キックボクシング(NJKF/11.30)

  • 2008/11/30(日)

ニュージャパンキックボクシング連盟
−センチャイムエタイジム主催興行ー 2008.11.30
         MuayThaiOpen6 
於:新宿FACE

石黒竜也選手と対戦予定だった、K・ウォーワンチャイ選手は、タイ反政府デモの影響によるタイ国際空港閉鎖により来日が間に合わなくなり、クンスック・アラビアジム選手に対戦相手変更され、3回戦、ヒジ打ち無し顔面膝蹴り無しのルールに変更。タイの影響がここにも出てきました。
健太は1Rにパンチでダウンを奪うも、2Rにイソラサックのハイキックでダウンを喫し一進一退の攻防。セミファイナルに続き、引分けが続くのは不完全燃焼の気分。試合後のリングサイドには渡されない勝利者賞トロフィーが並んでいた。

ムエタイボクサーとして1990年に初来日、立嶋篤史とも戦い、プロボクシング転向後は1995年12月、東日本Jrフェザー級新人王に輝いたユタポン前田選手のエキシビジョンマッチによる姿も披露されました。動きは素早くカッコ良かったです。(欠場カードによる代打)



主要結果3試合
〈堀田 11.30  23:20 / 追記 23:55 / 12.1 21:00〉
----------------------------------------
第12試合 日本・タイ国 国際戦 69.0kg契約 5回戦


イソラサック・シッセックサン(元・ルンピニー系Fe級C/タイ/67.4kg) VS NJKFウェルター級チャンピオン/健 太(ESG/68.8kg)
引分け / 1-0 (ジャッジ 小林 48-47. 中村 47-47. 松田 47-47)
レフェリー / 多賀谷 敏朗
---------------------------------------
第11試合 日本・タイ国 国際戦 69.0kg契約 3回戦
クンスック・アラビアジム(タイ/67.8kg)VS 石黒 竜也(フリー/68.8kg)
引分け / 3者3様 (ジャッジ 小林 30-29. 多賀谷 30-30. 松田 29-30)
レフェリー / 山根 正美
---------------------------------------                     
第10試合 フェザー級 5回戦
NJKFフェザー級8位/心・センチャイジム(センチャイ/56.6kg)VS NJKFフェザー級9位/龍馬(Y-Park/57.0kg)
勝者:心・センチャイジム
TKO 3R 0:22 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー / サミー中村
---------------------------------------
他、3回戦9試合

LINEで送る

キックボクシング〈新日本/11.16〉

  • 2008/11/16(日)

新日本キックボクシング協会 ATTACK-9
主催:治政館ジム、 ビクトリージム
於:ディファ有明

前座で49歳のケイゾー松葉選手出場。今回は負傷TKOで敗れましたが、まだまだ頑張る姿に心打たれます。


ディファ有明の南側が改築されていました。後ろの部分ですが、やや段が高くなり、最後部に立見できるスペースができました。いつできたかは知りません。


12月23日、兵庫県・神戸ワールド記念ホールで行なわれるキックボクシング主要5団体+シュートボクシングから62kg級の選手を各団体1名ずつ(他2名)参加。8選手によるワンデートーナメントで優勝者を決めるイベントに出場する石井宏樹選手に関して、本人も目黒藤本ジム陣営も意欲的に参加を希望している模様。伊原代表も賛同の意向。先日のNJKF興行ではトーナメント出場予定の赤十字竜がリング上で挨拶しました。
石井選手は12月14日の藤本ジム興行で挨拶される模様。キックボクシング関係者の大半の意向は、ヒジ打ちありの1戦ごとに期間を置く通常の興行システムを希望している様子ながら、「ワンデートーナメントでなければ放送できない」というのがテレビ局の意向で、それに従うしかないようである。テレビという有難い放送枠を思えばやむを得ない状況で仕方ないながら、こういうスタイルが続けばキックの競技性が崩れていくような気がしてならない。戦った後で「今度はヒジありの5回戦でやりましょう」なんて言葉が交わされるようなら最初から正規のキックルールでやってほしいと気が早いながら思ってしまいます。(決勝戦のみヒジ打ち有り)ワンデートーナメントでは優勝者は決定してもそれが62kg級で一番強いとは言えない。チャンピオンは多複数選手で1日で決めるものではない。例え私がひいきする石井宏樹が優勝してもそう思うであろう。(赤十字もですが)

主要結果3試合。
いつも遅れ気味の画像はすみません。

〈堀田  11.16  23:15 / 追記 23:22 / 11.17  20:45 / 上書き 11.18  6:00 / 画像・松葉 11.18 22:55〉

--------------------------------------------------
第13試合 メインイベント 73.0kg契約3回戦
日本ミドル級3位/松崎 勇輝(治政館/72.7kg)VS ゲン・カー(元・ラジャダムナンSW級2位/タイ/72.7kg)
勝者:ゲン・カー
TKO 2R 0:36 / タオル投入
レフェリー / 杉江 聡
-------------------------------------------------
第12試合  55.5kg契約3回戦
日本バンタム級1位/木暮 智(ビクトリー/55.4kg)VS ラジャサクレック・ソーワラピン(タイ/55.0kg)     
勝者:ラジャサクレック
     0-2 (ジャッジ 杉江 29-30. 三浦 29-30. 富沢 30-30)
レフェリー / 高谷 秀幸
-------------------------------------------------
★第11試合  136P以下3回戦
日本ライト級3位/平野 一誠(トーエル/61.5kg)VS日本ライト級9位/松本 芳道(八景/61.3kg)      
勝者:松本 芳道
0-3 (ジャッジ 高谷 29-30. 深瀬 28-30. 三浦 28-30)
レフェリー / 江刺家 昇
--------------------------------------------------

LINEで送る

キックボクシング(NJKF/11.9)

  • 2008/11/09(日)

ニュージャパンキックボクシング連盟 2008.11.9
〜START OF NEW LEGEND XIII 新しい伝説の始まり〜
於・後楽園ホール

前田浩喜が初防衛。ハイキックで主導権を握り、ローキックで仕留める。
長島・自演乙・雄一郎はNJKF新階級、スーパーウエルター級初代チャンピオンとなる。
KO決着が続き、予定よりは早く終わり、後楽園ホールを出たのは8:50.
とにかく後楽園駅を目指す。
プロ野球・日本シリーズ終了と重なっては東京ドーム周囲が大混乱となるのです。
キックボクシングの興行としては少ない観客ながら盛り上がりました。一部リング内にネギが投げられるマナーの悪さもありましたが、喜びは周りに不快感を与えてはいけません。(鍋料理などに入れる本物ネギでした)

主要結果6試合。
〈堀田  11.9  23:55  / 追記 11.10 23:15 /11.17 20:00〉

-----------------------------------------
第11試合 NJKFバンタム級タイトルマッチ 5回戦




チャンピオン/前田 浩喜(インスパイヤードM/53.35kg)VS 1位/TSUYOSHI(健心塾/53.40kg)
勝者・前田浩喜
KO 4R 1:55 / ローキックによる3ノックダウン
レフェリー / 山根 正美
-----------------------------------------
第10試合 NJKFスーパーウェルター級王座決定戦 5回戦


NJKFウェルター級1位/古川 照明(インスパイヤード・M/69.45kg) VS 長島・自演乙・雄一郎(魁塾/69.40kg)
勝者・長島雄一郎
TKO 1R 1:04 / 長島のパンチのラッシュによる古川陣営のタオル投入
レフェリー / センチャイ・トーンクライセーン
-----------------------------------------
第9試合 NJKF・全日本交流戦 57.5kg契約 5回戦


米田 貴志(OGUNI/57.4kg)VS 全日本フェザー級5位/岩切 博史(月心会/57.3kg)
勝者・米田貴志
KO 4R 2:25 / ローキックによる3ノックダウン
レフェリー / 多賀谷 敏朗
----------------------------------------
第8試合 62.0kg契約 5回戦
NJKFライト級チャンピオン/大和 哲也(大和/61.8kg)VS 靖卓(シルバーウルフ/61.8kg)
勝者・大和哲也
TKO 3R 1:51 / 大和の有効打(ヒジ)によるカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー / 松田 利彦
----------------------------------------
第7試合 バンタム級 5回戦
NJKFバンタム級4位/美保 裕介(PIT/53.2kg)VS NJKFバンタム級7位/幸二郎(OGUNI/53.4kg)
勝者・幸二郎
KO 1R 2:51 / 3ノックダウン
レフェリー / 小林利典
----------------------------------------
第6試合 フェザー級 5回戦
NJKFフェザー級7位/国分 省吾(OGUNI/57.1kg)VS NJKFフェザー級12位/中嶋 平八(誠至会/56.0kg)
勝者・中嶋平八
0-3 (ジャッジ 小林 48-50. 多賀谷 49-50. 松田 49-50)
レフェリー / 山根正美
----------------------------------------
他、3回戦5試合

LINEで送る

キックボクシング 「THE SMOKER'S HALLOWEEN」

  • 2008/11/01(土)

 バンゲリングベイ主催
10・31「THE SMOKER'S HALLOWEEN」
▼3回戦
寒川直喜(バンゲリングベイ)3−0 たけむら光一(DEEP IMPACT)
 ※30-27、30-27、30-28
エメカ・ブラック・サムライ(SPIRIT AE)1回50秒TKO 河馬鷹師(ファイティングマスター)
笠原淳(クレイジー)3−0 狼鐘闘(club EDO)
 ※30-26、30-26、30-26
中島弘貴(バンゲリングベイ)1回1分7秒KO KOUHEI(club EDO)
 

LINEで送る