5月23日、愛知で奥山貴大が再起戦、第一弾カード決定!

  • 2021/04/17(土)

【5.23名古屋大会延期のお知らせ】

 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況及び愛知県、全国各地での緊急事態宣言の発令を受け、シュートボクシング協会とSB協会中部事務局、開催地との協議を重ねた結果、5月23日(日)愛知・ホテルプラザ勝川で開催される『SHOOTBOXING 2021 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #27 “DEAD or ALIVE”TKO COVID 19』を、延期する決定をいたしました。

 今大会ではSB日本スーパーウェルター級4位イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ)vsBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)、二田水敏幸(NEX SPORTS)vs 内藤啓人(BELLWOOD FIGHT TEAM)のスーパーバンタム級戦などを予定しておりましたが、ウイルスがもたらす未曾有の危険を顧みず興行を強行することよりも、選手の皆様やスタッフの皆様、何よりご来場されるお客様とその先にある国民の皆様の健康と安全を最優先に考え、一連のウイルス騒動が落ち着き問題なく日本国内でイベントが開催出来る様になった際に実施したいと思います。

 観戦を楽しみにしていただいておりました皆さまに、深くお詫びを申し上げます。新しい日程はただいま調整中ですが、決定次第お知らせ致します。新日程のイベントは現在お持ちのチケットをお使いいただき入場可能の予定です。お捨てにならないようご注意ください。チケットの払い戻しも可能です。払い戻し方法につきましては、決まり次第ご案内致します。何卒、ご理解とご協力賜りますようお願いいたします(原文のまま)。


(C)SHOOT BOXING

-以下、4月17日掲載-

5月23日(日)愛知県のホテルプラザ勝川で開催される『SHOOTBOXING 2021 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #27 “DEAD or ALIVE”TKO COVID 19』の第一弾対戦カードが発表。

---
「SHOOTBOXING 2021 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #27 “DEAD or ALIVE”TKO COVID 19」
主催:グラップリングシュートボクサーズ / 認定:シュートボクシングコミッション
会場:愛知県ホテルプラザ勝川

第1部:開場12:30 開始13:00
65.0kg契約3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーウェルター級4位.イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ)
     VS
モハン・ドラゴン(士魂村上塾/ネパール)

モハンはその豪快すぎるパワフルなパンチで、これまで数多くのトップファイターからダウンを奪いKOを量産してきた日本でお馴染みの危険な倒し屋。2013年4月にシュートボクシング初出場には、当時エースだった鈴木博昭を1ラウンドKOで葬っている。今年4月、海人を相手に敗れはしたが、豪快なパンチで会場を沸かせ、フルラウンド戦い抜くタフネスぶりを見せた。今後、海人が階級を上げて空位になるであろうシュートボクシングの65kg級のタイトルを狙い、連続出場を果たす。

その強豪を迎え撃つイモトは、Union朱里、MISAKI、佐藤執斗ら名選手を輩出しているグラップリングシュートボクサーズ期待の若手。今年2月のシリーズ開幕戦では6連勝と勢いのある一階級上の上位ランカーの村田義光からダウンを奪い判定勝利を収めている。

---
70.0kg契約3回戦(2分制/MAX FCルール) 
磯村真言(グラップリングシュートボクサーズ)vs井藤隼人(NEX SPORTS)
---
70.0kg契約3回戦(2分制/MAX FCルール)  
金子徹哉(BELL WOOD FIGHT TEAM)vs服部雅世(TEAM COMURADE)

---
67.0kg契約   3回戦(延長無制限R)
SB日本ウェルター級1位.奥山貴大(NEX SPORTS/グラップリングシュートボクサーズ)
     VS
WMCインターコンチネンタル・ウェルター級チャンピオン.滝口幸成(キングムエ)

奥山貴大は長らくSB日本ウェルター級トップ戦線で活躍し、2018年6月にはベテランの忍アマラ―を下して5連勝。その後、階級を上げて松倉信太郎に2ラウンドKO負けも、坂本優起に判定勝ちする番狂わせを起こしている。前戦となった2019年4月のUMA戦では敗れており、約2年ぶりの再起戦で勝利を目指す。
対する滝口幸成は“90年代名キックボクサー”佐藤孝也氏率いるキングムエに所属。4月11日に行われたWMCインターコンチネンタル・ウェルター級王座決定戦で勝利しタイトル獲得。今回がチャンピオンとしての初戦となる。

---
スーパーバンタム級(SB=55.0kg)3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーバンタム級3位.二田水敏幸(NEX SPORTS)
     VS
SB日本バンタム級4位.内藤啓人(BELLWOOD FIGHT TEAM)

二田水は内藤啓人の2人の兄、凌太と大樹にいずれも敗れており、三男狩りでリベンジを狙う。対する内藤啓人はここ数戦、勝ち星に恵まれていないが、前戦の2月のRISEでは選手の欠場を受けて急遽出場。上位ランカーの良星を相手に善戦する成長ぶりを見せた。

---
スーパーウェルター級(SB=70.0kg)3回戦(延長無制限R)
SB日本スーパーウェルター級4位.璃久(志真会館)
     VS
J-NERTWORKミドル級3位.小原俊之(キングムエ)
---
フェザー級(SB=57.5kg) MAX FCルール3回戦(2分制)
土井涼雅(グラップリングシュートボクサーズ多治見)
     VS
松井大樹(MEIBUKAIKICKBOXING) 
---
63.5kg契約3回戦(延長有2R)
長谷川祐也(TEAM FOREST)vs有田一貴(THE BODY BOX)
---
他、出場予定選手 
SB日本スーパーライト級6位.YUSHI(TEAM FOREST)

---
第2部のDEEP NAGOYA IMPACT「公武堂ファイト」は開場17:30 開始18:00
以上はシュートボクシング広報部より配信情報を引用しています。
-------------------------------------------------------
(堀田春樹No.37   

LINEで送る

コメント一覧 (※コメントが反映されない場合こちらをクリックして下さい)

皆様のご意見をお待ちしております

管理者にだけ表示を許可する