3月1日開催予定、SHOOT BOXING 花やしきExtreme.4!

  • 2020/02/22(土)

新型コロナウィルス感染影響による政府からの要請により協議の結果、中止が発表されています。


日本最古の遊園地「花やしき(1853年創業)」とコラボして行われてきたイベント。
メインイベントではSB日本スーパーフェザー級3位.北川裕紀(ZERO ONE)とSB日本スーパーフェザー級5位.ポッシブルK(Sublime guys翔拳道)が激突。

端正なルックスを持つ北川はシュートボクシング中部地区で活躍するテクニシャン。長らくSB日本スーパーフェザー級の上位ランキング入りし、2018年11月にはMAXFC-60kgタイトルマッチに大抜擢。前戦となった昨年5月の西川創太戦ではパンチ連打でKO勝ちを収めている。今回、これまで所属していたストライキングジムAresから2020年1月付けでシュートボクシング協会に加盟したZERO ONE GYMに移籍しての初戦となった。
対するポッシブルはトリック―な動きから繰り出すパンチ、蹴りを得意とし、相手の打撃を寸前で交わすマトリックス避けも特徴的。沖縄のキックボクシング『TENKAICHI』のスーパーライト級タイトルを獲得した実績を持つ。笠原弘希が保持するSB日本スーパーフェザー級王座への挑戦に向けて前進するのはどちらか。

また、セミファイナルには、人気YouTuberの右乳ちゃんねるが出場、SB日本スーパーライト級8位.YUSHI(TEAM FOREST)と対戦する。右乳は柔道をバックボーンに全日本柔道選手権富山大会3位の実績を持つだけでなく、グローブ無し、拳はバンデージのみを巻いたベアナックルボクシングマッチ、地下格闘技などで試合経験を持つハードパンチャー。
対するYUSHIは香港WMCI-1、韓国MAX FCといった海外の団体でタイトルマッチ挑戦した実績を持つシュートボクシング中部地区を代表する選手。常にSB日本ライト級トップ戦線に食い込んでいたが、昨年12月のGROUND ZEROからスーパーライト級に階級を上げ佐達淳にKO勝ちを収めている。KO決着必至の一戦を制すのは果たしてどちらか。


SHOOT BOXING 花やしきExtreme.4 / 3月1日(日)浅草花劇場17:00〜

主催:シュートボクシング協会 / 認定:シュートボクシングコミッション

第6試合   SBスーパーフェザー級(-60.0kg)3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーフェザー級3位.北川裕紀(ZERO ONE)
    VS
同級5位.ポッシブルK(Sublime guys翔拳道)
---
第5試合   SBスーパーライト級(-65.0kg)3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーライト級8位.YUSHI(TEAM FOREST)
    VS
右乳(全日本柔道選手権富山大会3位)
---
第4試合   63.0kg契約3回戦(延長無制限R)
江澤悠里(シーザー)vs長谷川尚登(TEAM FOREST)
---
第3試合   SBフェザー級(-57.5kg)3回戦(延長無制限R)
清水悟(シーザー・新小岩)vs杉山茅尋(HEAT)
---
第2試合   SBスーパーバンタム級(-55.0kg)3回戦(2分制)
翔汰(Sublime guys翔拳道)vs長谷川大祐(TEAM FOREST)
---
第1試合   57.0kg契約3回戦(2分制)
仲田光大(SANDA CLUB Mz)vsKENTA(米子)

以上はシュートボクシング協会から配信の情報です。
------------
(堀田春樹)No.19

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する