小さな振り返りPart.5、分裂!

  • 2020/05/19(火)

日本キックボクシング連盟1985年4月の分裂後、最初の興行は5月17日(金)


当初の年間予定どおりではあったが、主催は日本キックボクシング連盟(後のMA日本)。
分裂したことによって抜けたカードが幾つかあり、その穴埋めとなったカードを組んで開催。契約ウェイトは不明。



フェザー級 5回戦
嵯峨収(ニシカワ)vsマッハ浜辺(早川)
勝者:嵯峨収 KO 2R
---
ライト級 5回戦
3位.須田康徳(市原)vsバンモット・ルークバンコー(タイ)
勝者:須田康徳 KO 3R
---
ライト級 5回戦
1位.斎藤京二(小国)vs8位.三井清志郎(目黒)
勝者:三井清志郎 KO 1R
---
ライト級超ノンタイトル5回戦
C.長浜勇(市原)vs5位.飛鳥信也(目黒)
勝者:長浜勇 判定
---
日本フェザー級王座決定戦 5回戦
1位.鹿島龍(目黒)vs3位.青山隆(小国)
勝者:鹿島龍 判定 改めて初代チャンピオン。

3月の挑戦者決定戦と同じカード、再戦となった王座決定戦。

-------------------------------
6月7日(金)、もうひとつの日本キックボクシング連盟(現在のNKB)が、酒寄晃(渡辺)引退記念興行開催。





ライト級 5回戦(契約ウェイト不明)
ライト級9位.井志川将志(伊原)vsフェザー級8位.風吹竜(君津)
勝者:井志川将志 判定
---
ミドル級 5回戦
1位.コブラ境田(岡内)vs2位.中川栄二(千葉)
勝者:中川栄二 KO 2R
---
ライト級 5回戦
2位.岡内旭(=タイガー岡内/岡内)vs6位.元木浩二(伊原)
勝者:元木浩二 KO 1R
---
バンタム級 5回戦


2位.原勇(渡辺)vs5位.鴇稔之(目黒)
勝者:鴇稔之 KO 4R
---
日本フェザー級タイトルマッチ 5回戦


チャンピオン渡辺明(渡辺)vs挑戦者7位.ロバート高谷(千葉)
勝者:渡辺明 KO 1R
渡辺明が初防衛
当初の予定は、1位.鹿島龍(目黒)の挑戦を受ける予定だった。


---
分裂がなければ本来、5月17日に酒寄晃引退記念興行が開催される予定でした。
また6月7日には花澤ジム、君津ジム、目黒ジムが出場しているが、先に決定していたカード履行の為と考えられる。

-------------------------------
(堀田春樹)No.43

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する