春樹のジム訪問!No1(ナインパックジム)

  • 2011/04/29(金)

キックボクシング元・日本ウェルター級チャンピオン、北沢勝(元・目黒)がナインパックジム開設。

ここ数年来、若い世代のジム設立が目立っていますが、小野寺力氏のRIKIX、鴇稔之氏のキックボックス(新妻聡氏の新妻格闘塾は閉鎖)等、目黒ジム出身者のジム設立も古い時代の方々でなく、この平成時代を共に生きた選手たちが理念をもって独立していくことは次代への布石となっていく気がします。「目黒一門会」と勝手に呼ぶ私ですが、そう呼びたくなるような、目黒を応援してきた者から観ればそういうグループの共催興行がいずれあったらなと勝手ながら想像してしまいます。

もう2ヶ月近く経ちますが、元・日本ウェルター級チャンピオンの北沢勝氏も3月1日に足立区西新井でNINEPACK(ナインパック)ジムを開きました。ダイエット・体力作りなど素人の方が入会し易いエクササイズが充実しています。もちろんプロデビュー・チャンピオンを目指す会員には選手本格育成コースも作られています。経営者として、トレーナーとして毎日ジムに勤める北沢勝会長は、「疲れるけど一般のお客様に『キックってこんなに面白いんだぁ〜!』と言われると疲れが吹き飛びます。」と充実の日々の様子。素人一般会員さんでも、パンチとキックの全身運動を行なうため、グローブを付けてのミット受け実技指導も行ないます。一般会員さんには楽しくトレーニングして頂くことが大切です。北沢会長の指導は言葉使いが優しいので女性会員さんは汗をかきながらも笑顔が見られるリラックスムードです。他トレーナーも指導に当たります。今の時代のジム経営は広く綺麗で清潔、BGMも有り明るいムードが当たり前の時代ですね(節電はしています)。ナインパックジムは正にそのとおりの出来たてのジムです。(以上、宣伝のつもり!)

私と北沢勝氏とは17年前、タイのゲオサムリットジムのアナン会長宅泊り込み同士で出逢った仲でした。北沢氏は日本でデビュー戦を一ヶ月後に控え、私はタイの仏門に入る一週間前でした。歳も立場も行く道も活躍する舞台も違う者同士でしたが、修行の身にある仲間意識が持てた時期で、今でも同じ釜の飯を喰った仲間意識は強いものです。北沢氏はその後ランクを上げ、2000年1月に武田幸三の持つ日本ウェルター級王座に挑戦。惜敗しつつも2002年、米田克盛を破り王座奪取。2004年に引退。
目黒ジムといえばかつては伊原信一氏や沢村忠氏の現役時代、先輩後輩の縦社会で殺伐としたジムの雰囲気だったと言われます。その他のジムでも同じ事でした。私が初めて渡辺ジムを訪れた頃は何とも暗いムードで誰も笑顔が見られない、カメラ構えていた私をしかめっ面で睨んでいく殺伐とした雰囲気でした。「もう二度とこのジムは来ない」と思った当時の事は懐かしく、時代は変わり2006年に困ったことに!?渡辺会長を取材しなければならなくなった為、昔のイメージを引きずったままジムに行った日には女性インストラクターが笑顔で接していたことには驚いてしまいました。そんな過去のジムを思い浮かべながら、ナインパックジムを見ていると今からでも入会したくなります。痛いの苦しいの嫌いな人でも楽しく練習できますし、会社のむかつく上司や意気の合わない先輩後輩のお持ちの方々、キックボクシングの練習はミット蹴りが出来て、上司に無い技術を身に付けられ、ストレス発散にもなりお薦めです。北沢会長は認めていませんが、私認定のダジャレ大歓迎のジムです。(この部分、後で怒られて消すと思います!笑?)

東武伊勢崎線西新井駅徒歩3分。東京洪誠病院と西新井警察署の間にあります。何らかの事件事故があった際もお隣にお世話になれます!
営業時間 月〜土 11:00〜22:00 / 日・祝日 10:00〜21:00
足立区西新井栄町1-17-20
(堀田 4.29 21:00 / 5.2 23:30 / 5.3 15:00)No20

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

>目黒ジムといえばかつては伊原信一氏や沢村忠氏の現役時代、先輩後輩の縦社会で殺伐としたジムの雰囲気だったと

昔のジムには選手を目指す練習生しかいなかったですからねえ。

ボクシングやキックのジムに、健康促進とダイエット目的の一般人が入門するようになるなんて、想像もできませんでしたよ。

90年代の前半でした。仕事で東大阪に長期出張することになり、大阪帝拳に見学に行った時のこと。

大久保さんが数名の練習生引き連れて現れると、こちらをジロリとひと睨み。

「なに?エクササイズやりたいの?どっか紹介しよか?」

ジムワークから離れて久しく当然走ってもいなかったので、当方の体は緩みきっていました。「ああ、これこれ。この雰囲気。」と、厳しかったトレーニングを懐かしさとともに蘇ってきて、ちょっとニヤつきながら見ていたのがカンに触ったようでした。

「一応経験者なんですよ」とも言わずにそのまま大阪帝拳を後にして、プロに加盟していないジムを探して回ったことを思い出します。

ほんとうにジムも様変わりしました。
投稿者: 名乗れない人 2011/04/29[編集]

    北沢勝氏といえば、95年頃の、男25才からの格闘技という、スタートの遅い格闘家の特集で紹介されてましたね。
    投稿者: せん 2011/04/30[編集]

    気持ちの強い選手でしたが、一方で独特の明るいキャラもありましたから、会員に好かれる会長さんになりそうですね。

    確かに僕が若い頃とはすっかりジムも雰囲気が変わりましたね。昔の殺伐とした空気も懐かしい今日この頃です。
    投稿者: ★片岡亮<拳論> 2011/04/30[編集]

    1度

    襲撃してみようと思います(−_−メ)
    投稿者: 出美流漫 2011/05/02[編集]

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する