TITANS NEOS.27 勝次、メインイベントを飾れず!

  • 2020/09/28(月)

勝次、潘隆成の蹴りに苦戦し判定負け。


TITANS NEOS 27 / 9月27日(日)後楽園ホール / 18:00〜20:10
主催:TITANS事務局 / 認定:新日本キックボクシング協会  

試合結果のみ
9.    63.6kg契約3回戦


WKBA世界スーパーライト級チャンピオン.勝次(藤本/63.5kg)
    VS
潘隆成(クロスポイント吉祥寺/63.45kg)
勝者:潘隆成 / 判定0-3 / 主審:少白竜
副審:仲29-30. 宮沢28-30. 桜井28-30

潘隆成の左ミドルキックが勝次のリズムを狂わせていく。体幹良い潘隆成は組み合ってからの崩しも優位に上側になり、勝次にパンチを空振りさせるかわしも上手かった。攻め難さがあった潘隆成の長身からくる距離感。
来月にでも再戦があるとしたら「左ミドルキック対策を考えた練習に入る」という勝次。
その来月は今のところ、畠山隼人(ESG)戦が予定されている。連敗は許されない。

---
8.    70.0kg契約3回戦


日本ウェルター級チャンピオン.リカルド・ブラボ(伊原/69.8kg)
    VS
津崎善郎(LAILAPS東京北星/69.9kg)
引分け1-0 / 主審:椎名利一
副審:仲29-29. 宮沢30-29. 少白竜29-29 

津崎から組みに来る展開はブラボは押され気味になるが、ブラボのパンチとヒザ蹴りも強さは無いが結構当てている流れ。もう少しの圧力があれば印象点の差が出たかもしれない。

---
7.    63.0kg契約3回戦


日本ライト級チャンピオン.高橋亨汰(伊原/62.75kg)vs野津良太(E.S.G/61.55kg)
勝者:高橋亨汰 / TKO 1R 2:19 / パンチによるカットでドクターの勧告を受入れレフェリーストップ
主審:桜井一秀

グローブの内側が擦るように顔面にヒット、画像は不確定(このヒットではない)。

---
6.    52.5kg契約3回戦


泰史(伊原/52.95kg)vs心直(=しんた/REON Fighting Sports/52.8kg)
勝者:心直 / 判定1-2 / 主審:仲俊光
副審:椎名29-30. 桜井30-29. 少白竜28-30

---
5.    57.0kg契約2回戦
中村哲生(伊原/56.95kg)vs平田尚人(Tri.Studio/56.8kg)
勝者:平田尚人 / TKO 1R 0:55 / 主審:宮沢誠 / レフェリーストップ

中村55歳のデビュー戦は脆くも崩れ去る。早めのストップで大きなダメージは負わず。

---
4.    57.5kg契約3回戦
瀬川琉(伊原稲城/57.3kg)vs新田宗一朗(クロスポイント吉祥寺/57.3kg)
勝者:新田宗一朗 / 判定0-2 / 主審:少白竜
副審:仲29-29. 桜井29-30. 宮沢28-30

---
3.    女子51.0kg契約3回戦(2分制)
アリス(伊原/50.25kg)vsERIKO(ファイティングラボ高田/49.5kg)
勝者:ERIKO / 判定0-3 (27-30. 27-30. 27-30)

---
2.    62.0kg契約3回戦
甲斐康介(伊原)vs吉田凛太朗(VERTEX)
甲斐康介練習中の怪我により中止。

---
1.     女子スーパーフライ級3回戦(2分制)
芳美(OGUNI/52.05kg)vs NA☆NA(エス/51.9kg)
勝者:NANA / 判定0-3 (28-29. 28-30. 28-29)

新日本キックの興行で、NJKF女子(ミネルヴァルール)の試合。

------
(堀田春樹)No.72

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する