ショータイム 「元K−1谷川貞治氏の役目は終わった」

  • 2012/04/22(日)

 オランダのキックボクシング「イッツ・ショータイム」の日本支部STJ「IT’S SHOWTIME JAPAN」が、元K−1代表の谷川貞治氏から「妨害を受けた」として本部に報告、これにショータイムのサイモン・ルッツ代表が声明文を発表しました。以下、原文ママ。
--------------------------------------------------
 日本からの報告によると、複数の日本人選手が谷川氏と他の何者かの妨害によって
マッチマイクを難航させているとのこと、まったくもって驚きであります。彼らは「選手がIT’S SHOWTIME関連の興行に出場するとK-1には出場できない」と言っているそうです。ご存知のようにIT’S SHOWTIMEは、キム(マイク・キム)氏の新しい会社、K-1グローバルと非常に親密な関係を結んでおり、全盛期のレベルにまで立ち戻すために我々は全力のサポートを行います。IT’S SHOWTIMEの選手をK-1に出場させることは、K-1支援の方法の一つです。

 IT’S SHOWTIMEの興行に出場する我々のマネージメント下の選手は、K-1興行にも出場する大きな可能性を有しております。谷川氏が、上記のような選手を締め付けるようなことを言っていた事実は、常軌を逸しており、K-1のキム氏は、谷川氏はもはや現役ではないと断言されました。つまり、谷川氏は、もはや日本のキックボクシング界に何の影響力も持っておらず、氏の役割は終ったということです。

 二ヵ月前、谷川氏は5月27日のK-1の興行に出場する2名の日本人選手(名城裕司、城戸康裕)をキム氏に紹介しました。当初、私にとって問題のないことでしたが、先週の水曜日、「自分はまだK-1グローバルに影響力を持っている」と他の選手に思わせるために、これらの選手を谷川氏は選んだのだということに気づきました。しかし、これはいかなる形でも事実ではなく、近くそれは明らかになるでしょう。

 谷川氏に続いてそのような駆け引きをしようとしている何者かがいて、私は彼を個人的に知りませんが、そのような人物がK-1に出場できる選手、できない選手を選出する権限は有しておりません。この問題を私はキム氏と話し合ってきました。日本の選手たちは誰でも(STJを介して)IT’S SHOWTIMEで試合ができますし、同様に新K-1にも参戦チャンスがあります。このことは間違いありません。このリリースで全てがクリアになったものと期待します。

 とにかく、2012年9月17日の「IT’S SHOWTIME in Yokohama」をお忘れなく!

サイモン・ルッツ(IT’S SHOWTIME)
--------------------------------------------------

 現在のK−1はかつてのFEGではなく「K−1グローバルホールディングス」という名称の新しいプロモーターが引き継いでいて、こことショータイムは関係に問題ありませんよ、ということですかね。STJの日本初興行は9月17日に、パシフィコ横浜・国立大ホールで開催されます。(ハイセー)

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

もうK−1なんて日本で人気でないよ。
投稿者: 名乗れない人 2012/04/23[編集]

    中量級で魔裟斗というスターは生み出したものの、それ以前からのヘビー級では日本人のGP(グランプリ)王者は生まれず外人天国だったし、次世代も育たなかった。日本人選手の奮闘を揶揄するつもりはないが、ヘビー級の壁がいかにハードルが高いかがやはりK−1を見ていると分かる。

    自分が生まれる前だけど、沢村忠の後はキックボクシングも廃れた。しかし、ボクシング以外の立ち技格闘技が再び世間から注目を浴びるきっかけになったのもK−1のおかげだし、日本のスポーツ史における歴史の一つになったのも事実だと思う。

    再び格闘技及び格闘家達の臥薪嘗胆の時代になったわけだが、K−1の成功も失敗も含めて、日本ではプロ格闘技が今後どうなっていくかを見守っていくのもマニアとしては面白い。

    しっかし、HIROYAのような世代の選手たちにとっては夢の無い時代となってしまったもんだ。
    投稿者: 名乗れない人 2012/04/23[編集]

    ホントにK−1全盛期を思うと物悲しいもんですなあ。

    幸いボクシングはここのところ世界王者も世界戦中継も増え、好調と言えなくもないですが、それも他の格闘技中継がなくなったから繰り上がっただけで、今こそ他の格闘技がなんでこんな状態になったのかを反面教師にして、ボクシング人気を上げて行ってほしいもんですね。

    しかしK−1全盛期にはボクサーリングに上げちゃローキックで倒して威張ってるのがムカついて仕方なかったですが、今の惨状を見ると、やっぱ同じ格闘技としてあの人気を少しでも取り戻してほしいもんですね。
    ホントにこれじゃ全盛期にテレビでK−1見て憧れて入ってきた若い選手があんまりですもんねえ。

    投稿者: 宇弓 2012/04/23[編集]

    >ホントにこれじゃ全盛期にテレビでK−1見て憧れて入ってきた若い選手があんまりですもんねえ。

    まあ、ボクシングに後ろ足で砂をかけてK−1だの総合に入った若い選手もいましたから。あえて誰とは言いませんが、同情しません。
    投稿者: 名乗れない人 2012/04/24[編集]

    所詮は一企業のやることなんで儲からなくなったら終わり。
    投稿者: 名乗れない人 2012/04/25[編集]

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する