KICK THE ROOTS 無効試合の措置について

  • 2010/06/23(水)

 6・3宇都宮「KICK THE ROOTS〜宇都宮キックボクシング」のメインイベント、WMF世界Sミドル級王座決定戦、庵谷鷹志とSHOHEIの試合が無効試合になった件について、主催者から報告です。

 6月17日、庵谷隆(庵谷鷹志)、小林昇平(SHOHEI)の当事者と、山本真吾(我龍真吾/役員)、伊東卓(Masaru/役員)、大島健太(役員)、椎名利一(JKBレフェリー協会)でVTR検証を行なったとのこと。

 試合は、SHOHEIのラッシュでレフェリーが庵谷にスタンディングダウンを宣告。カウント8でファイティングポーズを取り再開。再びカウンターの左ヒジで庵谷がダウン、カウント9で構えたところ、SHOHEIはカウント中、ニュートラルコーナーに下がらず、レフェリーの真後ろで臨戦態勢。それに気づかず試合を再開しようとしたレフェリーを押しのけ攻撃。レフェリーが割って入り即、減点1を宣告。しかし、庵谷はダメージ大きく続行不能となり陣営がタオル投入。ただし、これは「試合放棄」ではなく「一時的に選手を救う緊急処置」だったと説明。しかし、リングアナはタオル投入でSHOHEIのTKO勝利をアナウンス。最低をめぐって混乱となり、一時的な処置としてノーコンテストが発表されています。

 主催者は以下のことを問題点にあげています。(原文まま)
-------------------------------------------------------
・ダウン奪取後、ニュートラルコーナーに下がらないSHOHEIの反則。
・試合再開を待たずして相手に攻撃するSHOHEIの反則。
・選手のニュートラルコーナー待機を確認せずにカウントを進めたレフェリーのミス。
・再開を待たずして攻撃する選手を迅速に止められなかったレフェリーのミス。
・選手を守る為とはいえ、タオルを投入してしまった庵谷セコンドのミス。
・そのタオル投入を見て、審判団の判断を待たずSHOHEI勝利をコールしたアナウンサーのミス。
・ガウン着用で、一見、選手だけにしか見えない我龍が、マイクを握って事情説明するミス。
・本来、事情説明をすべき主催者がそれを出来なかったミス。
--------------------------------------------------------

 結果、「両選手の“自分の負けにしてほしい”という潔い訴えも加味して、
ノーコンテストから「主催者預かり試合」とし、年内の再戦を同じルール、
10−8で2ポイントSHOHEIリードの状態から試合をやり直す」ことを決定し、正式裁定は「1回1分40秒 主催者預かりによる試合中断」とのこと。

 正直な感想を言えば、選手も一緒になって裁定を協議するというのも変ですし、アクシデントが多数起きたときにどのルール部分を優先するかを決めておかなければ、何かあるたびにこうして協議して結果を曖昧に決めるということにしかならないのではないかと。まさか公式ルールに「主催者預かりによる試合中断」という裁定があるとも思えず、話し合いで決められるのなら極端な話、「アクシデントがあったので結果はじゃんけんで決めます」と後で言うことだってできてしまうというか、リング上でのミスは(起こるものなので)仕方ないとしても、そのミスが起こったときの、こうした対処の方が残念な印象です。レフェリーが見逃した場合はどうするのか、棄権の意味じゃない(笑)タオル投入の場合はどうするのか、そういうこともルールに決めておくべきでしょうね。
 こうしてガラス張りに説明する部分だけは評価できますが…まずはキックのずさんな部分をなくす努力をしてもらいたいです。(ハイセー)

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

読んでてビックリしました。
ボクシングしか知らない自分としては、こんな興行、怖くてチケット買えないです…すごいんですね、キックボクシングって。
投稿者: 名乗れない人 2010/06/23[編集]

    JBCはなんだかんだいってクオリティ高い。
    投稿者: 名乗れない人 2010/06/23[編集]

    SHOHEIをニュートラルコーナーに下がらせないまま、カウントしたレフリーのミスに尽きるのではないでしょうか。
    レフリーが気付いていない場合、ジャッジなり本部席からレフリーに助言があっても良さそうなもの。
    また、『審判団の判断を待たずSHOHEI勝利をコール』するくらい気が利くリングアナなら、SHOHEIにニュートラルへ行くようにマイクで言う事も出来たのでは。

    ともかく、競技と呼べるモノではないですね。
    投稿者: ピッカリ 2010/06/23[編集]

    ろくでもないなあ、絶対に見に行きたくない、こういうのは。
    投稿者: 名乗れない人 2010/06/23[編集]

    そもそもJKBレフェリー協会ってひどいレベルなので、そこを使っている時点でダメ。いろんな団体の仕事を請けて、ろくすっぽルールを認識してない互助会だから。
    投稿者: 名乗れない人 2010/06/23[編集]

    要するにこういう連中って、ちゃんとしたスポーツに関わったことがないようなのでしょ。見よう見まねでやってるだけ。拳論はとりあげる価値ないと思う。
    投稿者: 名乗れない人 2010/06/23[編集]

    総合格闘技とかで多いですよね、こういう不明瞭な裁定。
    投稿者: 非A 2010/06/23[編集]

     K−1と何が違う、というか流石にK−1ももっとマシな判定しますよ、これは。
     なんで一々警察の捜査みたいなことやるのかわからん。
    投稿者: サム 2010/06/23[編集]

    >ダウン奪取後、ニュートラルコーナーに下がらないSHOHEIの反則。
    >試合再開を待たずして相手に攻撃するSHOHEIの反則。
    この2つだけで、充分SHOHEIの反則負けに値するのではないでしょうか。

    >両選手の“自分の負けにしてほしい”という潔い訴え
    選手自身で勝敗を決められるのなら、レフリーもジャッジも要りません。

    ともかく、この手のイベントが無くならない限り、格闘技の地位向上はありませんな。
    投稿者: ちん吉 2010/06/24[編集]

    最初からやり直さないんだ。。。
    そこがすごい。。。
    投稿者: daisuke 2010/06/24[編集]

    てかjkbのレフェリー
    は参加してないじゃんレフェリーはmaだったし。jkbは倒してもニュートラルにいかないとカウントしてくれない。
    投稿者: 名乗れない人 2010/07/20[編集]

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する