1月26日開催予定、「レキオバトル名護 vol.4」!

  • 2019/12/30(月)

2017年4月23日に第1回興行を開催し沖縄県名護市で生まれた格闘技イベント「レキオバトル名護」の第4回興行を2020年1月26日、名護市民会館中ホールにて開催。


レキオバトル名護 vol.4 / 1月26日(日) 開場11:30、アマチュア開始12:00、プロ開始16:30
会場:名護市民会館中ホール(沖縄県名護市港2丁目1-1)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会 

第7試合   メインイベント  64.0kg契約 5回戦


マサ佐藤(蹴拳ムエタイ・ライト級C/名護ムエタイスクール)vsどん冷え貴哉(Maynish)

沖縄キックボクシング界を代表するキックボクサー、五冠王“やんばる将軍”マサ佐藤が、地元やんばるにて約2年ぶりの試合でメインイベントに登場。
マサ佐藤は11月17日、岡山ジム主催興行で行われた「岡山ZAIMAX MUAYTHAI 65kg賞金トーナメント」に出場。8選手によるワンデートーナメントの準々決勝で現地の俊英“岡山名物”翔貴をKOに下し、準決勝戦、結果的に優勝者となるタップロン・ハーデスワークアウトと激戦を繰り広げ判定惜敗。今回は、そこからの復帰戦となる。
どん冷え貴哉は、現在、滋賀県大津市のMaynish KICK BOXING所属だが、このジムの前身は、“ムエタイ都市伝説”ヤスユキ(2016年引退を中心に個性派選手を多数輩出したDropoutであり、どん冷えこそは、ヤスユキのスパーリングパートナーとして鍛え上げられた生え抜きである。

現在、京都市山科区で整体院(京都山科カイロ院)を営むヤスユキこと山本恭之院長からのどん冷え推薦の言葉を紹介。
「どん冷え貴哉は、僕が現役中にスパーリングパートナーとして、ずっと練習を共にしてきた選手です。持ち味は、顔面の打たれ強さと豊富なスタミナ。スパーリングでは幾度となく彼の顔にパンチを打ち込みましたが、負傷するのはいつも自分の拳でした。天から授かった強靭な顔面は正に凶器そのもの。今夜も相手の拳を砕きにかかることでしょう。
対するマサ佐藤選手の武器も、異常なまでのタフネスと無尽蔵のスタミナ。貴哉の長所と重なる部分も多いと思います。格闘技は相性をジャンケンで例えられますが、今回の対戦はまさにグーVSグー。ガチンコの真っ向勝負になると思いますので、名護の皆様もきっとご満足いただけるでしょう!」

佐藤の特徴は、無類のタフネスと無尽蔵のスタミナ。ヤスユキの言葉の通り、どん冷えの持ち味も同類。つまりは、原子力エンジンを積んだ戦車×タンクのような正面激突。試合は、純キックボクシングルールの3分5回戦。
翔・センチャイジムを撃沈し鉄拳、水落洋祐を斬り裂いた肘刀は、ヤスユキのナックルを壊すほどの強度を持つどん冷え戦車の装甲を突き破ることができるのか。はたまた、佐藤のタフネスを上回り滋賀の伏兵がやんばる将軍の首級を上げる番狂わせをしてのけるか。

---
第6試合   エキシビションマッチ(ルール未定)


石井一成(WPMF世界フライ級C/エクシンディコンJAPAN)EX儀部快斗(エクシンディコンJAPAN)

石井一成は、少年時代、アマチュア14冠王に輝きつつ、本場タイ遠征を繰り返し、数々のタイトルをものにしてきた日本軽量級の至宝。
2018年、日本フライ級のトップが集結した「KING OF KNOCK OUT初代フライ級王者決定トーナメント」で、優勝候補筆頭として参戦し、“プリンスキラー”政所仁、“琉童子”仲山大雅、“ワンダーボーイ”大一貴を撃破した優勝の栄冠。更には、今年2月、タイで評価の高い強豪、ヨードイ・ゲオサムリットを相手にKO勝利でWPMF世界フライ王座を奪取。
対する儀部快斗は、少年時代からフルコンタクト空手で数々のタイトルを奪取し、ムエタイと出会うと、十代のほとんどをタイで過ごし、タイ南部パンガン島で“ムエタイ皇帝”ナムサックノーイ・ユッタガーンガムトーンに師事し、約40戦を戦い抜き、RAM100スタジアム認定バンタム級チャンピオンになるなど活躍。成人式を境に帰国し、ジュニアアマ時代の盟友、石井一成と共に更なる研鑽をすべく故郷のエボリューションムエタイジムから福岡のエクシンディコンジムJAPANに移籍し、石井たちと練習の日々を送っている。

------------------
第5試合 スーパーライト級3回戦 
リュウイチvsエイト(SRK)

レキオバトルの常連、猛ファイター“南部の闘将”エイトの対戦相手は、前・TENKAICHIスーパーライト級チャンピオン.リュウイチ。
昨年3月24日、沖縄を代表するレジェンド“琉球鉄拳”中村広輝(赤雲會)とTENKAICHIのコザ・ミュージックタウン音市場興行のメインイベントで対戦し、最終3ラウンドに右フックでダウンを奪い勝利したジャイアントキリング達成の快挙。アマチュアボクシングの高校国体選手でもあり、以前からパンチの精度と決定力には定評があったリュウイチ。
そんな大物を相手にするエイトは、昨年11月23日、中国のメジャーイベント「2019英雄伝説アジアチャンピオンシップトーナメント in 深圳」で、フー・ハイウェンに猛烈な打ち合いの末、ダウンを奪って快勝。今回興行のメインイベンター“やんばる将軍”マサ佐藤が2016年に64kg級で優勝の快挙を成した上昇街道を勝ち進んでいる最中。常の全力連打を飽くなき前進で繰り出す好漢。

-------------
第4試合   スーパーバンタム級3回戦 
弘樹(Y’ZD豊見城)vs)vsSRKスアカーオ・シッラッチャヨーティン(=宮城五政/SRK)

弘樹は、レキオバトル前回興行(2019年1月20日)、佐喜眞祐作と対戦し、テクニックでパワーファイターとノンストップの激戦の上、判定勝ち。タイ人トレーナーが充実するY'ZD豊見城ジムでは、インストラクターを務めながら技術の研鑽に努め、その腕前は上がる一方。対するSRKスアカーオは、弘樹が佐喜眞を破る前、アマチュアレキオバトル55kg級王者決定トーナメントで優勝してチャンピオンとなった。こちらも日々、タイ人トレーナーに指導を受けムエタイに傾倒するが、相当好戦的なファイタータイプでもある。ボクシングをベースにした佐喜眞とはまた違い、ムエタイを知る攻撃型のSRKスアカーオにどう当たるか。

---------------------
第3試合   バンタム級3回戦
玉城海優(糸満)vs大弌(ASUKI)

常に突貫、鋭いワンツーで前進を貫く玉城と、新人ながらTENKAICHIランカーとして活躍する大弌のレキオバトルならではの対戦。

------------------
第2試合   65.0kg契約3回戦 
LUIGI(虎の穴)vs宮城武蔵(名護ムエタイスクール)

この試合がプロデビュー戦となる宮城は、昨年12月8日、最後のアマチュアマッチに1ラウンド0分4秒、右ハイキック1発でTKO勝ち。そのインパクトは凄まじく、同興行のMVPにも選出されている。そして、そのアマ戦績は9戦7勝2分の無敗。久々に現れた大型新人である。それにしても相手は、いきなりのランカー選手。LUIGIは、2017年4月23日「レキオバトル名護 vol.1」でワンパンマン浦野と対戦。そこでは敗戦するも、精力的に戦い続けるLUIGIは、豊富な経験値を持つ。伝説の剣豪と一文字違いの武蔵は、ここで跳ね上がり拳豪への道を白星で踏み出すことができるだろうか。

-----------
第1試合   フライ級3回戦
儀間頼音(糸満)vs三島隆一朗(エボリューションムエタイ)

-----------------------------------
アマチュアレキオバトル王者決定トーナメント2020開催!

「レキオバトル名護 vol.4」は、これまでのイベントと同じく昼からアマチュア大会が併催されるが、ここで前回から始まり第2回となる「志喜組 presents アマチュアレキオバトル王者決定トーナメント2020」が開催決定。
これは、男子50kg、55kg、60kg、65kg、70kg級の5階級、女子45kg、50kg級の2階級、計7階級で厳選された4名のワンデートーナメントでアマチュアレキオバトル王者を決めるものである。
2019年に誕生した6名のチャンピオンたちの中には、すでにプロデビューを果たした者もいるが、ここから「沖縄から世界へ」を体現するキックボクサーが誕生することを願うばかりである。

---
アマ沖縄×福岡対抗戦14試合が決定!

「レキオバトル名護 vol.4」内のアマチュア大会で大型企画「琉慎建設 presents アマチュアレキオバトル沖縄×福岡対抗戦」が決定。
福岡のエクシンディコンジムJAPANとMSJキックボクシングジムが連合して、ジュニア王座を多数獲得するチャンピオンたちを含めた14選手団を結成し沖縄進行!
対するは、レキオバトルのアマ大会「ミニレキオバトル」などで経験を積んできたオキナワンキックボクサーたち。現在、選手レベルを考慮し鋭意マッチメイク中だが、福岡選手団14名は以下の通り。

エクシンディコンジムJAPAN……原田虎右助(小4)、定松叶真(小4)、加藤悠太(小6)、神野佑太朗(小4)、山口創聖(小2)、押川香菜(中1)
MSJキックボクシングジム……西園陽(小5)、前田琉希(小5)、大田隆成(小6)、西園晟(中1)、内田貴大(中1)、大田優気(中2)、大田梨緒(17歳)、野田隆志(33歳)

これらの福岡勢とのワンマッチ対抗戦の他、通常のアマ公式戦も行われる今回の「レキオバトル名護 vol.4」では、来年1月8日締切で、参戦選手を現在も募集中。
参戦募集詳細:http://lequiobattle.blog.jp/archives/39387800.html

------------------------------------
名護ファイティングスポーツ実行委員会
代表・大島健太氏より配信されました情報です。

(堀田春樹)No.121 / 12.30掲載

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する