キックボクシング(MAGNUM 23)

  • 2010/07/27(火)

伊原ジム興行MAGNUM 23
認定:新日本キックボクシング協会
開催日:2010年7月25日(日)
会場:後楽園ホール

日本ウェルター級タイトルマッチの再戦は、チャンピオン緑川創が最終ラウンド残り30秒を切って左フックでダウンを奪って判定勝利。初防衛成る。互角の展開はまた判定でもめるのかと気掛かりだったが、王者の意地は今回も出た執念のノックダウン。
石井宏樹が左ヒジをアゴに受け、倒されてのノックアウト負け。初の失神敗戦と思われる。(失神というよりはダメージによる麻痺、起き上がろうとするも動けず)1Rは様子見ながらパンチとローキックで調子よく攻め、終了間際はラッシュして好調と窺えたが、ノーランカーとはいえ主要スタジアムで活躍する昇り調子の20歳は侮れなかった。2Rには逆に攻勢的だったパーカーオがヒジで仕留める。9月に予定されていた4度目のラジャダムナン王座挑戦は遠のいた。
宮本武勇志は王座獲得後2つの引分けの未勝利から脱出。攻め倦みはしたが、ラストラウンドで今野明を圧倒して判定勝利。
江幡睦も王座獲得後初試合をダウンを奪って充実の判定勝利。
(堀田 7.27 13:35. 17:20)No24

--------------------------------------------
第13試合 日本ウェルター級タイトルマッチ5回戦


チャンピオン/緑川 創(藤本/66.5kg)VS挑戦者1位/藤田 ゼン(横須賀太賀/66.1kg)
勝者:緑川創 / 3-0
(レフェリー・サミー中村 / 杉江 50-47. 三浦 50-48. 深瀬 50-48)
-------------------------------------------
第12試合 63.5kg契約3回戦 


ラジャダムナン系Sライト級4位/石井 宏樹(藤本/63.4kg)V Sパーカーオ・クランセーンマーハーサーラカーム(タイ/63.0kg)
勝者:パーカーオ・クランセーンマーハーサーラカーム
TKO 2R 2:48 / カウント中のレフェリーストップ  (レフェリー・深瀬広行)
------------------------------------------
第11試合 73.0kg契約3回戦
日本ミドル級チャンピオン/宮本 武勇志(治政館/72.5kg)VS日本ミドル級2位/今野 明(市原/72.5kg)
勝者:宮本 武勇志 / 3-0
(レフェリー・杉江聡 / 三浦 30-28. ナルンチョン 30-28. 深瀬 30-28)
-----------------------------------------
第10試合 52.0kg契約3回戦
日本フライ級チャンピオン/江幡 睦(伊原/52.0kg)VSフォンペート・チューワッタナ(タイ/51.4kg)
勝者:江幡睦 / 3-0
(レフェリー・三浦進吾 / 江刺家 30-27. 深瀬 30-27. 杉江 30-27)
----------------------------------------
第9試合 53.0kg契約3回戦
日本フライ級1位/越川 大樹(市原/52.7kg)VSデーダムロン・KBA(タイ/52.7kg)
勝者:デーダムロン / 0-3
(レフェリー・江刺家昇 / 深瀬 28-30. 杉江 29-30. 三浦 28-30)
---------------------------------------
第8試合 フェザー級3回戦
日本フェザー級4位/古河 たすく(トーエル/56.9kg)VS日本フェザー級10位/兼子 ただし(伊原/57.1kg)
勝者:兼子ただし / 0-2
(レフェリー=ナルンチョン・ギャットニワット/ 深瀬 29-29. 三浦 29-30. 江刺家 29-30)
--------------------------------------
第7試合 ライト級3回戦
日本ライト級3位/勝次(藤本/61.1kg)VS日本ライト級7位/湯澤 尚矢(伊原/61.0kg) 
勝者:湯沢尚矢 / 0-2
(レフェリー・杉江聡 / 三浦 28-29. 深瀬 28-28. ナルンチョン 28-29)
--------------------------------------
第6試合 ウェルター級3回戦
日本ウェルター級5位/斗吾(伊原/66.6kg)VS日本ウェルター級6位/後藤 貴司(トーエル/66.4kg)
勝者:斗吾 / TKO 3R 1:53 / カウント中のレフェリーストップ(レフェリー・深瀬広行)
-------------------------------------
第5試合 70.0kg契約3回戦
日本ミドル級3位/阿久澤 英一(山田/69.9kg)VS日本ウェルター級7位/隼侍(伊原稲城/69.9kg) 
引分け / 1-0
(レフェリー・杉江聡 / ナルンチョン 29-29. 三浦 30-29. 深瀬 30-30)
---------------------------------------
第4試合 ウェルター級3回戦
日本ウェルター級8位/佐々木 超一(伊原/66.2kg)VS 日本ライト級9位/竹若 佑輝(八景/66.5kg) 
勝者:竹若 佑輝 / 0-3
(レフェリー・三浦進吾 / 江刺家 29-30. 深瀬 29-30. 杉江 29-30)
--------------------------------------
フェザー級超えグローブハンデ戦2R.古谷佑太郎(揚心/56.8kg)VS KAZUYA(伊原/ウェイトオーバー) 
引分け / 3者3様 (20-20. 20-19. 18-20)
--------------------------------------
ミドル級2R.博通(治政館/72.3kg)VS 野井翔健(山田/72.4kg)
引分け / 0-1 (20-20. 19-19. 19-20)
--------------------------------------
フェザー級2R.春樹(横須賀太賀/57.1kg)VS 薄井将徳(八景/56.5kg)
勝者:春樹 / 3-0 (20-19. 20-19. 20-19)
-------------------------------------

LINEで送る

ムエタイ REBELS3

  • 2010/07/19(月)

REBELS3 7・19ディファ有明
 ▼5回戦
  WPMF日本バンタム級1位・藤原あらし(バンゲリングベイS)3回1分18秒KO WBCムエタイ日本同級王者・TOMONORI(OGUNI)
 ▼WPMF日本Sバンタム級王座決定戦 5回戦
  同級1位・梅野源治(PHOENIX)3−0 同級2位・裕・センチャイジム(センチャイ)
   ※50−48、50−48、50−47 
 ▼WPMF日本女子ミニフライ級王座決定戦 5回戦
  J−GIRLSアトム級王者・リトルタイガー(TEAM TIGER)1−1ドロー 渡辺久江(BLUE DOG)
   ※49−49、50−49、48−49

 メインは過去、何度か企画されながらも実現せず、ようやく決定した試合。しかし両者の先輩、ソムチャーイ高津が、TOMONORIの勝率を「10%」とした一戦でした。そして、実際に藤原の圧勝でした。1回に1度、2回に2度、3回に1度、全てヒジで倒してレフェリーがストップしました。
 セミ梅野は優勢に進めながらも倒しきれず泣きながら勝利コールを聞きました。ちなみにアンダーで行なわれた寒川直喜の試合は、ベッカーセームがヒジカットでストップ、初回TKO勝ち。(ハイセー)


 REBELS第3回興行の5回戦は上記のとおり。ほか3回戦で、寒川直喜×ベッカーセーム・ユタギ、シノ・KRSジム×白神武夫など全13試合が行なわれます。(ハイセー)

LINEで送る

NJKF・センチャイジム興行(MuayThaiOpen12)

  • 2010/07/12(月)

MuayThaiOpen12
主催:センチャイムエタイジム
認定:ニュージャパンキックボクシング連盟 / WPMF
会場:ディファ有明 / 開催日 2010.7.11(日)

心センチャイジム、アヌワットの右ストレートで壮絶に散る。危ない倒れ方でした。眼を開いたまま頭から崩れ落ち、レフェリーが止める。幸い回復して立ち上がって周囲に挨拶しましたが、意識はあっても記憶がない状態だったかもしれません。1ラウンドから心センチャイはアヌワットのヒジ打ちで額をカットされ流血状態。3ラウンドには再びヒジ打ちで傷を悪化。蹴りの少ない試合展開、パンチの打ち合いでは心センチャイが優勢にも見えたが、アヌワットの重いパンチは狙いを定めていたように右ストレートをヒットさせた。アヌワットは王座防衛。
新日本キック、元・日本フェザー級チャンピオン、藤本ジムの大野信一朗は43歳の身体で若々しい動き。元ラジャダムナン・バンタム級王者と引分ける。
プロモーターのセンチャイ・トーンクライセーン氏と愛娘のリカ・トーンクライセーンのワイクルーの披露は美しい舞いでした。センチャイ氏は26年ぶりのワイクルーということでした。

8月1日のニュージャパンキックボクシング連盟興行は桜井洋平選手の引退試合と引退式が予定されています。対戦相手はWBCムエタイ日本スーパーフェザー級チャンピオンの羅紗蛇(キング)です。
(堀田 7.12 1:10 / 7.13 0:15)No23

-------------------------------------
第14試合 WPMF世界フェザー級タイトルマッチ5回戦


チャンピオン/アヌワット・ゲオサムリット(タイ/57.1kg)VS同級3位/心・センチャイジム(センチャイ/57.0kg)
勝者:アヌワット・ゲオサムリット
TKO 5R 0:33 / 右ストレート、カウント中のレフェリーストップ
-------------------------------------
第13試合 60.0kg契約5回戦セーンアティット・サシプラパー(タイ/58.7kg)VS大野 信一朗(藤本/59.8kg)
引分け / 0-1
(レフェリー・多賀谷敏朗 / 椎名 49-49. 中村 49-50. 松田 49-49)
-------------------------------------
第12試合 61.5kg契約5回戦
デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/60.3kg)VS宇都宮 城(u,f,c/61.3kg)
勝者:デンサイアム・ルークプラバーツ
TKO 4R 2:49 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
-------------------------------------
第11試合 55.0kg契約3回戦
デーダムロン・KBA(立川KBA/54.8kg)VS日本バンタム級8位/王子(横須賀太賀/54.6kg)
勝者:デーダムロン / 3-0
(レフェリー・椎名利一 / 多賀谷 30-28. 松田 30-28. 山根 30-28)
-------------------------------------
第10試合 75.0kg契約3回戦 
ヌンポントーン・バンコクストア(タイ/73.3kg)VS入月 健一(SVG74.8kg)
勝者:入月健一 / 0-3
(レフェリー・サミー中村 / 多賀谷 28-29. 松田 28-30. 椎名 28-29)
------------------------------------
他、9試合(3回戦)

LINEで送る

ムエタイマラソンの島一生選手!

  • 2010/07/04(日)

島選手がセーンチャイ相手に壮絶に散った写真が日刊ムエサヤームに掲載されていました。
(イングラムジムブログより引用)

7月2日にタイ国ナコンパトム県で行われたムエタイマラソンワンデートーナメントで、島一生選手は準決勝でセーンチャイと当たり、左ストレートでストップされ2R・TKO負け。優勝は予想どおりセーンチャイ・ソー・キングスター。島選手は初戦でドイツ人選手に判定勝ちしたものの鼻部分を5針縫う裂傷。縫合して準決勝進出と、「タイっていいかげん」と言われても仕方ない展開。ドクターもプロモーターもテレビ局も試合を潰したくない暗黙の了解でもあるのか、ずさんな部分が見え隠れするワンデートーナメントのようでした。
タイは1999年からボクシング法が施行され制度が確立し、日本から見れば羨ましい環境で運営されていますが、未だ「いいかげん」と言われる部分も多いのも事実のようですね。
島一生選手はセーンチャイにも切られた2箇所の負傷を含め(各5針、計15針)、しばらくは療養に入るようです。それでも試合の要請が多いようで、また新たな挑戦に期待したいところです。
(堀田  12:45)No22
-----------------------------------------------------------

LINEで送る

キックボクシング情報(NJKF・MuayThaiOpen12/新日本キック・MAGNUM23)

  • 2010/07/01(木)

MuayThaiOpen12
主催:センチャイムエタイジム Muay Thai Open12
認定:ニュージャパンキックボクシング連盟(熱風 零六)
開催日:2010年7月11日(日)
会場:ディファ有明 / 開場15:00 開始15:30(予定)

MuayThaiOpenも12回目を迎えます。今回は新宿フェースを離れ、ディファ有明でのビッグマッチ興行になります。さらにはいずれ大会場も視野に入れていることでしょう。ワイクルーあり、戦闘音楽あり、タイトルどおり、キックボクシングと言うよりムエタイ色が強くなります。今回はムエタイの世界戦ですが、WPMFはタイ国ムエスポーツ協会(プロムエタイ協会)管轄下の唯一の世界機構となります。心センチャイは5月に米田貴志(OGUNI)に敗れており、賛否両論ある挑戦ではありますが、昨年の日本王座トーナメント戦からカマセ相手ではない強い相手が続く試合でした。NJKFの看板的、心センチャイとしては、2005年に小野寺力を倒した、ムエタイ4階級制覇でKO率の高いアヌワットとの対戦は興味を引きます。日本vsタイの国際戦は5vs5、タイ選手は元タイランカー揃いです。日本勢も新日本キックから王子が出場。


予定カード-----------------------------------
第14試合 WPMF世界フェザー級タイトルマッチ5回戦
チャンピオン/アヌワット・ゲオサムリット(タイ)VS同級3位/心センチャイジム(WBC・M日本フェザー級C/センチャイ)
-----------------------------------
第13試合 60.0kg契約5回戦
セーンアティット・サシプラパー(元・ラジャダムナン系バンタム級C/タイ)VS大野 信一朗(元・日本フェザー級C/藤本)
-----------------------------------
第12試合 55.0kg契約3回戦
デンサイアム・ルークプラバーツ(元・ルンピニー系バンタム級C/タイ)VS宇都宮 城(u.f.c)
-----------------------------------
第11試合 55.0kg契約3回戦
デ-ダムロン・KBA(元・ルンピニー系MF級・LF級C/タイ)VS日本バンタム級8位/王子(横須賀太賀)
-----------------------------------
10/75.0kg契約3R/ヌンポントーン・バンコクストア(タイ)VS入月健一(S.V.G)
-----------------------------------
9/70.0kg契約3R/NJKF・Sウェルター級3位/太陽 照明(インスパイヤードM)VS山崎 陽一(シルバーウルフ)
-----------------------------------
8/Sフェザー級3R/NJKFフェザー級6位/勇鷹(インスパイヤードM)VS.NJKF・Sフェザー級10位/KEI(E.S.G)
-----------------------------------
7/55.0kg契約3R/NJKFバンタム級8位/凱センチャイジム(センチャイ)VS.NJKFバンタム級7位/星雄晴(町田金子)
-----------------------------------
6/ウェルター級3R/カズ宮澤(PIT)VS.GORI(菅原)
-----------------------------------
5/スーパーライト級3R/NJKF.Sライト級7位/宮島教晋(誠至会)VSマリモー(キング)
-----------------------------------
4/ライト級3R/NJKFライト級14位/凌太(OGUNI)VS.NJKFライト級9位/浅瀬石真司(町田金子)
-----------------------------------
3/スーパーフェザー級3R/田辺睦翔(はまっこムエタイ)VSアッキー(町田金子)
-----------------------------------
2/スーパーウェルター級3R/木村将司(はまっこムエタイ)VS.YETI達朗(キング)
-----------------------------------
1/ライト級3R/潤センチャイジム(センチャイ)VS浅野タクミノカミ(誠至会)

---------------------------------------------
---------------------------------------------
MAGNUM-23 

主催:伊原プロモーション
認定:新日本キックボクシング協会
開催日:2010年7月25日(日)
会場:後楽園ホール / 開場 17:00 / 開始 17:30

3月に無効試合となった日本ウェルター級タイトルマッチの再戦です。前回、緑川が倒れた藤田にヒザを落とさなければ、それ以前に飛び膝蹴りでのカット裁定で勝っていたであろう悔やまれる試合であった。結果的に勝敗は下せるはずが、無効試合になったことが残念な結果なのです。タイトルは預かりとされた発表も、チャンピオン緑川創、初防衛戦として藤田ゼンと再試合となります。
石井宏樹は、まだまだ諦めない気持ちでラジャダムナン王座へ向けての再スタート。

予定カード(契約ウェイトは未定)-----------
第13試合 メインイベント 日本ウェルター級タイトルマッチ5回戦
日本ウェルター級チャンピオン/緑川 創(藤本)VS日本ウェルター級1位/藤田ゼン(横須賀大賀)
-------------------------------------------------
第12試合 セミファイナル スーパーライト級3回戦 
ラジャダムナン系スーパーライト級4位/石井 宏樹(藤本)VSペットサヤーム・ルーククローンジャン(タイ)
-------------------------------------------------
第11試合 ミドル級リミット超え3回戦
日本ミドル級チャンピオン/宮本 武勇志(治政館)VS ゲンカート・チューワタナ(タイ)
-------------------------------------------------
第10試合 フライ級リミット超え3回戦
日本フライ級チャンピオン/江幡 睦(伊原土浦)VSフォンペット・チューワッタナ(タイ)
-------------------------------------------------
9.フライ級3R/日本フライ級1位/越川大樹(市原)VS日本フライ級2位/レオン・ケイスケ(誠真)
-------------------------------------------------
8.フェザー級3R/日本フェザー級4位/古河たすく(トーエル)VS日本フェザー級10位/兼子ただし(伊原)
-------------------------------------------------
7.ライト級3R/日本ライト級3位/勝次(藤本)VS日本ライト級7位/湯澤尚矢(伊原) 
-------------------------------------------------
6.ウェルター級3R/日本ウェルター級5位/斗吾(伊原)VS日本ウェルター級6位/後藤貴司(トーエル)
-------------------------------------------------
5.ミドル級3R/日本ミドル級3位/阿久澤英一(山田)VS日本ウェルター級7位/隼侍(伊原稲城) 
-------------------------------------------------
4.ウェルター級3R/日本ウェルター級8位/佐々木 超一(伊原)VS日本ライト級9位/竹若 佑輝(八景) 
-------------------------------------------------
他、2回戦(新人戦)3試合
古谷佑太郎(揚心)VS.KAZUYA(伊原) 
博通(冶政館)VS 野井翔健(山田)
春樹(横須賀大賀)VS(未定)

------------------------------------------------
(堀田 7.1  22:00)No21


LINEで送る