キックボクシング 2014

  • 2014/05/05(月)

キックボクシング(治政館ジム興行WINNERS)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 05/19/0:15:24
-----
:
蘇我英樹が相手の自滅によりKO勝ち。翔栄がダウン奪っての判定勝利で新王者。

?&lco9&p8&_B00JH3TL2E" ":;" "/
-----
:
---
WINNERS.2014.2nd / 5月18日(日)後楽園ホール17:00〜21:10
主催:治政館ジム / 認定:新日本キックボクシング協会

蘇我英樹の相手、韓国の金弘洙は攻撃力ある変則ファイターで蘇我は劣勢な場面も見せたが、2R半ばでスタミナ切れ。次第に蘇我の反撃が始まるが、金弘洙は飛び後ろ蹴りなどの大技も効果がないとみると立ち上がらずタオル投入を待つ始末。攻められても冷静に的確に有効打を当てていた蘇我は貫禄の圧力勝利。老舗WKBAを世界一のベルトにすることを目標に掲げ、ムエタイや世界レベルの日本人選手と戦って実力を証明していきたいと言う蘇我には、今後の新日本キックの路線のひとつ、対中南米も視野にファイトスタイルの違った戦いも興味深い。
翔栄は下がりつつ距離を保ったままの攻防の少ないまま、3Rにタイミングを見計らったパンチ連打で勝次に軽いダウン。打ち合いに応じる場面もあったが、激しい攻防はラストラウンドの後半少々のみ。新世代の戦いとしては警戒ばかりの物足りない内容。勝次は距離をとられて戦略が活かせなかった反省を残す。翔栄は、引退している兄・雄大に続いて王座奪取。
元・ラジャダムナン・ウェルター級チャンピオン.武田幸三氏の長男、幸大くんがチビッコキックでリングデビュー。相手のパンチに眼を瞑りがち、やや劣勢ながらも前に出て攻めました。両者とも5歳。タイでなら近いうちデビュー?
2月まで、NJKFでリングアナウンサーを務めていた風呂わく三さんが新日本キックでリングアナ復活。今のところ、治政館興行で起用。
/518sog1./" /518sog1." 518sog1." 0" 185" 232" ///518shouei1./" /518shouei1." 518shouei1." 0" 189" 269" ///518furo1./" /518furo1." 518furo1." 0" 208" 177" ///518tkedajr1./" /518tkedajr1." 518tkedajr1." 0" 253" 214" //
---
60.0kg契約 5回戦
/518sog2./" /518sog2." 518sog2." 0" 295" 199" ///518sog3./" /518sog3." 518sog3." 0" 276" 194" //
WKB世界Sフェザー級チャンピオン.蘇我英樹(市原/59.8kg)vs金弘洙(韓国国際キック連盟フェザー級2位/59.9kg)
勝者:蘇我英樹 / KO 3R 1:10 / カウント中の棄権
---
日本ライト級王座決定戦 5回戦 
/518ktsujivsshouei1./" /518ktsujivsshouei1." 518ktsujivsshouei1." 0" 282" 209" ///518ktsujivsshouei2./" /518ktsujivsshouei2." 518ktsujivsshouei2." 0" 277" 223" //
1位.勝次(高橋勝次/藤本/61.2kg)vs翔栄(晴山翔栄/治政館/60.9kg)
勝者:翔栄が第8代チャンピオン / 0-3 (48-49. 48-49. 48-49)
---
73.0kg契約 3回戦
日本ヘビー級1位.柴田春樹(ビクトリー/72.5kg)vsサンムック・サシプラパー(タイ/71.5kg)
勝者:サンムック・サシプラパー / 0-3 (29-30. 29-30. 29-30)
---
フライ級 3回戦
日本フライ級2位.泰史(米村泰史/伊原/50.8kg)vs同級3位.麗也(高松麗也/治政館/50.7kg)
勝者:麗也 / 1-2 (30-28. 28-29. 29-30)
---
55.0kg契約 3回戦
ユウ・ウォーワンチャイ(太田原友亮/ビーファミリーネオ/54.7kg)vs日本バンタム級2位.瀧澤博人(ビクトリー/55.0kg)
勝者:ユウ・ウォーワンチャイ(太田原友亮) / 3-0 (30-28. 30-28. 30-28)
---
58.0kg契約 3回戦
日本フェザー級5位.石原將伍(ビクトリー/57.6kg)vsカンチャイ・LA・ジム(タイ/56.3kg)
勝者:石原將伍 / 3-0 (29-28. 30-28. 30-28)
---
62.0kg契約 3回戦
直闘(治政館/61.7kg)vs金閏眞(韓国国際キック連盟ライト級5位/61.6kg)
勝者:直闘 / 3-0 (30-28. 30-28. 30-27)
---
60.0kg契約 3回戦
日本ライト級8位.大河原誠也(ビクトリー/60.0kg)vs日本フェザー級8位.白木伸美(トーエル/59.5kg)
勝者:白木伸美 / 0-2 (30-30. 29-30. 29-30)
---
ウェルター級 3回戦
木村旭洋(伊原/65.9kg)vs山本大地(誠真/65.8kg)
勝者:木村旭洋 / TKO 2R 2:02 / 2度目のダウンでノーカウントストップ
---
他、2回戦5試合。
(堀田 5.19.0:15/No23)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241035..
:
: 05/19/0:47:40
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
試合レポートから、セミ、メインは凡戦とみた。

あの、リングサイドの料金で、満足、できんやろなあ。
内容に合ってないよ。
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: s144.59.158.220.fls.vectnt.
:
: 05/19/0:53:58
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ちゃんとした外国人を呼んでほしいですよね、野口系さん

韓国選手のレベル低下もあるんですかね
-----
COMMENT:
::::::::::: 拳論の堀田
:
: 61-21-197-190.rev.home.
:
: 05/19/1:05:01
:
: 0
: 387ad078e30d8a15f2de99c15e4d899
メインは蘇我の意外な苦戦が観られたので、凡戦ではなかったかもですが、人の見方によりますね。これから蘇我の過激な仕留めを期待したところで自滅。相手は初め強いと見えたのにやっぱり弱かったか、って感じ。私、撮ることに集中で素人レポートですみません。本業は拳論ではないので。他の記者は二刀流で、書いて撮ってるので凄いですわ。セミは凡戦でした。
-----
COMMENT:
::::::::::: 宮本博史
:
: 2249241015..
:
: 05/20/9:12:48
:
: 0
:
最近、3Rマッチが、多く、NKBも、上位ランカーでも実施されているが、リズム、スタミナのなさで、また、K-1の頃から時代の変化でそうなってきたが、この興行も5Rは2つだけ。
多少、駆け引きもいると思うので、3割くらいは5R試合を組んでほしいね
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: softbank126078147197.bbtec.net
:
: 05/21/2014 19:12:08
:
: 0
: 96e13ddd8c1f8a469b072540e9cc1f
キックのレポって要ります??
そもそもプロ競技として成立してるのかさえ微妙なのに、ここで扱う必要あるのかなぁぁとか・・・
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241019..
:
: 05/21/2014 23:00:41
:
: 0
:
指摘されるほど、キックの駄目さを、露呈してるわけで。
関係者、なーにやってんだ。
張さんに「カ~ツ」いつ言ってもらえん競技だし
-----


--------
:::::::::::  
: 6月のキックボクシング興行予定!

COMMENTS: 1
:
: 0



: 05/25/0:45:08
-----
:
競技の発展を目指し、地道に頑張る各興行に、タイトル絡みの試合が幾つかあります・・・

?&lco9&p8&_B00JDB4PEY" ":;" "/
-----
:
が、必要以上の国内王座が創られ、一般人には理解できない幾つもの王座の名称があります。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;---
MuayThaiOpen.27 / 6月8日(日)新宿フェース17:00〜
主催:センチャイムエタイジム / 認定:NJKF、WMC
/608MuayThaiOpen27./" /608MuayThaiOpen27." 608MuayThaiOpen27." 0" 284" 401" //
WMCの世界戦が二つ、主催者より発表されています。

62.0kg契約5回戦 
翔・センチャイジム(NJKFライト級C/センチャイ)vsペットゴーシン・マーノックルンロード(WPMF世界ライト級暫定C/161cm/28歳/タイ)
---
WMC世界フライ級タイトルマッチ5回戦
貴・センチャイジム(センチャイ)vsサラウッド・ピタックパーパーデン(タイ・ラジャ7位、ルンピニー8位、ムエスポーツ協会5位/166cm/21歳/タイ)    
---
WMC女子世界ライトフライ級タイトルマッチ5回戦(2分制)
リカ・トーングライセーン(センチャイ)vsノーンペン・ソー・ソーパコム(WBC・M女子世界Lフライ級C/157cm/14歳/タイ)
---
NJKF・スーパーウェルター級挑戦者決定戦3回戦
YETI達郎(キング)vsKEN(OGUNI)
---
フェザー級3回戦
広・センチャイジム(センチャイ)vsMOMOTRO(OGUNI)
---
63.0kg契約3回戦
獅・センチャイジム(センチャイ)vsミシマ(格闘道場G-1)
---
フェザー級3回戦
阿羅人(E.S.G)vsマン五郎(大和)
---
54.0kg契約3回戦
鰤鰤左衛門(CORE)vs淳士(OGUNI)
---
スーパーフェザー級3回戦
西中久晶(Vallely)vs未定
---
スーパーフェザー級3回戦
木崎優典(拳粋会)vsユウキFLYSKY(FLYSKY) 
---
52.0kg契約3回戦
落合優馬(Vallely)vsMichel FLYSKY(FLYSKY)

***************************************************
生粋シリーズ3rd / 6月15日(日)後楽園ホール17:30〜
主催:日本キックボクシング連盟 / 認定:NKB実行委員会
/615NKB./" /615NKB." 615NKB." 0" 285" 405" //
45才、三苫の復帰後初勝利なるか。大月晴明も40歳、他団体では兼子ただし(伊原)が42歳、40代の活躍が珍しくなくなったこの時代、優るのは経験値を活かした戦略。
逆に成長が楽しみな若い世代の、高橋3兄弟の長男、一眞(3戦3勝-3KO-19歳)と次男、亮(4戦4勝-2KO-18歳)の出場で期待の成長度を披露。三男(16歳)はデビュー前。

ライト級5回戦
NKBライト級5位.桃井浩(神武館)vs大月晴明(元・全日本ライト級C)
---
NKB 60.0kg契約5回戦
フェザー級5位.村田裕俊(八王子FSG) vsライト級6位.大心(SQURE-UP)
---
NKBミドル級5回戦
1位.田村聖(拳心館)vs3位.三苫純次(SOLID FIST)
---
NKBミドル級5回戦
ミドル級2位.塚野真一(拳心館)vsウェルター級2位.福館正(TEM KOK)
---
NKBフェザー級3回戦
3位.KAZUYA(JK国際)vs4位.高橋一眞(真門)
---
NKBバンタム級3回戦
フライ級10位.佐藤勇士(拳心館)vsバンタム級4位.高橋亮(真門)
---
NKBバンタム級3回戦
2位.高嶺幸良(真門)vs6位.伴智啓(ケーアクティブ)
---
フェザー級3回戦 / 安田浩昭(SQURE-UP)vsサイクロン狂介(大塚)
ライト級3回戦 / 福士英治(ケーアクティブ)vs大久保開人(八王子FSG)
ウェルター級3回戦 / 大平和美(拳心館)vs田村洋平(テツ)

***************************************************
M-FIGHT SUK WEERSAKRECK / 6月15日(日)ディファ有明 / 時刻未定
主催:(株)ウィラサクレック・フェアテックス / 認定:WPMF日本支局

スーパーフェザー級5回戦
ルンピニー系Sフェザー級6位.シントンノーイ・ポー・テラクンvs梅野源治(PHOENIX)
---
WPMF日本フライ級タイトルマッチ5回戦
チャンピオン.隼也ウィラサクレック(WSR・F)vs8位.伊藤勇真(キングムエ)
---
スーパーライト級3回戦
WPMF日本Sライト級1位.田中秀和(橋本)vs同級5位.加藤剛士(WSR・F)
---
WPMF日本ライト級3回戦
4位.遠藤信玄(Team Tiger KGT)vs5位.杉本卓也(WSR・F三ノ輪)
---
女子52.0kg契約3回戦(2分制)
トモコSP(WSR・F)vsマエリー・ウォーワンチャイ(タイ)
---
賞金200万円争奪ワンデートーナメント55kg級(WPMF.JAPAN SINGHA BEER CUP)
8選手参加、準々決勝3回戦4試合
鷹大(WSR・F/WMC世界Sバンタム級C)vs裕喜(KIX)
炎出丸(クロスポイント吉祥寺)vs大野聖(頂上会テアゲネス)
竹内将生(エイワスポーツ/WPMF日本バンタム級C)vs邦博(真樹オキナワ)
大田原友亮(ビーファミリーネオ)vs一戸総太(WSR・F/WPMF世界Sバンタム級C)

準決勝は3回戦、決勝戦は5回戦。
(1日最大11ラウンド戦う可能性ある影響をどう考えるか)

***************************************************
REBELS.27
主催:(株)Def Fellow / 6月15日(日) 新宿フェース16:30〜
/615REBELS27./" /615REBELS27." 615REBELS27." 0" 274" 388" //
レベルスムエタイ・ライト級チャンピオン、ハチマキ(PHOENIX)、レベルスムエタイ・フライ級チャンピオン、小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)、レベルス65kg級チャンピオン、藤田ゼン(エイワスポーツ)が王座返上。ハチマキと小笠原瑛作は減量苦による階級転向。藤田ゼンは昨年7月21日の王座奪取から1年以内の防衛戦を行なえないため返上。ライト級は以下4名の選手で王座決定トーナメントが行なわれるようです(決勝は時期未定)。

REBELS-MUYTHAIライト級王座決定トーナメント準決勝5回戦2試合
5位.マサル(MONKEY MAGIC)vs高橋幸光(M日本ライト級C/はまっこムエタイ)
1位.黒田アキヒロ(フォルティス渋谷)vs小川翔(OISHI)
;;;;;;;;;;--
REBELS 65kg級王座決定トーナメント準決勝3回戦 
小宮由紀博(スクランブル渋谷)vsUMA(ユウマ/K&K)
---
フライ級3回戦 
薩摩サザ波(TARGET)vs矢島直弥(はまっこムエタイ)
---
フライ級3回戦 
Kzuki(リーブルロア)vs奥脇一哉(はまっこムエタイ)
---
REBELS 55kg級3回戦 
大出剛生(クロスポイント古河)vsZWA-3(ザワサン/スクランブル渋谷)
---
スーパーフライ級3回戦 
稼頭徳(JTクラブ)vs佐藤仁志(新宿スポーツ)
---
ライト級3回戦 
下丈一朗(TARGET)vs良太郎(池袋ブルードッグ)
---
REBELS 57.0kg契約3回戦
WPMF日本Sバンタム級7位.津田鉄平(新宿レフティ)vs吉田健吾(日進会館)
---
REBELS 65kg級3回戦 
長井正人(SSHROJECT)vs小林丈晃(練誠塾)
---
フライ級3回戦 
遠山翔太(モンスター)vs酒井柚樹(はまっこムエタイ) 

全試合終了予定 19:30
***************************************************
SHOOT BOXING 2014 sct.3 / 6月21日(土)後楽園ホール17:10〜
主催:シュートボクシング協会 / 認定:シュートボクシングコミッション

シュートボクシングの階級はキックやプロボクシングと違う域で、キログラム単位で分けられています。

3回戦
SB日本ライト級チャンピオン.鈴木博昭(ストライキングres)vsイ・ソンヒョン(韓国)
---
SB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 5回戦
チャンピオン.歌川暁文(UWFスネークピットジャパン)vs1位.ナグランチューン・マーサM16
---
3回戦
SB日本Sウェルター級チャンピオン.坂本優起(シーザー)vs森本一陽(レグルス池袋)
---
3回戦
SB日本Sバンタム級チャンピオン.伏見和之(シーザー力)vs宮崎就斗(TRGET)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-
(堀田 5.25.0:45/No.24)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241024..
:
: 05/25/2014 10:17:58
:
: 0
:
NKB。5R戦が4つある。
これが、普通の興行でしょう
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126186137148.7.open.
:
: 05/25/2014 13:58:34
:
: 0
: 96e13ddd8c1f8a469b072540e9cc1f
確かに何が何だか分らない…
-----
COMMENT:
::::::::::: しろーとふぁん
:
: s144.59.158.220.fls.vectnt.
:
: 05/25/2014 15:43:48
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
野口系さん、コメントいつも楽しみになってます
タイトル乱立の効果的な解消手段ってありますでしょうか
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241014..
:
: 05/25/2014 17:39:33
:
: 0
:
解消手段ねえ
S56後半から、分裂となり、その際、「ファンの要望に応えるマッチ」が、キャッチフレーズだったと思う。
そんな、マッチしてないでしょ。マンネリで
自前看板を下ろす英断か。NKBも、ユニオンと、日本連盟を早く名称統一を期待しますが

でも、タケノコのようにフリージムが独自興行すれば、まあそれも団体なわけでありまして。
独自興行も名のある選手はよくて1人出場ではねえ。
キックはオモロイが、あまり、技量が低いのは、反則や見ちゃおれんのもある。やはり独自興行は止めてほしいね。加盟料の絡みもあるが、フリーなジムは?
モチベーションもたせるなら、団体トップの賞金マッチかなあ。負けたら、メンツ総取りされるからリスクおかしてまでしないだろうが
各団体、今が、居心地いいのかもなあ。ファンはシラケるが
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126204062088.3.open.
:
: 05/26/2014 10:07:00
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
野口系キックさんの最後の一文にすべて帰結すると私も思います。

そこそこスポンサーが付いて、キップは選手が売ってくれて、選手の知り合いで会場はそこそこ埋まって、となると、しんどい宣伝活動してまで新規見込客を増やそうかとは考えないのでしょう。

それにしても1日3試合のワンデートーナメントはひどい。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241016..
:
: 05/26/2014 13:29:47
:
: 0
:
タイトルも、淘汰どころか、ランキングもなんか、わかりません。うちの団体は、タイトル不要、1位が、最高位。で、目指すはラジャ、ルンピニーとか、宣言して、ムエタイロードに行くんだというガチレベルでないんでしょうなあ
WBCも低いとは言わないが、満足、終着点といった感じなんだよね
なんか、他の団体に影響ないから、竹の子タイトル作り放題。NKBとか、ブレないのがいいんだけど

国内で、凄い試合が、できる団体なら、タイトルや、ランキングは不要なんやけどね
それで、感動して、客足を増やす。これが、地道かつ客層開拓の基本でないのかと。リングサイド2万円とかでなく、サイド5千円で、好きな選手に客から激励賞。これが、理想なんだが

あと10年してもこんな状態続くのかなあ
以前、リセットの機会が、あったが変な面子が、阻害したね
-----


--------
:::::::::::  
: 一昨日のキックボクシング(MuayThaiOpen.27)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 06/10/2014 21:35:58
-----
:
めでたく二人の世界チャンピオンが誕生・・・

?&lco9&p8&_408780724X" ":;" "/
-----
:
と、素直に喜べない業界の問題を抱えつつ、WMCから更なる上との統一に向けて、できるだけファンが納得いく最高峰を目指し、キック界のベストチャンピオンに選ばれる実績を残して欲しいものです。
---
MuayThaiOpen.27 / 6月8日(日)新宿フェース17:00〜20:30
主催:センチャイムエタイジム / 認定:NJKF、WMC

最終メインイベントの翔がコーナーに詰めてヒジ打ちで倒す。相手を「怠惰過ぎ」と非難するほど、ペットゴーシンはあっけなく倒れた。貴に先に世界を獲られ、「僕も世界タイトルが欲しい」と悔しさを出すアピール。8月には強敵との試合予定があることを公表。
貴は、タイ現役ランカーに技術で翻弄される不利な展開も手数で攻め返し、意外な印象の僅差での判定勝利(この試合、スーパーフライ級です)。
リカが激しい展開に移る前に、組んでの攻防でチータが脱臼の負傷。
挑戦権争奪に勝利したYETI達郎が7月21日興行で、同級チャンピオン・TOMOYUKI(センチャイ)に挑戦が決定。
タイからWMC役員が4人来日、オフィシャルチェアマンのタノン・プームパーミット氏が世界戦2試合の主審を務められました。世界戦の権威を増す意味でも、海外から立会人が加わる事は良い事です。新チャンピオンの二人の初防衛戦には、いろいろな意味で期待が掛かります・・・。
/608wmc1./" /608wmc1." 608wmc1." 0" 319" 208" //

62.0kg契約 ノンタイトル5回戦
/608shota2./" /608shota2." 608shota2." 0" 230" 224" //
NJKFライト級チャンピオン.翔センチャイジム(センチャイ/62.0kg)vsペットゴーシン・マーノックルンロード(WPMF世界ライト級暫定C/タイ/62.0kg) 
勝者:翔センチャイジム / TKO 1R 2:34 / 左ヒジ打ち、カウント中のレフェリーストップ
主審 多賀谷敏朗
---
WMC世界スーパーフライ級王座決定戦 5回戦
/608tkayuki1./" /608tkayuki1." 608tkayuki1." 0" 297" 229" ///608tkayuki3./" /608tkayuki3." 608tkayuki3." 0" 230" 316" //
貴センチャイジム(センチャイ/50.8kg)vsサラウット・ピタックパーパーデン(タイ/52.15kg)
勝者:貴センチャイジム / 2-0
(主審 タノン・プームパーミット / 少白竜 49-49. プアナイ 50-49. 桜井 49-48)
サラウットはラジャダムナン系フライ級4位(5月度)、ルンピニー系フライ級4位(6月度)、ムエスポーツ協会フライ級2位(6月度)

---
WMC女子世界ライトフライ級王座決定戦 5回戦(2分制)
/608rik1./" /608rik1." 608rik1." 0" 285" 250" //
/608rik2./" /608rik2." 608rik2." 0" 202" 254" //
/608rik4./" /608rik4." 608rik4." 0" 334" 234" //
リカ・トーングライセーン(センチャイ/48.9kg)vsチータ・ポー・ペットナムトーン(タイ/48.9kg)  
勝者:リカ・トーングライセーン / TKO 2R 0:57 / 右肩脱臼によるレフェリーストップ
主審 タノン・プームパーミット
---
NJKF.スーパーウェルター級挑戦者決定戦 3回戦
1位.YETI達郎(キング/69.4kg)vs2位.KEN(OGUNI/69.8kg)
勝者:YETI達郎 / 3-0
(主審 谷本浩行 / 副審 竹村、少白竜、多賀谷3者とも30-29)
---
NJKFフェザー級3回戦
4位.広センチャイジム(センチャイ/57.1kg)vs3位.MOMOTARO(OGUNI/56.9kg)
勝者:MOMOTARO / 0-3
(主審 桜井一秀 / 副審 竹村、少白竜、プアナイ3者とも 29-30)

他、ランキング戦3試合、新人戦2試合
---
キック界での世界タイトルマッチを観て感じるのは、プロボクシング世界戦で行なわれる調印式や公開計量、ルールミーティングは重要な意味があるということに気付かされます。石井宏樹のラジャダムナン戦では一度はタイ側関係者の空港での出迎えと毎度の公開計量、江幡兄弟のラジャダムナン戦でも公開計量をやりました。ちょっと古い話では、1993年のWKBA世界戦、飛鳥信也(目黒)がヘクター・ペーナ(米国)に挑戦した試合で、新宿京王プラザホテルで調印式、公開計量、記者会見をやりました。ボクシング世界戦に遠く及ばないテレビカメラも無い、記者数名でしたが、やる価値はあったと思います。公正な競技の証をアピールするなら世界レベルのタイトルマッチでは、キック業界でも行なって欲しいところです。
(堀田 6.10.21:35/No.25)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241020..
:
: 06/11/2014 12:28:59
:
: 0
:
わからんところで、こそこそは疑念を持たれやすい。
オープン化は、いろんな面で、重要です。
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング 立嶋、3年ぶり後楽園出場

COMMENTS: 1
:
: 0



: 07/13/2014 14:38:11
-----
:
7・25後楽園「REBELS.28」
 ▼REBELS−MUYTHAIルール5回戦
  板倉直人(スクランブル渋谷) × 田中秀弥(RIKIX)
  ヤスユキ(Dropout)× ナーカー・ゲオサムリット(タイ)
 ▼REBELSルール 3回戦
  町田光(橋本) × チホミール・ミテフ(ブルガリア)
 ▼REBELS 65キロ級王座決定戦 5回戦
  同級1位・中村広輝(赤雲會) × 同級3位・UM(K&K)
 ▼REBELS 52.5キロ級王座決定戦 5回戦
  同級1位・加藤竜二(橋本) × 関正隆(昌平校柏)
 ▼REBELS 60キロ級挑戦者決定戦 3回戦
  同級3位・皇治(SFK) × SHIGERU(新宿レフティー)
 ▼REBELS−MUYTHAI・Sライト級王座決定トーナメント準決勝 3回戦
  野呂瀬博之(STRUGGLE) × 水落洋祐(はまっこムエタイ)
  山口裕人(山口) × ハチマキ(PHOENIX)
 ▼REBELSルール 3回戦
  ユン・ドクジェ(韓国) × 小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)
 ▼オープニングファイト3回戦
  立嶋篤史(ASSHROJECT) × R−BLOODマサキ(DNGER)
   ほか数試合
/tihomi-rumitehu./" /tihomi-rumitehu." tihomi-rumitehu." 0" 200" 300" //
 町田光と対戦予定だったトーマス・マコウスキーは6月28日、ポーランドで行なわれたアントニー・ハバス戦で負傷、出場がキャンセルに。代わって、ブルガリアの19歳、ミテフ(写真)が出場。(ハイセー)

 -----
:
/tatesimatusi0011./" /tatesimatusi0011." tatesimatusi0011." 0" 246" 331" //
 7月25日、後楽園ホールで行なわれるムエタイ興行「REBELS.28」のオープニングファイト フェザー級3回戦で、元全日本王者のベテラン、立嶋篤史(ASSHROJECT)が、R−BLOOD・マサキ(DANGER GYM)と対戦する。立嶋は約3年ぶりの後楽園出場で、本人が熱望していたもの。

 こちらのメインは、Sフェザー級王者・ヤスユキ(Dropout)と元ラジャダムナン同級1位・ナーカー・ゲオサムリット(タイ)の5回戦を予定。ほか、町田光(橋本)×トーマス・マコウスキー(ポーランド)、板倉直人(スクランブル渋谷)×田中秀哉(RIKIX)、T−98(クロスポイント吉祥寺)×大竹将人(TARGET)、REBELS 52.5キロ級王座決定戦、加藤竜二(橋本)×関正隆(昌平校柏)など。(藤堂)6/13/spn
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: G10
:
: s1441194.xgsspn.imtp.tachikwa.spmode.
:
: 06/13/2014 18:54:43
:
: 0
: 47d66413424b8ce6d09753cc57eb2a
前田憲作さん との試合が最高でした。 ソーカップが必殺技だと思い出しましたが、調べても、どこにも記されてませんでした。 ティーソー じゃなく ソーカップだったと思うのですが、どなたか覚えてませんか?
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241014..
:
: 06/13/2014 21:14:05
:
: 0
:
3回戦なら、駆け引きしないで、フルでやって下さい。
試合に悔い残さないためにも
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング(NKB日本・生粋シリーズ3rd)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 06/15/2014 23:50:22
-----
:
大月晴明圧勝。NKBには今後も出場。
(REBELS.27は審判名入り公式記録が届いたら載せます。)
-----
:
;;;;;-
生粋シリーズ3rd / 6月15日(日)後楽園ホール17:30〜
主催:日本キックボクシング連盟 / 認定:NKB実行委員会

桃井浩倒される。大月晴明の強烈なパンチでダウンもダメージ深いまま再開、更なる連打でレフェリーが止めました。好戦的な両者でしたが、実力者との対戦経験の差が出たように思います。今後大月晴明と対戦の可能性が高いのは、ライト級チャンピオン・佐藤祐平(TEAM KOK)、前チャンピオン・夜魔神と1位の弟・大和知也(ともにSQUAER-UP)。NKB総崩れの恐れもあり、また桃井同様、好戦的ファイトが期待出来、NKBが飛躍する新たな試練が楽しみになります。
小嶋亮太はWPMF日本ランカーで、ムエタイテクニックで福館正を圧倒。技が多彩で隙を見逃さない当て勘が福館正を苦しめた。福館はパンチで出ると小嶋を下がらせる場面もあったが、パンチのみ。NKB外と交流すると、こういう技術の差は今後もありそうです。
高橋三兄弟と言われる長男・一眞はヒザ蹴りで2度ダウン奪ってTKO勝利。次男・亮はパンチと蹴りで3ノックダウンKO勝利。三男は16歳でデビュー日程は未定。いずれもNKBに留まらせたくない逸材であるかと思います。

ライト級5回戦
/615mommoivsootsuki1./" /615mommoivsootsuki1." 615mommoivsootsuki1." 0" 342" 234" ///615momoivsootsuki2./" /615momoivsootsuki2." 615momoivsootsuki2." 0" 353" 241" ///615momoivsootsuki3./" /615momoivsootsuki3." 615momoivsootsuki3." 0" 356" 239" //
NKBライト級5位.桃井浩(神武館/61.2kg)vs大月晴明(元全日本ライト級C/61.1kg)
勝者:大月晴明 / TKO 1R 0:55 / 2度目のダウンでレフェリーストップ / 主審 前田仁
---
NKBライト級 60.0kg契約5回戦
/615murtavsdaishin1./" /615murtavsdaishin1." 615murtavsdaishin1." 0" 316" 244" //
フェザー級5位.村田裕俊(八王子FSG/59.6kg) vsライト級6位.大心(SQURE-UP/60.0kg)
勝者:村田裕俊 / KO 3R 1:15 / ローキックによる3ノックダウン / 主審 馳大輔
---
NKBミドル級5回戦
/615tmuravsmitoma1./" /615tmuravsmitoma1." 615tmuravsmitoma1." 0" 305" 220" //
1位.田村聖(拳心館/72.5kg)vs3位.三苫純次(SOLID FIST/71.9kg)
勝者:田村聖 / 3-0 (主審 川上伸 / 鈴木 50-48. 馳 50-47. 前田 50-48)
---
ミドル級70.0kg契約5回戦
/615kojimvsfukudate1./" /615kojimvsfukudate1." 615kojimvsfukudate1." 0" 310" 235" //
WPMF日本スーパーウェルター級6位.小嶋良太(WSR・F/70.0kg)vsNKBウェルター級2位.福館正(TEM KOK/69.5kg)
勝者:小嶋良太 / KO 4R 0:44 / ローキック、ハイキックによる3ノックダウン / 主審 佐藤友章
---
NKBフェザー級3回戦
3位.KAZUYA(JK国際/57.1kg)vs4位.高橋一眞(真門/57.0kg)
勝者:高橋一眞 / TKO 1R 1:10 / カウント中のレフェリーストップ / 主審 鈴木義和
---
NKBバンタム級3回戦
フライ級10位.佐藤勇士(拳心館/53.1kg)vsバンタム級4位.高橋亮(真門/53.4kg)
勝者:高橋亮 / KO 2R 2:10 / 3ノックダウン / 主審 川上伸
---
NKBバンタム級3回戦
2位.高嶺幸良(真門/53.2kg)vs6位.伴智啓(ケーアクティブ/53.5kg)
引分け / 3者3様(主審 馳大輔 / 前田 30-29. 鈴木 29-30. 川上 30-30)
---
他、新人戦3回戦3試合
(堀田春樹 6.15.23.50/No.26)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126204033216.3.open.
:
: 06/16/2014 11:16:33
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
大月晴明レベルだとNKBでは敵なしではないでしょうか。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241029..
:
: 06/16/2014 12:20:26
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
大月、効果で、どれくらい、入場者あったのかなあ?
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
:
: 06/16/2014 12:27:25
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
大月選手
新日本に上がってくれないかな。
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング2興行の公開計量!

COMMENTS: 1
:
: 0



: 07/18/0:56:32
-----
:
来週行なわれる興行の、ファンも観覧可能の公開計量、調印式、記者会見などがあります。
-----
:
近年、キックボクシングでも公開計量、調印式が増えてきました。単なる盛り上げパフォーマンスで終ることなく、公正な競技の儀式を強調することで、権威が向上すれば良いことと思います。
;;;;;;;;;;--
NJKF 2014.5th / 調印式・前日計量。
7月21日(月・祝)興行の前日20日(日)13:00より、後楽園ホール6階エレベーターホールにて、ファンも観覧可能の無料公開で行われます。(5階展示場は改修工事中の為、6階で開催)
・公開計量
・WBCムエタイタイトルマッチ3試合調印式。
インターナショナル・スーパーバンタム級タイトルマッチ、C.国崇(拳之会)vs宮元啓介(橋本)
WBCムエタイ日本フライ級王座決定戦、TOMONORI(OGUNI)vsニモ(キング)
WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦、テヨン(キング)vsTCa(Trle-y)
・出場主要選手インタビュー。

****************************************************
「ジェイアクアpresents RISE coopertion REBELS.28」前日計量及び記者会見
主催:(株)Def Fellow
7月25日(金)REBELS.28興行の出場全選手(13試合26名)の前日計量と記者会見を、7月24日(木)18:00、新宿FACEにてファンも観覧できる無料公開で行なわれます。
会見内容:試合に向けてショートスピーチ及び写真撮影
記者会見では、出場選手のスピーチの後、質疑応答が行われますが、ここでは一般参加のファンの方からの質問も受け付けます。

7月25日興行直前、REBELS TV vol.28
毎週月曜日22:00より放映http://www.youtube.com/watch?vmO7ZxRTac" target"_blank"http://www.youtube.com/watch?vmO7ZxRTac/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;---
(堀田春樹 7.18.22:10/No.29)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241016..
:
: 07/19/2014 16:42:52
:
: 0
:
小手先の、話題性つくりしか、しないのか?
なんか、マンネリをさらに延長しているしか見えんのだが。
客を集め、感動を与える工夫をせんと、この競技は衰退の一途。
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: wb8803..
:
: 07/20/9:56:39
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
野口系さん、まともにやろうとする団体ないんですかね
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249242161..
:
: 07/20/2014 12:30:29
:
: 0
:
まともにするなら、ルール一本化、団体統一しかないよね
それを、かれこれ33年。まあ、いかに我を通し続けてきた業界か!
もう、あきれて。大人のやることちゃうやろね
ガキ以下だね

だから、メディアも避けてるのじゃないかなあ?
確立した大衆受けを考えたら、へんな、刺青したのを選手としてリングにはあげれないと思うわ
なーんか、変すぎる業界になってますわ
既存のパイを大きくするとか、そんな姿勢感じないもんね
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249242134..
:
: 07/20/2014 12:44:10
:
: 0
:
あっ、それと、まともな団体を一つと言えばNKBでしょうかね。
技量、運営とかより、地道にはされてますよね。

いまの、国内の選手層から見たら、打倒タイ式は無理に近い。
なら、国内のレベルアップとルール、統一を、早くせんといかんし一応、そういう姿勢を感じるのはNKBになるんだよね
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング(MGNUM.35 / NJKF2014.5th)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 07/22/0:35:03
-----
:
21日NJKF、大和哲也、ファイタータイプのムエタイ戦士にKO勝利。
20日新日本、江幡塁がタフなナムペットを仕留めきれず・・・
-----
:
しかし、冷静な試合運びで主導権を譲らず判定勝利。両日のメインは苦労の末の価値ある勝利。
;;;;;-
MGNUM.35 / 7月20日(日)17:00〜21:10
主催:伊原プロモーション / 認定:新日本キックボクシング協会

江幡塁は1Rに連打からハイキックで鮮やかにダウンを奪う。2Rにもハイキックヒット。その後の詰めきれずも攻め続けた好ファイトを残す。
緑川創が返上した王座は、地味な試合でポイント振り分けが難しい接戦の末、渡辺健司が王座奪取。長く防衛していくには多難な道程となりそう。
今のキック界、ひとつのステータスを達成すると簡単に返上してしまうのが主流になりつつあるが、王座が多過ぎてはそれも仕方ないかもしれませんが。
ムエタイ殿堂王座を目指す緑川はそのステータス達成後、あえて位置づけるなら東洋クラスの技術戦を見せて勝利(あえて昔の言い方)。
再起戦の勝次はパンチでダウンを奪うもハイキックで逆転を許してしまい、こちらも第一線級を離れてブランク長いイソラサックに惜敗。

-主要6試合-
56.0kg契約5回戦
/720rui1./" /720rui1." 720rui1." 0" 264" 185" ///720rui2./" /720rui2." 720rui2." 0" 308" 222" //
WKB世界スーパーバンタム級チャンピオン.江幡塁(伊原/55.9kg)vsナムペット・ソー・ターンティップ(元・ラジャダムナン系Lフライ級C/タイ/56.0kg)
勝者:江幡塁 / 3-0 (49-47. 49-47. 49-46)
---
日本ウェルター級王座決定戦5回戦
/720kenji1./" /720kenji1." 720kenji1." 0" 238" 268" //
1位.大塚隼人(ビクトリー/66.0kg)vs2位.渡辺健司(伊原稲城/65.9kg)
勝者:渡辺健司が第9代チャンピオン / 1-2 (48-49. 47-48. 49-48)
---
70.0kg契約3回戦
/720tsukuru1./" /720tsukuru1." 720tsukuru1." 0" 237" 238" //
緑川創(前・日本ウェルター級C/藤本/70.0kg)vsポンシリー・ポー・シリポン(元タイ・ムエスポーツ協会フライ級C/タイ/69.8kg)
勝者:緑川創 / 3-0 (50-47. 50-48. 50-48)
---
ミドル級3回戦
日本ミドル級1位.斗吾(伊原/72.0kg)vsマナサック・シットニワット(タイ/71.8kg)
引分け / 1-0 (29-29. 30-29. 30-30)
---
62.5kg契約3回戦
日本ライト級1位.勝次(藤本/62.0kg)vsイソラサック・シットセクサン(タイ/61.9kg)
勝者:イソラサック・シットセクサン / 0-2 (27-28. 27-28. 28-28)
---
フェザー級3回戦
日本フェザー級1位.瀬戸口勝也(横須賀太賀)vs日本ライト級3位.ジョニー・オリベイラ(トーエル)
勝者:瀬戸口勝也 / TKO 3R 1:39 / 2度ダウンの後、ヒジ打ちによるカット、ドクター勧告でレフェリーストップ
---
他、8試合
***************************************************
NJKF 2014.5th / 7月21日(月・祝)後楽園ホール17:00〜21:15 
主催:ニュージャパンキックボクシング連盟 / 認定:NJKF、WBCムエタイ日本実行委員会

大和哲也、やや苦戦も、攻めパターンを変えながら試し打ち、ファイパーの弱点を見つけて次第に追い足。パンチとローキックで2度ダウンを奪って仕留める。ファイパーはカウント9でファイティングポーズをとらずレフェリーが止めた。それまでのダメージでファイティングポーズがとれない様子。大和の次はWBCムエタイ世界挑戦の予定。場所は未定のまま。
国崇が若い宮元啓介を何とか凌いで薄氷の防衛。
TOMONORI(佐藤友則/OGUNI)も若いニモに苦戦も負傷TKO勝ち。3RにTOMONORIの肘打ちによりニモの鼻血が止まらず、4Rに鼻骨骨折の診断を受けレフェリー小林利典が試合を止めました。
テヨンがパンチでノックダウンとはならずも倒し合いの応酬。ヒジでTaCaを激しくカットした傷が悪化しTKO勝利。
TOMOYUKI(センチャイ)はパンチで通算5度のスタンディングダウンを奪って圧倒勝利。

---
64.0垠戚 5回戦
/721tetsuya1./" /721tetsuya1." 721tetsuya1." 0" 306" 226" //
WBCムエタイ・インターナショナル・Sライト級チャンピオン.大和哲也(大和/64.0kg)vsファイパー・シップンミー(タイ/63.3kg)
勝者:大和哲也 / TKO 3R 3:05 / テンカウントに相当ながらカウント中のレフェリーストップ
主審 桜井一秀
---
WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級タイトルマッチ5回戦
/721kunitka1./" /721kunitka1." 721kunitka1." 0" 242" 271" //
チャンピオン.国崇(拳之会/55.3kg)vsWBCムエタイ日本同級C.宮元啓介(橋本/55.3kg)
勝者:国崇が2度目の防衛
2-1 (主審 松田利彦 / 桜井 50-49. 小林 48-49. 竹村 49-48)
---
WBCムエタイ日本フライ級王座決定戦5回戦
/721tomonori1./" /721tomonori1." 721tomonori1." 0" 233" 280" //
TOMONORI(OGUNI/50.7kg)vs NJKFフライ級C.ニモ(キング/50.8kg)
勝者:TOMONORIが第3代チャンピオン / TKO 4R 0:19
ドクター勧告によりレフェリーストップ / 主審 小林利典
---
WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦5回戦
/721teyon1./" /721teyon1." 721teyon1." 0" 312" 238" //
NJKFスーパーライト級チャンピオン.テヨン(キング/63.3kg)vsTaCa(Trle-y/63.35kg)
勝者:テヨンが第5代チャンピオン / TKO 4R 1:38
ヒジ打ちによる頬のカット、悪化でドクター勧告によりレフェリーストップ / 主審 プアナイ・インサアード
---
NJKFスーパーウェルター級タイトルマッチ5回戦
チャンピオン.TOMOYUKI(センチャイ69.1kg)vs 3位.KEN(OGUNI/69.8kg)
勝者:TOMOYUKIが初防衛 / TKO 5R 2:33 / レフェリーストップ / 主審 桜井一秀
---
他、4試合
(堀田春樹 7.21.11:50..7.22.0:35/No.30)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241034..
:
: 07/21/2014 12:15:02
:
: 0
:
現役王者レベルでも、今回は簡単に勝てなかったという証明。
判定でもいいので、競った試合、今後もしてほしい。
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング(REBELS.28)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 07/26/1:51:54
-----
:
REBELS、初めての後楽園ホール登場。
板倉直人、引退試合は負傷負け。立嶋篤史は・・・
-----
:
オープニングファイト第3試合で判定勝利。
---
ジェイアクアpresents RISE coopertion REBELS.28
主催:RISE、Def Fellow / 7月25日(金)後楽園ホール17:00〜22:00

前日計量は24日、新宿フェースに於いて18:00に実施。
RISEの協力で開催された後楽園ホールでのREBELS.28、マッチメイク全47ラウンドの終了は、会場係に早く撤収を促がされる22:00。
板倉直人は2Rに少々の攻防の末、田中秀弥にヒジで切られてTKO負け。次が無いだけに、もう少しやらせられないかという気持ちも虚しく傷が深く、ドクターチェックでレフェリーがストップ。引退テンカウントに送られリングを去る。
ヤスユキは休まず攻め合う多彩な攻防で、首相撲とヒザ蹴りがほとんどない観てて飽きない展開。ポイントのおき方の違いか極端な採点の別れがあったが、内容的には2者の採点が妥当。
町田光は変則的ポーズも含めながら有効打が優り、チホミールのパンチだけが要警戒となって主導権を握る。
立嶋篤史、2-1ながら久々の勝利。相手は同じ42歳、3ヶ月ほど年上のR-BLOODマサキ。一進一退の攻防に応援する者にも熱く力が入る。有効打で差は付け難いが、蹴りでの前進に、勝ちに行く姿勢が上回った。3回戦では短いと感じる展開。息子の挑巳くんを肩車し、勝利を喜ぶ。
/725asshi1./" /725asshi1." 725asshi1." 0" 315" 256" ///725asshi3./" /725asshi3." 725asshi3." 0" 303" 236" ///725asshi5./" /725asshi5." 725asshi5." 0" 225" 324" //
選手の保持タイトル、多くて複雑な名称ですが、仮に国内下部タイトルと位置付け、あえて記載しております。

---
67.0kg契約5回戦
/725itakura1./" /725itakura1." 725itakura1." 0" 304" 231" ///725itakura3./" /725itakura3." 725itakura3." 0" 209" 298" //
レベルスムエタイ・ウェルター級チャンピオン.板倉直人(スクランブル渋谷/66.75kg)
. VS
WPMF日本ウェルター級チャンピオン.田中秀哉(RIKIX/66.9kg)
勝者:田中秀弥 / TKO 2R 1:17 / 主審 仲俊光
---
59.0kg契約5回戦
/725ysuyuki1./" /725ysuyuki1." 725ysuyuki1." 0" 314" 219" ///725ysuyuki2./" /725ysuyuki2." 725ysuyuki2." 0" 344" 226" //
レベルスムエタイ・Sフェザー級チャンピオン.ヤスユキ(/Dropout/58.92kg)
. VS
ナーカー・ゲオサムリット(元ラジャダムナン系SFe級1位/タイ/58.4kg)
勝者:ヤスユキ / 2-1 (主審 山根正美 / 仲 49-48. 椎名 49-48. 秋谷 47-50)
---
REBELS 60kg級3回戦
/725hikru1./" /725hikru1." 725hikru1." 0" 322" 238" //
レベルス60kg級チャンピオン.町田光(橋本/59.7kg)vsチホミール・ミテフ(ブルガリア/59.9kg)
勝者:町田光 / 3-0 (主審 和田良覚 / 山根 30-28. 仲 30-28. 椎名 30-27)
---
REBELS 65kg級王座決定戦 5回戦 
1位.中村広輝(赤雲會/64.8kg)vs3位.UM(K&K BOXING CLUB/64.95kg)
勝者:UM(ユーマ) /0-3(主審 秋谷益朗/ 和田 47-49. 山根 48-49. 仲 48-49)
---
REBELS 52.5kg級王座決定戦5回戦 
1位.加藤竜二(橋本/52.27kg)
. VS
レベルスムエタイSフライ級3位.関正隆(昌平校柏/52.15kg)
勝者:加藤竜二 / TKO 1R 1:10 / カウント中のレフェリーストップ / 主審 椎名利一
---
REBELS 60kg級挑戦者決定戦 3回戦
皇治(SFK/59.9kg)vsSHIGERU(新宿レフティー/59.95kg)
勝者:SHIGERU / 0-3 (主審 仲俊光 / 椎名 28-29. 秋谷 28-30. 和田 28-29)
---
---
前座 / フェザー級 3回戦
○立嶋篤史(SSH/56.98kg)vsR-BLOODマサキ(DNGER/56.5kg)×
2-1(29-28. 30-29. 28-29)

他、6試合
(堀田春樹 7.26.2:00/No.31)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: wb8802..
:
: 07/26/3:17:15
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
乱造タイトルにうんざり
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241006..
:
: 07/27/2014 12:50:02
:
: 0
:
立嶋選手、勝てたのでよしとする。
何事も結果すべて
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング創設50周年記念式典!

COMMENTS: 1
:
: 0



: 08/18/2014 20:50:26
-----
:
先週の話ですが、8月10日、都内のホテルでキックボクシング創設50周年記念パーティーと三名のWKBA世界チャンピオン祝勝会が行なわれました。
-----
:
/810a./" /810a." 810a." 0" 193" 276" ///810n./" /810n." 810n." 0" 159" 222" //
主催者は新日本キックボクシング協会代表・伊原信一氏。更に、ここになくてはならないのはキックボクシング生みの親・野口修氏でした。野口氏がキックボクシングを創り育て上げ、隆盛と低迷を経て、伊原信一氏が野口イズムを継承し現在定期興行を行なっています。
/810o./" /810o." 810o." 0" 252" 158" ///810d./" /810d." 810d." 0" 320" 220" //
司会進行を務めたのは「真空飛び膝蹴り」を命名した“日本でいちばん忙しい司会者”といわれる元TBSアナウンサー・石川顕氏。今年WKBA世界王座を獲得した蘇我英樹、江幡睦、江幡塁の3人の試合がVTR映像でスクリーンに映し出されると実況に入り、滑舌の良さと独特の甲高い声の響きと咄嗟の機転を利かすユニークな表現は73歳の今でも衰えず、石川顕氏の34年ぶりのキックボクシングの実況を、生で聴けるのはとても貴重な時間でした。
/810e./" /810e." 810e." 0" 218" 301" ///810f./" /810f." 810f." 0" 399" 245" ///810g./" /810g." 810g." 0" 347" 255" ///810h./" /810h." 810h." 0" 282" 213" //
現・元日本各階級チャンピオンとWKBA世界チャンピオン3名らのスパーリングと、伊原氏がミットを持っての江幡兄弟のミット打ちも笑いを誘うアクションで会場を盛り上げ、伊原氏から野口氏への感謝状授与と、チャンピオン達への激励賞授与に移り、今後の発展を誓っていました。
/810j./" /810j." 810j." 0" 380" 225" ///810c./" /810c." 810c." 0" 303" 235" //
来場者の中には古い時代の関係者の顔もあって「往年の名チャンピオンも登場させればいいのに」といった声もありました。古い関係者やファン心理からすれば、そういう期待もあったかもしれません。次回、こういう古き仲間が集う機会があれば期待したいですね。
/810k./" /810k." 810k." 0" 249" 215" ///810l./" /810l." 810l." 0" 210" 273" ///810m./" /810m." 810m." 0" 240" 276" //
この日登場したWKBA世界スーパーフェザー級チャンピオン.蘇我英樹(市原)は、今月24日、ディファ有明でのメインイベントで、ヨーペット・ペッカセーム(タイ)との試合を控えています。

(堀田春樹 8.18.20:50/No.34)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241025..
:
: 08/19/9:30:56
:
: 0
:
7月末に、日本系名レフリー、秋本さんが、亡くなられ、昔のキック関係者も、減りつつあります。

でも、何故か、昔のほうが、まだ、まとまっていたなあ
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126204040178.3.open.
:
: 08/20/1:04:26
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
石川顕さんは沢村さんの実況は世代的にリアルタイムで見たことがないので残念ですが、ジャパンボウルやスーパーボウルなどのアメフト中継が印象深いです。

昔のキックの話はいろんな方々に聞いてみたいのですが、寺内大吉さんも秋本直樹さんもいらっしゃらないのが、これも残念です。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241001..
:
: 08/20/2014 10:10:10
:
: 0
:
寺内大吉和尚と、石川アナ、それと、レフリーの秋本さんや、リーチャンゴンさん。また、リングアナの衣笠さん。なんか、上手くバランスとれていて、滞りなく運営されていたのは、凄いことです。
見ていて、当然ですが、プロの仕事でしたね

先輩方の派手さはないが、独特の演出は、見習うべき
-----
COMMENT:
::::::::::: 拳論の堀田
:
: 116-65-220-239.rev.home.
:
: 08/20/2014 19:15:58
:
: 0
: 387ad078e30d8a15f2de99c15e4d899
パーティーの最後に藤本さんから秋本さんのこと聞きました。今はあまり交流ない中での言い伝えのようでしたが、7日頃、お別れ会もあったようです。日本系のスタッフの面々は、一人一人が個性があってキビキビと動いて、それが鮮やかに興行のスムーズさに現れていたように思います。これが野口プロモーションがプロボクシングで覚えた運営技と思います。見ていて、当然ですが、プロの仕事でしたね・・・!
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング(WINNERS.2014.3rd)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 08/25/0:30:32
-----
:
治政館ジムのディファ有明興行、蘇我英樹はタイのBBTV(7チャンネル)トーナメント覇者、ファイタータイプのヨーペットにダウン奪われ、反撃及ばず判定負け。
-----
:
契約ウェイト60kgで、両者ともスーパーフェザー級リミット(58.9kg)超えのウェイトなので、チャンピオンの義務を外れ、蘇我の王座剥奪はありません。両者とも、またはどちらか一方がスーパーフェザー級リミット以下のウェイトの場合、スーパーフェザー級チャンピオンの義務が生じます(負ければ剥奪)。これはボクシングルールの場合ですが、本場ムエタイでも採用されるシステム。キックの場合は団体によって違いますが、こんなシステムあるのを知らない、または理解していない業界人は多いです。
昨年、江幡睦が返上した日本フライ級王座はHIROYUKI(藤本)が接戦ながら力で制し、第6代日本フライ級チャンピオン。
日本バンタム級挑戦者決定戦は、パンチによるダウン1度ずつの引分け延長。更にダウン奪った瀧澤博人が判定勝利。チャンピオン.重森陽太(伊原稲城)への挑戦権獲得。逆転シーンは盛り上がりますね。王座戦に準ずる試合なので5回戦でやって欲しい気がします。近年はそのまま王座へ昇格の場合もありますから。
---
WINNERS.2014.3rd / 8月24日(日)ディファ有明16:30〜20:50
主催:治政館ジム / 認定:新日本キックボクシング協会

60.0kg契約3回戦
/824sog1./" /824sog1." 824sog1." 0" 290" 326" //
WKB世界スーパーフェザー級チャンピオン.蘇我英樹(市原/59.75kg)vsヨーペット・ペッカセーム(タイ/59.9kg)
勝者:ヨーペット・ペッカセーム / 0-3 (27-30. 27-30. 27-29)
---
日本フライ級王座決定戦 5回戦
/824hiroyuki1./" /824hiroyuki1." 824hiroyuki1." 0" 337" 233" ///824hiroyuki2./" /824hiroyuki2." 824hiroyuki2." 0" 201" 285" //チャンピオンベルトは9月13日のTITANS.NEOS.16で贈呈
1位.HIROYUKI(茂木宏幸/藤本/50.55kg)vs2位.麗也(高松麗也/治政館/50.6kg)
勝者:HIROYUKI / 2-1 (50-49. 50-49. 49-50)
---
日本バンタム級挑戦者決定戦3回戦
1位.瀧澤博人(ビクトリー/53.3kg)vs2位.古岡大八(藤本/53.4kg)
勝者:瀧澤博人 / 1-0 (28-27. 28-28. 28-28)
延長 3-0 (10-8. 10-8. 10-8)
---
57.5kg契約3回戦
日本フェザー級3位.拳士浪(治政館/57.1kg)vsダウサゴン・ラジャサクレック(タイ/57.0kg)
勝者:ダウサゴン / TKO 2R 0:38 / ヒジ打ちによるカット、ドクターチェック→レフェリーストップ
---
73.0kg以下3回戦
日本ミドル級3位.今野明(市原/72.6kg)vsサンムック・キクチジム(タイ/72.2kg)
勝者:サンムック・キクチジム / 0-2 (28-29. 28-30. 30-30)
---
(他、10試合 / 堀田春樹 8.25.0:30/No35)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241010..
:
: 08/25/2014 12:35:12
:
: 0
:
メイン5Rで、あったらどういう展開になったかなあ?
今後、メインのラウンドを再検討するのも一考
-----
COMMENT:
::::::::::: 鳴門
:
: softbank126011113029.bbtec.net
:
: 08/26/2014 20:54:26
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
まだキック興行ってあるんですね
-----
COMMENT:
::::::::::: 拳論の堀田
:
: 110-133-193-16.rev.home.
:
: 08/26/2014 23:03:50
:
: 0
: 387ad078e30d8a15f2de99c15e4d899
5Rだったら初回から展開は変わっていたような気がしますし、その予想は難しいですが、5Rでないがために悔いが残ること多そうですね。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241034..
:
: 08/26/2014 23:52:44
:
: 0
: 3b8364e8447777fc90c3b627fc168af
やはり、キックは5Rですることが、伝統ですし、逆転、もしくはコテンパンもあったかも。
客からすれば、ダウンの応酬が一番沸くのですが、今は、健康、安全面で興行が、問われかねないので、リスクある運営は現実には厳しいかも
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126186246093.7.open.
:
: 08/28/2014 17:27:15
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
リトルリーグや少年サッカー団ならともかく、プロ格闘技興行団体が「健康」「リスク」を問題視されるとは。

どの業界も“コンプライアンスの奴隷”と化して大変な時代ですよ。
-----


--------
:::::::::::  
: 9月のキックボクシング興行予定など!

COMMENTS: 1
:
: 0



: 08/31/2014 16:15:47
-----
:
リリース頂いた日程のカードです!
-----
:
TITNS NEOS 16 / 9月13日(土)後楽園ホール17:00〜
主催:TITANS事務局 / 認定:新日本キックボクシング協会
/913titnsneos16./" /913titnsneos16." 913titnsneos16." 0" 275" 388" //
1年前に挑戦して敗れたムエタイ殿堂・ラジャダムナン王者に、WKBA世界王者として江幡睦がフォンペットと再戦。
4年前、ヒジ打ち無しルールで敗れた松本哉朗が天田ヒロミと再戦。ルールは未定。

契約ウェイト・ラウンドは未定、または変更の可能性があります。

バンタム級超 5回戦
WKBA世界バンタム級チャンピオン.江幡睦(伊原)vsタイ・ラジャダムナン系バンタム級チャンピオン.フォンペット・チューワタナ(タイ)
---
ヘビー級3回戦
日本ヘビー級チャンピオン.松本哉朗(藤本)vsWPMF日本ヘビー級1位.天田ヒロミ(デジタルスピリッツ)
---
ミドル級超3回戦
日本ミド級チャンピオン.喜多村誠(伊原新潟)vsLEE.JI.HOON
---
フェザー級超3回戦
日本フェザー級チャンピオン.内田雅之(藤本)vs未定
---
バンタム級超3回戦
日本バンタム級チャンピオン.重森陽太(伊原稲城)vsPARKKIHYEON
---
スーパーウェルター級超3回戦
TOMOYUKI(センチャイ)vs日本ミドル級1位.斗吾(伊原)
---
ライト級3回戦
日本ライト級2位.勝次(藤本)vs夢・センチャイジム(センチャイ)
---
ヘビー級3回戦
日本ヘビー級2位.嚴士鎔(伊原)vs怒火鞭(エムトーン)
---
ウェルター級3回戦
日本ウェルター級2位.ロッキー壮大(治政館)vs栄基(エムトーン)
---
ウェルター級3回戦
日本ウェルター級4位.木村旭洋(伊原)vs同級5位.松岡力(藤本)
---
ウェルター級3回戦
日本ウェルター級3位.大槻翔太(伊原)vs前田将貴(RIKIX)

******************************************
SHOOT BOXING 2014.ct.4 / 9月20日(土)後楽園ホール17:10〜
主催:シュートボクシング協会 / 認定:シュートボクシングコミッション
/920sb./" /920sb." 920sb." 0" 266" 378" //
今秋開催のS-cup2014に向けた最終選考試合。
___
SB日本スーパーライト級王座決定戦5回戦(シュートボクシングのリミット65.0kg)
S-cup65堝本トーナメント2013王者.鈴木博昭(ストライキングres)vsSB日本スーパーライト級3位.平井慎介(及川)
---
SB日本スーパーウェルター級タイトルマッチ5回戦(シュートボクシングのリミット70.0kg)
王者.坂本優起(シーザー)vs挑戦者同級4位.黒木慎一郎(ストライキングres)
******************************************
NJKF 2014 6th / 9月21日(日)後楽園ホール17:00〜
主催:ニュージャパンキックボクシング連盟 / 認定:WBCムエタイ日本実行委員会、NJKF
/921njkf./" /921njkf." 921njkf." 0" 266" 376" //
NJKFの威信を担い、健太がT-98狩りへ打って出る。
WBCムエタイ日本ウェルター級タイトルマッチ5回戦
チャンピオン.T-98(タクヤ/クロスポイント吉祥寺)vs健太(NJKF同級C/E.S.G)
---
どちらも宮城に拠点を置く同士の一戦
WBCムエタイ日本フェザー級王座決定戦5回戦
笹羅歩(NJKFフェザー級C/笹羅)vsTCHN(JKイノベーション・フェザー級C/PCK連闘会)
---
前王者・大和大地(大和)の引退により王座決定トーナメントの決勝
NJKFスーパフェザー級王座決定戦5回戦
1位.鈴木翔也(OGUNI)vs2位.悠矢(大和)
---
64.0垠戚3回戦
WBCムエタイ日本スーパーライト級チャンピオン.テヨン(キング)vs一輝(OGUNI)

******************************************
M-Fight「Suk WEERSAKRECK 察/ 9月21日(日)ディファ有明16:00〜
主催:ウィラサクレックフェアテックス / 認定:WPMF日本支局

WPMF世界フェザー級タイトルマッチ5回戦(126LBS57.152kg)
チャンピオン.スターボーイ・クワイトーンジム(タイ)vs長嶋大樹(WPMF日本同級C/ONES GOL)
---
スーパーフェザー級5回戦
ルンピニー系Sフェザー級6位.シントンノーイ・ポー・ティーラックン(タイ)vs梅野源治(PHOENIX)

*******************************************
REBELS.30 / 9月28日(日)ディファ有明14:00〜
主催:(株)Def Fellow

レベルスムエタイ・ライト級王座決定戦 5回戦
1位.高橋幸光(はまっこムエタイ)vs2位.小川翔(OISHI)
---
REBELS.60kg級3回戦
板橋寛(スクランブル渋谷)vsチホミール・ミテフ(ブルガリア)
---
55.0kg契約5回戦
炎出丸(クロスポイント吉祥寺)vsジョッキー・レック(GT)
---
フェザー級3回戦
清川祐弥(新宿レフティー)vs広・センチャイジム(センチャイ)
---
スーパーフライ級3回戦
矢島直弥(はまっこムエタイ)vs稼頭徳(JTクラブ)
---
スーパーライト級3回戦
安東雅喬(湘南格闘クラブ)vs潘隆成(クロスポイント吉祥寺)
---
REBELS.55kg級3回戦
宮崎就斗(TARGET)vs小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)
---
REBELS62.5kg級3回戦
秀樹(新宿レフティー)vs矢野浩司(OZMOSIS)
---
REBELS.55kg級3回戦
安永雄気(MSJ)vs大出剛生(クロスポイント古河)
---
ライト級3回戦
良太郎(池袋ブルードッグ)vs小磯哲史(テッサイ)
---
REBELS62.5kg級3回戦
小林丈晃(練誠塾)vs岡田ヒロキ(クロスポイント吉祥寺)
---
フライ級3回戦
酒井柚樹(はまっこムエタイ)vsMICHAEL.FLYSKY(フライスカイ)

全18試合予定。
******************************************
第一回.岡山ジム主催興行 / 9月28日(日)くらしき山陽ハイツ13:30〜
認定:ラジャダムナンスタジアム、日本キックボクシングイノベーション
/928okayama./" /928okayama." 928okayama." 0" 265" 375" //
タイ国ラジャダムナンスタジアム・ウェルター級タイトルマッチ(147LBS66.678kg)5回戦
チャンピオン.ジョイシー・イングラムジム(ブラジル)vs同級10位.田中秀弥(RIKIX)
---
スーパーライト級3回戦
ペットナリン・ソー・スパーポン(タイ)vs宮島教晋(誠至会)
---
スーパーウェルター級3回戦
チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(タイ)vs白神武央(拳之会)
---
バンタム級3回戦
アクション・チャムノンファーム(タイ)vs馬木愛里(闘我塾)

他、プロ8試合、アマチアキック5試合など。
******************************************
MuyThaiOpenが独立!

ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)の加盟ジムだったセンチャイジムが連盟との協議の上、8月1日をもって連盟を脱退し、今後はフリーとして自主興行である「MuayThaiOpen」を中心に、活動していくことになっています。所属選手が保持していたNJKF王座は返上となりましたが、NJKF主催興行ならびにMuyThaiOpenにおける選手の出場交流は今後も継続されます(以上、NKJFよりリリース)。

**************************
センチャイジム主催のムエタイオープン、昔だったらフリー孤立でしたが、今はフリーでも活発に興行が打てる時代です。新たな乱立王座は不要と言われる現状ですが、予測どおりMuayThaiOpenの王座は新設されるようです。もう今後幾ら王座が出来ようが国内王座は、日本国の下部地域タイトルと位置づけて見守るしかありません。
(堀田春樹 8.31.16:15/No.36)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241015..
:
: 08/31/2014 18:01:50
:
: 0
:
人気低迷と、比例して、タケノコのようなタイトルが蔓延。
もう、この先も変なタイトルに振り回される興行には、こりごりです
ファンはタイトルより熱い試合を期待しているのだがね
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: om126204042115.3.open.
:
: 08/31/2014 18:06:12
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ラジャのタイトルマッチのポスター、その他大勢の写真のデザインは、ムエタイにロマンを追いかけていた世代の者としては遺憾です。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241006..
:
: 08/31/2014 21:23:33
:
: 0
: 3b8364e8447777fc90c3b627fc168af
ムエタイの伝統タイトルは、最近ではタイ人以外の王者も出てきているが、あまっちょろいレベルにあらず。
おっしゃる通り、ポスターはタイトルの選手だけのかたちが、いいかもね
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: s1347234.xgsspn.imtp.tachikwa.spmode.
:
: 09/01/2014 18:03:42
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
プロレスのポスターと一緒
-----


--------
:::::::::::  
: キックボクシング(TITNS NEOS 16)

COMMENTS: 1
:
: 0



: 09/14/0:10:53
-----
:
江幡睦がムエタイ王者に雪辱。松本哉朗が天田ヒロミに雪辱。
-----
:
;;;;;;;;;;;;;;;
江幡睦は手数圧倒パワフルに攻め勝つ。フォンペットとはキックボクシングルールで1勝、ムエタイタイトルマッチで1敗。今回はキックルール。フォンペットは江幡睦の圧力にロープ際に下がること多いが、老獪なテクニックは健在。隙を突いた反撃は怖いものがあり、ムエタイ王者は倒れなかった。
松本哉朗が今回もヒジ打ち無しルールながら、パンチ主体の天田へ、蹴りパンチ飛び膝蹴り遠慮ない攻めで打ち合いにも応じ、激しい攻防で会場の声援を盛り上げての判定勝利。
喜多村誠はヒジで切るなど優勢に立つも、韓国人の粘りに倒すに至らず。
内田、重森の各チャンピオンのノンタイトル戦は、若くキャリアの浅い相手に無難に勝利もインパクトに欠ける内容。
---
TITNS NEOS 16 / 9月13日(土)後楽園ホール17:10〜21:05
主催:TITANS事務局 / 認定:新日本キックボクシング協会

54.0kg契約 5回戦
/913mutsuki1./" /913mutsuki1." 913mutsuki1." 0" 305" 276" ///913mutsuki2./" /913mutsuki2." 913mutsuki2." 0" 326" 275" //
WKB世界バンタム級チャンピオン.江幡睦(23歳/伊原/53.8kg)vsタイ・ラジャダムナン系バンタム級チャンピオン.フォンペット・チューワタナ(タイ/53.8kg)
勝者:江幡睦 / 3-0 (50-47. 49-48. 50-48)
---
ヘビー級3回戦
/913mtsumotovsamada1./" /913mtsumotovsamada1." 913mtsumotovsamada1." 0" 360" 267" ///913mtsumotovsamada2./" /913mtsumotovsamada2." 913mtsumotovsamada2." 0" 218" 334" //
日本ヘビー級チャンピオン.松本哉朗(39歳/藤本/94.0kg)vsWPMF日本ヘビー級1位.天田ヒロミ(41歳/デジタルスピリッツ/100.0kg)
勝者:松本哉朗 / 3-0 (3者とも29-28)
---
73.0kg契約3回戦
/913mkoto1./" /913mkoto1." 913mkoto1." 0" 332" 245" //
日本ミド級チャンピオン.喜多村誠(34歳/伊原新潟)vs李・ジフン(26歳/韓国)
勝者:喜多村誠 / 3-0 (30-28. 30-26. 29-28)
---
58.5kg契約3回戦
日本フェザー級チャンピオン.内田雅之(36歳/藤本)vs森下翔陸(17歳/CRZY WOLF)
勝者:内田雅之 / 3-0 (30-28. 30-28. 30-27)
---
54.0kg契約3回戦
日本バンタム級チャンピオン.重森陽太(19歳/伊原稲城)vs朴・キヒョン(17歳/韓国)
勝者:重森陽太 / 3-0 (3者とも29-28)
---
71.0kg契約3回戦
TOMOYUKI(前NJKF・Sウェルター級C/32歳/センチャイ)vs日本ミドル級1位.斗吾(25歳/伊原)
勝者:TOMOYUKI / 2-0 (30-28. 30-29. 29-29)
---
ウェルター級3回戦
栄基(27歳/元NKBウェルター級C/エムトーン)vs日本ウェルター級2位.ロッキー壮大(27歳/治政館)
勝者:栄基 / 3-0 (30-28. 30-29. 30-28)
---
63.5kg契約3回戦
日本ライト級2位.勝次(27歳/藤本)vs夢・センチャイジム(24歳/センチャイ)
勝者:勝次 / 3-0 (30-26. 30-27. 30-27)
---
他、6試合
(また追記致します。堀田春樹 9.14.0:10/No.38)
-----
:

-----
:

-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: 27-142-152-114.rev.home.
:
: 09/14/2014 12:11:03
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
堀田さん
いつもありがとうございます。
でもどことなく
盛り上がりに欠ける大会でしたね。
-----
COMMENT:
::::::::::: WKBA野口系キック
:
: 2249241008..
:
: 09/15/2014 14:05:34
:
: 0
: 3b8364e8447777fc90c3b627fc168af
KOが、ほとんどないし、盛り上がりに欠けたのかなあ?
3R制に、設定した意味、あるのかと、、、
-----
COMMENT:
::::::::::: 拳論の堀田
:
: 61-21-200-33.rev.home.
:
: 09/15/2014 21:57:48
:
: 0
: 387ad078e30d8a15f2de99c15e4d899
後半にKOが集中すればインパクト強かったでしょうね。KOは前半に3つありました。松本は以前のKO負けをKO勝ちで返して欲しかったですね。内容は戦略的に圧倒でした。ヒジ有り5回戦は重要ですね。
-----
COMMENT:
:::::::::::
:
: 27-142-152-114.rev.home.
:
: 09/16/8:34:24
:
: 0
: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ムエタイのチャンピオンとキックで戦って
意味が有るのかなぁ、とも。

LINEで送る