キックボクシング(新日本/10.25)

  • 2008/10/25(土)

新日本キックボクシング協会 MAGNUM 18  (2008.10.25)

主催・伊原プロモーション
於・後楽園ホール

武田幸三は韓国の李 京俊(リ・キョンジュン)をローキックで仕留める。
菊地剛介は微差で2度目の防衛。試合後、伊原会長より菊地を休養させる宣言。1999年3月に日本バンタム級王座を獲得してから2階級制覇を含め、タイトル戦戦績11戦10勝1敗は大きな功績だった。引退はしない模様。互いの的確なポイントは微妙ながら、判定に不服の蘇我の市原ジム陣営、静かにちょっとだけ暴れる。その中には清水健太郎も。

新日本キックボクシング協会に新ジム加盟。広島県広島市にストライカージム誕生です。会長は前川洋光氏。地方のジムは練習生が増えない、東京への移動の際の時間と経費が負担になるなど、恵まれない環境にはありますが、岡山のガルーダ・テツジムに負けない、毎年興行が打てるほどになっていただきたいものです。



主要結果9試合。
〈堀田 10.25 23:10  /  10.26   11:00   13:10 / 10.29 12:40〉

---------------------------------------------------------
第11試合 メインイベント 日本・韓国 国際戦71.0kg契約3回戦


武田 幸三(治政館/70.8kg)VS 李 京俊(韓国/69.5kg)
勝者・武田幸三
KO 2R 2:07 / テンカウント
レフェリー / 江刺家 昇
---------------------------------------------------------
第10試合  日本フェザー級タイトルマッチ 5回戦


チャンピオン/菊地 剛介(伊原/56.80kg)VS 3位/蘇我 英樹(市原/56.95kg)
勝者・菊地剛介
2-0 (ジャッジ 江刺家 50-48. 三浦 50-48. 富沢 50-50)
レフェリー / 深瀬 広行
--------------------------------------------------------
第9試合 ミドル級3回戦
後藤 龍治(伊原/72.3kg)VS 日本ミドル級4位/青木 克眞(トーエル/71.1kg)
勝者・後藤龍治
TKO 2R 0:26 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー / 三浦進吾
--------------------------------------------------------
第8試合 52.0kg契約3回戦
日本フライ級1位/がってん古川(治政館/51.0kg)VS 日本フライ級2位/池田 茂由(伊原/51.9kg)
勝者・池田 茂由
0-3 (ジャッジ 杉江 25-30 深瀬 26-30. 富沢 26-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
-------------------------------------------------------
第7試合 ミドル級3回戦
日本ミドル級1位/喜多村 誠(伊原/71.9kg)VS 日本ミドル級5位/阿久澤 英一(山田/72.4kg)
勝者・喜多村 誠
3-0 (ジャッジ 三浦 30-26. 高谷 29-28. 富沢 30-28)
レフェリー / 江刺家 昇
------------------------------------------------------
第6試合 ウェルター級3回戦
日本ウェルター級4位/緑川 創(藤本/66.5kg)VS 日本ウェルター級6位/ 土屋 修平(伊原/66.3kg)
勝者・緑川 創
3-0 (ジャッジ 江刺家30-29. 深瀬 30-29. 富沢 30-29)
レフェリー / 三浦 進吾
------------------------------------------------------
第5試合 ライト級3回戦
日本ライト級7位/ジョニー・オリベイラ(トーエル/61.1kg)VS 直矢(治政館/61.1kg)
引分け 0-0 (ジャッジ 三浦 30-30. 高谷 30-30. 富沢 30-30)
レフェリー / 杉江 聡
-----------------------------------------------------
第4試合 ウェルター級3回戦
日本ウェルター級9位/藤田ゼン(横須賀太賀/66.6kg)VS 隼侍(伊原稲城/66.5kg)
引分け 1-0 (ジャッジ 杉江 30-30. 江刺家 30-28. 三浦 29-29)
レフェリー / 高谷 秀幸
----------------------------------------------------
第3試合 55.0kg契約3回戦
日本バンタム級6位/松下 隆義(トーエル/54.8kg)VS 日本バンタム級10位/勝岡 健(伊原土浦54.7kg)
勝者・勝岡健
0-3 (ジャッジ 杉江 27-29. 江刺家 27-30. 富沢 28-29)
レフェリー / 深瀬広行
----------------------------------------------------
他、2回戦(新人戦)2試合

(3回戦=通常のランカー5回戦クラス)
---------------------------------------------------

LINEで送る

キックで統一戦!? TOUITSU

  • 2008/10/20(月)

「KING OF KINGS TOUITSU in KOBE」
12月23日(火・祝)神戸・ワールド記念ホール

▼62kg契約トーナメント参加選手
NJKF・Sフェザー級王者・赤十字竜
前新日本ライト級王者・石井宏樹
シュートボクシングSフェザー級王者・及川知浩
WFCA世界ライト級王者・梶原龍児
J−NETWORKライト級王者・黒田アキヒロ
MA日本Sライト級王者・壮泰
J−TOP軽量級ウェイト制準優勝・森本達也
IKMF東洋ライト級王者・吉本光志
 ※試合は3回戦、決勝のみヒジあり
  12月28日深夜、よみうりテレビで85分放送予定!
  主催はTOUITSU実行委員会(K−1や日進会館などが協力)

「KOK」とか「TOUITSU」というネーミングはセンスを感じませんが、これは画期的な団体交流戦ですね。読売テレビ視聴者はぜひリポートを!(ハイセー)

LINEで送る

キックボクシング(日本キック連盟/10.12)

  • 2008/10/13(月)

日本キックボクシング連盟興行 2008.10.12
於・後楽園ホール 

両者合わせて6度のダウンとなった野口vs宮崎戦は1Rに野口優勢パンチで宮崎を2度倒し圧倒するが、激しい打ち合いは2Rに一気に逆転。パンチでダウンを奪い返した宮崎がヒザ蹴りで再度ダウンを奪うと、3Rもヒザ蹴りで野口をスタンディングダウン。再度ヒザで攻め、レフェリーストップに追い込む。宮崎康晶は第5代NKBバンタム級チャンピオンとなる。
宮原誠は接戦ながらヤスユキに勝利し、王座返り咲き。第7代NKBフェザー級チャンピオンとなる。(前チャンピオン、巨輝(大阪真門)は現在ライト級チャンピオン)

キック関連は少ない情報や、書込み遅れ気味ですみません。

〈堀田 10.13  1:00 / 追記 23:10〉

-------------------------------------------------------
メインイベント  NKBバンタム級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン/野口 康裕(大阪真門京都/53.15kg) vs 1位/宮崎 康晶(MTOONG・S/53.40kg)
勝者・宮崎 康晶
TKO 3R 0:40 / レフェリーストップ
レフェリー / 前田 仁


宮崎のヒザ蹴りは数えるのが困難なほど野口を襲った。
---


--------------------------------------------------------
セミファイナル NKBフェザー級王座決定戦 5回戦
1位/富原 誠(神武館/56.80kg) vs 2位/ヤスユキ(SKBG/56.60kg)
勝者・富原 誠
2-0 (ジャッジ 君塚 49-48. 村山 49-49. 前田 50-48)
レフェリー / 加賀美 淳




今やチャンピオンの家族ショットは珍しくなくなった光景。チャンピオンになったらOK !

-------------------------------------------------------

LINEで送る

キックボクシング(NJKF/10.5)

  • 2008/10/06(月)

ニュージャパンキックボクシング連盟  2008.10.5
MuayThaiOpen5
主催・センチャイムエタイジム
於・ディファ有明

5回目を迎えたムエタイオープン、初回は2006年7月、以来、半年毎にディファ有明で開催している。今回の日本vsタイ国戦5試合は日本勢の全敗。会場内にタイ料理の店が出されるのは毎度の風景。プロ興行の前に朝からアマチュアキックの試合もあり、より他団体の交流も盛んに行われている。

余興として、センチャイジム女性練習生によるワイクルー(戦いの舞い)の披露。金髪の女性はセンチャイ会長の娘さんで、リカ・トングライセーンという名前で出場しました。二人ともしなやかな動きの綺麗な舞いでファンを魅了しました。





〈堀田  10.6   0:40   / 追記  10.14  22:10〉

------------------------------                       
第13試合 メインイベント 日本・タイ国 国際戦 67.0kg契約 5回戦                        
タイ国ルンピニー系スーパーフェザー級チャンピオン/センチャイ・ソー・キングスター(タイ/65.6kg)
. . .VS  
J-NETWORKライト級1位/小宮 由紀博(フォルティス渋谷/66.8kg)
勝者・センチャイ・ソー・キングスター
   3-0 (ジャッジ 小林 50-47. 少白竜 49-48. 椎名 49-47)
レフェリー / 山根 正美
-----------------------------------------------                 
第12試合 セミファイナル 日本・タイ国 国際戦 ライト級 5回戦                       
シラー・トーバンセン(元・ラジャダムナン・B級C/タイ/61.1kg)
. . . .VS
全日本ライト級3位/藤牧 孝仁(はっまこムエタイ/61.2kg)
勝者・シラー・トーバンセン
KO 3R 2:51 / 3ノックダウン
レフェリー / 多賀谷 敏朗
-----------------------------------------------                     
第11試合 日本・タイ国 国際戦 54.5kg対55.5kg契約 5回戦
デ-ダムロン・KBA(元・ルンピニー・MF級・LF級C/タイ/54.3kg)
. . . .VS 
J-NETWORKバンタム級チャンピオン/牧 裕三(アクティブJ/55.1kg)
勝者・デ-ダムロン
KO 3R 0:39 / テンカウント
レフェリー / 小林 利典
-----------------------------------------------                      
第10試合 日本・タイ国 国際戦 67.5kg契約 5回戦                
K・ウォーワンチャイ(タイ/64.2kg) VS  亜紀斗(はまっこムエタイ/67.5 kg)
勝者・K・ウォーワンチャイ
TKO 4R 2:43 / 有効打(ヒジ打ち)による顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー / 少 白竜
-----------------------------------------------                           
第9試合 日本・タイ国 国際戦 フェザー級 5回戦                  
心・センチャイジム(センチャイ/56.8kg) VS パティパンS.小林(元・ラジャB級・ルンピニーFe級C/タイ/56.9kg)
勝者・パティパンS.小林
TKO 3R 2:59 / 有効打による顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー / 椎名 利一

----------------------------------------------   
他、3回戦7試合+12歳対決1試合。   
                           

LINEで送る