宇都宮キックボクシング

  • 2008/04/23(水)

宇都宮周辺ジムが集まった宇都宮キックボクシング実行委員会の初興行です。(ハイセー)

 4・27明保野体育館「UTSUNOMIYA@KICKBOXING 〜宇都宮蹴拳伝〜」

▼5回戦(肘なし)
関ナオト(フリー) × ヤン・カシューバ(unit-K)
昇平(フリー) × 全日本ミドル級2位・吉武龍太郎(アイアンアックス)
▼5回戦(肘あり)
宇都宮城(宇都宮尾田) × J−NETライト級2位・安東辰也(SFK)
▼エキジビジョンマッチ
HAYATO × 新田明臣
▼中学生キック 2分2回戦
ODA MASAYA(宇都宮尾田) × 河上成将(MAG)
 ほかプロは3回戦6試合予定、アマ11時・プロ16時開始。
チケット:S席10,000(11,000)A席7,000(8,000)B席5,000(6,000) ※ カッコ内は当日料金。

宇都宮キックボクシング実行委員会:TEL 03-3397-0752

LINEで送る

キックボクシング(TITANS NEOS /4.20)

  • 2008/04/20(日)

新日本キックボクシング協会 TITANS NEOS 掘 2008.4.20

於・後楽園ホール

今回が3回目となるタイタンズネオス。通常の興行より賑やかなムードが漂うが、
ノブ・ハヤシの当初の相手、ルスラン・カラエフ(ロシア)は母親の急病のため欠場。
我龍 真吾の登場も、懐かしさを感じた。

画像は依頼された媒体優先のため、制限されます。

(堀田 4.22 0:25 / 追記 4.25 23:35)


----------------------------------------------
メインイベント 第12試合 ヘビー級 3回戦


ベン・エドワーズ(オーストラリア・115.0kg) VS ノブ・ハヤシ(ドージョー・チャクリキ・ジャパン・115.0kg)
勝者:ノブ・ハヤシ
0-3 (ジャッジ 江刺家 28-29. 深瀬 28-29. 高谷 28-29)
レフェリー・ サミー中村
----------------------------------------------
第11試合 58.0kg契約3回戦


日本フェザー級チャンピオン・菊地 剛介(伊原・56.7kg)
                VS
タイ国ラジャダムナン系スーパーバンタム級2位/デンダナイ・PKステレオ(タイ・56.5kg)
引分け  0-1 (ジャッジ 三浦 29-30. 深瀬 30-30. 高谷 30-30)
レフェリー 杉江 聡
----------------------------------------------
第10試合 75.0kg契約 5回戦
後藤 龍治(伊原・73.3kg/元・MA日本ウェルター級C)
VS
須藤 信充(TEAM SUDO・75.0kg/元・全日本ライト級C)
勝者・後藤龍治
TKO 1R 2:55 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー・ サミー中村
----------------------------------------------
第9試合 70.0kg契約 5回戦
我龍 真吾(ファイティングマスター・70.0kg/元・日本ライト級C)
VS
日本ウェルター級1位/タカ・オサミツ(伊原・69.5kg)
勝者・タカ・オサミツ
0-3 (ジャッジ 高谷 47-50. 江刺家 45-50. 杉江 47-50)
レフェリー 深瀬 広行
----------------------------------------------
第8試合 68.0kg契約3回戦
日本ウェルター級チャンピオン・正木 和也(藤本・67.9kg) VS クリストファー・メルテンス(フランス・66.8kg)
引分け  0-0 (ジャッジ 深瀬 30-30. 高谷 30-30. 中村 30-30)
レフェリー 江刺家 昇
---------------------------------------------
第7試合 ヘビー級 3回戦
野地 竜太(TEAM GARO・102.0kg) VS 日本ヘビー級3位・嚴 士鎔(伊原・100.0kg)
勝者・野地竜太
TKO 2R 3:04 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー 三浦 進吾
---------------------------------------------
第6試合 72.5kg契約3回戦
ファフリジオ・ベルガミーニ(イタリア・72.3kg) VS日本ミドル級6位・ 阿久澤 英一(山田・72.1kg)
勝者・ファフリジオ・ベルガミーニ
TKO 3R 2:50 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー 深瀬 広行
---------------------------------------------
第5試合 ヘビー級3回戦
日本ヘビー級1位・國吉(治政館・92.0kg)
                VS
J-NETWORKヘビー級1位/コウイチ・ペタス(THE SPIRIT GYM・98.8kg)
勝者・コウイチ・ペタス
0-3 (ジャッジ 三浦 28-29. 深瀬 27-30. 中村 28-30)
レフェリー 江刺家 昇
---------------------------------------------
第4試合 68.0kg契約3回戦
日本ウェルター級4位・緑川 創(藤本・67.9kg)
VS
イソラサック・シッセックサン(タイ・65.6kg/元・ルンピニー系フェザー級C)
勝者・イソラサック
0-3 (ジャッジ 三浦 29-30. 深瀬 29-30. 高谷 28-30)
レフェリー 杉江 聡
--------------------------------------------

LINEで送る

キックボクシング(新日本/4.13)

  • 2008/04/14(月)

新日本キックボクシング協会 スーパーキック 2008.4.13

主催・市原ジム
於・市原臨海体育館

石井宏樹(藤本)がラジャダムナン王座挑戦前に返上した日本ライト級王座を
石井に挑戦経験のあるベテラン同士での王座決定戦。
両者、精魂尽き果てるまで攻め合い、有効打とスタミナで上回った朴が勝利。
両者ともに石井から王座を奪いたかった願いは届かぬも、朴は嬉しい表情が
印象的だった。マサルはフェザー級時代から小野寺力(藤本)に2度挑戦。
ライト級で石井に3度挑戦も実らず。今後は未定。
朴も小野寺力をハイキックKOしたのが2001年1月。韓国出身ながら、現在は
市原ジムに籍を置き、石井の王座を狙っていたひとりだった。
市原ジムに寝泊りするという清水健太郎さんが現れるという噂も今回は無し。
後楽園ホールでは見かけたことありますけどね。
蘇我英樹は交流戦でMA日本Sフェザー級チャンピオン、竹内裕二に敗れる。
ディファ有明のセンチャイムエタイジム興行は行けなくてすみません。

(堀田 4.14  0:20 / 追記 23:45 / 4.17 22:45 )
-------------------------------------
日本ライト級王座決定戦 5回戦




1位・朴 龍(市原・61.00kg) VS 2位・マサル(トーエル・61.15kg)
勝者・朴 龍 / 第4代日本ライト級チャンピオンとなる。(新日本キック協会制定)
3-0 (ジャッジ 杉江 50-49. 深瀬 50-49. 江刺家 50-47)
レフェリー ・サミー中村
-------------------------------------
新日本vsMA日本 交流戦 59.5kg契約 5回戦


日本フェザー級2位・蘇我 英樹(市原・59.0kg) VS MA日本Sフェザー級チャンピオン・竹内 裕二(菅原・59.4kg)
勝者・竹内 裕二
TKO 3R 2:58 / パンチによる2ダウン、カウント中のレフェリーストップ
レフェリー 江刺家 昇
-------------------------------------
日本・タイ国 国際戦 ミドル級3回戦
ゲン・カー(タイ・72.5kg) VS 青木 克幸(トーエル・72.3kg)
勝者・ゲン・カー
 3-0 (ジャッジ 深瀬 30-28. 江刺家 30-29. 中村 30-28)
レフェリー 杉江 聡
-------------------------------------
161P以下3回戦
姜 政佑(韓国・72.6kg) VS SHING(治政館・72.0kg)
引分け 1-0 (ジャッジ 杉江 30-28. 江刺家 30-30. 中村 30-30)
レフェリー 深瀬 広行
-------------------------------------
127P以下3回戦
李 東賢(韓国・55.9kg) VS 菊地 大介(伊原稲城・57.2)
引分け 0-1 (ジャッジ 江刺家 30-30. 杉江 29-30. 深瀬 30-30)
レフェリー 高谷 秀幸
-------------------------------------


ちょいとイタズラカットで、伊原代表が朴龍に・・・!

LINEで送る

キックボクシング(日本キック連盟/4.12)

  • 2008/04/13(日)

日本キックボクシング連盟 2008 闘争シリーズ 2008.4.12
於・後楽園ホール

牛若丸 將之が第5代NKBフライ級チャンピオンとなる。
青木秀太は初防衛に失敗。
若生浩次の当初の対戦相手、アピチャート・コンヤンは
3月9日、後藤龍治(伊原)にTKO負けを喫し負傷。
清野浩志に変更されたが、危なげなくKO勝利。
巨輝はライト級での試合をテクニックで圧倒し判定勝ち。
パワー不足は感じつつも、ライト級戦線での手応えを掴む。

(堀田 4.13  2:05 / 追記 4.14  22:50  / 4.18 23:25)

---------------------------------------------
NKBフライ級タイトルマッチ 5回戦




チャンピオン・青木 秀太(すざく96/50.5kg) vs 3位・牛若丸 將之(テツ・50.45kg)
勝者・牛若丸 將之
0-2 (ジャッジ 川上 49-49. 加賀美 49-50. 君塚 49-50)
レフェリー 前田 仁
---------------------------------------------
ミドル級 ノンタイトル 5回戦


NKBミドル級チャンピオン・若生 浩次(大阪真門・72.3kg)vs清野 浩志(M・TNG/69.8kg)
勝者・若生 浩次
KO 3R 0:24 / テンカウント
レフェリー 加賀美 淳
---------------------------------------------
ライト級契約 ノンタイトル 5回戦


NKBフェザー級チャンピオン・巨輝(大阪真門・61.0kg)vsNKBライト級1位・桃井 浩(神武館・60.7kg)
勝者・巨輝
3-0 (ジャッジ 村山 50-43. 加賀美 50-44. 前田 50-43)
レフェリー 川上 伸
---------------------------------------------

LINEで送る

タイ国プロムエタイ協会が日本プロムエタイコミッション活動に警鐘!

  • 2008/04/04(金)

今年3月3日、日本で誕生した日本プロムエタイコミッション(JPMC)。
その前には、2月12日にWBC(世界ボクシング評議会)のムエタイ部門である
WBCムエタイ(会長・ゴーヴィット・パックディーブーム氏)より、唯一の
認可組織としての調印を交われている。
その「WBCムエタイ」についてタイ在住日本人関係者に聞いてみると、
「WBCムエタイはWBC副会長のゴーウィット氏が個人的に立ち上げた組織です」とのこと。またWBCムエタイに関しては、「一度もタイ国スポーツ局(委員会)から認可されていない」という。
(タイ国スポーツ局とはタイ国観光スポーツ省管轄の政府機関で、タイ国内の全てのスポーツを統括。プロボクシング、プロムエタイのコミッション的立場で選手管理、選手・会長・マネージャー・トレーナー・ジム・プロモーター登録をしています。きちんとしたスタジアム(ラジャダムナン・ルンピニー等)ではこの登録証を出さないと試合できません。タイ国スポーツ局と連携して統括しているのがタイ国プロムエタイ協会です)

「日本のムエタイ(キック)組織がタイ国の認可を受ける必要があるのか」という疑問も沸きますが、日本プロムエタイコミッションは、WBCムエタイの認可を受けて、本場タイ国が認めた確固たるコミッションに作り上げようという思惑もあったと思われます。だがそのWBCムエタイも確固たる組織ではなかったということでしょう。
本場タイ陣営が懸念しているのは、「ムエタイ」というブランドが世界各地に広まったのはすばらしいことではあっても、不甲斐ない試合などでムエタイの名誉を著しく傷つけている試合が多いことが事実で、「ムエタイ」というひとり歩きした外国の競技が、今後タイ国への影響などを推測し、ムエタイの名誉が傷つく恐れが更にあることを懸念する声が上がったことが、日本プロムエタイコミッションへの警鐘となった経緯があります。
そして本来、ムエタイ選手だが、プロボクシングのリングにも上がれる立場で、タイ選手の「噛ませ犬」問題もその要因のひとつとなっていることが日本プロボクシング界への警鐘にもなっているようです。

また日本側キック団体が問題としているのは、日本プロムエタイコミッション設立は順序が間違っていたのではないかと思われること。既存の各キック団体が納得するコミッショナーを推薦してからでもよかったかもしれませんが、その日本プロムエタイコミッションに名を連ねる人達を「この人達、誰?」と言われているようでは、いずれにしても賛同する団体は少なく、結局、設立できたとしても統一には程遠かったかもしれません。
「誰かがやらねば、今やらなければ」と考えるのは当然と思いますが、興行団体設立でさえ難しいもの、その上に立つコミッションを作るには相当の実績ある識者に指揮をとってもらうしかないかもしれませんね。

(堀田  4.4  23:25)
---------------------------------------------------------------------
この問題、長引きそうです。すんなりとはいかないコミッション、また動きありましたら
書き込みます。
(堀田 4.5  22:35)
--------------------------------------------------------------------
他サイトでも発表されていますが、プレスリリース要約
【 タイ国プロムエタイ協会がJPMCの活動に警鐘。タイ国スポーツ委員会へ報告 】

タイ国プロムエタイ協会総裁のソムチャート・ジャルンワチャラウィット氏が、3月初めに日本でプレスリリースされた「JPMC/ジャパン・プロフェショナル・ムエタイ・コミッション(理事長:山根千沙氏)」に関するリリース内容の翻訳文書の提出報告を受け、タイ国の国技であるムエタイ競技のコミッションと名乗るグループが、海外で活動することに対して遺憾の意を表明すると共に、3月31日(月)タイ国観光スポーツ省管轄でタイ国内の全スポーツを管理するタイ国スポーツ局にこの問題の対策を求める公式文書を提出。
3月31日午後1時30分(現地時間)よりスポーツ局本部にて報告・対策会議が開催された。

タイ国スポーツ局知事・カノックパン氏、タイ国ボクシング(ムエ)委員会局長プムポン氏、タイ国プロムエタイ協会総裁ソムチャート氏らが出席する中、上記の件も含め今現在海外で発生している様々なムエタイ関連の問題が報告され、対応策が検討された。
一部の個人ムエタイ組織から認可を受けたとする「JPMC」が、日本国内のムエタイ競技を統括するというプレスリリース内容に関して、今後これらのグループの活動に際して日本国内で起こりうる問題や、付随する法律(タイのボクシング法)の確認、それに従いムエタイ母国としてタイ国への影響などが話し合われ、ムエタイの名誉が傷つく恐れがあることを懸念する声も上がった。委員会としては大きな問題として捉え、引き続き対策を検討する意向が決定された。今後はタイ国内だけではなく、海外でのムエタイ活動を監視・監督する制度の確立が迫られている。

今回の会議ではこの問題のみでなく、有名選手の名を語った偽物のタイ人選手がフランスでの試合に出場し負けた例や、タイ国として認められないようなムエタイ選手が出場し、不甲斐ない試合などでムエタイの名誉を著しく傷つけている試合が多いこと等も議題に上がった。問題への対応策を検討し、海外へ渡航するムエタイ選手のチェック機構としてタイ国プロムエタイ協会がスポーツ局からの全面委任を受け、機能していくことが確認された。
それに従い各公共機関へも働きかけていく方針となり、今後はムエタイ選手招聘に際しては、同協会の保証書がない場合には各国大使館から渡航ビザが発給されないよう、各国大使館・外務省などへ国から正式に通達をし、各ムエタイ関係者にも法令に準じた申請をするように働きかけていくことが決定された。
同じく、プロボクシングで度々取り上げられるタイ国籍選手の「噛ませ犬」問題にもメスが入れられる可能性も出てきている。(JBC発表では、2007年度の招請禁止ボクサー19名は全てタイ人選手)
ムエタイの知名度が世界中で上がるに従い、その名を利用する者も増え、その他各国にて行われるムエタイの試合に対しても、タイ国としてムエタイの威厳・威信を保つ為の早急な対応を求められてきている。


-----------------------------------------------------------------------
正式組織名
※タイ国プロムエタイ協会PROFESSIONAL BOXING AUTHORITY OF THAILAND/P.A.T
(タイ語名:サマーコム・キラームエアーチープ・ヘーンプラテートタイ)は
ムエタイ界の統括機関として活動するムエタイ組織(協会)である。
総裁はソムチャート・ジャルンワチャラウィット氏。
タイ国プロムエタイ協会認定のランキング、王者も認定し、ルンピニースタジアム、ラジャダムヌンスタジアムなどの2大スタジアムでもタイトル戦が行われている。

※タイ国スポーツ局/タイ国ボクシング(ムエ)委員会
SPORTS AUTHORITY OF THAILAND(SAT)/THAILAND BOXING SPORT BOARD
(タイ語名:カーンキラー・ヘーンプラテートタイ/カーンキラー・ムエ)
タイ国観光スポーツ省管轄の政府機関である。タイ国内の全てのスポーツを統括。
ムエタイ・ボクシングは1999年に施行されたボクシング法
(ポー・ロー・ボー2542)に従い、タイ国ボクシング委員会によって
管理されている。(タイ人選手は同委員会での選手登録が必須)
-----------------------------------------------------------------------








LINEで送る