3月15日開催予定、ジャパンキック協会興行、試合カードの発表!

  • 2020/02/02(日)

翼はNJKFとの交流戦、大田一航とチャンピオン対決。


翼(ビクトリー)は、昨年11月9日、空位のジャパンキック協会(JKA)バンタム級王座を田中亮平(市原)と争い判定勝利し、第2代チャンピオンとなりました。激しい流血戦を制し、嬉しい王座初戴冠を果たした翼、追う者から追われる者へ、チャンピオンとなって初戦を迎えます。
今回の相手は、NJKFの新世代エース格、NJKFバンタム王座に就く一航(新興ムエタイ)。団体交流戦にしてチャンピオン対決となる、若武者同士の一戦。



KICK Insist.10 / 3月15日(日)後楽園ホール17:00〜
主催:ジャパンキックボクシング協会 /

メインイベント   54.0kg契約 5回戦

ジャパンキック協会バンタム級チャンピオン.翼(ビクトリー)
    VS
NJKFバンタム級チャンピオン.一航(=大田一航/新興ムエタイ)

--------------------------------------------------------
石川直樹が連続出場、新鋭・リュウノスケと対戦。

前回1月5日ののジャパンキック協会新春興行で、中年の星・松崎公則(STRUGGLE)と対戦した石川直樹。ヒジの鍔迫り合いの末に、松崎公則をヒジ打ちで額をカットし、TKO勝利を収めた。勢いづいて、3月15日の興行へ連続出場となりました。対するリュウノスケは、タイ国ラジャダムナンスタジアムで手腕を振るい、NJKFにも出場を果たしており、ジャパンキック協会興行初出場となります。互いにムエタイスタイルを信条としており、テクニカルな一戦となることが予想されます。

52.4kg契約3回戦

ジャパンキック協会フライ級チャンピオン.石川直樹(治政館)
    VS
リュウノスケ・ウォー・ワンチャイ(ウォーワンチャイ)

-----------------------------------------------------
ジャパンキック協会ライト級チャンピオン.永澤サムエル聖光が、まさきと対戦。

前回の1月5日、ジャパンキック協会ライト級王座決定戦で、興之介(治政館)を右フックで沈め、第2代王座に就いた永澤サムエル聖光。11月、1月と2連続KO勝利中の永澤が、前J-NETWORKチャンピオンのまさきラジャサクレック(ラジャサクレック)と対戦。ジャパンキック協会チャンピオンたる威厳を保ちたい永澤に、まさきは王座返り咲きのための踏み台となるか。

63.0kg契約3回戦

ジャパンキック協会ライト級チャンピオン.永澤サムエル聖光(ビクトリー)
    VS
まさきラジャサクレック(前・J-NETWORKライト級C/ラジャサクレック)

以上はジャパンキックボクシング協会広報部より配信されました情報を引用しています。
----------------------------------------
(堀田春樹)No.14

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する