キック REBELSにブアカーオ

  • 2012/05/31(木)

7・29ディファ有明「REBELS.12」(11時)
 ▼WPMF日本フェザー級タイトルマッチ 5回戦
  王者・森井洋介(藤原敏男)× 同級2位・長嶋大樹(ONE’S GOAL)
 ▼5回戦
  WPMFに本ウェルター級王者・T−98(クロスポイント吉祥寺)× ブアカーオ・ウィラサクレック(タイ)
  一戸総太(ウィラサクレック)× 炎出丸(クロスポイント吉祥寺)

7・29ディファ有明「IT'S SHOWTIME JAPAN countdown−2」(17時)
 ▼IT'S SHOWTIME日本55kg級王座決定戦 5回戦
  水原弘暁(光)× 出貝泰佑(バンゲリングベイS)

 昼夜2興行。メインの初防衛戦は昨年4月の王座決定戦で森井が5回TKO勝利した激闘の再戦です。セミ登場のブアカーオ(画像)は失踪騒動があったK−1選手とは別人で来日3連勝の選手。(ハイセー)

LINEで送る

真のムエタイ世界機構、WPMFの就任会見!

  • 2012/05/18(金)

タイ国インラック首相、タクシン元首相の従兄弟が世界プロムエタイ連盟(WPMF)の新総裁に就任!

5月17日、バンコクにてWPMF (世界プロムエタイ連盟)主催の記者会見が行われ、新総裁に元タイ国軍総司令官でタクシン元首相、インラック現首相の従兄弟であるチャイヤシット・チナワット陸軍大将(66)が、新たに総裁に就任することが発表されました。
冒頭、チャイヤシット新総裁は、
『世界に広がりつつある我が国の国技であるムエタイを、より国際化し世界中に普及していきたい。国際化するためにはアマチュアムエタイとしてオリンピック競技になることが一番の早道ではあるが、容易ではない。プロフェッショナルムエタイの世界連盟としてタイ国政府が唯一認定しているWPMFをよりグローバル化し、プロムエタイの確固たる人気と地位を確保したい。』と述べました。
チャイヤシット氏は少年時代からムエタイを愛し、ムエタイに造詣が深く各アマチュア組織の会長なども歴任してきました。WPMFはチャイヤシット氏の強力なバックアップを受け、今後、世界へ向けどのような戦略でムエタイ普及を目指していくのか期待したいところです。
(タイ情報筋より)
---------------------------------
過去、タイ国政府が認める世界機構は、正確には一つもありませんでしたが、今回、この世界機構・WPMFを『タイ国政府が唯一認めている組織』と声明し『今まで他の組織がどのようなことをやってきたか、これからを(私達を)見ていてください。』とも付け加えられたことが注目されます。今後、WPMFがどんな活動をするのか、“1998年まで”のWBAのような確立した権威ある世界機構に成長していって欲しいものです。暫定やスーパーや、不可解なランキング操作など、もし、正確なルール・システムの運営を怠ったら、『プロムエタイの確固たる人気と地位を確保』は難しいでしょう。
-
追記: 現在も正規王者がいるのに暫定王者を誕生させている現状があります。新総裁が『これからを見ていてください』と言っているので見ていく必要があります。地位失墜か、確固たる人気と地位を確保かは、一昨日からのチャイヤシット新総裁次第です。
(堀田 5.18.22:40/5.19.22:15.No19)


LINEで送る

5月のキックボクシング興行予定!

  • 2012/05/11(金)

BRAVE HEARTS 19
主催:治政館ジム / 会場:後楽園ホール / 認定:新日本キックボクシング協会
開催日:5月13日(日) / 開場16:45 / 開始17:00

4月に初防衛した蘇我が更なるムエタイ上位路線に挑みます。江幡塁は2度目の防衛戦。挑戦者の18歳・志朗は治政館の新鋭。昨年、ノンタイトル戦で江幡塁が判定勝利で力の差を見せ付けています。若い両者の成長度が見所となります。

59.5kg契約 5回戦
東洋Sフェザー級チャンピオン.蘇我 英樹(市原)VSタイ国BBTVフェザー級チャンピオン.ルンラウィー・サシプラパー(タイ)
-
日本バンタム級タイトルマッチ5回戦/ チャンピオン.江幡 塁(伊原)VS.1位.志朗(治政館)
ミドル級3回戦/ 日本ミドル級1位.宮本 武勇志(治政館)VSバアシイル・コオスタディノブ(ブルガリア)
日本ウェルター級挑戦者決定戦3回戦/ 1位.渡辺 健司(伊原稲城)VS.2位.大塚 隼人(ビクトリー)
61.0kg契約3回戦/ 翔栄(治政館)VSノンガン・サシプラパー(タイ)
ライト級3回戦/ 日本ライト級1位.ジョニー・オリベイラ(トーエル)VS日本ライト級9位.福岡 直也(治政館)
58.0kg契約3回戦/ 日本フェザー級5位.TATSURO(ビクトリー)VSガイファー・ラジャサクレック(タイ)
ライト級3回戦/ 日本ライト級8位.平野 一誠(伊原稲城)VS春樹(横須賀太賀)
ウェルター級3回戦/ 日本ウェルター級6位.後藤 綾亮(藤本)VS山際 和希(谷山)
59.0kg契約3回戦/ 石原 將伍(ビクトリー)VS拓郎(はまっこムエタイ)
ライト級2回戦/ 井上 昌彦(宮川)VSエージェント木村(野本塾)
53.0kg契約2回戦/ 麗也(治政館)VS.KEN(B-Familyneo)
フェザー級2回戦/ 太平洋 亘(野本塾)VS 布施木 将大(藤本)

*****************************************************
蹴拳
主催:蹴拳プロモーション / 会場:ディファ有明 / 認定:WPMF日本支局、JMD、STJ
開催日:5月20日(日)夕刻興行 / 開場15:30  / 開始16:00

立嶋篤史は打たれ脆さの不安を抱えつつ、総合力の凄さが人気を支えます。対戦相手の新鋭・津橋雅祥はまだ3戦3勝(3KO)。栄基はNKBから離れ、実力の量れる相手との対戦で、更なる飛躍のチャンス。

ウェルター級5回戦
WPMF日本ウェルター級チャンピオン.T-98(=タクヤ/クロスポイント吉祥寺)vs栄基(元・NKB同級C/MTOONG)
-
IT'S SHOWTIME JAPAN 61.0kg契約王座決定戦選考試合3回戦
WPMF世界ライト級チャンピオン.塚原 光斗(クロスポイント古河)vs才賀 紀左衛門(MADMAX)
-
WPMF日本スーパーウェルター級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.清水 武(藤原)vs挑戦者同級1位.貴之ウィラサクレック(WSR・F)
-
WPMF日本フェザー級次期挑戦者決定戦 5回戦
1位.梅原 ユウジ(ストラッグル)vs2位.長嶋 大樹(ONE'S GOAL)
-
ウェルター級3回戦/ WPMF日本ウェルター級1位.渡部 太基(藤原)vs同級9位.啓太(エス)
IT’S S.T.J.95kg級3回戦/ WPMF日本ヘビー級チャンピオン.コウイチ・ペタス(バンゲリングベイS)vs金 道灰(韓国)
スーパーバンタム級 5回戦/ WPMF日本Sバンタム級2位.一戸 総太(WSR・F)vs裕センチャイジム(センチャイ)
ウェルター級5回戦/ WPMF日本ウェルター級6位.藤倉 悠作(ASSHI-P)vsブアカーオ・ウィラサクレック(WSR・F)
フェザー級5回戦/ WPMF日本フェザー級10位.立嶋 篤史(ASSHI-PROJECT)vs津橋 雅祥(エス)
IT’S S.T.J.61kg級3回戦/ WPMF日本ライト級3位.金澤 元気(新宿レフティ)vs稲石竜弥(team OJ)
ミニフライ級3回戦/ 飯田なお(新宿レフティー)vs三堀SMILE美弥子(Y’ZD)
スーパーバンタム級3回戦/ WPMF日本Sバンタム級10位.裕喜(KIX)vs渡辺 優太(エイワスポーツ)

-------------------------------------------------------
Next Heroes Cup / Legend of Daddy vol.2
主催:蹴拳プロモーション / ディファ有明 / 5月20日(日)昼興行 / 開場11:00.開始11:30

53.5kg契約3回戦
ソムタムイサーン・エスジム(元・ラジャダムナン・フライ級3位/タイ)vs WPMF日本Sフライ級9位.土橋朋矢(新宿レフティー)
-
スーパーライト級3回戦/ 渡久山 ゆうた(平井)vsチャップリン木山(フリー)
ウェルター級3回戦/ 石田 武司(平井)vs松本篤人(バンゲリングベイ・スピリット)
フェザー級3回戦/ 小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)vs櫻木崇浩(バンゲリングベイ・スピリット)
NEXT HERORS CUP準決勝Sライト級3回戦/ 野呂瀬 博之(SRUGGLE)vs番長兇侍(習志野)
NEXT HERORS CUP準決勝Sライト級3回戦/ 加藤真也(平井)vs.msakiラジャサクレック(ラジャサクレック)
NEXT HERORS CUP準決勝Sバンタム級3回戦/ 藤田直希(エス)vs簗田祐樹(WSR)

*****************************************************
Muay Thai Open 20
主催:センチャイムエタイジム / 会場:新宿フェース / 認定:NJKF
開催日:5月26日(土) / 開始17:00


70.0kg契約 5回戦/ TOMOYUKI(誠剛館)vsスウィレック・ラジャサクレック(タイ)
62.0kg契約3回戦/ 黒田 哲広(フォルティス渋谷)vs凌太(OGUNI)
63.0kg契約3回戦/ 獅センチャイジム(センチャイ)vs高崎ラジャサクレック(ラジャサクレック)
-
NJKF.8階級トーナメント「NEW JAPAN WARS 2012」
ライト級準決勝3回戦/9位.晋センチャイジム(センチャイ)vsTAKUYA(BomboFreely)
-
NJKF.8階級トーナメント「NEW JAPAN WARS 2012」
スーパーバンタム級準々決勝3回戦/5位..階 健志(健心塾)vs6位.園部 和芳(VERTEX)
-
フライ級3回戦/ 貴センチャイジム(センチャイ)vs剛(BomboFreely)
53.0kg契約3回戦/ 鰤鰤左衛門(キックコア)vsMr.ハガ(北流会君津)
56.0kg契約3回戦/ 金子 貴幸(GANGA)vsNABEゲッソンリット(新興ムエタイ)
51.0kg契約3回戦/ 寺門 義晃(BomboFreely)vs奥脇 一哉(はまっこムエタイ)
フライ級3回戦/ 悠斗(東京町田金子)vs勇太(新興ムエタイ)

*****************************************************
(堀田 5月初旬記載.No16)

LINEで送る

KFC(吉祥寺ファイトクラブ)

  • 2012/05/10(木)

5・12吉祥寺BARD EYE「KFC.13(吉祥寺ファイトクラブ)」
 ▼2分3回戦
  日菜太(クロスポイント吉祥寺)× カズ・ジャンジラ(ジャンジラ・ムエタイ)
  ●●●●(非公開/剛腕パンチャーの某現役ランカー選手)× 一発屋の福田(平井)
  NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺)× カトキチ(平井)
  タイソン松尾(Mobstyles)× 林亮介(バンゲリングベイ江古田)
  下東KMG(クラミツ)× ユウ小林(クロスポイント吉祥寺)

 KFCといってもフライドチキンではありません(笑) REBELSプロモーション主催の非公式戦キックボクシング大会で、全席自由2千円(+ワンドリンク500円購入)。2分3Rのルールながら、元K−1選手の日菜太も出場。驚くのは「出場選手は、プロのリングで使用している名前とは別のリングネームを付けている場合があります」とのことで、リングネーム非公開なんていう選手も!ちなみにKFCでのルールは「ヒジ打ちなし、頭部へのヒザ蹴りなし、首相撲短め、レッグガードと二―ガード、16オンスグローブ着用、任意でヘッドギア着用、判定決着はレフェリーが勝敗を決定」とのこと。酒飲みながらワイワイ観戦するという感じは楽しそう。(ハイセー)

LINEで送る

ムエタイ王座、石井宏樹以外にも!

  • 2012/05/08(火)

タイ・ラジャダムナンスタジアム / 6月3日(日)現地 18時30分開始
ラジャダムナンスタジアム・スーパーウェルター級タイトルマッチ(154lbs≒69.85kg)
チャンピオン.カノンスック・チューワタナ(タイ)VS挑戦者同級5位.ジョス・ロドリゲス(ブラジル)

(追記:本日9日、日程変更の連絡を受けました。5月23日(水)から6月3日(日)に延期されています。)
------------------------------------
タイのイングラムジムに所属するブラジル人ムエタイ選手、ジョス・ロドリゲス・メンドーサ(26歳)が、6月3日にムエタイの殿堂、一番歴史の古いスタジアムであるラジャダムナンスタジアムのスーパーウェルター級王座に挑戦することが決定しています。
ブラジルからバンコクのイングラムジムへ単身ムエタイ修行に来ているブラジル人青年は、ブラジル北東部アマゾン川河口南岸に位置する都市ベレン(パラー州)より3年前から来タイし、ムエタイ修行しています。タイの長期滞在で試合をこなし経験を積み、2011年1月にはWPMF世界ウェルター級王座を獲得。2度目の防衛戦は僅差の判定で敗れましたが、同年12月に一階級上のWPMF世界スーパーウェルター級王座決定戦に出場し見事王座を獲得。
今年3月17日にアユタヤ県で開催されたビッグマッチでの初防衛戦を果たし、ラジャダムナンスタジアムでのビッグマッチ興行に定期出場していました。同スタジアム・常連選手を相手に3連勝しランキング入り。4月には大差の判定勝ちを収めた試合が高評価され、今回のタイトル挑戦実現となりました。王者はカノンスック・チューワタナ。昨年は同スタジアムで連戦連勝。パンチ、ヒジ、キックなど全て倒せる技を持った強豪選手。
ジョス・ロドリゲスが王座獲得となれば、ブラジル人選手としてはもちろん、欧米人選手としては初のラジャダムナンスタジアム王者となります。

ムエタイ王者となった外国人選手は、ルンピニー・ラジャダムナン両スタジアム合わせて6人となりました。ラジャダムナンスタジアムで獲得した4名の外国人王者は全て日本人選手。もうひとつのメジャースタジアムであるルンピニースタジアムでは、2名のフランス人選手が獲得しており、一人は1999年にスーパーライト級のムラッド・サリですが、もう一人は今年2月10日にスーパーライト級チャンピオン・ゴーンファー・ウッドドンムアンをパンチでダウンを奪った末に大差判定勝ちで王座奪取したダミエン・クワーイトーンジム(本名=ダミエン・アラモス)。現在スーパーライト級はダミエンとラジャダムナンスタジアムの石井宏樹の外国人2人が王座君臨しています。ジョス・ロドリゲスがこれに続くのか、また日本人としてルンピニー・スーパーフェザー級ランカーの梅野源治も注目されていきます。

設立から66年もの歴史を誇り、そのデザインは66年間守られ続けています。
-------------------------------------------
(情報提供者より一部引用。堀田 5.8.23:30/追記5.9.19:15.No17)

LINEで送る