キックボクシング(新日本/6.29)

  • 2008/06/30(月)

新日本キックボクシング協会 2008.6.29
ATTACK-8
於・ディファ有明
主 催・トーエルジム、藤本ジム、治政館ジム、ビクトリージム

全14試合結果。
メインイベント出場の佐々木泰士(トーエル)は元ムエタイ王者に力及ばず。1Rのガンスワンの左のパンチでダウンを奪われた際は、「しまった、やられた」といった表情で悔しがっていました(そう見えました)。ガンスワンがタイミングを計る上手さが目立ったダウンでした。

新人とは言えない2回戦に49歳vs43歳対決あり。
ケイゾー松葉さんは1979年デビュー、1997年には武田幸三と日本ウェルター級王座決定戦を戦った人です。稲田禎志さんは元・新日本キックのレフェリーだった人。二人の過去を知る人しか注目しない試合でしたが、「頑張って!」と両者に応援したくなる関係者の眼差しがありました。

同日、後楽園ホールでの日本キック連盟興行は、NKBウェルター級タイトルマッチ、チャンピオン武笠則康(渡辺)がSEIITSU(八王子FSG)に判定勝利で2度目の防衛を果たしています。


(堀田 6.30  2:25 / 追記 7.1 22:00 )
---------------------------------------------
第14試合 メインイベント 日本・タイ国 国際戦 148P以下3回戦


ガンスワン・Be Well(元ラジャダムナン・S・L級C/タイ/66.0g)
VS
日本ウェルター級10位/佐々木 泰士(トーエル/66.8kg)
勝者・ガンスワン
3-0 (ジャッジ 高谷 30-27. 深瀬 30-28. 中村 30-26)
レフェリー / 三浦進吾
---------------------------------------------
第13試合 ミドル級3回戦
日本ミドル級2位/松崎 勇輝(治政館・72.5kg) VS 日本ミドル級6位/阿久澤 英一(山田・72.5kg)
勝者・松崎勇輝
TKO 2R終了 ヒジ打ちによる負傷
レフェリー / 江刺家 昇
---------------------------------------------
第12試合 136P以下3回戦
日本ライト級2位/石井 達也(藤本/61.68kg) VS 日本ライト級5位/トーマス中村(市原/61.5kg)
勝者・石井達也
2-0 (ジャッジ 杉江 30-29. 三浦 30-29. 江刺家 30-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
---------------------------------------------
第11試合 127P以下3回戦
日本フェザー級3位/内田 雅之(藤本/57.6kg) VS MA日本フェザー級10位/小山内 直人(谷山/57.5kg)
勝者・内田雅之
3-0 (ジャッジ 杉江 30-28. 江刺家 30-29. 中村 30-28)
レフェリー / 深瀬 広行
---------------------------------------------
第10試合 ヘビー級3回戦
日本ヘビー級2位/柴田 春樹(ビクトリー/89.6kg) VS MA日本ヘビー級10位/高橋 俊博(菅原/無計量)勝者・柴田春樹
3-0 (ジャッジ 高谷 30-27. 江刺家 30-28. 深瀬 30-28)
レフェリー / 三浦 進吾
---------------------------------------------
第9試合 148P以下3回戦
日本ウェルター級4位/緑川 創(藤本/66.9kg) VS 日本ウェルター級7位/佑斗(治政館/66.9kg)
勝者・緑川創
TKO 1R 1:36 / パンチ連打、カウント中のレフェリーストップ
レフェリー / 深瀬 広行
---------------------------------------------
第8試合 127P以下3回戦
日本フェザー級7位/アツシ(ビクトリー/57.5kg) VS 白木 伸実(トーエル/57.3kg)
引分け / 3者3様  (ジャッジ 三浦 30-29. 深瀬 30-30. 中村 29-30)
レフェリー / 江刺家 昇
-----------------------------------------------
第7試合 136P以下3回戦
日本ライト級7位/ジョニー・オリベイラ(トーエル/61.6kg) VS 兼子 ただし(伊原/61.5kg)
引分け  / 0-1  (ジャッジ 三浦 30-30. 杉江 30-30. 中村 29-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
----------------------------------------------
第6試合 136P以下3回戦
日本ライト級9位/大塚 隼人(ビクトリー/61.6kg) VS 松本 芳道(八景/61.2kg)
勝者・松本芳道
 1-2  (ジャッジ 江刺家 30-29. 杉江 28-30. 中村 29-30)
レフェリー / 深瀬 広行
----------------------------------------------
----------------------------------------------
第5試合 ミドル級 72.0kg契約2回戦
ケイゾー松葉(藤本/71.7kg) VS 稲田 禎志(トーエル/70.2kg)
勝者・ケイゾー松葉  / 2-0 (20-19. 20-20. 20-18)
----------------------------------------------
第4試合 148P以下2回戦
中元 孝介(伊原/66.7kg) VS 安藤 崇(トーエル/66.2kg)
勝者・中元孝介
KO 1R 2:36 / 3ノックダウン
----------------------------------------------
第3試合 136P以下2回戦
直矢(治政館/61.5kg) VS 坂梨 隼人(伊原/61.4kg)
勝者・直矢 / 2-0 (20-19. 20-19. 20-20)
----------------------------------------------
第2試合 119P以下2回戦
やす吉(治政館/53.8kg) VS 熱田 穣司(市原/53.8kg)
勝者・やす吉  / 3-0 (20-18. 20-18. 20-19)
---------------------------------------------
第1試合 ライト級2回戦
TATSURO(ビクトリー/61.2kg) VS 氷室 翼(大分/60.9kg)
引分け / 1-0 (19-19. 19-18. 19-19)
---------------------------------------------
第1〜5試合=2回戦(通常の3回戦クラス/新人戦)
第6〜14試合=3回戦(通常の5回戦クラス/ランキング戦)

LINEで送る

キックボクシング(新日本/6.22)沢村忠登場!

  • 2008/06/23(月)

新日本キックボクシング協会  2008.6.22

激闘〜第六章〜
於・潮風アリーナ
主催・横須賀太賀ジム

今週は12試合中、3試合がKO決着あり、ドローは無し。横須賀太賀ジム興行のメインイベント登場は“王子”.メインイベントになると、静かめの進行だった会場が一気に両陣営の激しい応援でヒートアップした。いつもやや気が荒そうな展開を見せる王子も、今日は落ち着いたファイトを見せる。2Rにはヒザ蹴りで松下の顔面をカットする。長めのドクターチェックも再開が許され判定にもつれ込むが、ヒザ蹴りの有効打が勝負を決め、小差ながら王子が勝利を奪う。
----------------------------------




サイン会とリング上挨拶、プレゼンター(勝利者へトロフィー贈呈)をこなされた沢村忠氏。スポーツ刈りの頭髪とスーツ姿、変わらぬ体型は年齢を重ねただけのカッコいいスポーツマンそのものでした。仕事としての撮影後、全くのファンに戻った私は、「昔、テレビでキック観てました。沢村さんのファンでした」と声をかけると沢村さんは「ああそうでしたか、どうもありがとうございます」と沢村さんから笑顔で握手の手を差し伸べてくださり、ちょっと強めに手を握られただけの些細なことが嬉しく感じます。現役時代の沢村さんをテレビで観ていた頃は、実況していたTBS石川顕アナウンサーがいつも沢村さんを“優しくて本当にファンを大切にする人”と紹介していましたが、今日初めて沢村さんに話させて頂いた印象は正に石川アナウンサーが語っていたとおりの人。接し方が優しく安心できるスターでした。
----------------------------------


横須賀太賀ジム会長の太賀純会長が音楽CDデビューしました。「別れた今では・・・」という演歌です。(作詞・太賀純、作曲・北見浩史)発売目前ということですが、本日、先行販売していました。
横須賀で出逢った女性との人生と別れ、再会、想い出を唄った曲です。怖い顔に似合わず、美声です。
太賀会長は以前にも紹介しましたが、1978年5月に富山勝治に判定勝利したサミー・モントゴメリー(米国)を同年8月、ラスベガスで豪快にブッ倒した元・日本ミドル級チャンピオンです。しかしこの試合でサミーの強打を受けた太賀さんは脳内出血を起こし、引退に追い込まれています。後楽園ホールで引退式を行なったのは沢村さんに次いで二人目でした。(日本キックボクシング協会系)

(堀田 6.23   2:00 / 追記  18:15)

----------------------------------------------
第12試合 メインイベント 119P以下3回戦


日本バンタム級4位/王子(横須賀太賀・53.7kg) vs日本バンタム級8位/松下 隆義(トーエル・53.6kg)
勝者・王子
3-0 (ジャッジ 杉江 30-29. 深瀬 30-29. 中村 30-29)
レフェリー / 江刺家 昇
----------------------------------------------
第11試合 セミファイナル 136P以下3回戦
日本ライト級6位/拳太(横須賀太賀・61.6kg) vs日本ライト級3位/平野 一誠(トーエル・61.4kg)
勝者・平野一誠
0-3 (ジャッジ 杉江 29-30. 深瀬 29-30. 中村 28-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
----------------------------------------------
第10試合 127P以下3回戦
日本フェザー級4位/風神 和昌(野本塾・57.3kg) vs /古河 たすく(トーエル・57.0kg)
勝者・風神 和昌
3-0 (ジャッジ 高谷 30-29. 深瀬 30-29. 江刺家 30-29)
レフェリー / サミー中村
---------------------------------------------
第9試合 148P以下3回戦
日本ウェルター級9位/藤田 ゼン(横須賀太賀・67.0kg) vs 高崎 博一(誠真・67.1kg)
勝者・藤田ゼン
3-0 (ジャッジ 杉江 30-28. 深瀬 30-28. 中村 30-27)
レフェリー / 江刺家 昇
---------------------------------------------
第8試合 119P以下3回戦
日本フェザー級9位/瀬戸口 勝也(横須賀太賀・53.3kg) vs日本バンタム級5位/吉川 靖(伊原・53.7kg)
勝者・瀬戸口勝也
3-0 (ジャッジ 高谷 30-26. 江刺家 30-26. 中村 30-26)
レフェリー / 深瀬 広行
---------------------------------------------
第7試合 161P以下3回戦
英雄マクシマス(横須賀太賀・72.7kg) vs 日本ミドル級1位/青木 克眞(トーエル・71.8kg)
勝者・青木克眞
TKO 1R終了 / マクシマスの顔面負傷
レフェリー / サミー中村
---------------------------------------------
---------------------------------------------
第6試合 119P以下2回戦
栗本 高志(横須賀太賀・53.5kg) vs 飯島 一成(治政館・53.8kg)
勝者・飯島 一成
TKO 1R 1:19 / カウント中のレフェリーストップ
---------------------------------------------
第5試合 148P以下2回戦
勝利(横須賀太賀・67.0kg) vs 斗吾(伊原・67.1kg)
勝者・斗吾   / 0-3 (19-20. 18-20. 18-20)
---------------------------------------------
第4試合 ライト級2回戦
清吾(横須賀太賀・61.0kg) vs 姫野 健太(トーエル・61.3kg)
勝者・姫野健太 / 0-3 (18-20. 18-20. 18-20)
---------------------------------------------
第3試合 127P以下2回戦
馬場 ワタル(横須賀太賀・57.0kg) vs 森本 竜太(治政館・57.2kg)
勝者・森本竜太
TKO 1R 1:24 / カウント中のレフェリーストップ
--------------------------------------------
第2試合 127P以下2回戦
石堂 大地(横須賀太賀・57.3kg) vs 北山 淳太(トーエル・57.0kg)
勝者・北山淳太 / 0-3 (19-20. 19-20. 18-20)
---------------------------------------------
第1試合 ミドル級2回戦
工藤 直弥(横須賀太賀・71.3kg) vs 博通(治政館・72.2kg)
勝者・博通   / 0-3 (19-20. 19-20. 18-20)
--------------------------------------------
第1〜6試合=2回戦(通常の3回戦クラス・新人戦)
第7〜12試合=3回戦(通常の5回戦クラス・ランキング戦)

LINEで送る

キックボクシング(新日本/6.15)

  • 2008/06/16(月)

新日本キックボクシング協会 2008.6.15
主催・伊原稲城ジム / 伊原土浦ジム / ホワイトタイガージム
会場・稲城市総合体育館

全10試合を通じて、ダウンが一度も無し。ヒジ打ち等による負傷も無し。
内5試合が引分け。打撃戦好ファイトもありましたが、物足りなさを感じる興行という印象は残ってしまいます。
レオン・ケイスケは王者の意地で懸命に技を酷使して戦いました。しかし、タイの元・王者、デーダムロンは余裕で戦い、ミドルキックでレオンを寄せ付けませんでした。

来週の日曜日(6.22)は三浦市・潮風アリーナ(三浦市総合体育館内)で横須賀太賀ジム主催興行が行なわれます。会場は京急三崎口駅(終点)から歩いて15分ぐらいあります。ポスターにあるとおり、キックの帝王、元・東洋ライト級チャンピオン、沢村忠氏が来場されるようです。(あくまで予定)沢村忠氏の名前を知らない世代がどう感じるかはわかりませんが、あの時代に育った世代の人達は懐かしく思えますね。



昨日の国重隆世界戦計量の件、スーパーバイザーのブライアン会長はホセ・スライマン・ジュニアの間違いでした。現地立ち会った関係者の聞き取りミスでした。訂正致します。申し訳ありません。
王者の正確なウエイトはいくつであったかの真実は闇の中で、正規ウエイトを指す秤の針を静止した状態を国重陣営に見せていないのは事実です。これでは「不正ではない」とは言えません。

(堀田 6.16   1:15  / 追記 22:10)
-----------------------------------------------------------------
第10試合 メインイベント 日本・タイ国 国際戦 52.0kg契約5回戦


日本フライ級チャンピオン / レオン・ケイスケ(誠真・51.8kg)vsデーダムロン・KBA(タイ・51.9kg)
勝者・デーダムロン
 0-3 (ジャッジ 江刺家 47-50. 高谷 46-50. 深瀬 47-50)
レフェリー / サミー中村
(デーダムロンは元タイ国ルンピニー系ミニフライ級・フライ級C)
-----------------------------------------------------------------
第9試合 日本・タイ国 国際戦 フェザー級3回戦
日本フェザー級6位 / 菊地 大介(伊原稲城・56.9kg)vs ラジャサクレック・ソーワラピン(タイ・56.6kg)
引分け 1-0  (ジャッジ 深瀬 30-30. 三浦 30-29. 中村 30-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
-----------------------------------------------------------------
第8試合 55.0kg契約3回戦
日本バンタム級3位 / 田中 義人(伊原・54.9kg)vs日本バンタム級5位 / ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー・54.9kg)
勝者・ベニー・ユキヒデ
0-3 (ジャッジ 深瀬 29-30. 三浦 29-30. 中村 29-30)
レフェリー / 江刺家 昇
-----------------------------------------------------------------
第7試合 148P以下3回戦
滝田 純一(伊原土浦・65.7kg) vs 後藤 高志(トーエル・66.8kg)
勝者・後藤 高志
0-3 (ジャッジ 江刺家 28-30. 深瀬 29-30. 高谷 28-30)
レフェリー / 三浦 進吾
-----------------------------------------------------------------
第6試合 ライト級3回戦
垣原 卓也(伊原土浦・61.1kg)vs 北道 一(誠真・60.6kg)
引分け 0-1  (ジャッジ 江刺家 29-30. 高谷 30-30. 中村 30-30)
レフェリー・深瀬 広行
-----------------------------------------------------------------
第5試合 ウェルター級3回戦
渡辺 健司(伊原稲城・66.6kg)vs 光将(治政館・66.4kg)
勝者・渡辺 健司
3-0 (ジャッジ 深瀬 30-29. 三浦 30-28. 江刺家 30-28)
レフェリー / 高谷 秀幸
-----------------------------------------------------------------
第4試合 119P以下3回戦
勝岡 健(伊原土浦・52.6kg)vs 拳士狼(治政館・53.7kg)
引分け  0-0  (ジャッジ 深瀬 29-29. 三浦 29-29. 中村 29-29)
レフェリー / 江刺家 昇
-----------------------------------------------------------------
第3試合 148P以下2回戦
隼侍(伊原稲城・66.8kg)vs 小川 大介(トーエル・65.4kg)
勝者・隼侍   3-0 (20-19. 20-19. 20-19)
-----------------------------------------------------------------
第2試合 126P以下2回戦
伊野 康弘(伊原稲城・57.5kg)vs 逸可(トーエル・57.0kg)
引分け 0-1  (19-19. 19-20. 19-19)
-----------------------------------------------------------------
第1試合 136P以下2回戦
松本 憲幸(伊原稲城・61.1kg) VS 鬼斬(ホワイトタイガー・61.3kg)
引分け 0-1  (20-20. 19-20. 20-20)
-----------------------------------------------------------------
★スーパーエキシビションマッチ★
江幡 塁(伊原土浦) VS 江幡 睦(伊原土浦)

★スーパーエキシビションマッチ★
三輪 大樹(ホワイトタイガー) VS ホカ・トモヒロ(TRUE)
----------------------------------------------------------------

LINEで送る