今年の衝撃はコロナと細田昌志氏の本!

  • 2020/12/27(日)

「沢村忠に真空を飛ばせた男」とは。


俺がやれば(書けば)よかったと思う記者(ライター、他)さんも多いかもしれない。しかし、これだけ時間を掛けて、ここまで踏み込んだ取材を出来るのは細田昌志氏しかいないかもしれない。



知らなかったことや、記憶の中で辻褄が合わなかったことも合致。先入観、思い違いしていたことも払拭させてくれた本である。

斜陽期は物悲しくなる展開である。

---------------------

子供の頃、衝撃的だったのはこの本。



-------
(堀田春樹)No.95

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する