懐かしい振り返り!「ヒジ打ち一発50万!」

  • 2020/06/07(日)

1週間ほど閲覧できない状況が続きました。メンテナンスにしては長過ぎると思いますが、とりあえず復帰したので追記続けます(6月17日)。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2020年 07月号 [雑誌]
価格:980円(税込、送料無料) (2020/6/18時点)



これはいつの試合だろう。



小泉って誰。対戦相手は誰。
戦った当人しか分からないかもしれませんね。

試合は1981年(昭和56年)に行われています。観た人は少ないでしょう。
士道館発会記念興行、
新格闘術ライト級2位.内藤武(士道館)vs日本ライト級5位.小泉武司(市原)
現・市原ジム、小泉猛会長です。これがラストファイトにもなってしまいました。
この試合は50万円賞金マッチでした。変則気味の内藤さんの蹴りで劣勢だった小泉さんがヒジ打ち一発逆転、内藤さんの目尻から鮮血が滴り落ち、レフェリーストップされ小泉さん賞金獲得。

-----------
(堀田春樹)No.47

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する