キックボクシング(新日本・市原興行)

  • 2012/04/08(日)

スーパーキック / 市原臨海体育館 / 4月8日(日)
主催:市原ジム / 認定:新日本キックボクシング協会

蘇我英樹の東洋王座初防衛戦は、アゴに右ストレートで最初のダウンを奪い、ボディーへの左フックで完勝。5月にはタイ国BBTVフェザー級チャンピオンと対戦予定(7chテレビ局の王者)。さらには石井宏樹に続き、ラジャダムナン王座も視野にハードルを上げていく模様。スーパーフェザー級といえばルンピニーランカーの梅野源治がいるクラス。両者が絡むことはあるのか、比較していくだけでも話題になりそうな、今後の展開が期待されます。

画像・左から市原ジム・小泉猛会長、キック創始者・野口修氏、チャンピオン・蘇我英樹、協会代表・伊原信一氏。創生期の3階級制東洋タイトル認定から46年になります。
(堀田 4.8.23:50.No12)
-
東洋スーパーフェザー級タイトルマッチ 5回戦

チャンピオン.蘇我 英樹(市原/58.9kg)vs同級3位.チャナサック・サックソムソーイ(タイ/57.9kg)
勝者:蘇我英樹 / TKO 1R 2:05 / カウント中のレフェリーストップ / レフェリー=ナルンチョン・ギャットニワット
-
54.5kg契約3回戦

日本フライ級1位.越川 大樹(市原/54.2kg)vs日本バンタム級2位.古岡 大八(藤本/54.2kg)
引分け / 0-1 (29-30. 29-29. 30-30)
-
ミドル級3回戦/日本ミドル級4位.今野 明(市原/72.5kg)vs博通(治政館/72.3kg)
引分け / 0-1 (29-30. 29-29. 29-29)
-
63.0kg契約3回戦/日本ライト級7位.トーマス中村(市原/62.9kg)vsトース・ナ・ノンタチャイ(タイ/62.8kg)
勝者:トーマス中村 / TKO 2R / カウント中のレフェリーストップ
-
55.0kg契約3回戦
日本バンタム級7位.ベニー・ユキヒデ(ホワイトタイガー/54.8kg)vs日本バンタム級8位.逸可(トーエル/54.9kg)
勝者:ベニー・ユキヒデ / 2-0 (30-29. 29-29. 30-29)
-
59.0kg契約3回戦/オム・ヒョンスン(韓国/58.3kg)vs阿修羅(PCK/58.4kg)
勝者:阿修羅 / TKO 3R 1:22 / カウント中のレフェリーストップ
-
63.0kg契約3回戦/ユン・ジュファン(韓国/62.3kg)vs日本ライト級10位.福岡 直也(治政館/62.9kg)
勝者:福岡直也 / TKO 2R 1:20 / ノーカウントのレフェリーストップ
-他、3試合-

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する