キックボクシング(新日本/6.28)

  • 2009/06/28(日)

新日本キックボクシング協会 「ATTACK 11」 2009年6月28日(日)
主催:トーエルジム・藤本ジム・治政館ジム・ビクトリージム 
会場:ディファ有明

ランキング戦中心の興行です。当初、平野一誠(トーエル)と対戦予定の石井達也(藤本)は
負傷欠場の模様。
会場で関係者によく聞かれたことは「金田さんの件、どう思いますか?」というもの。擁護しようと思えばそれなりの想いがあり、非難しようと思えばそれなりの想いがあります。
業界に影響を与える立場ですから「個人の問題」では済まない気はしますが、それより各団体の方々、明るいニュースで話題を振りまいてください。
そんな中、国内アマチュアムエタイで組織が固まりつつある話題があります。具体的に話がまとまりましたらまた触れたいと思います。いずれプロまで影響してきたら面白いですが。
次回、新日本キックボクシング伊原ジム興行は7月12日〈日〉日本バンタム級タイトルマッチ、木暮智(ビクトリー)の初防衛戦。池田茂由(伊原)を迎え撃ちます。ラジャダムナン王座を再度狙っている石井宏樹(藤本)も前哨戦としてタイ元ランカーと対戦です。
----------------------------------------
前日はレイジングバトルの会見を覗き、選手のコメントを聞かせて頂きました。今時のボクサーは結構相手を挑発するのかと、ちょっと覚悟してましたが、当然ながら皆さん意欲的な発言は多いものの、ボクサーはやはりボクサー、品のいいコメントで安心しました。でも海老根範充選手の覆面でショッカーの真似はかなりウケていました。
----------------------------------------


他、コメント類は後日入れます。
〈堀田 6.28 23:55 / 6.29 21:40 / 7.1 22:50〉:No29


------------------------------------------
第15試合  136P以下3回戦




日本ライト級3位/平野 一誠(トーエル/61.6kg) VS 日本ライト級4位/中尾 満(伊原/61.0kg)
勝者:平野一誠 / 3-0 (ジャッジ 深瀬 30-29. 三浦 30-29. 富沢 30-29)
レフェリー / 杉江 聡
------------------------------------------
第14試合 日本・タイ国 国際戦 73.0kg契約3回戦 
日本ミドル級7位/榊 克幸(トーエル/72.9kg)VS クンスック・アラビアジム(元・ルンピニー&ラジャダムナンL級C/タイ/71.7kg)
勝者:クンスック   / 0-3 (ジャッジ 深瀬 28-30. 三浦 28-30. 富沢 29-30)
レフェリー / 江刺家 昇
-----------------------------------------
第13試合 日本・タイ国 国際戦 52.0kg契約3回戦 
日本フライ級3位/アトム嵩貴(治政館/51.9kg)VSエッガラート・KBA(タイ/52.0kg)             
勝者:エッガラート  / KO 1R 2:01 / 3ノックダウン
レフェリー / 深瀬 広行
-----------------------------------------         
第12試合 119P以下3回戦 
日本バンタム級4位/王子 (横須賀太賀/53.6kg) VS 日本バンタム級7位/松下 隆義(トーエル/53.9kg)
勝者:王子 / TKO 3R 1:07 / ヒジによる顔面カット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
レフェリー /  三浦 進吾
----------------------------------------
第11試合  127P以下3回戦
日本フェザー級3位/内田 雅之(藤本/57.2kg)VS 日本フェザー級4位/古川 たすく(トーエル/57.3kg)
勝者:古川たすく / 0-3 (ジャッジ 杉江 27-29. 三浦 27-29. 富沢 28-29)
レフェリー / 深瀬 広行
----------------------------------------
第10試合 68.0kg以下3回戦
日本ウェルター級3位/藤田 ゼン(横須賀太賀/68.0kg)VS佑斗(治政館/67.9kg)
無効試合 2R タイム未発表 / 偶然のバッティングによるカットで佑斗が試合続行不可能(ボクシングなら当然、負傷引分け、あるいは負傷判定)
レフェリー / 江刺家 昇
----------------------------------------
他9試合

LINEで送る

全日本キック、金田会長ら逮捕

  • 2009/06/23(火)

 老舗キック団体、全日本キックボクシング連盟の金田敏男会長が昨日、警視庁組織犯罪対策課に逮捕されました。
 韓国人女性との偽装結婚のため虚偽の婚姻届を役所に提出したとして、公正証書原本不実記載・同行使の疑い。計7人が逮捕され、背後に暴力団の関与も疑われています。
 全日本キックは80年代に一度消滅して、復活していますが、その際に会長になったのが金田会長。90年代は立嶋篤史、前田憲作をスターに一時代を築いた人でもあります。最近ではK−1とのコラボレーションを強化していましたが、石井館長といいスケールの大きなことをやってのけるような方って犯罪も付き物なんでしょうかねえ。さすがに会長交代もありそうな予感。(ハイセー)

LINEで送る

キックボクシング・小野瀬興行!

  • 2009/06/13(土)

日本キックボクシング連盟 2009継続シリーズ3    2009.6.12
主催:SQUARE-UPジム(小野瀬邦英会長)
 
全試合、1Rノックアウト勝利を収めた場合、金一封が贈られると発表あり。あくまでも第1ラウンドです。そして1RKOがなかった場合、その金一封は次の試合にキャリーオーバーされるというものでした。結果、金7封を奪ったのは第9試合で1R勝利した大作選手でした。(TKOを含みます)
「金一封とはいくらですか?」と聞いたところ、小さな額でした。それでも万単位でしたけど。
面白い試みですが、すべての選手に公平な条件ではないと思いつつ、いつもより激しい打ち合いの試合が多かった興行でした。
本日の興行、リング上の照明はテレビ放映用のルクスの高い照明が点き明るいリングとなり、試合プログラムはいつもより大きいA4版ながら、小野瀬会長は「無料配布です」と昨年同様太っ腹でした。
メインイベントはランキング戦で、須賀が1R終了近くにダウンを奪いながら、KOに至らず、5Rには猪ノ川がダウン2度奪って逆転の判定勝ち。
---------------------------


無料配布
---------------------------



他、画像、コメントも思い付いたらまた入れます。
〈堀田 6.13   1:05  / 追記 16:30 /6.14 1:15〉 :No28
--------------------------------
メインイベント 第12試合 フェザー級5回戦


NKBフェザー級6位/猪ノ川 真(大塚) VS. NKBフェザー級8位/須賀 聖二(SQUARE-UP)
勝者:猪ノ川 真 / 3-0 (ジャッジ 川上 47-45. 加賀美 48-45. 村山 48-46)
レフェリー・前田 仁
-------------------------------
セミファイナル 第11試合 フェザー級5回戦
滑飛 タイジ(テツ) VS. 安田 一平(SQUARE-UP)
勝者:滑飛 タイジ // KO 4R 0:58 / 3ノックダウン
レフェリー・加賀美 淳
-------------------------------
第10試合 ウェルター級5回戦
NKBウェルター級8位/島田 力(渡辺) VS 栄基(MTOONG)
勝者:栄基 / 0-3 (ジャッジ 加賀美 47-48. 村山 46-48. 前田 46-48)
レフェリー・川上 伸
-------------------------------
第9試合 61.2kg契約3回戦
NKBフェザー級7位/KOHKI(MTOONG) VS 大作(SQUARE-UP)
勝者:大作  // TKO 1R 1:52 / カウント中のレフェリーストップ
レフェリー・ウルフ村山
-------------------------------
他、3回戦8試合

LINEで送る

キック花澤ジム 祝賀会に意外な男が

  • 2009/06/09(火)





 キックボクシングの花澤ジムが7日に地元木更津で、WMAF世界Sウェルター級王者・白須康仁、同ミドル級王者・K・ルイスの王座獲得祝賀会を開催。有名人多数ゲストの中、余興で両選手のスパーリングも実現した。ここに意外な男が登場・・・それは誰か、月末発売の実話ナックルズにて掲載予定です。(片岡)
 ※写真撮影:仙幸正樹カメラマン

LINEで送る