KICK ORIGIN 2010 1st 2020新春三階級王座決定戦!

  • 2020/01/06(月)

簡潔ながら試合結果、三つの王座で新チャンピオン誕生。


ヤングライオン賞は西原茉生が受賞
武田幸三賞はモトヤスックが受賞

ユーエルシー接骨師会代表・三瓶輝明氏が毎度のプレゼンターで御登壇。

-------------
KICK ORIGIN 2010 1st 2020新春三階級王座決定戦
1月5日(日)後楽園ホール17:00〜20:55 / 主催:ジャパンキックボクシング協会

第11試合  メインイベント  52.0kg契約 5回戦
ここで左ヒジがヒットした様子。

ジャパンキック協会フライ級チャンピオン.石川直樹(治政館/51.7kg)
     VS
松崎公則(元・WPMF日本スーパーフライ級C/STRUGGLE/51.9kg)
勝者:石川直樹 / TKO 4R 3:00(発表は4R終了) / ヒジ打ちによるカット、ドクターの勧告を受入れレフェリーストップ
主審:仲俊光

首相撲からのヒザ蹴りは中盤から石川が優位になり始める。
第4ラウンドの終了寸前に石川の左ヒジ打ちが松崎の右眉上辺りにヒット。ほぼ3分での流れでゴングは鳴るが、レフェリーがラウンド内のタイムストップとしてインターバルには入らず石川をニュートラルコーナーへ待機させドクターチェックに移るも、そのまま試合続行不可能となる。



-------------------------
第10試合   第2代ジャパンキック協会ライト級王座決定戦 5回戦


1位.永澤サムエル聖光(ビクトリー/61.23kg)vs3位.興之介(治政館/61.0kg)
勝者:永澤サムエル聖光 / TKO 3R 1:49 / ノーカウントのレフェリーストップ
主審:椎名利一

昨年8月の初代王座決定戦は永澤サムエル聖光が脱水症状から棄権となり、対戦相手だった直闘がチャンピオンに認定されるも、その後返上。改めて王座決定戦となった。
第2ラウンドに永澤がパンチ連打による2度のノックダウンを奪い、ラウンド終了間際にはヒジ打ちで興之介の頭頂部をカットする。第3ラウンドも永澤のパンチで興之介から2度目のノックダウンを奪い、ノーカウントでのレフェリーストップとなった。



--------------------------
第9試合   初代ジャパンキック協会ウェルター級王座決定戦 5回戦


1位.政斗(治政館/66.3kg)vs2位.モトヤスック(治政館/66.67kg)
勝者:モトヤスック / TKO 5R 0:37 / ヒジによるカット、ドクターの勧告を受入れレフェリーストップ
主審:少白竜

同門対決での王座を懸けた試合。第2ラウンドにモトヤスックがパンチで2度ノックダウンを奪うも倒しきれず。第3ラウンドからモトヤスックが攻めの圧力が落ち、政斗が持ち直す。そのまま第5ラウンドまで引きずり、モトヤスックの左ヒジ打ちで政斗の右眉上をカット、ドクターの勧告を受入れレフェリーストップとなった。



---------------------------
第8試合    第2代ジャパンキック協会フェザー級王座決定戦 5回戦


2位.渡辺航己(JMN/56.7kg)vs3位.櫓木淳平(ビクトリー/56.9kg)
勝者:渡辺航己 / 判定3-0 / 主審:松田利彦
副審:仲50-46. 少白竜50-46. 椎名50-47


第4ラウンドに渡辺がヒジ打ちで櫓木の左目尻辺りをカット、渡辺の勢いが増し、櫓木の攻めが遅め。6歳若い渡辺が判定勝利。



----------------------------
第7試合   55.5kg契約3回戦


馬渡亮太(治政館/55.5kg)
     VS
チャモアペット・ソー・ウィラデット(元・ルンピニー系スーパーフライ級4位/タイ/55.2kg)
勝者:馬渡亮太 / TKO 2R 1:32 / カウント中のレフェリーストップ / 主審:桜井一秀



------------------------------
第6試合   59.0kg契約3回戦
瀧澤博人(元・日本フェザー級C/59.0 kg)
     VS
ペットワンチャイ・ラジャサクレックムエタイジム(タイ/58.75kg)
勝者:ペットワンチャイ / TKO 3R 1:43 / ドクターの勧告を受入れレフェリーストップ / 主審:仲俊光

---
第5試合   54.0kg契約3回戦
JKAバンタム級1位.幸太(ビクトリー/53.9kg)vs同級3位.阿部泰彦(JMN/53.9kg)
勝者:幸太 / TKO 1R 2:58 / カウント中のレフェリーストップ / 主審:仲俊光

---
第4試合   ライト級3回戦
JKAライト級4位.野崎元気(誠真/61.1kg)vs同級7位.睦雅(ビクトリー/61.1kg)
勝者:野崎元気 / 判定2-1 / 主審:少白竜
副審:椎名28-29. 仲29-28. 桜井29-28

---
第3試合   フェザー級3回戦 中止
又吉淳哉(市原/58.0kg)vs龍聖(TRY HARD/56.9kg)
又吉淳哉は計量失格、体調不良で緊急入院した模様。発表は龍聖の不戦勝。

---
第2試合   フェザー級3回戦
西原茉生(チームチトク/56.8kg)vs財辺恭輔(REON Fighting Sports/56.45kg)
勝者:西原茉生 / KO 1R 2:41 / 主審:桜井一秀

---
第1試合   バンタム級3回戦
義由亜(治政館/53.2kg)vsナカムランチャイ・ケンタ(team AKATSUKI/53.1kg)
勝者:義由亜 / 判定3-0 (30-24. 30-24. 30-24.(第2Rにナカムランチャイに1点減点含む)

---------------------------

やっぱり5回戦は苦しい戦いであるが、これがプロの戦い。
(堀田春樹)2020年No.2

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する