春樹のひとりごと!No10(想い出の名リングアナ、柳亭金車さん)

  • 2010/12/30(木)


10月に書きました富山勝治引退興行の記事で、その興行を担当したリングアナウンサー、柳亭金車師匠についてもちょっと触れましたが、後日、金車師匠から手紙が届きました。古き良き時代を思い出す感激の様子で、こちらも意外な人からのお手紙で感激致しました。
前の記事で金車氏を取り上げたのは、キックボクシングの創生期にインパクトあるコールをしていたことが印象的で、分裂を繰り返してきたキック界では先輩から引き継ぐ教えがないまま各団体で新規リングアナウンサーがデビューしてきました。あの時代が継承されないままだったことから何かで引き出したい思いでしたので、今回は主役で登場です。
金車師匠は1964年6月、 五代目・柳家小さんに入門し、前座時代は柳家小丸として務め、1968年5月、二つ目昇進後、兄弟子の柳家かえる(現・鈴々舎馬風)師匠に抜擢され、隆盛期の日本キックボクシング協会系で馬風師匠とともにリングアナウンサーを務め、1978年3月、 真打昇進し柳亭金車を襲名。1984年、一部キック組織統合により日本系が活動休止に入った後は、アジア太平洋キック連盟で務められることが多かったようです。1995年の飛鳥信也引退興行と1996年に日本キックボクシング協会が復興した興行ではメインリングアナウンサーを務め、以前と同様、力強いコールをしてくださいましたが、その後、日本系列、現在の新日本キックにも登場することはなく、古きファンとしては残念な想いがありました。金車師匠のコールはマイク無しでもよく通る声で、個性ある独特のリズムとイントネーションは選手と観衆への試合前のボルテージを最高潮に引き上げる力強さがありました。現役時代の伊原信一氏をコールしたこともある金車師匠です。1974年からは日本ハムファイターズの私設応援団長としても活躍しています。(2004年より終身名誉私設応援団長)
金車師匠は沢村忠全盛期を一緒に全国の興行を廻られたことは落語家としても幸運だったと語っておられました。2週に1度の後楽園ホールでのテレビ収録の他は地方興行が多かった時代でした。幾度か後楽園ホールでのお仕事を遠くから眺めていたある日、金車師匠は選手ひとりひとりの呼び名を尋ねに控室を廻っていたのを見たことがあります。コミッションの管理組織のないキックでは主催者側だけでは行き届かず、読み間違えてはならない責任感から自分の足で確実に聞いて廻る姿は、間違った呼び名で選手と観客に拍子抜けさせないプロ意識を感じたものでした。
現在は千葉(センバ)ジムが主体となる日本プロキックボクシング連盟で年に4度ほどの興行でリングアナウンサーを務めておられるようです。息が長いという点ではプロボクシング往年の酒井忠泰リングアナより長いのではと思われます。時代の波に押され消え去ったベテランも多い中、まだ頑張って居られたことは幸いでした。まだまだ聴きたい金車さんのコールです。
落語は古典ものを中心とし、出囃子は長唄の「鴨亀」だそうです。金車さんの落語は一度も聴きに行ったことがなく、詳細を書けないのは申し訳ありません。

まだまだ気になるリングアナウンサー編はまた来年紹介致します。(ね、冨樫さん!)
今年も激動多い中、大変お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。
(堀田 14:10)No51




LINEで送る

キックボクシング(REBELS.5)

  • 2010/12/19(日)

REBELS.5(2010.12.19)
主催:REBELSプロモーション
認定:WPMF日本支局 / 会場:新宿フェース

WPMF日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント準決勝は、本日の勝者・梅原タカユキと勝者扱いの炎出丸に加え、シードされている清水雄介と裕センチャイジムの4選手がリング上で抽選の結果、来春1月23日、ディファ有明でのREBELS.6興行にて、炎出丸vs清水雄介、梅原タカユキvs裕センチャイジムと決定しました。決勝は3月の予定です。
日本タイトルというのは最終的には国が認める段階に来た時が本物ということになるでしょう。永遠に来ない可能性が高いのですが、それでも乱立する中でも『我らのタイトルは最高級』を目指して欲しいものです。自分らの都合のいいルールを作らないように。
主要結果5試合。
(堀田 23:55 / 12.20 22:20 / 12.21 13:20)No50
----------------------------------
第10試合 ウェルター級5回戦
WPMF日本ウェルター級5位/藤倉 悠作(ASSHI-P/66.6kg)vs同級8位/島 一生(TARGET/66.5kg)
引分け / 1-0 (主審 和田良覚 / 副審 石川 49-49. 松田 50-48. 椎名 49-49)
----------------------------------
WPMF日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント準々決勝5回戦2試合
第9試合 同級6位/炎出丸(C吉祥寺55.3kg)vs同級7位/出貝 泰佑(バンゲリングベイS/55.3kg)
引分け / 1-0 (主審 石川浩次 / 副審 和田 48-48. 松田 48-47. 椎名 48-48)
(優勢支持 / 和田=炎出丸、松田=炎出丸、椎名=出貝) 炎出丸が準決勝進出
- - - - -
第8試合 同級5位/梅原タカユキ(TARGET/55.2kg)vs同級9位/キムギフン(バンゲリングベイS/55.2kg)
勝者:梅原タカユキ / 2-0 (主審 松田利彦 / 和田 49-47. 石川 48-48. 椎名 49-47)

----------------------------------
第7試合 女子48.0kg契約3回戦(2分制)
飯田なお(新宿レフティー/48.0kg)vs YUKI(フォルティス渋谷/47.2kg)
勝者:飯田なお / 3-0 (30-27. 30-27. 30-27)
---------------------------------
第6試合 ライト級3回戦 
WPMF日本ライト級6位/塚原 光斗(C古河/61.0kg)vs 同級7位/KATO-A.K.G(A-BLAZE・K/60.9kg)
勝者:塚原 光斗 / TKO 3R 1:28 / カウント中のレフェリーストップ / (主審 石川浩次)
-------------------------------
他、3回戦5試合


LINEで送る

キックボクシング(SOUL IN THE RING 次

  • 2010/12/18(土)

SOUL IN THE RING 8
主催:藤本ジム / 認定:新日本キックボクシング協会
2010年12月18日(土) / 会場:後楽園ホール

メインイベントの松本哉朗は、いつもの激しいラッシュで篤志を圧倒。最後はヒザ蹴りで仕留めた。今回も希望のヒジ打ち有り5回戦は成らず。ヘビー級では対戦相手も見付かり難く、ヒジ打ち無しでも受けざるを得ない状況という。
セミファイナルの緑川創も文字通りのキックボクシングの試合をやった感じでした。パンチで両者引かないスリリングな攻防に場内が沸き、蹴りはパンチとヒジに繋ぐ補助的なものでした。といっても選手らはそんなつもりはないでしょうが、こちらはヒジ打ち有り5回戦で元ムエタイ王者をヒジで血だるまにして下しました。
江幡塁はベニー・ユキヒデを破り、日本バンタム級チャンピオン、木暮智(ビクトリー)への
挑戦権を獲得しました。来年の3月興行で実現すると思われます。今日のこの試合は5回戦でやってほしかった思いもあります。この意味はまたいずれ触れます。
来年4月の市原興行で蘇我英樹(市原)が東洋スーパーフェザー級王座決定戦に挑みます。
この東洋とはキックの老舗・野口修氏が昭和42年に設立した東洋キックボクシング連盟の復興になります。昨年、WKBAと共に野口代表が伊原信一氏に代表任命されたとおりですが、キックの原点に返って老舗タイトルの見直し、組織のあり方を充実させていくということです。
かつての東洋チャンピオンといえば、沢村忠、藤本勲、斉藤元助、西川純、富山勝治、稲毛忠治、松本聖など実力ある充実した名王者達でした。それが受け入れられた時代でもありました。今の時代は、「何の為の東洋王座か」と批判を受ける状況にもあるかもしれません。ここ2〜3年の間にも他組織で新設された国内タイトルが幾つかあります。それぞれが批判を受けつつも、今後の実績で価値を上げるしかない現状であると思います。東洋王座もかつての名王者の価値を落とさない実績を引き継いでもらいたいものです。

(堀田 23:45 / 12.19 13:50)No49
-----------------------------------
第13試合 ヘビー級3回戦

日本ヘビー級チャンピオン/松本 哉朗(藤本/93.5kg)VS篤志(池袋 BLUE DOG /96.7kg)
勝者:松本哉朗
KO 1R 3:09 / テンカウント / ヒザ蹴りによるKO / (主審 江刺家 昇 )
----------------------------------
第12試合 68.5kg契約5回戦
日本W級チャンピオン/緑川 創(藤本/68.3kg)VSソーンラム・ソ-・ウドムソン(元ラジャダムナン・L級C/タイ/67.3kg)
勝者:緑川創 / TKO 3R終了 / ヒジ打ちによる負傷 / (主審 三浦進吾)
---------------------------------
第11試合 日本バンタム級王座次期挑戦者決定戦3回戦
日本バンタム級2位/江幡 塁(伊原/53.2kg)VS日本バンタム級5位/ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー/53.4kg)
勝者:江幡塁 / KO 2R 1:09 / カウント中のタオル投入による棄権 / (主審 サミー中村 )
--------------------------------
第10試合 62.0kg契約3回戦
日本ライト級3位/石井 達也(藤本/61.9kg)VS 日本ライト級6位/平野 一誠(伊原稲城/62.0kg)
勝者:石井達也  / 3-0
(主審 秋谷益朗 / 副審 江刺家 30-29. 三浦 30-28. 中村 30-29)
-------------------------------
第9試合 ヘビー級3回戦
日本ヘビー級3位/嚴 士鎔(伊原/97.2kg)VS バル・ハーン(チーム新日本/125.0kg)
勝者:嚴士鎔 / KO 3R 2:53 / テンカウント (主審 山根正美)
-------------------------------
第8試合 62.0kg契約3回戦
日本ライト級5位/勝次(藤本/62.0kg)VSトース・ナ・ノンタチャイ(タイ/61.3kg)
勝者:勝次 / KO 3R 1:06 / 右フック、テンカウント (主審 サミー中村 )
------------------------------
第7試合 59.0kg契約3回戦
日本フェザー級5位/古河 たすく(トーエル/58.5kg)VS日本フェザー級6位/内田 雅之(藤本/58.8kg)
勝者:内田雅之 / 0-3 (主審 江刺家昇 / 副審 秋谷 28-30. 山根 28-30. 中村 27-30)
-----------------------------
第6試合 ウェルター級3回戦
日本ウェルター級5位/隼侍(伊原稲城/66.6kg)VSロッキー壮大(治政館/66.0kg)
勝者:ロッキー壮大 / KO 2R 1:05 /  3ノックダウン (主審 三浦進吾 )
----------------------------
第5試合 ライト級3回戦
日本ライト級4位/湯澤 尚矢(伊原/61.1kg)VS日本ライト級10位/ジョニー・オリベイラ(トーエル/61.2kg) 
勝者:湯澤尚矢 / 3-0 (主審 秋谷益朗 / 中村 30-29. 山根 30-29. 三浦 29-28)
---------------------------
他、新人戦4試合

LINEで送る

キックボクシング(真っ向シリーズ ファイナル)

  • 2010/12/11(土)

NKB日本キックボクシング連盟主催興行「真っ向シリーズ ファイナル」
2010年12月11日(土)会場:後楽園ホール

富原誠(神武館)の返上で空位となったNKBフェザー級王座を滑飛タイジと谷真臣が争い、両者、顔が傷だらけの攻防となりました。結果、ヒジで切られた滑飛の負傷が悪化し、谷真臣が勝利し、第10代NKBフェザー級チャンピオンとなりました。

NKBは日本キックボクシング連盟、アジア太平洋キック連盟、K-Uの3団体で活動するグループです。当初はニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)を含めた4団体で2001年に結成でしたが、2004年にNJKFは脱退しています。統一団体ではありませんが、NKBグループとして王座を認定、原点から軸のぶれない5回戦ヒジ打ちありルールに誇りを持って活動しています。来年は「2011逆転シリーズ」となるそうです。
(堀田 23:50 / 12.12 1:15)No48
------------------------------------------
NKBフェザー級王座決定戦5回戦
1位/滑飛 タイジ(テツ/57.1kg)vs3位/谷 真臣(大阪真門/57.0kg)
勝者:谷真臣
TKO 3R 0:49 / ヒジによるカット、ドクターの勧告を受け入れ、レフェリーストップ(主審 前田仁)
-----------------------------------------
62.0kg契約5回戦
NKBライト級チャンピオン/武勇 晃(テツ/61.4kg)vsNKBライト級8位/大作(SQUARE-UP/61.9kg)
勝者:武勇晃 / 3-0 (主審 加賀美淳 / 副審 川上 50-44. 君塚 50-46. 前田 50-45)
----------------------------------------
フェザー級5回戦
NKB.Fe級5位/佐藤祐平(TEAM-KOK/57.0kg)vs同級8位/夜魔神(SQUARE-UP/57.1kg)
勝者:佐藤祐平 / 3-0 (主審 ウルフ村山 / 副審 君塚 50-48. 加賀美 50-48. 前田 50-49)
---------------------------------------
ウェルター級5回戦
NKBウェルター級10位/Yoshitomi(姉崎65.8/kg)vsヒノ拳(Dropout/66.5kg)
勝者:Yoshitomi / 3-0 (主審 川上伸 / 副審 加賀美 50-45. 前田 50-47. 村山 50-45)
--------------------------------------

他、3回戦(新人戦)8試合


LINEで送る

キックボクシング(MuayThaiOpen14)

  • 2010/12/06(月)

Muay Thai Open14
主催:センチャイムエタイジム / 2010年12月5日(日)新宿フェース
認定:ニュージャパンキックボクシング連盟

出場した3人のセンチャイジム選手は1勝2敗で、裕センチャイが接戦ながらドーンチョンレックを下し、メインイベントを飾りました。ムエタイオープンは来年も4度、新宿フェースでの興行を予定しています。初回は3月13日(日)です。他会場でのビッグマッチも計画しています。
在日タイ人プロモーターが主催する興行も増えたものです。センチャイ氏、ウィラサクレック氏、ユタポン氏等、来年もムエタイ色が占める割合が大きくなりそうな気配です。
(堀田  12.6 23:00 / 12.7 19:55)No47
--------------------
第15試合 メインイベント 56.0kg契約5回戦

ドーンチョンレック・PKP.スポート(タイ/55.4kg)VS.NJKF.Sバンタム級3位/裕センチャイジム(センチャイ/55.5kg)
勝者:裕センチャイジム / 0-2 (主審 松田利彦 / 副審 椎名 48-48. 中村 48-49. 大澤 48-49)
--------------------
第14試合 スーパーウェルター級5回戦

NJKFミドル級10位/影センチャイジム(センチャイ/69.1kg)VS山崎 陽一(シルバーウルフ/69.5kg)
勝者:山崎陽一 / 0-3 (主審 小林利典 / 副審 松田 49-44. 中村 49-44. 大澤 49-44)
--------------------
第13試合 62.0kg契約5回戦
J-NETWORK.Sライト級6位/宇都宮 城(u.f.c/61.8kg)VS.WPMF日本Sライト級9位/翔太(SVG/61.8kg)
勝者:翔太 / TKO 4R 2:59 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
主審 椎名利一
-------------------
第12試合 フェザー級3回戦
NJKF.Fe級4位/蓮見龍馬(y-park/56.8kg)VS.J-NETWORK.B級1位/牧裕三(アクティブJ/56.8kg)
勝者:牧 裕三 / TKO 1R 0:55 / ヒザ蹴りによるカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
主審 サミー中村
------------------
第11試合 62.0kg契約3回戦
NJKF.SL級5位/獅センチャイジム(センチャイ/62.0kg)VS.NJKF.L級9位/平野将志(インスパイヤードM/61.8kg)
勝者:平野 将志 / TKO 1R 1:54 / カウント中のレフェリーストップ (主審 大澤武史)
------------------
第10試合 70.0kg契約3回戦
MA日本ミドル級5位/Arthur雅仁(習志野/69.7kg)VS.MIKOTO(アイアンアックス/69.6kg)
勝者:Arthur雅仁 / 2-0(主審 松田利彦 / 副審 中村 29-29. 大澤 30-29. 椎名 30-29)
------------------
第9試合 スーパーバンタム級3回戦
NJKF.Sバンタム級4位/新人(ESG/55.2kg) VS.NJKFバンタム級8位/星 雄晴(東京町田金子/54.8kg)
勝者:新人 / TKO 3R 0:49 / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受け入れレフェリーストップ
主審 小林利典
------------------
第8試合 59.5kg契約3回戦
NJKF.Sフェザー級5位/鈴木 翔也(OGUNI/59.5kg)VS.NJKF.Sフェザー級9位/KEI(ESG/59.2kg)
勝者:KEI / 1-2 (主審 椎名利一 / 副審 小林 28-29. 大澤 27-29. 松田 29-28)
------------------
第7試合 ライト級3回戦
NJKFライト級11位/凌太(OGUNI/60.9kg)VS.高橋 幸光(はまっこムエタイ/61.2kg)
勝者:.高橋 幸光 / 0-3(主審 サミー中村 / 副審 小林 29-30. 椎名 28-29. 松田 28-29)
------------------
他、3回戦6試合

LINEで送る