キックボクシング(新日本・稲城/KNOCK OUT3)

  • 2010/05/31(月)

主 催:伊原稲城ジム/ホワイトタイガージム
認 定:新日本キックボクシング協会
開催日:2010年5月30日(日) / 会場:東京・稲城市総合体育館

菊地は日本人キラーのヨーユットにテクニックで全く歯が立たず、パンチでややヒットを決めるが流れを変えるには至らず。江幡塁対ベニー・ユキヒデは、王座目指して、ここで落としたくない江幡と、這い上がらせたくないベニーの当たっても当たらなくてもお構い無しのガムシャラな攻防。歓声も盛り上がり、見応えは充分でしたが3者3様の引分け。
(堀田 5.31 23:25)No16
-------------------------------
第10試合 メインイベント 59.0kg契約3回戦


日本フェザー級1位/菊地 大介(伊原稲城58.9kg)VSヨーユット・ビーファミリーネオ(タイ/59.0kg)
勝者:ヨーユット・ビーファミリーネオ / 0-3
(レフェリー・杉江聡 / 深瀬 28-30. 中村 27-30. 和田 28-30)
-------------------------------
第9試合 セミファイナル 119P以下3回戦


日本バンタム級2位/江幡 塁(伊原土浦/53.9kg)VS日本バンタム級5位/ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー/53.7kg)
引分け / 3者3様 
(レフェリー・深瀬広行 / 中村 30-29. 和田 29-30. 杉江 30-30)
------------------------------
第8試合 68.0kg契約3回戦
日本ウェルター級4位/渡辺 健司(伊原稲城67.7kg)VSファローン・カマ(タイ/67.7kg)
勝者:ファローン・カマ
TKO 1R 2:03 / カウント中のレフェリーストップ
(レフェリー/ナルンチョン・ギャットニワット)
------------------------------
第7試合 62.0kg契約3回戦
日本ライト級2位/石井 達也(藤本/61.9kg)VS日本ライト級5位/中尾 満(伊原/61.5kg)
引分け / 1-0
(レフェリー・和田良覚 / 杉江 30-29. 深瀬 29-29. 中村 29-29)
------------------------------
他、6試合


LINEで送る

キックボクシング情報(新日本稲城 / NKB小野瀬)!

  • 2010/05/23(日)

NKB日本キックボクシング連盟・小野瀬邦英SQUARE-UP興行!


6月19日(土)、小野瀬邦英氏のSQUARE-UP興行(真っ向シリーズ・喧嘩上等!)が後楽園ホールで行なわれます。毎年1回ずつですが、今年3年目で、現役時代ライバル視されたガルーダ・テツ氏の、テツジム興行とは競うように定期興行を続けています。引退後、ジムを開く現在30代のオーナーは多いですが、団体問わず彼らの世代が過去とは違った垣根のない時代を作っていくのかもしれません。


※対戦予定カード
ライト級5回戦 / 大和知也(SQUARE-UP)V S姉祐二(姉)
ライト級5回戦 / 桃井浩(神武館)V S大作(SQUARE-UP)
フェザー級5回戦 / 佐藤祐平(TEAM-KOK)V S滑飛タイジ(テツ)
フェザー級5回戦 / 猪ノ川真(大塚)V S夜魔神(SQUARE-UP)

他、3回戦数試合
--------------------------------------------------------
新日本キックボクシング協会 KNOCK OUT3 
主催:伊原稲城ジム
開催日:2010年5月30日(日)
会場:稲城市総合体育館
OPEN:14:40 / START:15:00


団体としては年間興行が一番多い新日本キックボクシング協会です。双子同時チャンピオン目指す期待の江幡塁が出場。江幡兄弟や雄大と対戦する日本人選手はカマセのつもりはなく、こいつには負けられないと意欲満々で向かって来るのでいつも好ファイトに繋がります。出場タイ国選手は元ムエタイランカー揃いです。
※対戦予定カード
フェザー級3回戦 / 菊地大介(伊原稲城)VSヨーユット・ビーファミリー・ネオ(タイ)
バンタム級3回戦 / 江幡塁(伊原土浦)VS日本バンタム級5位/ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー) 
68.0kg契約3回戦 / 渡辺健司(伊原稲城)VSファローン・カマ(タイ/元ラジャL級C)
62.0kg契約3回戦 / 石井達也(藤本)VS/中尾満(伊原)
75.0kg契約2回戦 / チョチョポリス(ホワイトタイガー)VSテーチャカリン・チューワッタナ(タイ)
59.0kg契約3回戦 / 勝岡健(伊原稲城)VSウィラチャイ・チューワッタナ(タイ)
63.0kg契約3回戦 / 平野一誠(伊原稲城)VSセンデット・サシプラパ-(タイ)
ウェルター級3回戦 / 斗吾(伊原)VSナックル勇治(全栄会館)
フェザー級2回戦 / 小鳥(ホワイトタイガー)VS飯島一成(治政館) 
54.5kg契約2回戦 / 佐藤仁志(藤本)VSチャンジュ(小国)
エキジビションマッチ1分2R / 西岡伶英(伊原稲城)VS梶原武蔵(ストライカー)

---------------------------------------------------

(堀田  5.23 21:05)No15

LINEで送る

新日本キックボクシング協会 武田幸三引退記念興行 2010.5.16

  • 2010/05/16(日)

主催:治政館ジム
認定:新日本キックボクシング協会
開催日:2010年5月16日(日)
会場:後楽園ホール

武田幸三、エキシビジョンマッチで好ファイト。2度ダウン奪われる内容的完敗もパンチとローキックは健在。佐藤嘉洋相手に全力を尽くす。引退式はスポンサーさん、キック創始者・野口修氏、伊原信一代表、治政館ジム・長江国政会長が御挨拶と記念品贈呈でリングに上がるだけで必要以上にリングを埋め尽くすことなく簡素ながら、リングサイドには大勢の著名人が着席しており交友関係の広さが伺え、武田選手がリング周りを歩いて御挨拶。ファンが群がる中、より賑やかに歩かれました。私は内藤大助選手が居たのも気付かずシャッターを押していた次第で、元大関栃東氏、新極真会代表・緑健児氏、格闘家十数名(お名前把握出来ず)、他方面からもいらっしゃる来賓豪華な引退式でした。
宮本武勇志、引分けで初防衛。
期待の雄大は対日本人戦2連勝。


-------------------------------------




第10試合 武田幸三引退エキシビジョンマッチ1R
武田 幸三(治政館)VS佐藤 嘉洋(名古屋JKF)
------------------------------------
第9試合 日本ミドル級タイトルマッチ5回戦


チャンピオン/宮本 武勇志(治政館/72.3kg)VS同級1位/喜多村 誠(伊原/71.8kg)
引分け / 1-0
(レフェリー=サミー中村 / 石川 49-49. 椎名 49-48. 山根 48-48)
-------------------------------------
第8試合 60.0kg契約3回戦
日本フェザー級チャンピオン/蘇我 英樹(市原/60.0kg)VS日本フェザー級6位/内田 雅之(藤本/59.7kg)
引分け / 0-0
(レフェリー=杉江聡 / 石川 29-29. 椎名 29-29. 山根 29-29)
-------------------------------------
第7試合 68.0kg契約3回戦
日本ウェルター級チャンピオン/緑川 創(藤本/67.8kg)VSルンピニ-系Sライト級6位/サムランチャイ・96ピーナン(タイ/67.3kg)
勝者:サムランチャイ・96ピーナン   / 0-3
(レフェリー=山根正美 / 石川 29-30. 椎名 28-30. 杉江 28-30)
------------------------------------
第6試合 55.0kg契約3回戦 
日本バンタム級チャンピオン/木暮 智(ビクトリー/54.8kg)VS日本バンタム級4位/松下 隆義(トーエル/54.9kg)
勝者:木暮智 / 3-0
(レフェリー=椎名利一 / ナルンチョン 30-28. 杉江 30-29. 山根 30-29)
------------------------------------
第5試合 58.0kg契約3回戦
日本フェザー級7位/田中 義人(伊原/57.4kg)VS日本フェザー級2位/雄大(治政館/57.1kg)
勝者:雄大 / 0-2
(レフェリー=石川浩次 / 山根 30-30. 杉江 29-30. 椎名 29-30)
------------------------------------
第4試合 ヘビー級3回戦
中西裕一(チーム・ポーゴ/93.5kg)VS日本ヘビー級1位/國吉(治政館/96.5kg) 
勝者:國吉  / 0-3
(レフェリー=ナルンチョン・ギャットニワット / 中村 28-30. 杉江 28-30. 石川 27-29)
-----------------------------------  
他、2回戦(新人戦)3試合

(堀田 5.16 23:45 / 5.17 0:40. 11:30)No14

LINEで送る

キックボクシング情報!(FINAL 武田幸三 引退記念興行)

  • 2010/05/10(月)

武田幸三引退記念、治政館ジム興行
開催日:2010年5月16日(日)
会場:後楽園ホール


武田幸三が頭角を現して来た試合は1996年12月、寺田ヒロミ(市原)戦でしょうか。ローキックでKO勝利。ここで日本ウェルター級王座決定戦進出権を獲得し、翌年1月、ケイゾー松葉(目黒)をKOして日本ウェルター級チャンピオンの座に就く。寺岡義洋(目黒)、北沢勝(目黒)を下し、2度防衛。そして2001年1月、タイ国ラジャダムナンスタジアムのウェルター級王座に挑戦。チャラームダム・シットラットラガーンをKOし、日本人として3人目のムエタイ王座に就いた。防衛は成らず、翌年、スーパーウェルター級で再挑戦するもKOで敗れてムエタイ王座は遠のく。この頃までがピークだったように思います。その後、眼の疾患もあって危なっかしい試合が増えていった。それでもモチベーションは落ちず、「家族の為、ジムの為」と語ってくれたことを思い出します。あくまでも“キックボクサー”としてこの世代最強のイメージが残ります。引退試合はエキシビジョン1ラウンドマッチ。公式戦5回戦をやってほしい気がしますが、この1ラウンドに濃厚な真剣モードが加わっているような気がします。
--------------------------------------------
メインイベント 武田幸三引退エキシビジョンマッチ1R 
武田 幸三(治政館)VS佐藤 嘉洋(名古屋JKF)

日本ミドル級タイトルマッチ5R/チャンピオン・宮本武勇志(治政館)VS同級1位/喜多村 誠(伊原 )   
60.0kg契約3R/蘇我英樹(市原)VS内田雅之(藤本)
68.0kg契約3R/緑川創(藤本)VSサムランチャイ・96ピーナン(ルンピニー系Sライト級6位/タイ)
55.0kg契約3R/木暮智(ビクトリー)VS松下隆義(トーエル)
58.0kg契約3R/田中義人(伊原)VS雄大(治政館)
ヘビー級3R/中西裕一(チーム・ポーゴ)VS國吉(治政館)  
バンタム級2R/薄井将徳(八景)VS志朗(治政館)
フェザー級2R/古谷佑太郎(揚心)VS平井功剛(トーエル)  
フェザー級2R/KAZUYA(伊原)VS秀彪(横須賀太賀)

(堀田 5.10  21:35)No13




LINEで送る

キックボクシング(NJKF/熱風 零四)

  • 2010/05/09(日)

熱風 零四
2010年5月9日(日) 会場:後楽園ホール

今日も激しい打ち合いが多い試合でした。ヒジ打ちによる決着が5試合。一輝が逆転のダウンを奪っての判定勝ちや、米田貴志が心センチャイジムをストップに追い込んだ試合もキックボクシング5回戦ならではの好ファイトでした。
8月1日興行で引退試合予定の桜井洋平の対戦相手に羅紗陀が名乗り、受け入れられる模様。



(堀田 5.9. 23:50 / 5.10. 21:10 / 5.14. 21:30)No12
----------------------------------------------------------
60.0kg契約5回戦


WBCムエタイ日本スーパーフェザー級チャンピオン/羅紗陀(キング/59.8kg)VS山本 元気(DTS/59.6kg)
勝者:羅紗陀
TKO 3R 2:59 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れ山根正美レフェリーによるストップ
---------------------------------------------------------
NJKFスーパーウェルター級王座決定戦5回戦


1位/健太(E.S.G/69.5kg)VS2位/太陽 照明(インスパイヤード・モーション/69.8kg)
勝者:健太  /  第2代NJKFスーパーウェルター級チャンピオン
TKO 5R 1:01 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れ多賀谷敏郎レフェリーによるストップ
--------------------------------------------------------
NJKFウェルター級王座決定戦5回戦


2位/高橋 誠治(町田金子/66.2kg)VS3位/大和 侑也(大和/65.9kg)
勝者:大和侑也 / 第7代NJKFウェルター級チャンピオン
TKO 4R 0:45 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れ松田利彦レフェリーによるストップ
--------------------------------------------------------
57.5kg契約5回戦
WBCムエタイ日本Sバンタム級チャンピオン/国崇(拳之会/57.1kg)
. . VS
J-NETWORKフェザー級チャンピオン/佐藤 政人(フォルティス渋谷/57.0kg)
勝者:佐藤政人 / 0-3
(レフェリー・小林利典 / 山根 47-50. 多賀谷 46-50. 松田 46-50)
----------------------------------------------------------
NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝5回戦
WBCムエタイ日本フェザー級チャンピオン/心センチャイジム(センチャイ/56.6kg)VS米田 貴志(OGUNI/57.1kg)
勝者:米田貴志
KO 5R 0:34 / カウント中のタオル投入 (レフェリー・サミー中村)
--------------------------------------------------------
NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝5回戦
1位/中嶋 平八(誠至会/57.0kg)VS3位/蓮見 龍馬(y-park/57.0kg)
勝者:中嶋平八
TKO 3R終了 / ヒジ打ちカットによる棄権 (レフェリー・山根正美)
-------------------------------------------------------
NJKFライト級王座決定トーナメント準決勝5回戦
2位/海戸 淳(y-park/61.1kg)VS3位/一輝(OGUNI/61.2kg)
勝者:一輝 / 0-3
(レフェリー・多賀谷敏朗 / 小林 47-48. 中村 47-48. 山根 47-48)
------------------------------------------------------
他、3試合
 

LINEで送る