  (19-20.  19-20.  19-20)
---------------------------------------------
第7試合 136P以下
△ 川崎 亮(尚武会・61.3kg) VS 白木 伸美(トーエル・60.7kg) △
 引分け 0-1  (20-20.  19-20.  20-20)
---------------------------------------------
第6試合 148P以下
○ 林 元樹(藤本・67.0kg) VS 川村 剛(トーエル・66.4kg) ×
2-0  (20-19.  20-20.  20-19)
---------------------------------------------
第5試合 148P以下
○ 土屋 修平(伊原・66.4kg) VS 幽鬼(尚武会・66.7kg) ×
KO 1R 0:41 3ノックダウン
---------------------------------------------
第4試合 119P以下
× 栗本 高志(横須賀太・53.6kg) VS ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー・53.8kg) ○
0-3  (19-20.  19-20.  18-20)
---------------------------------------------
第3試合 136P以下
× ドスコイべんぞー(西八王子大塚・61.2kg) VS JUN(八景・61.4kg) ○
 0-2  (19-20.  19-19.  19-20)
---------------------------------------------
第2試合 148P以下
× 今野 明(市原長柄・65.9kg) VS 小川 大介(トーエル・65.0kg) ○
TKO 2R 0:32 カウント中のレフェリーストップ
---------------------------------------------
第1試合 ライト級
△ 濱島 勝秋(藤本・60.7kg) VS 金子 太郎(治政館・60.8kg) △
引分け 1-0  (20-19.  20-20.  20-20)
---------------------------------------------
第12〜17試合=3回戦(通常の5回戦ランカークラス)
第1〜11試合=2回戦(通常の3回戦新人クラス)

LINEで送る

キックボクシング(新日本9.3)

  • 2006/09/04(月)

新日本キックボクシング協会 BRAVE HEARTS 3
2006年9月3日(日) 於・ディファ有明
主催・治政館ジム

9月恒例の治政館ジム興行は、1996年の日本系復興の年に埼玉の北越谷
ギャザホールで行なわれていた。前年デビューした武田幸三は、この時
まだ5戦目。その後、ディファ有明に舞台を移し、5年後の2001年9月は
ラジャダムナン王者としての初防衛戦だった。
更に5年が経過し、この日の治政館勢は1勝3敗3分。勝ち星は少ないが、
武田に続く王者を目指す活気ある戦いが多かった。盛り上がるウェルタ
ー級ランキング戦で渦中のSHINGは荻野兼嗣に計3度のダウンを奪って
判定ながら治政館勢唯一の勝利者となる。メインの内田ノボルはパンチ
とローキックで韓国戦士を圧倒してタオル投入によるKO勝利。

5月から採用されている審判団の外部組織からの招聘。レフェリー組織も
日本ムエタイレフェリー協会とJKBレフェリー協会のふたつが存在する。
またそれらの所属者だけでなく、従来の各キック組織所属のレフェリーも
招聘されるなど、試合への公平な振り分けが行なわれている。
この日招聘された日本ムエタイレフェリー協会にはNJKF所属の山根正美レ
フェリーも特別参加。ベテランレフェリーが裁くことには、かなり安心感
が生まれる。しかし、「どっちも変わんねえじゃねえか」という批判も一部
で聞かれることも確か。打ち合ってる選手の間に割って入るのは選手経験
者審判でしか出来ないハードな任務である。素人には真似できぬ、それに
は敬意を表したい。しかし、ボクシングシステム、ルールを把握していな
いベテランレフェリーを見受けるのも事実。面と向かっては言えないのだ
が、試合中のジャッジに話しかける出番空きのレフェリー、ゴングが鳴る
前に“ファイト”をかけるレフェリー達には基本姿勢がおろそかであること
を感じる。そこに眼がいくファンがいるとすればすでにレフェリーの質は
バレバレだろう。まだ始まったばかりのふたつのレフェリー組織、研究と
経験を積んで世界に誇れるレフェリー組織となって海外にも呼ばれるほど
になってもらいたい。

(2006.9.4 1:50 堀田  /上書き 18:00)






メインイベント 第16試合 日本・韓国 国際戦 ヘビー級
日本ヘビー級チャンピオン
○ 内田 ノボル(ビクトリー・101.7kg) VS 金 信謙(キム・シムギュム/韓国・98.9kg) ×
KO 2R 1:15  カウント中のタオル投入
レフェリー 石川 浩次
------------------------------------------------


セミファイナル 第15試合 148P以下
日本ウェルター級1位           日本ウェルター級5位
× 井場 洋貴 (治政館・66.8kg) VS 関 ナオト(宇都宮尾田・67.0kg) ○
    0-3 (ジャッジ 高谷 29-30. 富沢 29-30. 石川 29-30)
レフェリー 山根 正美
------------------------------------------------


第14試合 68kg契約
日本ウェルター級3位           日本ウェルター級4位
× 荻野 兼嗣(ビクトリー・67.3kg) VS SHING(治政館・67.4kg) ○
0-3 (ジャッジ 石川 23-30. 富沢 24-30. 山根 23-30)
レフェリー 杉江 聡
------------------------------------------------
第13試合 日本・韓国 国際戦 73.0kg契約
日本ミドル級3位
× 松崎 勇輝(治政館・72.3kg) VS 金 世奇(キム・セギ/韓国・71.1kg) ○
0-2 (ジャッジ 山根 29-30. 富沢 30-30. 石川 28-30)
レフェリー 高谷 秀幸
------------------------------------------------
第12試合 127P以下
日本フェザー級5位             日本フェザー級6位
× 森田 亮二郎(藤本・57.2kg) VS 風神 和昌(野本塾・57.1kg) ○
    0-2 (ジャッジ 杉江 29-30. 富沢 30-30. 高谷 29-30)
レフェリー 石川 浩次
-----------------------------------------------
第11試合 161P以下
日本ミドル級4位             日本ウェルター級10位
△ 青木 克眞(トーエル・72.1kg) VS 宮本 武蔵(治政館・72.7kg) △
引分け 0-1 (ジャッジ 高谷 30-30. 富沢 29-29. 石川 29-30)
レフェリー 山根 正美
-----------------------------------------------
第10試合 136P以下
日本ライト級7位             日本ライト級9位
△ 西川 義(藤本・61.4kg) VS 栗本 初男(横須賀太賀・61.6kg) △
引分け 0-1 (ジャッジ 石川 29-29. 富沢 29-30. 山根 30-30)
レフェリー 杉江 聡
----------------------------------------------
第9試合 136P以下
△ 兼子 ただし(伊原・61.2kg) VS YOSHIO(治政館・61.4kg) △
引分け 0-0 (ジャッジ 山根 30-30. 富沢 30-30. 杉江 30-30)
レフェリー 高谷 秀幸
----------------------------------------------
第8試合 113P以下
日本フライ級5位
× 池田 茂由(伊原・51.2kg) VS ジェット蓮田(誠真・50.9kg)○
TKO 1R 0:49
蓮田のヒジで池田の顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー 石川 浩次
----------------------------------------------
----------------------------------------------
第7試合 136P以下
○ マスマニア・デビル(ホワイトタイガー・61.1kg) VS ジョニー・オリベイラ(トーエル・61.3kg) ×
TKO 1R 2:30
デビルのヒジでオリベイラの顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
----------------------------------------------
第6試合 136P以下
○ 平野 一誠(トーエル・61.1kg) VS 福岡 冴介(治政館・61.5kg) ×
          3-0 ( 20-17. 20-18. 20-18)
----------------------------------------------
第5試合 119P以下
○ 勝岡 健(伊原土浦・53.6kg) VS 藤田 光次郎(尚武会・53.3kg)×
          2-0 ( 20-19. 20-20. 20-19)
----------------------------------------------
第4試合 127P以下
○ 落合 正司(伊原稲城・57.4kg) VS 照島 太郎(市原・56.6kg) ×
TKO 1R 2:46 カウント中のレフェリーストップ
----------------------------------------------
第3試合 119P以下
△ 古沢 剛(伊原土浦・53.8kg) VS 石塚 剣太郎(治政館・53.1kg)△
引分け 0-0 ( 20-20. 20-20. 20-20)
----------------------------------------------
第2試合 127P以下
× 竹高 弘祐(市原・57.5kg) VS 古岡 大八(藤本・56.8kg) ○
       0-3 ( 18-20. 18-20. 18-20)
----------------------------------------------
第1試合 148P以下
△ 内山 源太(伊原・66.8kg) VS 安藤 崇(トーエル・64.9kg) △
引分け 1-0 ( 19-19. 20-19. 19-19)
----------------------------------------------
第1試合〜7試合=2回戦(通常の3回戦クラス)
第8試合〜16試合=3回戦(通常の5回戦クラス)

LINEで送る