REBELS10 ショータイム日本王座新設

  • 2011/12/31(土)

1・22ディファ有明「REBELS.10」
 ▼STJ95キロ級王座決定戦 5回戦
  コウイチ・ペタス(バンゲリングベイS)× 松本哉朗(藤本)
 ▼STJ70キロ級王座決定戦 5回戦
  中島弘貴(バンゲリングベイS)× ダニロ・ザノリニ(志村道場)
 ▼WPMF日本女子アトム級タイトルマッチ 5回戦
  王者・Little Tiger(F.TEAM TIGER)× 飯田なお(新宿レフティー)
 ▼WPMF日本ミドル級王座決定戦 5回戦
  同級2位・銀次郎(SOI)× 同級4位・三沢晃治(クロスポイント吉祥寺)
 ▼5回戦
  藤原あらし(バンゲリングベイS)× バンデーン・エスジム(タイ)

 当初、WPMF日本ミドル級の防衛戦が組まれていた王者・小又大貴(エス)は負傷のため欠場、王座を返上しました。そこで挑戦予定だった三沢が王座決定戦に出ます。相手の銀次郎は、新日本キックの宇都宮尾田ジムからデビューしたハードパンチャーです。(ハイセー)

----------------------------------------------------

 IT’S SHOWTIME JAPANの発進で2つの王座決定戦がメイン。ショータイムルールが導入されることで、王座とランキングを認定していくとのことですが、これはタイトル飽和状態のキック界なので「また新設か」の印象が拭えません。ただ、カード自体は好マッチメイク。新日本キックの松本がムエタイ王者コウイチと。過去、日菜太にKO勝ちしたことがある中島は、HEAT王者と対戦します。(ハイセー)



 1月の王座決定戦で初代王者となったリトル・タイガー(写真左)の初防衛戦は昨年プロデビューから5勝(1KO)1敗の飯田(写真右)。同じく昨年12月の王座決定戦で我龍真吾に勝ってベルトを巻いた小又も初防衛戦、5勝(4KO)2分の無敗ホープの挑戦を受けます。小又は前回11月にノーランカー丸山準一にTKO負けでチャンピオンなのに再起戦です。


 ちなみに来年のREBELSは、年間興行日程が出ています。

1月22日(日)「REBELS.10」(ディファ有明)
4月15日(日)「REBELS.11」(ディファ有明)
7月29日(日 「REBELS.12」(ディファ有明)
10月28日(日)「REBELS.13」(ディファ有明)

LINEで送る

1月のキックボクシング、2興行予定!

  • 2011/12/25(日)

BRAVE HEARTS18
主催:治政館ジム / 開催日:2012年1月15日(日)  開場16:45  開始17:00
認定:新日本キックボクシング協会 / 会場:後楽園ホール

昨年7月に谷山ジム興行で駿太にダウン奪いながら僅差で敗れている蘇我英樹が治政館ジム興行で再戦。蘇我の試合はいつも激戦になるので、因縁試合ともあって見応えあるでしょうね。2011年度・日本プロスポーツ大賞キックボクシング部門新人賞を獲得した江幡塁は韓国王者を迎えての試合。引退した雄大の弟、今年デビューの翔栄はベテランのジョニー・オリベイラと対戦。スター的新鋭が揃っている新日本キックですが、どう活かすかが来年の課題でしょう。
-------
東洋スーパーフェザー級チャンピオン.蘇我 英樹(市原)vs.WMAF世界フェザー級チャンピオン.駿太(谷山)
日本ウェルター級チャンピオン.緑川 創(藤本)vsタイ北部ウェルター級チャンピオン.シリポン・ルークプラバーツ(タイ)
日本バンタム級チャンピオン.江幡 塁(伊原)vs韓国格闘技連盟バンタム級チャンピオン.金サンジェ(韓国)
宮本 武勇志(治政館)vs金ヒュンソ(韓国)
日本バンタム級3位.志郎(治政館)vs日本バンタム級4位.古岡 大八(藤本)
日本ヘビー級3位.嚴 士鎔(伊原)vs.WPMF日本クルーザー級3位.菊池 圭治(はまっこムエタイ)
荻野 兼嗣(ビクトリー)vs黄桓(中国)
日本ライト級10位.ジョニー・オリベイラ(トーエル)vs翔栄(治政館)

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
REBELS.10
主催:REBELSプロモーション /日時:2012年1月22日(日)  開場12:30 開始13:00 
認定:WPMF日本支局、JMD、 STJ / 会場:ディファ有明
(情報提供:大島健太
---
IT'S SHOWTIME JAPAN. 95kg級王座決定戦 5回戦 
WPMF日本ヘビー級チャンピオン.コウイチ・ペタス(バンゲリングベイS)vs日本ヘビー級チャンピオン.松本哉朗(藤本)
-
IT'S SHOWTIME JAPAN.70kg級王座決定戦 5回戦 
中島弘貴(バンゲリングベイS)vsダニロ・ザノリニ(ブラジル)
-
IT'S SHOWTIME JAPAN.3回戦 
WPMF日本バンタム級王者.闘魔(新宿レフティー)vs WPMF日本Sバンタム級8位.出貝泰佑(バンゲリングベイS)
-
IT’S SHOWTIME JAPAN.3回戦/亮次(エイワスポーツ)vs宝山力(新宿スポーツ)
-
WPMF日本女子アトム級タイトルマッチ 5回戦(2分制) 
チャンピオン.Little Tiger(F.TEAM TIGER)vs挑戦者.飯田なお(新宿レフティー)
-
WPMF日本ミドル級タイトルマッチ 5回戦 
チャンピオン.小又 大貴(エス)vs同級3位.三沢 晃治(クロスポイント吉祥寺)
-
REBELS 53.0kg契約 5回戦 
WPMF日本スーパーフライ級1位.藤原 あらし(バンゲリングベイS)vsバンデーン・エスジム(タイ)
-
WPMF日本ライト級王座決定トーナメント準決勝戦 5回戦2試合 
2位.水落 洋祐(はまっこムエタイ)vs7位.ハチマキ(PHOENIX)
3位.遠藤 信玄(スクランブル渋谷)vs黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級C)
-
スーパーバンタム級 5回戦 
WPMF日本Sバンタム級4位.鷹大(ウィラサクレックF)vs同級6位.炎出丸(クロスポイント吉祥寺)
-
60.0kg契約 5回戦 
WPMF日本Sフェザー級6位.末廣 智明(大道塾吉祥寺)vs稲葉 竜太(team OJ)
------
スーパーライト級3回戦/WPMF日本Sライト級6位.NIIZUMAX(クロスポイント吉祥寺)vsJYO(大誠塾)
スーパーバンタム級3回戦/吉野 幸喜(湘南格闘クラブ)vsキョウヘイ・ゴールドライフ(ゴールドライフ)
フライ級3回戦/小笠原 瑛作(クロスポイント吉祥寺)vs矢島 直弥(はまっこムエタイ)
スーパーライト級3回戦/野呂瀬 博之(STRUGGLE)vs下坪 卓暁(ラジャサクレックムエタイ)
バンタム級3回戦/作間 晃雄(S.V.G.)vs眞鍋 京介(エイワスポーツ)

------------------------
STJは来年の都内近郊の適した会場の土日祝日での会場が予約できず、当面の間、STJが賛同するJMD傘下でREBELS、M-1などの興行内でSTJ公式試合を認定していくことになったようです。 1月22日は2試合追加され、中島弘貴vsダニロ・ザノリニのIT'S SHOWTIMEJAPAN70kg級王座決定戦、REBELS.藤原あらしvsバンデーン・エスジムが加わっています。(12月28日現在)

Little Tigerの初防衛戦の相手は、2010年12月19日、プロデビューし、6戦5勝(1KO)1敗と好戦績を収めてきた飯田なお。Little Tigerは今年、ふたつの世界挑戦(4月にタイでWMC戦、8月に藤原祭り興行でWPMF戦)での敗戦を喫したが、日本タイトルでは格差を見せ付けられるか。

小又大貴の初防衛戦、7戦5勝(4KO)2分の新鋭の三沢晃治の挑戦を受けます。小又は、11月27日、蹴拳興行のメインイベントのノンタイトル70.0kg契約でノーランカー、丸山準一に2ラウンドTKOで敗れた後の復帰戦。プロボクシングなら王座剥奪の運命ですが、今もチャンピオンで居られる以上、面目保つ圧勝を期待したい。

先月11月13日、M-1興行でWPMF世界ライト級王座に挑戦、カノンスック・ウィラサクレックを破り王座を奪取した塚原光斗が世界タイトル戴冠と同時に日本王座を返上。
空位となった日本タイトルは4名のランカーによるトーナメントで争奪戦となりました。決勝戦は、JMD賛同プロモーションの今春興行の予定で調整中です。
----------------------------------------------
2012年WPMF日本支局、JMD管轄下プロ興行
REBELS、It’s ShowTime、M-1、蹴拳、藤原祭り

1月22日(日) REBELS10.興行(ディファ有明)
1月28日(現地)It’s ShowTime興行(オランダ) 日菜太出場 
3月4日(日) 蹴拳興行(大森ゴールドジム)
3月25日(日) M-1興行(ディファ有明)
4月15日(日) REBELS11.興行(ディファ有明)
5月20日(日) 蹴拳興行(ディファ有明)
6月24日(日) M-1興行(ディファ有明)
7月21日(日程変更の可能性あり)、It’s ShowTime日本興行
7月29日(日) REBELS12.興行(ディファ有明)
9月9日(日) M-1興行(ディファ有明)
9月23日(日) 蹴拳興行(大森ゴールドジム)
10月28日(日) REBELS13.興行(ディファ有明)
11月11日(日) M-1興行(ディファ有明)
11月25日(日) 蹴拳興行(大森ゴールドジム)
12月中旬 藤原祭り(後楽園ホール)
この他、プロ興行追加予定有り。
---------------------------------------------
キックばかりでごめんなさい。
(堀田 12.25 23:35 / 12.28 19:20)No63

LINEで送る

キックボクシング、ムエタイ結果!(藤原祭り/タイファイト)

  • 2011/12/23(金)

2011藤原祭〜冬の陣〜 / 開催日:12月22日(木)
主催:藤原ジム / 認定:WPMF日本支局、JMD / 会場:後楽園ホール

今年、ムエタイ王者となった石井宏樹に続き、ムエタイ王座に近い存在と注目されている梅野源治が森井洋介にダウン奪って大差判定勝利。今年、ムエタイランカーを二人破ったセンスでさらに有名上位ランカーとの本場タイでの対戦が来年に予定されます。ライト級以下でのムエタイ激戦区でどこまで勝ち上がれるか、期待が掛かります。
WPMF日本タイトルマッチはオープンスコアシステムが採用されたようですが、賛否両論あるでしょう。すでに「試合展開が変わってしまう。緊張感が無くなる。」などの意見もあります。WPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦は5R引分けで空位のまま。打撃競技において規定ラウンドを超えた延長は不要としたなら正しい裁定と思います。
(堀田)
---主要4試合---
58.5kg契約 5回戦
WPMF日本フェザー級C/森井 洋介(藤原)vsタイ・ルンピニー系フェザー級9位/梅野 源治(PHOENIX)
勝者:梅野源治 / 判定0-3 (45-50/45-50/45-50)
-
WPMF日本ウェルター級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン/渡部太基(藤原)vs1位/T-98(タクヤ/クロスポイント吉祥寺)
勝者:T-98 / 判定0-2 (48-49. 49-49. 48-50)
T-98(=タクヤ)が第2代王者となる。
-
WPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦 5回戦
1位/SHIGERU(新宿レフティー)vs2位/藤牧 孝仁(はまっこムエタイ)
引分け / 0-1 (48-48. 47-48. 48-48)
-
WPMF日本スーパーバンタム級挑戦者決定戦 5回戦
1位/一戸 総太(WSR・F) vs 2位/日下部 竜也(OISHI)
勝者:日下部 竜也 / 0-3 (47-48. 47-48. 46-49)

-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
タイファイトエクストリーム(THAI FIGHT EXTREME 2011)
2011年12月18日(日) タイ・バンコク(チュラロンコーン王記念塔広場)

決勝戦2試合は判定でタイのブアカーオとケムが優勝。瞬間のスキを狙っての当て勘や距離感に応じた次の技・スピードのムエタイ一流のテクニックに魅了されます。タイファイトも他国の影響で派手な演出に変化したところもありますが、来年は日本でのトーナメント戦も期待したいところです。本道はムエタイ殿堂スタジアム興行に変化はありませんが。(堀田)

-
70kg級決勝戦 3回戦
ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)vsフランク・ジョージ(オーストラリア)
勝者:ブアカーオ・ポー・プラムック / 判定
-
67kg級決勝戦 3回戦
ファビオ・ピンカ(フランス)vsケム・シッソーンピーノーン(タイ) 
勝者:ケム・シッソーンピーノーン / 判定
(画像提供:センチャイムエタイジム)
-----------------------------------------------
2011年11月27日(日) タイ・タマサート・ランシットスタジアム .
70kg級トーナメント準決勝 3回戦
○ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)vsミカエル・ピスチテロ(フランス)●(TKO 3R)
○フランク・ジョージ(オーストラリア)vsアブラハム・ルキーニ(スペイン) ●(判定)
-
67kg級トーナメント準決勝 3回戦
○ファビオ・ピンカ(フランス)vsモサブ・アムラーニ(オランダ)●(判定)
○ケム・シッソーンピーノーン(タイ)vsキム・ドンス(韓国)●(判定)
----------------------------------------------
2011年9月25日(日) タイ・タマサート・ランシットスタジアム
70kg級一回戦 3回戦
○アブラハム・ルキーニ(スペイン)vs.ホセ・バラダス(ポルトガル)●(判定)
○フランク・ジョージ(オーストラリア)vsバージル・コロッサ(南アフリカ)●(判定)
○ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)vsアブドラ・マーベル(カメルーン)●(判定)
○ミカエル・ピスチテロ(フランス)vsハフィド・エル・バウスティ(オランダ)●(判定)
-
67kg級一回戦 3回戦
○モサブ・アムラーニ(オランダ)vsイブラハム・チアホー(モロッコ)●(判定)
○ファビオ・ピンカ(フランス)vs.一貴(マスターズピット)●(判定)
○ケム・シッソーンピーノーン(タイ)vsアレッシオ・アルゲロ(イタリア)●(TKO)
○キム・ドンス(韓国)vsホーシン・ベノーイ(アルジェリア)●(TKO)
---------------------------------
選手名表記に違いがある場合があります。
(堀田 12.23 23:30)No62

LINEで送る

キックボクシング(新日本・SOUL IN THE RING 宗

  • 2011/12/17(土)

SOUL IN THE RING / 主催:藤本ジム / 開催日:12月17日(土)
会場:後楽園ホール / 認定:新日本キックボクシング協会

石井宏樹、ムエタイ王者として初登場。攻め倦むも次第に主導権を支配し左ボディーフックで仕留めた。
松本哉朗も慎重な出だしから2度ダウン奪って勝利。来年1月22日はまたREBELSでのヘビー級試合となる。
内田雅之が判定で瀬戸口勝也を下し、第8代日本フェザー級チャンピオンとなる。
ムエタイ王者・石井宏樹を含め、藤本ジムは同時に5人のチャンピオンを抱えることになる中、石井達也は残り10秒で油断、元王者・松本芳道の飛び膝蹴りに敗れた。
元・NJKFウェルター級チャンピオン・松浦信次がラストファイトを迎えたが、阿久澤英一に判定負け。最後は失速したが、攻勢的で全力を尽くした試合だった。
(堀田 12.17 23:40 / 12.18 0:50. 11:15. 18:00 )No61
-----主要8試合-----
64.0kg契約 5回戦
タイ・ラジャダムナン・スーパーライト級チャンピオン/石井宏樹(藤本/目黒区出身)vsプラルハット・サックパンヤー(タイ)
勝者:石井宏樹 / TKO 5R 1:25 / レフェリーストップ
-
86.0kg契約 3回戦
日本ヘビー級チャンピオン/松本 哉朗(藤本/大田区出身)vsラックパタヤ・プムパーンムーン(タイ)
勝者:松本哉朗 / TKO 2R 1:30 / カウント中のレフェリーストップ
-
52.0kg契約 3回戦
日本フライ級チャンピオン/江幡 睦(伊原/茨城県出身)vsタハーンエーク・パラドンジム(タイ)
勝者:江幡睦 / KO 2R 2:50 / テンカウント
-
日本フェザー級王座決定戦 5回戦

1位/瀬戸口 勝也(横須賀太賀/鹿児島県出身)vs3位/内田 雅之(藤本/神奈川県出身)
勝者:内田雅之 / 判定0-2 (48-49. 48-48. 47-49)
-
62.0kg契約 3回戦
日本ライト級チャンピオン/石井達也(藤本/東京都出身)vs日本ライト級3位/松本芳道(八景/神奈川県出身)
勝者:松本芳道 / TKO 2R 2:58 / カウント中のレフェリーストップ
-
62.0kg契約 3回戦
日本フェザー級4位/拳士浪(治政館/東京都出身)vsモンコンデート・シットウボン(タイ)
勝者:モンコンデート / 判定0-2 (29-30. 28-29. 30-30)
-
ミドル級 3回戦
日本ミドル級2位/斗吾(伊原/神奈川県出身)vs日本ミドル級7位/青木 克眞(トーエル/神奈川県出身)
勝者:斗吾 / 判定3-0
-
ミドル級 3回戦
日本ミドル級5位/阿久澤 英一(山田/新潟県出身)vs松浦 信次(トーエル/神奈川県出身)
勝者:阿久澤英一 / 判定3-0 (30-29. 30-29. 30-29)

---------------------------
他、4試合


LINEで送る

キックボクシング「藤原祭り」

  • 2011/12/16(金)

12・22後楽園「がんばろうニッポン!2011藤原祭〜冬の陣」
 ▼5回戦
  WPMF日本フェザー級王者・森井洋介(藤原)× ルンピニー同級9位・梅野源治(PHOENIX)
 ▼WPMF日本ウェルター級タイトルマッチ 5回戦
  王者・渡部太基(藤原)× 同級1位・T−98(クロスポイント吉祥寺)
 ▼WPMF日本Sフェザー級王座決定戦 5回戦
  同級1位・SHIGERU(新宿レフティー)× 同級2位・藤牧孝仁(はまっこムエタイ)
 ▼WPMF日本Sバンタム級挑戦者決定戦 5回戦
  同級1位・一戸総太(ウィラサクレック)× 同級2位・日下部竜也(OISHI)

 ほか、おなじみ藤原敏男が出場のプロレスマッチもあり、初代タイガーマスクや藤原喜明が参加する模様です。(ハイセー)

LINEで送る

キックボクシング(MuayThaiOpen18)

  • 2011/12/05(月)

Muay Thai Open18 / 開催日:12月4日 17:00 / 新宿フェース
主催:センチャイ・ムエタイジム / 認定:NJKF 

小規模興行ながら地道に進むムエタイオープンです。センチャイジムから5人出場で4勝1敗。今年はタイファイトも行ないました。来年もビッグマッチが予定されます。ムエタイオープンは4回予定。


(堀田 12.5 12:45 / 12.6 21:00 23:20)No58
-主要結果7試合-
59.0kg契約 3回戦
ルンラウィー・サシプラパ-ジム(タイ・スリン出身/22歳/58.9kg)vsレック・エスジム(タイ・マハーサーラカム出身/23歳/59.0kg)
勝者:ルンラウィー・サシプラパー / 3-0 (主審 プアナイ・インサアード / ユタポン 30-29. 桜井 30-28. ソッド 30-28)
-                   
70.0kg契約 3回戦
TOMOYUKI(誠剛館/兵庫県出身/23歳/69.3kg)vs山崎陽一(シルバーウルフ/福島県出身/28歳/69.9kg)
引分け / 0-1 (主審 多賀谷敏朗 / ユタポン 29-30. プアナイ 29-29. ソッド 29-29)
-
60.0kg契約 3回戦    
裕センチャイジム(センチャイ/新潟県出身29歳/59.9kg)vsKEI(E.S.G/埼玉県出身/27歳/59.8kg)
勝者:裕センチャイジム / 3-0 (主審 桜井一秀 / 多賀谷 30-29. プアナイ 30-28. ソッド 30-28)
-
バンタム級 3回戦         
凱センチャイジム(センチャイ/茨城県出身/24歳/53.5kg)vsバンデーン・エスジム(タイ・ウボン出身/29歳/53.0kg)
勝者:バンデーン・エスジム / KO 2R 3:05 / 10カウント / 主審 ユタポン・ウォンウェンヤイ
-         
フェザー級 3回戦
洋センチャイジム(センチャイ/青森県出身/37歳/56.9kg)vs小林 慶(KINGBEE/埼玉県出身/27歳/56.1kg)
勝者:洋センチャイジム / 2-0 (主審 ソッド〔=ナルンチョン〕/ 多賀谷 30-29. ユタポン 29-29. 桜井 30-27)
-
ウェルター級 3回戦
テヨン(キング/千葉県出身/18歳/66.0kg)vs秋草利之(E.S.G/埼玉県出身/31歳/66.1kg)
勝者:テヨン / 負傷判定 3-0 / TD 2R 0:18 (主審 プアナイ / ソッド 20-18. ユタポン 20-19. 桜井 20-18)
-         
ライト級 3回戦
晋センチャイジム(センチャイ/静岡県出身/25歳/60.9kg)vs嶋田 裕介(BomboFreely/茨城県出身/24歳/61.2kg)
勝者:晋センチャイジム / 2-1 (主審 多賀谷敏朗 / ソッド 30-29. ユタポン 30-29. プアナイ 29-30)
-他、5試合-

負傷判定勝利したウェルター級のテヨン(キング)は偶然のバッティングで秋草利之(ESG)が額を負傷。テヨンは元・日本ムエタイ連盟ミドル級チャンピオンの中川栄二(千葉)の息子さんです。「父親には似てないファイト」という向山会長でしたが、アグレッシブなファイトは何となく似てますね。的確に当てる攻勢ぶりは父親より上手い感じ。
“日本ムエタイ連盟”って今時、誰も知らないでしょうね。覚えている人も少ないでしょう。短期的な団体でした。中川栄二選手は当時のスター選手、竹山晴友(大沢)に挑戦をアピールしていましたが、団体の壁に阻まれていました。レイモンド額賀(平戸)と2度対戦していますね。

LINEで送る

12月のキックボクシング興行情報!

  • 2011/12/01(木)

MuayThaiOpen.18 / 12月4日(日) / 開始: 17:00
主催:センチャイムエタイジム / 認定:NJKF / 新宿フェース
恒例のセンチャイジム興行ムエタイオープンです。

59.0kg契約3R/ルンラウィー・サシプラパージム(タイ/元ルンピニー・バンタム級C)vsレック・エスジム(エス)
70.0kg契約3R/ WPMF日本ミドル級7位/TOMOYUKI(誠剛館)vs WPMF日本Sウェルター級5位/山崎陽一(シルバーウルフ)
60.0kg契約3R/裕センチャイジム(センチャイ)vs.KEI(E.S.G)
バンタム級3R/バンデーン・エスジム(エス)vs凱センチャイジム(センチャイ)
フェザー級3R/洋センチャイジム(センチャイ)vs小林慶(KING BEE)
ウェルター級3R/テヨン(キング)vs秋草利之(E.S.G)
ライト級3R/晋センチャイジム(センチャイ)vs嶋田裕介(Bombo Freely)
スーパーバンタム級3R/チャンジュ(OGUNI)vsケンタロウ新興ムエタイ(新興ムエタイ)
スーパーフェザー級3R/匡仁(Gold'Rich旭)vs琢磨(東京町田金子)
60.0kg契約3R/服部FLYSKY(FLYSKY)vsMOMOTARO(OGUNI)
スーパーフライ級3R/貴センチャイジム(センチャイ)vs大虎(東京町田金子)
スーパーバンタム級3R/TANAKA-KMG(クラミツ)vs金子貴幸(GANGA)

---------------------------------------------
2011逆転シリーズファイナル / 12月10日(土) / 開場:17:00 開始:17:30
主催:日本キックボクシング連盟 / 認定:NKB実行委員会 / 後楽園ホール

63.5kg契約5R/ NKBウェルター級チャンピオン/栄基(MTOONG)VS.NKBライト級2位/ヤスユキ(Dropout)
61.2kg契約5R/岡田清治(大塚)VS NKBライト級8位/大和知也(SQUARE-UP)
ライト級5R/NKBライト級7位/大作(SQUARE-UP)VS同級9位/NOBU(大塚)
ライト級5R/NKBライト級6位/石井修平(ケーアクティブ)VS同級10位/俊輝(八王子FSG)
他、3回戦数試合

-----------------------------------------
J-NEXUS 2011 〜蹴っていいトモ!〜
主催:J-NETWORK / 12月11日(日)/ 開場16:30 アマチュア試合開始17:00.プロ試合開始18:30予定 / 新宿FACE

アマチュアは全19試合。引退エキシビションを行なうスーパーフェザー級の笠原淳矢は、「1Rからガンガン打ち合って、生き様を見せたいんです! そのために黒ちゃんとやるんです!」というコメント。
黒田アキヒロもすでに臨戦態勢で、「倒すかもしれない、引退挨拶のマイクが持てないかも…」華やかな引退エキシビションのはずが、危険なムードが漂ってきている様子。

スーパーライト級3R/JUNDa雷音(E.S.G)vs後藤洋平(フォルティス渋谷)
56.5kg契約3R/下 丈一郎(TARGET)vs西岡孝将(KFG)
笠原淳也 引退記念スペシャルエキシビジマッチ2R/笠原淳也(フォルティス渋谷)vs黒田アキヒロ(フォルティス渋谷)
スーパーライト級3R/畠山育朗(アカデミアアーザ)vsハルク大城(ボス)
ミドル級3R/ゆとりキック(ワイルドシーサー群馬)vs本間勇次郎(フォルティス渋谷)
56.0kg契約3R/大釜広路(ASSHI-PROJECT)vs角谷祐介(フォルティス渋谷) 

-----------------------------------------
SOUL IN THE RING 宗 / 12月17日(土) / 開場16:45 / 開始17:00
主催:藤本ジム / 認定:新日本キックボクシング協会 / 後楽園ホール

石井宏樹のノンタイトル戦がメインで、雄大が返上した王座を内田雅之が狙います。
松本哉朗が久々のタイ人選手と86.0kg契約で対戦。


タイ・ラジャダムナン・スーパーライト級チャンピオン/石井宏樹(藤本)vsプラルハット・サックパンヤー(タイ)
日本ヘビー級チャンピオン/松本哉朗(藤本)vsクンチョーン・マックススポーツジム(タイ)
日本フライ級チャンピオン/江幡睦(伊原)vsタハーンエーク・パラドンジム(タイ)
日本フェザー級王座決定戦5回戦/同級1位/瀬戸口勝也(横須賀太賀)vs同級3位/内田雅之(藤本)
日本ライト級チャンピオン/石井達也(藤本)vs同級3位/松本芳道(元王者/八景)
日本ライト級2位/勝次(藤本) vsモンコンデート・シットウウボン(タイ)
日本ミドル級2位/斗吾(伊原)vs日本ミドル級7位/青木克眞(トーエル)
日本ミドル級5位/阿久澤英一(山田)vs松浦信次(トーエル)
日本ライト級10位/ジョニー・オリベイラ(トーエル)vs木村旭洋(伊原)
ミドル級/木村康人(山田)vs日本ウェルター級8位/後藤綾亮(藤本)
ライト級/フジタ裕喜(伊原稲城)vs石垣耕平(トーエル)
ライト級/堀口跳二(伊原稲城)vs藤田健輔(習志野)

---------------------------------------------
「Muay Thai WINDY Super Fight vol.10 / 2011 FINAL」/ 12月18日(日)
主催:B-FAMILY NEO / 開場17:00 開始17:30 / 新木場ファーストリング

WINDY Super Fightライト級王座決定戦5R/ヨーユット・ビーファミリーネオ(タイ)vs将軍(チームサムライ)
WINDY Super Fightフェザー級王座決定戦5R/晃希(Team S.R.K)vsウィラポンレック・エクシンディコンジム(タイ)
WINDY Super Fight 40kg級インターナショナル王座決定戦5R(1分30秒制)石井一成(リアルディール)vsアピシット(タイ)
85.0kg契約3R/OZAKI(チームラバーズ)vs WPMF日本クルーザー級10位/武来安(上州松井)
フェザー級3R/ATSUYA(B-FAMILY NEO)vsUEDA(フリー)
57.0kg契約2R(2分制)/TSUBASA(チームラバーズ)vsつばさ(ドージョー・シャカリキ)

----------------------------------------------------
2011藤原祭〜冬の陣〜 / 12月22日(木) 開場16:30 開始17:15
主催:藤原ジム / 認定:WPMF日本支局、JMD / 後楽園ホール

IST61.0kg級3R/山本真弘(藤原)vs WPMF日本ライト級1位・金澤元気(新宿レフティ-)
58.5kg契約5R/WPMF日本Fe級C・森井洋介(藤原)vs WPMF世界SFe級C/梅野源治(PHOENIX)
WPMF日本ウェルター級タイトルマッチ5R/チャンピオン・渡部太基(藤原)vs同級1位/タクヤ(クロスポイント)
WPMF日本Sフェザー級王座決定戦5R/1位・SHIGERU(新宿レフティー)vs2位・藤牧孝仁(はまっこムエタイ)
WPMF日本Sバンタム級挑戦者決定戦5R/1位・一戸総太(WSR)vs2位・日下部竜也(OISHI)
ウェルター級3R/ WPMF日本ウェルター級5位・高修満(エイワスポーツ)vs同級6位・笹谷淳(TANGTANG.F.C)
ライト級3R/ WPMF日本ライト級10位・和城(TANGTANG.F.C)vs若菜千明(レンジャー品川)

---------------------------------------------------
(堀田 12.1 21:25. 追記J-NET23:50 / 再追記12.11 1:45)No57

LINEで送る